太陽を奪われた人々

コジマタケシ

 太陽を奪われた
 人々
 行き場もなく
 悲しみ続けている
 生活は色を失い
 沈黙が支配する
 無力なことは
 つらいことだろうね

 笑っていた
 少年や
 少女が
 今では気力を失い
 横たわっている
 忘れられた存在が
 見つめる
 世界がある

 太陽を奪われた
 人々
 救いもなく
 苦しみ
 続けている
 毎日が
 酒とタバコで
 作られて
 燃えている
 涙は天に
 届かないだろうね

 笑っていた
 少年や
 少女が
 今では気力を失い
 横たわっている
 忘れられた存在が
 見つめる
 世界がある

太陽を奪われた人々

太陽を奪われた人々

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-01-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted