風にきえる

花野 尋

歩き続けても意味なんてないよ

町並みはそう言う

同じような景色がゆっくりと

ロールアップされていく

きみがいつか言っていた

地球にも血管があって繋がってる説

そう思わせるかのように

のびていく河川敷の土手道

かすれた雲がたなびいて

いつかの人生が

風にきえる

風にきえる

風にきえる

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-11-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted