砂に変わる

sham

溶けた時計があちこち
それを跨ぎながら
あの場所へ
急がなければ時間がない
焦る気持ちとは裏腹に足は砂に埋もれ
前に進まない
もう一滴の水すら残っていない
けれど行かなければ
私の体ももう限界だ
手がサラサラと音を立て
砂に還ってゆく
ああそうか…
此処は最期の場所だった
骸が砂に変わる
溶けた時計があちこち
それを跨ぎながら
あの場所へ
急がなければ時間がない
焦る気持ちとは裏腹に足は砂に埋もれ
前に進まない
もう一滴の水すら残っていない
けれど行かなければ
私の体ももう限界だ
手がサラサラと音を立て
砂に還ってゆく
ああそうか…
此処は最期の場所だった
骸が砂に変わる

砂に変わる

砂に変わる

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-05-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted