【超短編小説】蛇

六井 象

 ×××号室の患者さん、また蛇を吐いたのよ。すごく弱った蛇。うん、瀕死の蛇。前は元気な蛇吐いて、咬まれた看護師もいたのに……。あの人ももう危ないかもしれないわねぇ。

【超短編小説】蛇

【超短編小説】蛇

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-09-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted