浮かび

嗄鳥鳴夏

夢の先にあった夢を指先で捕まえて
明日明後日逃げ出してみたい気持ちも分かる
今はそれが全てだし、全てじゃないから
のらりくらり生きていればいい。

青空が覆った
蜻蛉飛び交う世界で
僕は浮いている
首を傾げた
君と過去を忘れて
未来を仰ぎたい

片目を瞑った日常を俯瞰で見つめて
少し時たまに語り尽くしていたい時間も終わる
実はそんな嫌いじゃない、暑い夏のマスクも
のんびりふらり生きていければいい。

憧れに恋した
言葉ぞんざいな世界で
僕は浮いている
掌見つめた
君と現実を掠めて
幻も生きてみたい

何もない、誰も居ない闇
人は病み、朝も笑わない
愛もない、風も吹かない時
僕はいる、悟りの世界で、幸せを願う

青空が覆った
蜻蛉飛び交う世界で
僕は浮いている
首を傾げた
君と過去を忘れて
未来を仰ぎたい

憧れに恋した
言葉ぞんざいな世界で
僕は浮いている
掌見つめた
君と現実を掠めて
幻も生きてみたい

浮かび

浮かび

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted