オンライン幻視行

瀬戸かもめ

雨音して久方ぶりにドアを開く空中の粒を泳ぐ光は

学校へ定期的には通わない切符を買って通る改札

バンクシーの中づり広告と白い光が音のない夜を駆ける

改札前三か月ぶり見た友の顔思ったよりもどこか優しい

友と歩くその歩調がただ愛しくて顔を眺めてただ笑いあう

マンションの階段上り二階にてさらに奥へと歩む薄闇

「猫ですか」呆れたように言う店主「ええ、ウエストが少し緩いので」

古い木の棚から下りてきた猫はベルトではなくただの液体

「液体だ」そう言いはって猫を呑む私の顔を見て笑う君

ガラス製の小惑星を覗いては失くした記憶を深くただよう

この世界はたったひとりのオンライン「私」だけがただ増殖する

私たちはアンドロイドに似ているか授業面壁する朝と夜

親友との十三行のやりとりで人はこんなに涙するのか

下を向く私が上を向く異域暗いキッチンのスプーン三本

目の前のべやべや道を全裸にて時計を持ったうさぎが走る

帰り道「さっきはどうして寝てたのか」友は笑って私に訊いた

手を振って互いに言った「またあした」また会える日はいつ来るだろう

電車乗り窓の外には夕暮れがあるはず地下でそう思う冬

マフラーを整えながら出る地上明日(あす)も少しは踏み出せばいい

三日月を垂らす夕空釣り人は今宵私を食べたいようだ

オンライン幻視行

オンライン幻視行

  • 韻文詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-09-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted