なんにも覚えてないや

嗄鳥鳴夏

なんにも覚えてないや
ごめん、こんな夜に話しかけて
しばらくぶりに会いたいや
前に笑ったの、いつだったけなぁ

いいことも悪いことも忘れちゃってさぁ、
最近は何だかんだ楽しいんだけど、
心が何故か落ち着かなくて、
街並みも何処か物足んなくて、
なぁ、また会いたいな、君と
そのまま、夢語りたいなあ

調子どう 
元気でやってんの
私、ぼちぼち生きていますよ
あの頃の
影は隠しながら
そーっと、静かに歌っていますよ

んー、

寂しくてさ、
何か急に思い出したの
今だけでいいじゃんとか言ってた
学生時代の馬鹿な自分を

うー、

頭痛くてさ、
青い風に浮かんでみたの
そしたらつまんない世界が
一瞬だけおかしく見えたの

でも、

なんにも覚えてないや
ごめん、こんな夜に話しかけて
しばらくぶりに会いたいや
前に笑ったの、いつだったけなぁ

いいことも悪いことも忘れちゃってさぁ、
最近は何だかんだ楽しいんだけど、
心が何故か落ち着かなくて、
街並みも何処か物足んなくて、
なぁ、また会いたいな、君と
そのまま、夢語りたいなあ

正味もう、
良いかなって思ってんの
うつつ、死ぬほど見てきたんよ
この先の
未来見えないの
ぼーっと、すること多くなってんの

んー、

泣きたくてさ、
どうでもいいこと思い付いたの
この世から消えちゃえばさ
もう一度人生やり直せそうって

うー、
傷疼いてさ、
ベッドの底に沈んでみたの
そしたらつまんない人生が
一生続くの嫌になったの

でも、

なんにも覚えてないや
ごめん、こんな夜に話しかけて
しばらくぶりに会いたいや
前に笑ったの、いつだったけなぁ

いいことも悪いことも忘れちゃってさぁ、
最近は何だかんだ楽しいんだけど、
心が何故か落ち着かなくて、
街並みも何処か物足んなくて、
なぁ、また会いたいな、君と
そのまま、夢語りたいなあ

私さぁ、
なんにも覚えてないや
ごめん、こんな夜に話しかけて
しばらくぶりに会いたいや
前に笑ったの、いつだったけなぁ

いいことも悪いことも忘れちゃってさぁ、
最近は何だかんだ楽しいんだけど、
心が何故か落ち着かなくて、
街並みも何処か物足んなくて、
なぁ、また会いたいな、君と
そのまま、夢語りたいなあ

ねぇ、ねぇ、やっぱ、生きたいや
もうちょっとだけ頑張ってみるわ。
うん、うん。ありがと、おやすみ。
もうちょっとだけ頑張ってみるわ。

なんにも覚えてないや

なんにも覚えてないや

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted