夏の短歌

夏の短歌

龍 佐秋

日は長くなりぬ家路に香るのは夕日に溶けるエゴノキの花

たんぽぽの綿毛たい肥にとまりたり葉が出ればまた食卓の上

ゆく春を惜しむ押し花さくら花わが本に挿す君の思い出

手の中のあざみ細かに震えをり花摘む母子に川風の吹く

星を待つわれは横田の管制塔、飛行機瞬く曇り空にも

明けぬれば雨上がりたり紫陽花の色鮮やかに鐘は鳴りけり

明日はなき君が乳房を撫でるようにあじさいの花をそっと支える

むらさきも色とりどりなり花菖蒲あめんぼに貸す影もとりどり

一刀に深く祈りを掘り下げて石を穿ちぬ南無釈迦牟尼仏

手のひらにあまる林の端っこのイチヤクソウの花の静けさ

人生が空くじでないと思うため買う宝くじの空くじの数

信じてるものを失くした大人たちまだ信じてるふりをしている

麦わらも田んぼの蛙も初めから知らない僕らの世代夏来る

日曜日?ごめんね塾があるのってごめんね嘘をつかせてしまって

願はくば遠きシリアやアフリカにわれらと同じ医療あれかし

わが手から逃がれ逃がれて石の縁、二寸の壁にひっくり蛙

石の縁何度飛んでも越えられぬ絶望高い壁を見ている

六所宮わきの住吉かばおという名前をつけた狛犬が好き

ひもじいかい潰した恋の二つ三つ甘いとこだけジャムにしてみて

弓矢取り或ひはヤマトと戦ひし王にやあらむ石々の影

背のほくろ掻いて届かぬ夢のやうに君は届かぬ夢にさへ見ず

雲は下青空のみを上に見て手を伸ばしたら届く気がする

ハイマツの短き夏を謳歌して伸ばす若葉の淡さ手に取る

あの頃の親父と同じ歳になり親父と同じ唄口ずさむ

生きるとは鉢の外まで根を伸ばし新たな大地に辿り着くこと

夏の短歌

夏の短歌

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-05-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted