短々落語「おったまげ」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「おったまげ」

(日本の国技と言えば…)

おったまげたよ、ご隠居(いんきょ)


どうしたんだい、熊さん(くま    )


いや~おったまげ、こりゃまいった、ホントおったまげ


だから一体(いったい)何が、おったまげなんだよ


ご隠居、おったまげ知りたいかい?


あぁ知りたいね


そうかいそうかい、ご隠居も知りたいかい、おったまげ…

それはね、横綱(よこづな)が反則負けしたんだ、嗚呼(あぁ)おったまげ


どういうこったい、横綱の反則負けって?


ここだけの話だよ、
先の(さき  )大一番、立ち合い前から両者睨み(にら  )合い、で立ち合うと相手が先行一発、横綱の顔面にもろ手突き、横綱も応酬、強烈な突っ張り合い、で一瞬、横綱のはたき込みが決まったかに見えた、ところがだ、審判団から物言(ものい)いがつく、横綱が相手の髷を掴ん(まげ  つか  )で、はたみ込んだとなった、でだ、この禁じ手「髷掴み(まげつか  )」で史上初、横綱の反則負けとなった


そりゃ、おったまげだ


で横綱はこう思っているに違いない


何てだい?


折った髷(お   まげ)、許してちょんまげ



(これを俗に一人相撲(ひとりずもう)と言うとか、言わないとか…)



 

短々落語「おったまげ」

お後がよろしいようで。

短々落語「おったまげ」

(日本の国技と言えば…)◇おったまげたよ、ご隠居 ◇どうしたんだい、熊さん ◇いや~おったまげ、こりゃまいった、ホントおったまげ…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。原稿用紙一枚(20×20=400文字)程度だから、およそ60秒で読める「一分落語」。爆笑は期待できないが、じんわりとくる面白新作落語臭。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-01-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted