死に至る熱病 前編;イシュタムの微笑

にがつ

「さあ、終わりなき悪夢を始めましょう?」

台本概要

◆声劇台本名◇

 『()(いた)熱病(ねつびょう) 前編;イシュタムの微笑(ほほえみ)


◆作品情報◇

 ジャンル:サスペンス
 上演所要時間:20~25分
 男女比 男:女:不問=2:2:0(合計:4名)


◆注意事項◇

 ・本作品は、フィクションです。
 ・本作品は、犯罪や自殺を肯定(こうてい)する内容ではありません。
 ・本作品は、暴力的・残酷(ざんこく)的な表現があります。
 ・本作品は、精神的に弱っている状態での閲覧(えつらん)非推奨(ひすいしょう)となります。
 ・舞薗姫喜は劇中歌があります。
  (参考) https://www.youtube.com/watch?v=hpgJEuJZuUs

登場人物

 結城 正道(ゆうき まさみち) ♂
  本作の主人公で、警視庁(けいしちょう)捜査一課(そうさいっか)刑事(けいじ)
  正義感が強く真面目(まじめ)性格(せいかく)で、面倒見(めんどうみ)が良く後輩(こうはい)刑事(けいじ)からは(した)われている。

 村瀬 修史(むらせ しゅうじ) ♂
  結城の大学時代の同期で、私立探偵(しりつたんてい)(いとな)んでいる。
  飄々(ひょうひょう)とした女性にだらしがない人物ではあるが、博識(はくしき)でかなりの切れ者。

 花衣 泉美(はなえ いずみ) ♀
  東京地検特捜部(とうきょうちけんとくそうぶ)検事(けんじ)で、(りん)としたクールな性格をした女性。
  自分が担当している事件で、〝ある人物〟が関与しているため結城(ゆうき)と協力を結ぶ。

 南羽良 楓(みなはら かえで) ♀
  警視庁(けいしちょう)捜査一課(そうさいっか)刑事(けいじ)であり、結城(ゆうき)後輩(こうはい)でありバディであった。故人(こじん)
  明るくまっすぐな性格(せいかく)をしており、先輩の結城(ゆうき)を恋に近い感情で(した)っていた。


 舞薗 姫喜(まいぞの ひめき) ♀
  都内の名門女子高に通う女子高生で、学内では天真爛漫(てんしんらんまん)な優等生かつ人気者。
  しかし実態は事件の元凶(げんきょう)であり、「他者に自殺をすることへの喜びを与える」悪魔(あくま)である。

上演貼り付けテンプレート

 台本名:『死に至る熱病 前編;イシュタムの微笑』
 URL;
 https://nigatsusousaku.wixsite.com/my-site-1
 https://slib.net/109606

 結城 正道:
 村瀬 修史:
 花衣 泉美:

 舞薗 姫喜/南羽良 楓:

■アバンタイトル

舞薗:ねえ、結城(ゆうき)さん?
   私にひとつ、教えてください。
   ――「どうして、ヒトを殺すことが(あく)なんですか?」


結城:()(いた)熱病(ねつびょう)
舞薗:前編(ぜんぺん)、イシュタムの微笑(ほほえみ)

■シーン1

結城:こちら、結城(ゆうき)
   南羽良(みなはら)、どこにいる?!
   応答(おうとう)しろ、南羽良(みなはら)!!

南羽良:……先輩。

結城:南羽良(みなはら)か?
   お前、一体、どこに――

南羽良:ごめんなさい……でも、こうするしかないんです。
    先輩を守るために。

結城:何を言っているんだ?
   とにかく単独行動は危険だ!
   今、どこにいる?
   
南羽良:すいません。
    教える(わけ)にはいきません。
    それに……

結城:それに?

南羽良:今回の事件はまだ終わっていないんです!
    本当の事件の真犯人を、私たちは捕まえていないんです!!

結城:えっ……おい、どういうことだ?!

南羽良:それは――っつ! 待ちなさい!!

結城:南羽良(みなはら)! おい、南羽良(みなはら)!!
   ひとりで無茶(むちゃ)をするな!
   俺もすぐに向かう!

南羽良:あっ……あっ……

結城:どうした! 何があった?!

南羽良:――悪魔(あくま)だ。

花衣N:ここで通信が途絶(とだ)える。
    警視庁(けいしちょう)捜査一課(そうさいっか)刑事(けいじ)である、結城(ゆうき) 正道(まさみち)は突然いなくなった後輩(こうはい)刑事(けいじ)南羽良(みなはら) (かえで)無我夢中(むがむちゅう)に探す。
   「彼女に何かあったに違いない」
    上司から戻るように無線機からくり返し命じられるが、それを無視し、ひたすらと走り続ける。
    やがて、1(とう)のボロアパートを見つけた。
    2階建てで、年季(ねんき)が入った木造(もくぞう)づくり。
    ヒトが住んでいる様子は皆無(かいむ)だった。
    2階の(すみ)っこの部屋、唯一(ゆいいつ)(とびら)が開いている。
    結城(ゆうき)はそこに彼女がいると思い、一目散(いちもくさん)に向かった。

結城:南羽良(みなはら)
   お前、こんなところでなにを――っつ!?

花衣N:彼の(ひとみ)にひとつの人影が見えた。

結城:あっ……あっ……

花衣N:結城(ゆうき)驚愕(きょうがく)表情(かお)()かべ、声を(ふる)わす。
    人影の正体は、探していた後輩刑事。
    しかし――彼女は浮いていた、首を()って。

結城:ああああああああああ!!

花衣N:欄干(らんかん)の柱に(くく)りつけられた(なわ)綺麗(きれい)に並べられたパンプス。
   横に倒れている椅子――その状況から「彼女が自殺した」と考えられた。
   南羽良(みなはら)の顔は(うれ)しそうな笑顔(えがお)を浮かべていた。
    まるで、「死が喜び」であるかのように――。

■シーン2

結城:ハッ……夢、か……
   クソ! これで何回目だ……?
   フラッシュバックのように何回も同じモノを見るな。

花衣N:カーテンを開け、朝の陽射(ひざ)しが部屋を照らす。
    いつもと変わらない(おだ)やかな風景(ふうけい)に、少しの安堵感(あんどかん)を彼は覚えた。
    すると――

結城:ん? 誰だ、この番号は……もしもし?

村瀬:久しぶりだな。

結城:……誰だ?
   イタズラなら切るぞ。

村瀬:おいおい、俺の声を忘れたのか?
   セイドウ?

結城:その軽い感じ……村瀬(むらせ)、なのか?

村瀬:思い出したようだな、お久しぶり。

結城:あぁ、久しぶりだな。
   その前に、何で俺の仕事用の携帯番号を知っている?

村瀬:企業秘密、ということにしてくれよ。

結城:だからと言って、わざわざ……プライベートの携帯にかけたらいいだろ。

村瀬:そう言って、プライベート用のは全く出ないだろ。
   趣味も仕事のようなお前なんだからさ。
   てか、番号変えたのなら教えろよ。
   教えられてないとか、地味(じみ)にへこむぞ。

結城:悪かったな。それで、何の用だ?

村瀬:飲みに行こう、今日の夜。

結城:はっ?

村瀬:今、休職中なんだろ?
   もちろん、これも情報元については企業秘密だ。

結城:なら、理由は知っているだろ?
   今はそんな――

村瀬:だからこそだよ。
   どうせ家に()()もっているんだろ?
   ……事情はわかっている。
   お前が責任(せきにん)を感じるのも理解できないわけじゃない。
   だからこそ、こういう時間も必要だよ。
   (ふさ)()んでばかりだと、先に進めねぇぞ。

結城:……わかった、何時(なんじ)にどこだ?

村瀬:こいつは驚いた……飲み会嫌いだったお前が(さそ)いに乗るとは!

結城:(さそ)ってきた本人が驚くっておかしいだろ。

村瀬:ハハッ、確かに、それは言えてるな。
   それじゃあ、夜9時に。
   大学生の時によく飲んでいた御茶ノ水(おちゃのみず)駅近くの大衆酒場で。

結城:あぁ、わかった。それじゃあ。
   ……ふぅ。
   先に進めない、か。
   ――でも、あの光景(こうけい)(わす)れることは出来ない……いや、(わす)れてはいけないんだ。

■シーン3

結城・村瀬:乾杯(かんぱい)

村瀬:(※勢いよくビールのジョッキを呑んで)カーッ!
   働いた後のビールは最高だ!
   五臓六腑(ごぞうろっぷ)()(わた)るということは、こういうもんだよなぁ~
   なあ、セイドウ――って、おいおい。
   (しょ)(ぱな)から一気飲みですか、しかも無言で。

結城:(※ビールのジョッキを一気飲みした後に)ぷはっ……ふぅ……うまい。
   久しぶりに()んだ。
   うまい……

村瀬:良い飲みっぷりだね~
   酒、苦手だったんじゃないのか?

結城:……この仕事をやっていると、酒を()まないとやってられなくなるからな。
   自然と()めるようになる。
   それはお前も知っているだろ。

村瀬:難儀(なんぎ)なものだよな。
   昔から、バカが付く(ほど)真面目(まじめ)だからな、セイドウは。

結城:うっさい……それよりも、だ。

村瀬:んっ?

結城:村瀬(むらせ)、お前、今は何をしているんだ?
   警察(けいさつ)を辞めたとは聞いたが、突然(とつぜん)のことで聞けなかったからな。

村瀬:あぁ、そういやそうだったな。

結城:警務部(けいむぶ)配属(はいぞく)だったんだから、将来安泰(あんたい)だっただろ。

村瀬:そりゃあ、出世(しゅっせ)コースに乗れていたかもしれないけどさ。
   簡単に言うと、空気が合わなかっただけだよ。
   それにおれはお前と同じ捜査一課(そうさいっか)の希望だったからな。
   ……とは言っても、今はしがない私立探偵(しりつたんてい)だ。
   まあ、でも、あの時よりは充実(じゅうじつ)しているよ。

結城:お前らしいな。

村瀬:そいつはどーも。
   おっ!

結城:どうした?

村瀬:いや、ようやく笑顔(えがお)を見せたなって思ってさ。
   少しは気分転換(きぶんてんかん)になっただろ。
   さっきまで、顔がまるで死人(しにん)そのものだったからな。

結城:そうか……そうだな。

村瀬:大体の事は知っているさ。
   嫌な事件だったな。

結城:…………。

村瀬:上層部(じょうそうぶ)不慮(ふりょ)の事故で決着をつけようとしているけどさ。
   実際は違うんだろ?

結城:あぁ、あれは事故でも、自殺でもない!
   殺されたんだ……!
   彼女が、そんな事をする(はず)が無いんだ……!

村瀬:だけど、確固(かっこ)たる証拠(しょうこ)がない。

結城:そうだ……いや、やめよう。
   折角(せっかく)の酒の席だ。
   次のを注文(ちゅうもん)しよう。

村瀬:……もし、その証拠(しょうこ)(つか)んでいるとしたら、お前はどうする?

結城:なっ……何を言って……

村瀬:セイドウ、最近、ニュースは見ていたか?

結城:いや……あんまり最近は……テレビすら見ていなかった……

村瀬:2週間前、渋谷(しぶや)で起きた「17人同時ほほえみ自殺事件」。
   場所は渋谷公園前ホール、被害者は15~45歳と年齢と職業はバラバラ。
   精神疾患の既往(きおう)はなし、特に家族関係や学校・職場も特に問題なかった。
   そして、これが最も注目すべきことだ――全員が笑顔のまま首を()って死んでいた。

結城:なっ!?

村瀬:そして全員が、死ぬ数日前に「悪魔を見た」と言っていた。

南羽良(回想):――悪魔だ。

結城:それって!

村瀬:あぁ、お前の後輩と一緒だ。
   警察は集団自殺として、処理はしたが……俺は違うと思って独自で調べた。
   そして、ある1人の人物にたどり着いた。

結城:写真……女の子?

村瀬:彼女の名前は、舞薗(まいぞの) 姫喜(ひめき)
   都内の名門女子高・聖明(せいめい)女子学園に通う高校二年生。

結城:舞薗(まいぞの)って、あの舞薗製薬(まいぞのせいやく)のか?

村瀬:そう、会長の孫娘(まごむすめ)だそうだ。
   しかもただの女子高生じゃない、ギフテッドだ。
   8歳のときにアメリカの大学に飛び級で入学している天才だ。
   卒業後は、ある研究機関に所属していたらしいんだが、今では普通に高校生をやっている。

結城:すごいな……しかし、この子が一体……

村瀬:俺はこいつが黒幕(くろまく)じゃないかと思っている。
   もちろん、推測(すいそく)の段階でしかない。
   けど、自殺した全員が彼女に会っていたことは確認済み。
   彼女とは一切関係ないはずなのに、だ。

結城:バカな……それじゃあ、この子が南羽良(みなはら)を……

舞薗N:写真の少女は、同じ制服の友人たちと一緒に無垢(むく)な笑顔を浮かべていた。
    しかし、結城(ゆうき)恐怖(きょうふ)を覚えた。
    少女の笑顔はどこか蠱惑(こわく)的で、そして狂気(きょうき)(はら)んでいる。
    まるで、得体(えたい)のしれない存在を見ているようだった。

■シーン4

村瀬:ふぅ、()んだ、()んだ。
   悪いな、お前を(はげ)ますつもりだったんだけど。

結城:いや、構わない。
   むしろ、やる気が出てきた。
   立ち止まる(わけ)にはいかない。
   手掛(てが)かりがあるなら、それを調べるまでだ。

村瀬:休職中だろ。
   下手に動けば、クビになるかもしれないぞ?

結城:その時は、その時だ。
   後悔(こうかい)するなら行動して後悔(こうかい)するほうが尚更(なおさら)良い。

村瀬:相変わらずの男だよ、お前は。
   それじゃあ、俺の助手(じょしゅ)ならないか?

結城:助手(じょしゅ)

村瀬:下手(へた)に警察官の身分(みぶん)を使っていたらまずいだろ?
   まあ、俺なりの気遣(きづか)いってやつさ。
   悪くないだろ?

結城:あぁ、それで構わない。
   それに就職活動になるしな。

村瀬:就職活動?

結城:警察をクビになって、お前のところに採用してもらえるようにな。

村瀬:ブハッ!! 出来るなら、女が欲しいんだけど。
   お前が来るとむさくるしくなるじゃん。

結城:ダメか?

村瀬:……いや、前言撤回(ぜんげんてっかい)
   お前だったらいいよ、セイドウ。
   その代わり、良い働きを期待しているぜ?

結城:あぁ、任せてくれ。
   良い仕事をすると自負しているさ。

村瀬:こいつは(たの)もしいな。
   それじゃあ、明後日(あさって)の月曜日。
   検察庁(けんさつちょう)に行くぞ!
   ――「女帝(じょてい)」に会うためにな!

結城:お前、まさか……

村瀬:そのまさか、だ!
   俺たちのゼミの出世頭(しゅっせがしら)であり、東京地検特捜部(とうきょうちけんとくそうぶ)特殊捜査第三班(とくしゅそうさだいさんはん)の班長・花衣(はなえ) 泉美(いずみ)様に、な!

■シーン5

花衣:すまない、随分(ずいぶん)と待たせてしまったな。

村瀬:大丈夫、だいじょーぶ。
   それよりも花ちゃん、久しぶりだね〜
   昔よりも一層(いっそう)綺麗(きれい)になっちゃってさ〜
   大人の魅力(みりょく)、増しちゃった感じです?

花衣:相変わらずの軽薄(けいはく)(やつ)だよ、お前は。

村瀬:()め言葉として受け取っておくよ。

花衣:そうしてくれ。
   それにしても……セイドウ、お前がこんなところにいるなんて驚いたぞ。

結城:そ、そうだな。

花衣:警察と検察は犬猿(けんえん)の仲ではあるが、今は同じゼミの同期としての身だ。
   そう身構(みがま)えずに、気兼(きが)ねなく話そう。

結城:わるい……職業病(しょくぎょうびょう)で。
   久しぶりだな、花衣(はなえ)

花衣:そうだな、久しぶりだ。
   そこにいる男とはちょくちょくと会うんだが、セイドウとは中々合わないな。
   ……もう大丈夫なのか?

結城:検察にも()(わた)っているのか。

花衣:いくら緘口令(かんこうれい)()いたところで事件が事件だ。
   小さな(ほころ)びから()れるもんさ。

結城:確かに……それもそうだな。

村瀬:おふたりさーん、そろそろ話の本題に入ってもよろし?

花衣:そうだな。
   2人とも、この資料を見てくれ。

村瀬:これは……舞薗製薬(まいぞのせいやく)強制捜査(きょうせいそうさ)のメスが入った事件か。
   確か、罪状(ざいじょう)は――

結城:贈賄罪(しゅうわいざい)薬機法(やっきほう)違反(いはん)

花衣:そうだ。
   厚生省(こうせいしょう)東京医科薬科大学(とうきょういかやっかだいがく)、そして聖隷(せいれい)マリア精神医療センター病院の
   官民合同(かんみんごうどう)で、〝ある抗精神病薬(こうせいしんびょうやく)〟の治験(ちけん)が行われていた。

結城:抗精神病薬(こうせいしんびょうやく)

花衣:薬の名前は『イシュタム』。
   あらゆる精神疾患に治療効果を示す「奇跡(きせき)の薬」と呼ばれている。
   実際の臨床研究(りんしょうけんきゅう)でも、治療効果を証明する報告はあった。
   退院不可能と言われた、重症(じゅうしょう)統合失調症(とうごうしっちょうしょう)患者(かんじゃ)が一時退院可能なレベルまで改善(かいぜん)した。

村瀬:えっ? それじゃあ薬機法(やっきほう)違反(いはん)じゃなくね?

結城:……副作用(ふくさよう)か。

花衣:ご明察(めいさつ)だ。
   (くわ)しい機序(きじょ)は不明だが、前頭葉(ぜんとうよう)大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)に重大な副作用があった報告を隠蔽(いんぺい)していた。

村瀬:それは、それは、悲惨(ひさん)なことになりそうだねぇ。

結城:すまない、その……何が問題なんだ?

村瀬:前頭葉(ぜんとうよう)大脳辺緑系(だいのうへんえんけい)は学校の理科で習ったから知っているだろ?
   (のう)にある、一部分(いちぶぶん)の名前。
   前頭葉(ぜんとうよう)は〝理性(りせい)〟と〝人格(じんかく)〟を、大脳辺緑系(だいのうへんえんけい)は〝感情(かんじょう)〟や〝記憶(きおく)〟を(つかさど)る。
   さて、ここでひとつ、問題です。
   そのふたつがやられると、ヒトは一体どうなるでしょう?

結城:感情や理性のコントロールが()かなかくなって……まさか……!!

花衣:その薬を飲んだ患者(かんじゃ)の半分以上が突発的(とっぱつてき)な自殺をした。
   治験(ちけん)を担当した製薬会社の役員、医師、厚生省の官僚(かんりょう)が、与党の政治家たちに口封(くちふう)じを依頼(いらい)するため賄賂(わいろ)を渡していた。
   今回、利益供与(りえききょうよ)発覚(はっかく)したことで特捜(とくそう)のメスが入った。

結城:ヒトの命をなんだと思っているんだ!

花衣:それともうひとつ。
   「イシュタム」の開発者なんだが……

結城:どうした?

村瀬:その開発者の存在が、今回、おまえたちを引き合わせた理由だよ。
   セイドウ。

花衣:舞薗(まいぞの) 姫喜(ひめき)――舞薗製薬(まいぞのせいやく)の会長・舞薗宗一郎(まいぞのそういちろう)の孫娘で、舞薗製薬(まいぞのせいやく)の研究開発部に所属する特任研究員(とくにんけんきゅういん)だ。

結城:特任研究員(とくにんけんきゅういん)……舞薗(まいぞの)姫喜(ひめき)……!

花衣:彼女はアメリカの大学では薬理学(やくりがく)神経生理学(しんけいせいりがく)精神医学(せいしんいがく)専攻(せんこう)していた。
   それに『イシュタム』で自殺した患者たちは全員――笑っていたそうだ。
   まるで死ぬことが嬉しいかのように……セイドウ。
   お前の亡くなった後輩と同じようにな。

舞薗N:点と線が(つな)がった。
    少なくとも、ここにいる3人はそう確信(かくしん)していた。
    しかし、彼は後に知ることになる。
    ――絶望(ぜつぼう)と、(みずか)らの破滅(はめつ)を。
    けれども、もう手遅(ておく)れ。
    もう、彼らは引き返すことが出来なくなってしまったのだから。

■シーン6

花衣N:都内のタワーマンション、ある一室。
    ピアノの音色(ねいろ)が聴こえてくる。

舞薗:「いつくしみ(ふか)き (とも)なるイエスは」
   「(つみ) とが (うれ)いを とり()りたもう」

花衣N:一人の少女が歌いながら、ピアノを(かな)でる。
   曲名は「讃美歌(さんびか)312番 いつくしみ(ふか)き」。

舞薗:「こころの(なげ)きを (つつ)まず ()べて」
   「などかは(くだ)さぬ ()える重荷(おもに)を」

花衣N:歌が終わり、そして少し遅れて演奏も終わる。
   少女は微笑(ほほえ)みを浮かべる。
    それは花が咲いたように明るくて、綺麗(きれい)なものであった。
    しかし、彼女の双眸(そうぼう)には(やいば)のような冷酷(れいこく)さが()められていた。

舞薗:「わたしが死んだとき 一匹(いっぴき)(はえ)がうなるのを聞いた」
   「その部屋の(しず)けさは」
   「うなり(たか)まる(あらし)合間(あいま)の あの大気(たいき)(しず)けさに()て」
   ーー19世紀の天才詩人と呼ばれた、アメリカの詩人、エミリー・ディキンソンの詩です。
   彼女自身、1886年5月15日に腎炎(じんえん)で55年の生涯を終えました。
   生涯(しょうがい)独身(どくしん)で過ごされたそうです。
   でも……この詩は、()くなる直前(ちょくぜん)の作品じゃないんですよ?
   それよりも、もーっと前に創られたんです。
   私、この詩、好きなんですよ。
   だって、気になりませんか?
   自分が死ぬ直前……最後に聞く音が何なのか?
   多くのヒトが家族や恋人など、愛するヒトの声だと思うんです。
   彼らは泣いているんです。時には、感謝の言葉を述べるでしょう。
   でも、そんなのって……あんまりじゃありませんか?
   それでは、〝死〟は悲しくて、怖いものとして扱われる。
   〝死〟は誰しも平等に与えられ、必ずしも訪れるのに……そこで、私、思いついたんです。
   「〝死〟が幸せなものだったら」――これって素晴らしい事とは思いませんか?
   ねえ、先生?

花井N:少女――舞薗(まいぞの) 姫喜(ひめき)目線(めせん)の人物に呼びかける。
    反応はない。当然だ、彼は死んでいたのだから。
    首つりによる自殺。
    しかし、舞薗(まいぞの)は気にせずに話を続ける。

舞薗:敬虔(けいけん)なクリスチャンである先生が喜ぶと思って、ピアノと歌の練習をしたんです。
   一生懸命頑張って、練習したんですよ?
   だって――先生には死んで(もら)わないといけなかったんですから。
   でも、良かったー
   無事に死んでくれました。
   だって、警察に捕まる(わけ)にはいきませんもの。
   ほーら、先生。
   笑って~?
   スマイル~♡


(了)

死に至る熱病 前編;イシュタムの微笑

死に至る熱病 前編;イシュタムの微笑

  • 自由詩
  • 短編
  • サスペンス
  • 青年向け
更新日
登録日
2021-11-25

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND
  1. 台本概要
  2. 登場人物
  3. 上演貼り付けテンプレート
  4. ■アバンタイトル
  5. ■シーン1
  6. ■シーン2
  7. ■シーン3
  8. ■シーン4
  9. ■シーン5
  10. ■シーン6