君のおはようが聞きたくて

かぴお

2000字、5分で読めるお手軽な短編。

「おはよう。」

朝の言葉、一日が始まる言葉。
これは他人の受け売りになるけれど、この一言がその日を良い物にしてくれる。
そんな魔法のおまじない、それがおはよう。

私はそう言われたし、私自身そう思ってる。

これはそんな一言で始まった物語、たった一言…ただそれだけの物語。


ーーーー


ーー


私は、朝が嫌いだった。
だってそれは一日の始まりだから。

私にとっての地獄の始まりでしかないから。
目を開けるたび、日差しを浴びる度、それだけで生きる気力を奪われた。

それでも、無惨にも明日はやってくる。
だから…今日も…私は重い身体をベットから起こす。

視界一面に映るのは、散乱した教材と、ゴミばかり。
我ながら、よくもここまでのゴミ屋敷にできたと思う。

そう思いながら、床下のものを蹴飛ばしながらクローゼットに向かう。
思い切りよく開けたクローゼットには、もう何ヶ月も来てない制服が入っている…

私の名前は、高坂 楓。
所謂、不登校という奴だ。

不登校になった原因は、至って単純だ。
クラスの中心にいる女子グループに目を付けられた、ただそれだけだ。

そこからどうなるかなんて想像が付くだろう。
陰湿なイジメが続いた、そして不登校となりこの有り様だ。  

良く見る不登校までのお決まりパターンを、ものの見事に通ってしまった訳だ。

それからは、毎日毎日朝が苦痛だ。
学校に行けない罪悪感、それと同時に行けばまたアレがあると言う恐怖。

そんな感情でぐちゃぐちゃになる。
ふと、外に目をやる。
外では、同じ学年と思われる子達が登校している。

「ハハッ…何やってるんだろ…私。」

出てきたのは、乾いた笑みと自虐だった。
もうほんと…自己嫌悪が募る…。

何を考えたってマイナスだ。
本当に、朝は嫌いだ…。

取り敢えず、朝食でも取ろう。
食べていれば、食べることに集中すれば…少しは忘れられるから。

朝食は、いつも部屋の前に置いてある。
いつもお母さんが起きる時間になると持ってきてくれるからだ。

両親は、私が学校に行かなくなっても厳しく責める事はしなかった。
事情を話した時に、2、3回頷いた後…

「辛い時は逃げてもいい、ただいつかは前を向きなさい。」

「前を向く時は遅くたって良い、それでもいつか前を向ければそれで良い。」

こう言って、後は特に何も言わなかった。
私にとっては、それで嬉しかった。

とういうより、その言葉が無かったら私は自殺でもしてたと思う。
それくらい、私の中でトラウマだったから、両親には感謝しかない。

心の中で、両親への感謝と申し訳なさでいっぱいになりながらドアを開ける。
いつも通り、お盆の上に置いてある朝食を机に運ぶ。

そして、ドアを閉めようとしたその時だった…。

「楓。」

私の名前を呼ぶ声が、下から聞こえた。
きっと母だろう。

階段を上がってくる音が聞こえる。
それだけで、自分の足が震えるのが分かった。 

きっと、何を言われるのかが怖いのだろう。
でも…私なんかが逃げて良いわけない。

だから、一歩…部屋の外に踏み出す。
思わず、一歩踏み出すだけでも目をつむっていた。

目を開けると同時に、ふにゅっと、ほっぺを挟まれた。

触れてきた両手はまだ冷たくて、ひんやりとする自分の頬とは裏腹に、心が暖かくなるのを感じる。

視界に映るのは、いつもと変わらない暖かい目。

私の母だ。

「うん、今日も私の娘は可愛い〜ぞ〜。」

私のほっぺを弄りながらそんな事を言う母。
一瞬で、私の緊張がほぐれていくのがわかった。

胸の辺りが、温まるのを感じる。
思われる、笑みが溢れた。

「そうそう、その顔が1番!」

久しぶりに私が笑ったからか、母は満足げだった。

「それで何だけどさ、楓に来客が来てるんだよね。」

「来客…?」

自然と首を傾げてしまう。
今の私と仲良い子なんて居ないのに…先生だろうか?

そんな事を考えていると…

「日和君って、覚えてる?」

日和…、知っている。家も隣で良く遊んだし、何よりどうでも良い話題で雑談しまくった。
所謂昔からの幼馴染みってやつだ。

でも、高校生になってからは殆ど話していない。
一体…何をしにきたのだろう?

まぁでも…あいつなら良いか…。
何となく、そんな事を思った私は…

「分かった、会うよ。」

と、答えるのだった…。


ーーーーーー


ーーーー
 

ーー


「おー、久しぶり久しぶり〜。」

階段を降りてくると、声が聞こえた。
何だか少し低くなったけど、それでも変わらないこの優しい声は…。
幼馴染み…添田 日和だ。

「久しぶり…。」

端的にその言葉だけを返す。
にしても、こいつ身長伸びたな…。

「見た目あんまり変わってないんだな〜。」

嫌味だろうか、自分は伸びたことを見せつける嫌味だろうか。
それを主張するかの様に、私はジトったそいつを睨む。

「おーごめんごめん、そんなつもりじゃないぞ。」
 
「どーだか、あんたって相変わらず分からない奴ね。」

「そうか?普通だと思うんだけどなぁ…」

「大分変わってるわよ、確実に。」

「そんな事言ったら泣いちゃうぞ?」

「泣けば?」
 
「酷い。」

などと、そんな雑談を交わす。
何故だろう、こいつとはいくら話しても会話が止まらない。

本当に不思議な奴。
ふと、私は聞きたい事を質問した。

「てか、今日は何しにきたの?」

「ん?あ〜そうだ忘れてた。」

「お前、朝苦手になったんだって?」

「よくもまぁズケズケの痛い所を聞いてくるよねぇ。」

「ま、そうだよ…毎朝一日が始まると思って苦痛だよ。」

「そか、て事で!」

日和がそう言ったその瞬間だった。
いきなり、日和が身を乗り出し、生き生きとした顔でこっちに顔を近づけてくる。

「ちょっ…近いんだけど…何?」

すると日和は…元気な声で…

「おはよう!楓!」

と言った…。

「は?」

思わず、きょとんとしてしまう。

「さ、これで今日の朝は嫌な朝じゃなくて…」

日和はにかっと笑いながら…

「変な奴に、おはよう、って言われた朝になったな。」

高らかにそう宣言した。

「それじゃ、俺帰るわ。」

そう言って、日和が席を立つ。

すかさず私は困惑した声で日和に問い掛ける。

「ちょっ…あんたもしかしてその一言だけ言いに来たの?」

すると、そいつはきょとんとした顔で答える

「そうだけど?」

その言葉に思わず大きくため息を着く。

「呆れた…あんた、本当に変わってるわよ。」

「そいつはどうも、でもこれは個人的な意見だけどさ…」

「おはようはその一日を良い物にする…そう言うおまじないな気がするんだよ。」

「それじゃ、明日も来るから。」

それだけ行って、日和は学校に行った。


その日は…私の大きな転機になった。
これは、そんなおはようから始まった物語…。

私と日和の…おはようの物語。

そして何より…



日和がもう一度おはようを言うまでの物語。




続かない…!

君のおはようが聞きたくて

君のおはようが聞きたくて

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-09-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted