自選短歌 2021年9月

くろだたけし

まっ白なコピー用紙がまっ白なままで出てくるだけの機械だ

すっぴんかすっぴん風かわからないまして言葉の裏の意味など

クレイジーだったおまえが酒をやめ煙草もやめて育毛をする

美味そうと思われるのは困るのでなるべく変な臭いでいます

冷ややかな心になって薄荷飴ころがすうちに夕立が来る

月光がすべての歌を黙らせて駐車場には大きな卵

おはようと返したけれどさっきまで古い給水塔だったよね

自選短歌 2021年9月

自選短歌 2021年9月

2021年9月に「うたの日」で発表した短歌からの自選7首です。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-10-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted