投資2

高木紀久

投資2

油田投資(具体的内容)
Keywords
油田投資 複合投資 海外投資 原油 インカムゲイン 油田案件 油田 アメリカ シェールガス シェールオイル 中東 ロシア 権利 法律 個人の権限 政策 資産 運用 投資案件 油田発掘会社 油量 採掘 油田採掘 油 投資資金 利回り 井戸 月利3% 資金 再投資 海外不動産 セントラルシルバー事業 富裕層 海外長期積立 華僑
Content
投資を行ううえで重要となるのがその投資の先での管理面である。そうした面倒な手続き等は、代行業者に頼むこともできるが、そこには費用が発生するため、利回りがガクっと下がってしまったりする。反面、油田投資は、そうした煩わしい手続きが極端に少ないのが特徴である。投資後の手離れが良く、手間がかからないので、非常に楽な投資といえる。なぜなら、一度原油が出始めれば、10年、20年というスパンで、超長期間安定して収益を毎月得ていくことができる。長期的なインカムゲインを得ることができ、且つ手離れがよい。更に管理面でも優位といえるこの油田投資は、海外投資初心者には非常にオススメといえるだろう。
スピード
投資において重要となるのが資金回収のスピードであり、これは非常に重要と言える。海外投資を始めるうえでの指標となるのが、およそ30ヶ月で回収することができるか、ということである。油田投資はこのハードルをクリアしており、それ以上に10年、20年という長期的なスパンでインカムゲインを得ていくことが可能である。人によっては年金がわりにもなるだろう。他の投資との複合化にも適している。本業以外からのインカムゲインを得られる非常に優秀な投資案件といえるのである。
安全性
油田投資案件の舞台は、アメリカ。新技術によるシェールガス、シェールオイルなどの採掘で好況に沸いているが。アメリカ以外にも原油を生産する国、地域は数多ある。中東しかり、ロシアしかりであるが。アメリカが特に油田投資案件の投資先として選ばれるには、理由がある。それは安全性というものである。アメリカといえば法律大国であるが、この点が<安全性>という点において重大な影響を及ぼすのである。あらゆる権利が法津によって守られる。ゆえにアメリカでなんらかの投資を行う場合にも個人の権限は法律によって守られることになる。しっかりとしたエージェントを経由する必要があるが、非常に安心して思案を運用することができる、といえる。
油量とインカムゲインの相関関係
支払われるインカムゲインの多寡は採掘される原油の量に比例する。どの程度の油量、それに比例したインカムゲインが得られるかは、具体的な数値を示して断言することはできないが、ひとつの判断基準としては、投資資金が30ヶ月もあれば回収できる程度の利回りになるらしい。最初に調査してから掘削を開始するため、また現在では高度な技術力があるため、全てカラということはあまり考えられないだろう。
想定
月利3%のインカムゲイン+資金100万円=セントラルシルバー事業の購入

その資金(毎月3万円のインカムゲイン)→セントラルシルバー事業への再投資=海外不動産×1

セントラルシルバー事業の海外不動産=家賃としてのインカムゲインの安定供給
上記はあくまで想定であるが、海外油田投資によって上のようなシミュレーションが成立するわけである。富裕層が得意とする、「お金がお金を生む」複合投資の縮小版といえるわけである。海外長期積立の資金としてさらに運用することも可能である。
以上が油田投資案件の具他的な内容である。

投資2

投資2

『投資』の続編です。より具体的な内容。

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-04-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted