flos(連作詩)

相地

flos(連作詩)

R Sound Designさんの「flos」に登場する花々をモチーフにした連作詩です。

本家様(https://www.youtube.com/watch?v=bUbOc97FpUA

Daphne(沈丁花)

貴方は 私を
か弱いと お思いでしょう

本当は

私が 貴方に
そう 思わせているのです

来るべき時のために
私は 貴方に しなだれているのです

Ficus(無花果)

私が 咲くことはありません

誰も彼もが 私を愛でてくれます

「愛しい」と
「可憐だ」と

しかし
私が 咲くことはありません

悔しい 悔しい
どれだけ愛されても
私は 空洞なのです

Iris(菖蒲)

目の前は 赤、白、黄色
幸せです 幸せのはずです

それなのに
蒼が 僕を邪魔します

おかしい おかしい
おかしいのは 僕です

蒼も いとおしく思えたら
僕は 奇麗になれますか?

Maackia(犬槐)

僕の背丈は 少し高いです
あなたの目に 留まるように

僕は あなたが好きです
でも あなたは

僕の背丈は 少し高いです
あなたを見つけられるように

僕は今でも あなたを想っています

Lythrum(禊萩)

あなたは とても綺麗な人
だから 僕を赦せない

あなたが 信じるもの
僕は 信じないもの
残念ながら 同じです

あなたは とても綺麗な人
不浄な僕を 赦さないで

Myrica(山桃)

あなたを 愛しています

「どうして」?
そんなこと 訊かないで下さい

目が覚めるように
息を遣うように

あなたを 愛すること
私が 生きていること
それらに 理由を付けないで

Sabia(青葛)

始めに あなたが生まれました
歩いて 歩いて
そして 僕が生まれました
足跡の中

あなたは ずっと先を往きます
僕は 轍を倣いません
それが愛だと 信じているから

Thymus(伊吹麝香草)

手袋は必要です

触れられないものが
触れたくないものが
あまりにも 多くて

外してほしいですか?
いいですよ

驚きましたか?

私が 唯一触れたいものは
今 目の前にいます

Ribes(酸塊)

一喜一憂
が、ふさわしい僕です

あなたは微笑み
あなたは嘲笑い
それでも 愛さずにはいられない

服従すら 厭わないんです

Abelia(花衝羽根空木)

あなたが欲しいのなら これを
もし よければ
あれも それも

ええ、ええ
私が“零”になることはありません
私には 必ず“一”がありますから

ええ、ええ
察しの悪い人ですね
一から教えないと だめですか?

Sedum(麒麟草)

気を許してはいけません
貴方は そういう人です
決してこの扉を開けては――

しかし 私にはわかっています
呼吸さえ ままならないほど

閂を欠かせない私は すでに

Felicia(瑠璃雛菊)

私は 愛されています
母に 父に 友に
私は 幸せです
とても、とても
不幸なはずが ありません

ですから、

あなたが 私を見ない
それだけで
不幸を呪うのは 不誠実なのです

Ochna(夢鼠木)

幸福は例えることが出来ます

夢を持ち帰り
花を鼓舞する
あなたの存在

何時も笑って下さい
私を喜ばせて下さい

あなたは降伏しないで下さい

Lychnis(仙翁)

「あいします」
「そばにいます」
「こころゆくまで」

私を 私を 私を

あいしてください
そばにいてください
こころ、ゆかないで

裂けた口でも言えないから

Flos

僕は忘れます
忘れたいから

思い出になぶられ行き着いた場所
痕だけが、必死に呼吸しています

私は忘れました
忘れたかったから

思い出を供にせずとも生きています
枷が外れたことを、嬉しく思います

僕は/私は、あなたが好きです/でした

flos(連作詩)

flos(連作詩)

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-09-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. Daphne(沈丁花)
  2. Ficus(無花果)
  3. Iris(菖蒲)
  4. Maackia(犬槐)
  5. Lythrum(禊萩)
  6. Myrica(山桃)
  7. Sabia(青葛)
  8. Thymus(伊吹麝香草)
  9. Ribes(酸塊)
  10. Abelia(花衝羽根空木)
  11. Sedum(麒麟草)
  12. Felicia(瑠璃雛菊)
  13. Ochna(夢鼠木)
  14. Lychnis(仙翁)
  15. Flos