ひとりぼっちの僕と、君

驟雪

お星様の分身のような明るい髪は、君を愛する誰かが梳いたものなんだろうか。「泣かないの」そう言って細い指が慈しむように僕の頬をなぞる。すると不思議なことに大粒の涙が僕の目から溢れるのだった。触れて欲しくなかった。僕は汚れているから。ああ。どうして。君はそんなにもやさしいのだろうか。

ひとりぼっちの僕と、君

ひとりぼっちの僕と、君

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-09-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted