10年後の世界線

マチミサキ

今日は朝から
かつて住んでいた街に赴き
散策?

うん、

結果
散策ですね。

本当は
此の地に幾つか在る
各老人ホームを回り
自己満ボランティアをしようと
画策していたのですが

駄目でした。

どこも
ボランティアどころか
御家族でさえ
面会が難しいみたいで。

嘘みたいな
ホントのはなし。

そういった
介護施設にご入居中の御家族が
居られる人は頷いてくれるでしょうね。

コロナ新型株の影響で
そういったカタチにならざるを得ないのだそう。

私がその町に住んでいた
数年前、
まだ
コロナなんて全く関係なかった頃は
私がその街にあった複数の施設には
行き慣れていたこともあり
こんな突飛なことも
わりと
大丈夫だったりもしたのですが。

やることは
基本的に折り紙と太極拳。

なんなら
同時進行でもよいです。

動きながら折りますよ、
なんか
そんな切り紙してる芸人さんいませんでした?
書いてて
脳裏に浮かびましたが。

うーん、

当初の目的は
わたしの見通しの激甘さで潰れましたが
せっかく久しぶりに訪れたので

あちこち見ていくことにしました。

いや
ずいぶん変わっている。

ウラシマ状態ですな。

お昼は
かつて週3で通っていた
ラーメン屋さんにしました。

ですが

いつもレジに不動の姿勢で構えていた
おばあちゃんが居ない。

私とはツーカーだったのですが。

ええ?!

オーダーを取りに来てくれた
若いお姉さんに
ついでにおばあちゃんについて
うかがってみると

『あー、祖母はもう・・』

まずい
悪いこと聞いた・・

『この新しいレジに対応出来なくて』

うん?

『それから店には出なくなっちゃって』

うん。

『家でいつもテレビ観てますよ』

うん!

とりあえず元気で良かった。

もし
よければ

名物ラーメンに
チャーシュー1枚トッピング
で、ライス


端っこ席で漫画読んでる人
来てたよ!


と、お伝えください
そんなことをお願いしてみました。

あの頃とは違い
今回は
ノーマルラーメンのみでしたが。

うん
やはり
美味しい、

来てよかった。

それから
すこしぶらつき
もう帰ってきました。

また
10年もしたら
行ってみますか。

きっと
変わっているようで
あまり変わっていない

そんな街並みに
心を踊らせながら。

10年後の世界線

【それから の おにがしま】

日本人ならほぼ100%認識率を誇る
お伽噺である桃太郎の続編

鬼が暴れまわっているのを
桃太郎が懲らしめまくり

そこから
どう鬼ヶ島が、
犬猿雉が、
桃太郎が、
鬼達が、

そして
その関係性が、

その舞台である鬼ヶ島が
変わっていったのか

それらを
わりと壮大な未来線で描いていく大作!

と、いったら大袈裟かな。

でも
わたしに

そんな言葉を使わせてくれるくらいには
読み終えたときに
心に残すものを
与えてくれた作品でした。

10年後の世界線

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-01-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted