浅き夢みし

彦田礼人

 私という人間は、同族に嫌われながらも同じ空間で生きていく術を探している。なんと馬鹿馬鹿しい行為なのだろうか。
 それでも私という人間は、同族と戯れる環境を探して今日を生きる。手を替え品を替え、相手によって接し方を替える。
 しかし本性を見抜いた彼女は言った。
「だからあなたは嫌われるのよ」

浅き夢みし

浅き夢みし

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted