【超短編小説】管理人

六井 象

 窓の外を眺めていたら、「管理人」が、「蛍」「向日葵」「入道雲」「蝉」とラベルの貼られた鍵の束をがちゃがちゃ言わせながら、地平線の向こうに消えていくのを見た。ああ、そろそろ、夏か。

【超短編小説】管理人

【超短編小説】管理人

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted