超短編戯曲『全ピース』

尾田栄一郎 作

堀川士朗 編

あまりというか全く思い入れのない作品を二次創作してみました。ぜひご覧下さい。

怒られないことを祈ります。初の二次創作!

 超短編戯曲『全ピース』

         堀川士朗


 登場人物
 流布井沢
 像炉
 波


 明転。

 舞台は夏の鎌倉。海が近い。潮風で錆びたバス停が置いてある。防波堤が見える。
 流布井沢と像炉がだらしなく立っている。

像炉「タバコ持ってない?」
流布井沢「ない」
像炉「買ってきて」
流布井沢「やだ、お前が行け」
像炉「あー。三本刀の無敵のやつやるぞ」
流布井沢「やれば。刀持ってないじゃん」
像炉「預けてきた。危ないし、バス乗れないから」
流布井沢「どこに」
像炉「民宿」
流布井沢「そうか」
像炉「うん」
流布井沢「暑いな」
像炉「言うなよ。俺は着流しだから暑くないってかお前半袖短パンで言うなよ」
流布井沢「バス来ねえな」

 間。

像炉「タバコ持ってない?」
流布井沢「だ、ない!」
像炉「買ってきて」
流布井沢「……」
像炉「ねえっ」
流布井沢「タバコ買ってくる間にバス来たらどうすんだよ」
像炉「そんな先の事は知らないよ」
流布井沢「……」
像炉「未来の事は誰にも分からない」
流布井沢「お前」
像炉「ん」
流布井沢「お前かっこよく言ってるつもりだろうけど、割りと普通の言葉だからなそれ」
像炉「は?」
流布井沢「お前そんなだと護謨護謨の殴るあれの痛いやつやるよ」
像炉「良いよ」
流布井沢「え」
像炉「やれよ」
流布井沢「う」
像炉「友達をひとり失うよ」

 間。

流布井沢「やんないけど」
像炉「な」
流布井沢「うん」
像炉「俺ら仲良いしな」
流布井沢「うん」
像炉「な」
流布井沢「波来ねえな」
像炉「お腹痛そうだったよ」
流布井沢「何で?」

 間。

像炉「生理」
流布井沢「ああ」
像炉「大変だな、女は」
流布井沢「うん」

 間。

像炉「お前」
流布井沢「ん」
像炉「お前」
流布井沢「な」
像炉「お前波の事、お前波の事どう思ってんの?」
流布井沢「え」
像炉「ねえ」
流布井沢「……良いかなって」
像炉「ふうん」
流布井沢「お前は?」
像炉「俺は……」
流布井沢「……」
像炉「……」
流布井沢「……」
像炉「……ねえ」
流布井沢「ん」
像炉「あれやって!あれやって!たまにしか言わないあれやって!」
流布井沢「えー」
像炉「頼むよ。見たい」
流布井沢「うん。……『海賊の王様になりたいけれど、まあちょっと無理じゃないかな?俺ってばよ!』」
像炉「おー!」
流布井沢「照れるわー」
像炉「かっこいい。俺お前がこれ言ってんの見て友達になろうと思ったんだよ!」
流布井沢「いやー、若かったんだよ。あの頃すごい頻度で言ってたから」
像炉「良いよ。今も良い」

 波が歩いてくる。

波「ごめーん」
像炉「お、来た」
流布井沢「お前何でそんなおっぱいちっぱいの?」
波「ひど」
像炉「デリカシー」
波「これが好きだって言う人もいるよ」
流布井沢「誰?」
像炉「……」

 間。

波「別に」
流布井沢「誰?」
波「や、てか」
像炉「……」
流布井沢「ねえ誰?」

 間。

像炉「……あのさあ」
波「宿のおばちゃんに怒られたよ!」
流布井沢「何で?」
波「夜中うるさいって」
流布井沢「ああ」
像炉「あれか」
流布井沢「特大花火か」
像炉「良いじゃんな」
波「もう一個前で待たない?ここ暑い」
流布井沢「うん」
像炉「行くか」
流布井沢「暑いしな。惨事は?」
波「惨事、惨事死んだ」
流布井沢「マジかー」

 もう一個前のバス停まで歩く三人。
 暗転。


          おしまい

超短編戯曲『全ピース』

ご覧頂きありがとうございました。怒られないことを祈ります。

超短編戯曲『全ピース』

あの漫画の二次創作!

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted