喪失

渡逢 遥

俺は、いつまでこうしているんだろう。いつまで、生きているんだろう。

何を失ったのか、それさえ忘れてしまった。もう思い出せないし、思い出したくもない。あらゆる記憶は呪われていて、あらゆる祈りは絶望に敗れた。

誰かに伝えずじまいだったことがあったな。

「いいかい。最も残酷で美しい凶器は、愛だよ」

喪失

喪失

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-09-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted