花野 尋

木々がざわめく

まるで不安が
風に揺れているよう

不安定な気圧が
僕を
簡単に惑わせる

どこまでもみえる
そう思っていた世界が
灰色に包まれる

恐がらずにいれたなら

遠くに光る
こんなにも大きな音で

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted