最後の1ピース

四月いつか

第1章

僕が大学に通う為に住んでいるA県の夏の暑さは、僕が人生の中で始めて体験する様な強烈な暑さだった。
高校を卒業するまで暮らした実家の夏は瀬戸内の気候ということもあり、とても穏やか気候だった。
その穏やかな夏の気候に慣れている僕にとって、このA県の夏の暑さは大袈裟ではなく「身の危険」を感じる様な暑さだった。
A県で暮らし始めて最初の夏、僕は大学の夏休みを利用してこの暑さから逃げる様にA県を離れ実家に帰省した。
体調を崩して父が入院したと帰省前に母から聞かされていたと言うのも大きな理由の一つだった。
お金を節約する為に新幹線を使わずJRの在来線で帰省した僕を姉が駅まで迎えにきてくれていた。
2つ上の姉は地元の4年制大学に自宅から通学していた。僕が高校生で、まだ自宅に住んでいる頃、音楽や文学など、その作品に惹かれる感性が似通っているこの姉とはよくCDや本を交換し合っていた。
僕はこの姉の事をとても信頼していたし、善き相談相手でもあった。
駅のロータリーで待っていてくれた姉の車を僕はすぐに見つけた。同じタイミングで姉も僕を見つけて小さく手を振った。
車に乗り込み僕は姉に御礼を言った。

「ありがとう、助かったよ。今からまたバスで移動となると大変だから」

「あっちの暑さはどお?こっちと違って凄くムシムシした暑さなんでしょ?」

「うん、大袈裟じゃなくて身の危険を感じる様な暑さだよ」

オーバーねぇと姉が笑った。
車中で一通り近況報告などし合ったあと若干の静寂があった。
そして姉がおもむろに話し始めた。

「律、落ち着いて聞いて欲しいんだけど」

一瞬体調を崩して入院しているという父の事が心をよぎった。

「お父さんね、もう長くないらしいの」

「胃がんなの。もってあと1年ちょっとだって・・・」

僕はこの姉の話を凄く冷静に受け止めていた。
母から父が入院したと聞いた時から、何となく父はもう退院出来ないのではないか?という漠然とした予感があったからだ。

「1年・・・そんなのあっという間じゃないか」

「そうね。段々と弱っていくだろうからその1年のうちどれだけ好きな事をさせてあげられるか・・・」

「会いに行くのは明日にするよ。今はどんな顔して会ったら良いかわからない」

「わかったわ。今日はゆっくりすると良い。お母さんも律に会いたがってる」

僕は助手席から外を眺めた。

僕は生まれ育ったこの土地をどうしても好きになれなかった。

最後の1ピース

最後の1ピース

主人公の律は大学生。通学の為に地元を離れてA県で独り暮らしをしていた。 19歳の夏、母より父が胃がんに冒されている事を聞かされる。 夏休みだった事もあり急いで帰宅した律を姉の美樹が迎えに来てくれていた。そして余命が1年である事も聞かされる。 帰宅した律に父より『お前独りだけで病室に来て欲しい』と連絡が入る。 そして父が今まで誰にも告げずにずっと秘密にしていたある事実を聞かされる。 『律、お前には妹が居る』 律だけに明かされたこの事実。 運命の歯車がゆっくりと回り始めた。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-09-04

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted