恋は一発逆転

美咲恋

出逢い〜

恋は一発逆転

平成25年夏。藤原拓也24歳。北九州市小倉北区に位置する従業員100人程が働く製薬会社北九州支店。拓也は営業課に大学卒業後就職してから2年目になる。美咲早苗29歳。入社7年目の仕事はベテランである。初デートの約束にこぎつけた。拓也は、LINEでは、ズバッと言えたり話せるのに、直接会って話すと、ネタが浮かばないでいる。別れ際に今度は、8月の花火大会に行こうと約束?休憩所で会話して、ちょっと1時間ぐらい散歩して菖蒲を見て写真を撮ったデート。拓也は、LINEで、思い切って早苗に聞いてみた。
「恋人になって下さい」早苗「そんな気ないわよ、友達でしょ私を落としてみせる。おやすみなさい」
新日本三大夜景に選ばれ北九州だけでなく日本を代表する皿倉山。ケーブルカーもあり山頂まで簡単に登れ参道は手をつなぐチャンス。
「あの〜手を繋ぎませんか」
「いいわよ」
拓也は全身の力が抜けた。
「あの〜キスして」いいですかとは言えなかった。
「拓ちゃんどうしたの。汗一杯かいて、はい、ハンカチ」花火も打ち終わり拓也は時計を見ると午後10時を過ぎている。拓也は早苗の住んでる小倉へと車を走らせ足立公園に向かった。小倉の綺麗な夜景が見渡せる場所である。この日の夜は少し肌寒い感じで拓也は展望台で暫く夜の小倉を眺めている。その時、一瞬の隙を突いて拓也は、自分の着ている上着を脱いで、彼女に着せる瞬間、早苗が身体を寄せ合ってきた。瞬間に拓也は早苗の唇を盗んだ。それは、無数の星がいっぱい輝いて見える足立公園での出来事であった。
「本当は、その後に、ホッペをぶたれるかと思ったよ」それから数日が過ぎた。恋愛のマニュアル本を読むと、デート3回目にはやっちゃえとある。待ち合わせ場所は小倉駅だ。早苗はバスで来た。拓也は、ピンク映画を観に行こうかと、いきなり、早苗に問いただした。
「えっ」
早苗は嫌と言った。拓也は困った顔をしたと同時に、拓也はとんでも無い事を早苗さんに口走ってしまった事を一瞬後悔したがすぐさま気を取直した。
「星の王子様と私を観ようか」
「はい」
2人は映画館に入っていった。次の日会社へ出勤すると早苗は拓也に対して、ムスッとしている。拓也は軽々しい発言を悔やみ謝ろうと昼休みにLINEで呟いた。
拓也「失礼な言葉ごめんなさい」早苗「もうLINEしないで下さい」拓也「俺ね、早苗さんが理解出来ない、LINEしないで下さいってそれ近寄らないでという事」早苗「私は藤原さんが理解出来ませんけど」拓也「会社で話せるようになるまで、俺、会社休みます。それにもう辞める」
早苗「私はこの会社辞めませんよ。この会社が好きだから」 拓也「次の文句が打てないや」早苗「これで、お別れです、さようなら」
思い付きで、ポンポンLINEしてた拓也は、取り返しのない事態になってしまった。拓也「これで、きっぱり辞められます」
早苗「お疲れ様でした」暫くしてから拓也はまた打った。
拓也「このリスクは原子爆弾並みです」早苗「さようならしたはずですけど」
拓也「また最初からやり直そうかと」早苗「もう、会う事はないよ」
拓也「そうですか」早苗「私の携帯番号消して下さい」「藤原さんの携帯番号、電話する事ないので解除しました」
拓也「最後に、まだ、会社辞めてませんから、それと悪気はなかったです」
早苗「そうですか」「私との関係は無くなりました」
次の言葉に、拓也は、無意識の内に、綱を辿っていた。
早苗「もう、好き同士じゃなく友達に戻りました」
「お付き合いは、なかった事にして下さい」「早く退職届けを出したらどうですか」
「早苗さんじゃなくて、美咲と呼んで下さい」この言葉を最後に、拓也の携帯のLINEから、早苗が、ブロックしてきた。
早苗は一昨日の拓也との出来事を浮かべながら。ここは小倉ロイヤルホテルのフロアにいる。そこへ母が父と共にやって来た。2人は娘の門出を祝う時の様な満々とした笑みを浮かべている。一方の早苗は何か浮かぬ顔だ。三人は桜の間に案内される。その部屋には身長180センチ程の細身の身体の質素な雰囲気のする真面目な第一印象の男性38歳が座っている。これから2人のお見合いが始まる。縁談の話は二週間前から進められていた。早苗は拓也とのLINEでブロックしたのは、ちょっとした意地悪な気持ちになりやってしまった。本当は拓也とのデートは嬉しかった。昨日は何も連絡はしなかった。
拓也は小倉一のジュエリーショップに来ている。店員に70枚の札束を渡すと。手の中には、ハート型のティファニーのダイアモンドが今や今かと箱の中から出してくれと小さな声が拓也に囁いているようだ。店を出ると拓也の愛車の姿はない。昨日、突然の衝動で愛車を売り払い。お金に変えた。その足で小倉ロイヤルホテルに向かう。早苗がお見合いすると友達から聞いた。ブロックされた翌日。拓也の咄嗟に思いついた行動だ。
お見合いを終えた2人とお互いの両親はロイヤルホテルの待合室でタクシーを待っている。そこへ大きな叫び声が聞こえてきた。拓也だ。その手の中にはしっかりとティファニーのダイアモンドが握り締められている。
あれから3ヶ月が経ち2人はロイヤルホテルで近いの言葉を、そして早苗の左手の薬指に結婚指輪がはめられ2人の唇が重なり合った。

ここまで読んでくれてありがとうございました

恋は一発逆転

恋は一発逆転

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-11-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted