欠けた月

桐崎 新

いつだったか 私が殺されたのは

思い出せない 何もかも

思い出したくないのかもしれない

幼い頃 人(さら)いというのに()ってから

それから先のことはよく覚えていない

記憶の扉に見えない鍵が掛かっている

子供の甲高(かんだか)い笑い声が響く

淡い虹色の石鹸(シャボン)玉が浮かんでは消えた

命というものは泡沫(うたかた)のように儚い

気づけばあの(むすめ)がいた

忌まわしい存在

あの(むすめ)さえいなければ

私は 私の生を生きられたはずなのに

無垢で無邪気な笑みが私を責める

私は おまえを愛さないのに

生まれてこなければよかったのに

私は 私の生を呪った

なぜ私は女なのだろう

女なんかに生まれるんじゃなかった

生まれてさえこなければ

この身を焼くような苦しみもないのに

私は ある日突然殺された

それは見知らぬ男だった

見知らぬ男は(むすめ)を追っていた

あれは逃げ延びたのだろうか

それとも死んだのか

(むすめ)の行方は知らない

意識が朦朧(もうろう)とする

滲んでよく見えなかったが

闇夜に(ほの)かに(かす)んだ月が浮かんでいる

欠けた月を見て無性に(さび)しくなった

あれは私に助けを()わなかった

子は親を映す鏡だという

鏡など とうに割れて粉々に砕けている

私は よい母親ではなかった

(むすめ)を憎んでさえいた 子供に罪はないのに

私は 私の生を生きられなかった

雪が降る季節でもないのに 

身体が(こご)えるように寒い

次第に何もかも見えなくなった


——違う


私は 本当は何も見えていなかったのだ

欠けた月

欠けた月

今際の際の走馬灯。子供を愛せなかった母親の哀詩。母性というのは宿るものではなく育むものです。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-04-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted