BREAK1

ぷにょ

 予定の時間をかなりオーバーして会議が続いていた。懸案の打開策が絞れず、完全に煮詰まっている状態だった。
「いくら温厚な私でも我慢の限界だ!」突然隣の主任が席を立ってドアに向かった。
「突然どうしたんですか?」驚いて声を上げると、チューターの先輩が唇に人差し指を立てて目配せして来る。
「どちらへ?」
「トイレだ」
 議事を進行していた課長をはじめ、会議に参加している全員が苦笑していた。
「じゃあ、10分休憩にしようか」
 どうやらいつもの事らしかった。

BREAK1

BREAK1

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-01-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted