うたたね

吉瀬れいこ

広い背中に
抱き着いてキスしたい
振り返る前に
幸せとささやく

花の上を裸足で歩いて
あなたがついてきてくれるのを
待って また歩く

振り返る前に
幸せとささやく
僕もだというせりふではなく
愛おしい視線が
永遠に私の人生の手綱になる
どんなものを見てきたの
教えて わからないことばかり
答えが出なくてもいいと
感じたことなんか 生まれてから
一度だってなかったのに

一度だって

うたたね

うたたね

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted