財政原則

若杉光

・・・財政原則・・・(憲法の一種) 令4・4


・ 景勝本会議及び景勝委員会議はその議決を以て国又はその都道府県の短期豫算及び長期豫算を承認し確定させる
2 短期豫算とは五箇年豫算基本計劃に基く五箇年豫算とする
3 長期豫算は五箇年以上の期間を想定した長期豫算計劃に基く中長期豫算とする
・ 短期豫算及び長期豫算は景勝本会議又は景勝委員会議による議決を以て之を補正更新することを得る
・ 景勝本会議及び理智本会議は国の豫算作成及び豫算決議にあたり各自又は協同で豫算協議会を開き豫算に関する連携を維持する
・ 総理は経済本部省に於て自らと経済本部大臣及び公通大臣及び詮議大任及び景勝大臣及び才大臣及び人命大臣及び外務大臣及び統合大臣及び安全保障大臣を議員とする経済本部会議を置き之を主宰する
2 経済本部会議は公債運用及び金融政策及び税政その他財政政策及び経済産業政策に関する唯一の国家政策決定機関とする
3 経済本部会議の内部規則は景勝府の召集議に於て之を定める
・ 日本銀行からの借入金は公債発行を除き之を禁ずる
2 日本銀行による公債の直截引受は景勝本会議に於て景勝本議員総数の五分の三以上の讃成による議決を得た範囲内に之を限定する
・ 国及び各都道府県の歳出歳入の決算は毎年度会計検査院之を検査し及び景勝本会議又は景勝委員会議に報告する
2 景勝本会議又は景勝委員会議はその議決を以て前項の会計検査院による検査報告を確認する
3 会計検査院の内部組織は本務院令を以て之を定める

財政原則

財政原則

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-04-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted