Aの20

一郎

 俺はなぜかサークル会館に向かって歩いている。

 本当ならまっすぐ正門前のバス停に向かうはずだった。

( 何がしたい…… )

 サークル会館の31号室、という情報をしっかり覚えている。

 久しぶりのサークル会館1階ロビーは相変わらず人が多くて騒がしい。

( この部屋か )

 俺は31号室のドアを開けてみた。

 若い男たちがパンツ一丁で円陣を組んでいる。

「あっ……」

 男たちの視線が俺に集中した。

「す、すいません」

 俺はすぐにドアを閉めようとしたが、若い男に腕を掴まれた。

「入部っすか?」

「違いますよ……」

 俺はそう言ったが、いつの間にか男たちに取り囲まれている。

 誰かが俺の尻を撫でた。

「可愛いっすね」

「やめてくださいよ」

 体格の良い人が俺の前にやってきて周りの男どもを遠ざけた。

「どうかしたの?」

 周りの男たちよりも大人びた印象だった。主将かもしれない。

 俺は正直に言った。

「DOVR研究会の部室を探してたんですけど……部屋を間違えたみたいです」

「ディー、オー、ブイ? 何それ」

 男たちは首をかしげていたが、主将のような人は何か思い出したらしい。

「そういえば、そんな感じの名前だったような……。あぁ、思い出した。この部屋で合ってるよ。でも始まるのは3時10分からだね。DOVRとか言うサークルでしょ?」

「はい。そうです。ありがとうございます」

 俺は主将のような人にお礼を言って部屋の外に出た。

 部屋の利用時間をよく調べなかった俺の責任だけど、冷静な人がいてくれて助かった。

 俺はスマホに目を向けた。

 あと30分くらいあるので、図書館で時間をつぶす事にした。

 ◇

 気を取り直して、もう一度部屋の前にやって来た。

 ドアの前に近づいてみると、笑い声が聞こえてくる。「アハハハ」という感じの笑い方で熟年女性のイメージに近い。

( おばさんでも居るのかな…… )

 俺は思い切ってドアを開けた。

 部屋にいる女子二人が俺を見た。

「えっ……誰?」

 そう言われながら俺は思いきり怪しまれている。

 手前の椅子に座っている女子はなかなかの美人だった。そして彼女の隣にすごいのがいる。横綱かと思えるくらい大柄の女性。丸い顔に丸い眼鏡をかけている。どちらかというと、そちらの方からの視線がきつい。

〈 えっ、男? やだ…… 〉

 そんな感じの視線で訴えてくる。

 俺はとりあえず話してみる事にした。

「すいません。ここはDOVR研究会ですか?」

「そうですが……何か?」

 横綱は冷淡にそう言い捨てた。

( 募集する気あんのか…… )

 俺はすぐに気持ちを切り替えた。

「あ、いいです。すいません。失礼します」

 そう言って俺が部屋を出ようとすると、横綱が声を上げた。

「あー待って、待って。ごめん。ごめん」

 横綱がすごい勢いで突進してくる。

 タックルされるのかと思えば、俺の前に来て丁寧にお辞儀した。

「ごめんなさい。隣のサバゲーの奴らかと思ってつい失礼な態度を取ってしまいました。本当にごめんなさい」

 俺は聞き返した。

「サバゲーの奴ら?」

「はい。サバゲー同好会の男子の奴らです。こないだから何度もピンポンダッシュみたいな事してきて、馬鹿にされたんで……」

 それを聞いて俺は納得した。

 確かにサバゲー同好会の連中には良い印象が無い。1年くらい前に大学内でBB弾をまき散らして活動停止になっていた事もある。

 俺はこの横綱を少しだけ見直した。

 いきなり失礼な対応だとは思ったけれど、こうして真摯に謝ってくれるのは嬉しい。

「入部希望の方ですよね?」

「あ、はい……」

 横綱からの圧がすごいので、俺はついそう言ってしまった。

〈 いちど話を聞いてから 〉

〈 体験をしてみてから 〉

 考えれば上手い言い方はいくらでもあるのに、すぐに口から出なかった。

 横綱は急いでテーブルに散らばっている漫画本を片付けてスペースを確保した。もう一人の女の子も手に持っていた漫画をテーブルのはしに置いた。

( こいつら、漫画読んでたのか )

 やはり予想していた光景と重なる。

 VRゲームのサークルを作っても、大学内でVRゲームなんて出来るわけもない。ようするにDOVRが好き、という共通点を持つ仲間を集めて楽しくお喋りしたり、交流をするのが目的だと考えられる。

「さぁ、どうぞどうぞ。座って下さいー」

 横綱にそう言われるまま、俺は席についた。



【作者紹介】金城盛一郎、1995年生まれ、那覇市出身

Aの20

Aの20

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-09-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted