冬の短歌

冬の短歌

佐秋

冬立ちて秋はいよいよまさりけりもみぢ葉の音われと二人ゆく

ロンドン塔庭一面の赤き花大戦の日を憶ひ揺れつつ

こんなにも下らぬ仕事で一日が終わり私は歳をとってゆく

あの部屋は遠くに去りて戻らねどあの時のやうな日が射してゐる

失くしたと思ひしものは初めからこの手にはなしただ雨の降る

われ一人マスク外して深呼吸枯れ葉の匂いを思い切り嗅ぐ

夕されば子らは帰り吾も帰る松の音寒し上限の月

引きとめる人もなつかし振り向けばただ影のごと枯れ葉鳴る音

寒空にひとり残れる山躑躅友なき冬をいかに過ごさむ

世界にはあんなにきれいな星空があるのに俺はここにいるのか

特になすこととてもなしハリスン忌曇り空から冬は降りけり

気がつけば親の老いてふ足枷が私にもはめられてしまつた

目標はあってもそのため何すればいいのか分からず今日も筋トレ

もう十年経った今ではあの部屋の枕の色も思い出せない

大掃除十時になったら始めよう十二時やっぱり明日でもいい

クリスマスまであと少しタムシバの莟はさらに先の春待つ

冬空は嘘くさいほど晴れ上り銀杏並木に子らは駆けたり

正月は帰らぬことが親孝行母の寂しさ電波ふるわす

わたくしがぼんやり歩く公園の枯れ草を刈る人もいるらし

枯れ草を覆う枯れ葉にしじみ蝶とまりて優しく日は降りにけり

クリスマス過ぎて寂しき年の暮れ胃に残りたる晩のシャンパン

真夜中に目覚める夢をまだ見てるあの頃なら手が届いたのに

境内に露店立ちける十二月三十日も糞をしてゐる

大晦日新たな年の戸を叩くやうな声して尉鶲なく

街はまだ眠っているか初日の出星の瞬き見上げつつゆく

初日の出今年はマスクの顔ばかり去年と同じ太陽をみる

日の出づるあとも残れる去年の月昔の人とともに見し月

そのままの君が好きとはよく言うわそのままの私知ってんのかよ

去年の秋ふりしもみぢば夕焼けにとけて今年の土となるらむ

もう帰るだけとなりぬる山登りつとふり返り鳥の声きく

どちらから筆を止めしか年賀状年ごとに減る葉書寂しき

「ああそうか、俺は幸せなんだな」と君見て思う俺を許して

大人にはなれないまんま歳をとりこのまま死んでゆくのか明星

心にも黒いインクのしみがつく親父を施設に入れる書類の

久々の雨だ空き地の枯れ草も香り豊かに色めいて見ゆ

初雨にきらめくものはタムシバのつぼみか雫か人の心か

多摩川の山並み雨にけぶりたり父よあなたは大きかった

冬の短歌

冬の短歌

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-11-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted