【超短編小説】第二ボタン

六井 象

 先輩の制服の第二ボタンをごくりと飲み込んで、その蛇は桜の花びら散る藪の中へ消えていった。

【超短編小説】第二ボタン

【超短編小説】第二ボタン

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-06-27

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted