善の善なるもの

マチミサキ

今年は
もう
あまり良いとは言えぬ体調も考慮し・・・

毎年恒例のタケノコ全国贈りは
やめておこう、

と考えていたのですが

今日
やっぱりやってきました。

まー
『今年のタケノコは・・・』

みたいな電話もらっちゃったらね。

毎年
わたしの押し付けかと思ってたら
楽しみにしてくれてる人も
居たのだな、って。

そしたら
日の出を山で迎えるみたいに
もう出掛けていました。

で、
掘りまくって先ほど
配送センターにて出荷。

商売ではないから
出荷というのも。

でも
申し訳ないけど
今年は生のまま。

例年の如く
ドラム缶での灰汁抜きからの
水煮パッケージ作業はしてません。

ごめんね。

しかし
ここで誤算が!

生のタケノコは
重量があり
配送代が嵩む!!

くそう
せめて
皮を剥いて送るか、
とも考えましたが
それもね、
見栄えがやっぱり。

まっいっか。

しかしこれ
送料と手間考えたら
各々
それぞれの地元で
買った方が遥かに安いような・・・。

そこで
マチは考えるのをやめた。

考えても
それすら
その思考すら損の内に入る気がしたのだ。

うん、

わたしの今日のご飯は
タケノコのお味噌汁掛けごはん。

タケノコ味噌汁は
灰汁抜きとか下茹でとか
一切しません。

採ったなかで
一番小ぶりで上質なものを
そのまま刻んで入れただけ。

出汁は昆布と鰹節。

味噌は赤味噌。

三分ツキの玄米を炊いたご飯に
この熱々味噌汁をかけて
山椒の葉を散らして完成。

それだけです。

美味しいですよ。

タケノコは
灰汁抜きしないと!

と、捉えている方も多いでしょうけど
堀り立てタケノコなら
味噌汁は
この方が美味しいと私は感じます。

下茹ですると
生のまま投入の鮮烈さが
なくなる。

実際
わたしの生家では
むかしから
そうしていました。

なので
これが
我が家の

おふくろの味ってやつなのかな。

です。

善の善なるもの

善の善なるもの

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-04-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted