暗闇で鈍く光る菫色

桐崎 新

 万物は流転する。時間は方向を持ち、前にしか進めない。逆転させることはできない。形ある物はいつか壊れる。生きとし生けるものは、その理(ことわり)から逃れることはできない。

 しかし、それが生者(せいじゃ)でないとすればどうなるのだろう。その理は容易(たやす)(くつがえ)るのだろうか。

 死者というのは、停滞した存在である。停滞するということは変わらないということ。そこには、成長も、老いも、飢えもない。それは、生者(せいじゃ)の道理から外れるということに他ならない。

 私は、それが恐ろしい、と思った。すでに自分が人で無くなり、人ならざる物になったのだとしても。たとえこのような姿になっても、自分がまだ生者(せいじゃ)であると思いたかった。だから、自分が自分でなくなるというのが、自分が別の何者かに変貌することが、今は何よりも恐ろしい。

「ねえ、あなたはここに来てから、誰かにパンをもらったことはある?」

 ある日、道を歩いていると、ふいに少女が話しかけてきた。長く伸ばした髪を二つのおさげに結った姿は、随分幼く見える。大きなリボンと豊かなフリルで構成されたワンピースに、つやつやとした派手な色合いのストラップシューズという装いがそれに拍車を掛けていた。

 そういえば、同胞(なかま)が、最近やってきた新入りがいる。その子があなたの妹になる。出会ったら色々と世話をしてやってほしい、と言っていた。もしかして、この(むすめ)がそうなのだろうか。

「いいえ。此処(ここ)で誰かに何かを(もら)ったことはない」

 突然、話しかけられたものだから、どう答えればよいのかわからず、間髪入れずにそれだけ答えた。私は人と話すのが得意ではない。後になって思い返せば、右も左も分からない新入りとの初めての会話がこれというのは、無愛想にも程がある。少なくとも私以外の同胞(なかま)なら、もっと上手くやったはずだ。

「あるとしたらの話。もしもの話ね。誰かにパンをもらったらどうする?」

 新入りは気にせずに、会話を続けようとしてくる。存外、押しが強い。妙なことを聞く(むすめ)だな、と思ったが、幼な子というのは、脈絡のない会話をしたがるものだ。これもそういう(たぐい)のものなのだろう。
 仮に、誰かから食物を(もら)ったところで、私たちは人ではないのだから、それを口にすることはない。

「埋めて土に還す」

「味もみずに?どうして?」

 如何(いか)にも、なぜだかわからないといったふうにきょとんとしている。どうやら、此処(ここ)に来てまだ日が浅いらしい。

「私には味がわからないから。というか、何が入ってるか分からないものはまず口にしない」

 ふうん。あなた、おりこうだね。と、私の妹になるという者らしき、その(むすめ)微笑(ほほえ)んだ。如何(いか)にも無邪気そうで、年端もいかない少女然としたその雰囲気は、彼女が人ではない、という事実を忘れそうになる。

 その(むすめ)の笑みは、一見、人懐(ひとなつ)っこそうで、穏やかなのだが、どこか(さび)しげなようすだった。それでいて、静かな怒りのようなものも含まれているように感じられる。実際のところ、腹の底は知れなかった。私はそこに少し不安を感じた。彼女のような、何を考えているのか分からない、面妖な者に会ったのは初めてのことだったからだ。

「わたしはね、パン、もらったことあるんだよ。そのパンをね、お腹をすかせてたみたいだったから、いじわるな(からす)にあげたの。そしたらね、口から泡を吹いて、白目をむいて動かなくなっちゃった」

 彼女は、ぽつりと、とてもかわいそうだった、と言った。それはあまりに軽く、他人事(ひとごと)のようだったが、幾分か哀れみのようなものも(にじ)み出ていた。

「運がね。悪かったんだと思うの」

 急に思い出したかのようにそんなことを言うので、私は思わず彼女をじっと見つめた。顔、こわいよ、と冗談めかして言われたようだが、耳に入らなかった。

 この(むすめ)は、自分が与えた物で(からす)が死んだのに、平然と笑っている。それ以前に、パンを(もら)った“誰か“とは何者なのか…仮に、それが人間であれば、“まともではない“ということになるのだが…そして、彼女は“誰か“から毒物だと知りながら、それを受け取ったことになるが、その後、彼女は、わざわざ自分に毒物を寄越(よこ)した“誰か“をどうしたのだろう…

——何だろう、この違和感は。

 朝が来れば夜が来るように、今日の次が明日であるように、季節が巡りめぐるように——生きとし生けるものがいずれ死を迎えるように——そんなことはなんでもない、といった調子で、運が悪かったのだと、彼女は(こぼ)した。運が悪ければ死ぬこともあるよね、とでも言いたかったのかもしれない。

 しかし、本当にそうだろうか。(からす)は本当に運が悪く、たまたま毒入りのパンを食べたのだろうか。

——違う。

 (からす)の運が悪かったわけではない。(からす)の運命はあらかじめ決められていた。この(むすめ)によって。
 この(むすめ)は、見知らぬ“誰か“に渡されたものに触れた時から、分かっていたのではないか。パンに仕込まれていたのは他でもない、毒の木の実だということを。

 なにせ、此処(ここ)は“まとも“な人間なら、まず寄り付かないような、(いわ)く付きの森だ。今時の言葉で言うなら、心霊スポットといったところか。髑髏(されこうべ)の一つや二つ、平然と転がっている。所謂(いわゆる)、“樹海“と呼ばれるような、鬱蒼(うっそう)とした森の中で、いくつも(さび)れた墓石があるし、人喰いなどと称されるに相応(ふさわ)しい沼もある。
 また、唯一の秘境である、最果(さいは)ての地は、鬱蒼(うっそう)としたこの森に似つかわしくない、まるで桃源郷のような場所で、一面に美しい花畑が広がっている。しかし、人間が足を踏み入れるには、危険な断崖絶壁だ。落ちれば、まず命はないだろう。
 そんな森の中では、毒草だとか、毒の木の実なんかの(たぐい)には事欠かない。

 彼女の話によると、意地悪(いじわる)(からす)に眼球を突かれそうになったことがあり、それも一度や二度ではなかったらしい。
 確かに、彼女の瞳は紫水晶(アメジスト)のような、艶やかな菫色(すみれいろ)で、暗所でも硝子(ガラス)玉のように、きらきらと微細な光を放っていた。遠目から見ると、宝玉のように見えるのかもしれない。光り物を好む(からす)ならば、尚更だろう。
 とはいえ、眼球を突かれたところで、私たちは人間ではないのだから、痛みを感じることはないはずだ。
 何やら無邪気そうに微笑(ほほえ)んでいるが、この(むすめ)は、「自分にとって嫌なやつだから」という、ただそれだけの理由で、淡々と致死量の毒を利用し、罠を仕掛けている。その(さま)は、如何(いか)にも冷淡で、恐ろしく強かであった。

「そんなことになるなんて(からす)は思いもしなかっただろうね」

「そうなの。とってもかわいそうなの」

 彼女は悲しそうな笑みを称えて、(さび)しそうに言った。それは隠しきれない本心のようであり、自嘲を含んだ諦観の境地のようにも見えた。はたして、「かわいそう」なのは毒を盛られた(からす)なのか。それとも——

 私は、昔から他人の笑顔が苦手だった。中でも、張り付いたような笑みは最たるところだ。とはいえ、この(むすめ)のように、如何(いか)にも天真爛漫で裏表のない笑顔というのも、逆に(つか)みどころがないような気がして、苦手に感じてしまう。

 人の本質を嫌でも見抜くような力を持つ者、所謂(いわゆる)、“覚(さとり)“というのだろうか。そういう能力を持つ者の場合、裏に隠したものが、ありありと感じ取れるだけに余計に恐ろしいと感じるのだという。私は、人間だった頃、そういう(たぐい)の家系だった。

 笑顔の起源は、威嚇であると何処(どこ)かで聞いたことがある。動物というのは、恐怖を感じた時、外敵を威嚇して自己を防衛しようとする。
 猿が笑っているかのように歯を見せることがあるが、これは威嚇の表情だ。威嚇された相手は、その恐ろしい表情にたじろぎ、遠ざかっていく。すると威嚇していた側の猿は警戒を解いて、威嚇の表情を和らげる。相手はその表情の変化に安堵する。威嚇された側の猿はこの時の安堵した感覚を記憶し、親近感を持つようになる。猿は、歯を剥き出してから和らげることで、親愛の情を表現する方法を手に入れ、表情が豊かな人間へと進化していったのだという。
 一見、無害そうに見える行動に、恐怖が紐付けされるのは、無意識のうちに、動物の(さが)として、それを感じとっているせいなのかもしれない。

 もし、彼女が私の妹になるのだとしたら、私が彼女という存在に慣れるまで——どれくらいかは見当もつかないが——彼女について理解するまで、この(むすめ)の笑顔が信じられないのだろうなと思った。

 ふと、彼女は悪戯(いたずら)っぽく笑うとこう言った。パンを手にしている。

「ねえ、これ一緒に食べる?」

 一瞬、どきりとした。この(むすめ)の言うことは、冗談なのか、本気で言っているのか。どちらにも取れるので、私のように人に慣れていない者からすれば判断に困る。思わず後ずさり、遠慮すると、そんなに警戒しなくてもいいじゃない。何も入ってないのに。と、千切(ちぎ)ったパンを口に放りながら、愉快そうにくすくすと笑った。

 今しがた、毒入りのパンの話をしたばかりだが、よく食べる気になるな、とか、(たま)に人間が墓などに食べ物を置いていくことがあるが、口に入れたパンはまさかそれじゃないだろうな、とか、そういうことばかりが脳裏によぎった。
 やはり、と言うべきか、彼女が何を考えているのか分からない。私たちは、元は人間だったかもしれないが、少なくとも、今は人間ではない。そんな些末(さまつ)な事を伝えたところで、のらりくらりと(かわ)されるだけだろう。
 私にはもう帰る場所などないのだが、帰るところがあるなら帰りたい、と切実に思った。

 仮に、パンを(もら)ったところで、私にその味はわからない。私たち人ではない者がそれを口にしたところで、味などしないはずだ。しかし、彼女が美味しそうにパンを頬張(ほおば)る姿は、まるで、人間の子供のように見える。味はしなくとも、食感を楽しんでいるのかもしれない。

 鬱蒼(うっそう)としたこの暗い森では、朝や昼がないかのように感じられる。夕暮れが近いのか、(からす)が鳴く声だけが森の中にこだましていた。じきに夜が来る。彼女の艶やかな菫色(すみれいろ)の瞳が、暗闇の中で一層、鈍く光を放っているように見えた。

暗闇で鈍く光る菫色

暗闇で鈍く光る菫色

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」という格言は有名ですが、はたして、深淵をのぞいた時点で、自分も正常でいられるのでしょうか。すでに怪物に片足を突っ込んでいるのではないか、と考えてしまうのは野暮なことでしょうか。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-01-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted