星が落ちた話

浅野浩二

ある夏の日、僕は、昼ごろまで、家の中で、寝ていた。
外に出ると、猛暑なので、何もする気が起こらないからだ。
しかし、僕は、勉強するために、図書館に行こうと思って、家を出た。
すると、びっくりした。
なぜなら、家の庭に、2mほどもある、巨大な、ヒトデ、が、あったからだ。
ヒトデは、みな、知っているだろうが、☆の形である。
一体、何なんだろう。
これは?
なぜ、僕の家の庭に、こんな巨大な、ヒトデが、あるんだろう?
僕は、おそるおる、ヒトデに近づいてみた。
すると、ヒトデが、驚いたことに、人間の言葉を喋り出した。
「おどろかしてゴメンね」
僕は、ヒトデが、人語を喋ったので、驚いた。
「君は、一体、何物なの?」
僕は聞いた。
「僕は、空に輝いていた、星なんだ。でも、空にとどまっていることに、失敗して、落っこちてしまったんだ。それで、地面に落ちた時、腰を打ってしまって、打撲して、痛くて、動けないんだ。イテテ」
☆は、そう説明した。
なるほどな、と、僕は思った。
「ちょっと、待ってて」
そう言って、僕は、家の中に戻った。
そして、冷却スプレー、と、湿布と、痛み止めの、ロキソニンを、持って、庭に出た。
そして、☆の腰を、冷却スプレーで、冷やしてやり、湿布を貼ってあげた。
そして、☆に、ロキソニンを飲ませてあげた。
すると、☆は、
「ああ。有難う。おかげで、痛みがなくなりました」
と言った。
☆は、よっこらしょ、と言って、起き上がり、立ち上がった。
☆は、二つの突起で歩くことが出来た。
「よかったら、家に入って、休みませんか?」
僕は、☆に言った。
「ありがとう。では、少し、休ませて下さい」
☆は、二つの突起で歩いて、僕の家の中に入った。
家には、妹がいた。
妹が、パタパタと玄関にやって来た。
妹は、☆を見ると、びっくりした。
まあ、当然だが。
「こんにちは。じゃなかった。はじめまして」
☆は、妹に挨拶した。
「お兄ちゃん。何なの。これ?」
妹が聞いた。
「これは、空に輝く☆さ。でも、空にとどまっていることに、失敗して、落っこちてしまったらしいんだ」
と、僕は、妹に説明した。
「まあ。そうなの。可哀想に。ゆっくり、休んで下さい」
妹が言った。
「ありがとう」
「お腹、空いていませんか?」
「・・・・・」
☆は答えなかった。
妹は、カップラーメンに、お湯を注いで、3分、待って、☆に渡した。
「はい。どうぞ」
「ありがとう」
☆は、礼を言って、カップラーメンを食べた。
二本の突起を、手のように使って。
「ああ。美味しい。美味しい」
と言いながら。
「少し休んで、体力が戻ったら、空に帰ります」
と、☆は言った。
「ええ。体力がもどるまで、ゆっくりしていって下さい」
僕は、☆に言った。
・・・・・・・・
しかし、不幸なことに、☆が、僕の家に、落っこちているのを、見てしまった人がいたらしい。
その人が、☆の存在を、ネットで、発信してまったらしい。
☆の存在が、ネットで発表され、それが、マスコミ、政府、学者たち、に知られてしまった。
生物学者たちが、僕の家に押しかけて来た。
「貴重な生物を、あなた達は、かくまっていますね。研究のため、どうか、我々に、引き渡して下さい。お礼はします」
生物学者たちが言った。
僕は、ベッドで寝ている☆に、そのことを、話した。
「お願いです。僕は、星ですから、空で輝いていたいのです」
☆が、そう言うであろうことは、僕も予想していた。
僕は、玄関に出て、学者たちに、
「貴重な生物なんていません」
と言った。
「それは、ウソでしょ。貴重な生物は、人類の学問の研究のための財産なのです。どうか、引き渡して下さい」
学者たちは、ガンとして、僕の言うことを、聞いてくれなかった。
数日後、ガラの悪い男たちが、僕の家に押し寄せてきた。
パンチパーマ、や、角刈り、で、サングラスをして、頬に傷のある、男たちである。
「何ですか。あなた達は?」
「どけっ」
彼らは、ドカドカ、と、土足で、家に入り込んできた。
まず、ヤクザだろう。
政府が、ヤクザを使って、☆を捕まえにきたのだろう。
彼らは、☆を、見つけると、4人ががりで、☆を無理矢理、引っ張って、連れ去ってしまった。
☆は、「いやだ。いやだ」、と、抵抗したが、4人の男たちには、とても、かなわなかった。
翌日。
新聞に、「巨大ヒトデ発見。東大生物学研究所で、研究中」、という記事がデカデカと載った。
僕は、☆を何とか、助け出さねばならない、と思った。
それで、夜中に、東大生物学研究所に、こっそりと、行った。
幸い、警備員は、一人しかいなかった。
僕は、こっそり、警備員に近づいて、持ってきた、金属バットで、警備員の頭をぶっ叩いた。
警備員は、失神してしまった。
僕は、研究所の中に入った。
☆は、逃げださないよう、檻の中に閉じ込められていた。
「さあ。助けに来たよ。☆君。逃げよう」
「ありがとう。助かった」
こうして、僕は、☆を連れて、研究所を出た。
そして、いそいで夜道を走って、僕は、☆を、家まで、連れ帰ることが出来た。
「ありがとう。じゃあ、僕は、空へ帰るよ」
☆は、勢いよく、夕空を飛んでいき、夜空の中で、一際、美しく輝いた。
☆、は、幸せになったことが、嬉しくて、その、お礼に、嬉しそうに、輝いているのだろう。

令和3年8月28日(土)擱筆

星が落ちた話

星が落ちた話

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-31

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted