白雪姫

浅野浩二

昔々、ある国に、ものすごく可愛い少女がいました。
少女の名前は、坂上とし恵、と言いました。
その美しさ、といったら、世界に肩を並べる者がいないほどでした。
エリザベス・テイラーも、イングリッド・バークマンも、マリリン・モンローも、彼女と比べると、見劣りしてしまう程でした。
彼女は、1964年、生まれで、ある日、原宿を歩いている時、芸能プロダクション(渡辺プロダクション)、に、スカウトされて、世界一美しい、アイドルとして、歌手と、女優で、高校3年生で、デビューしました。
そして、一躍、日本中が熱狂する、アイドルタレントになりました。

彼女の活躍には、以下のようなものがあります。

テレビ
クイズ・ドレミファドン!(フジテレビ)
三波伸介の凸凹大学校(テレビ東京)レギュラー
欽ドン!良い子・悪い子・普通の子 (1984年)(フジテレビ)普通の子・ふつえ
鉄拳チンミ(1988年)アニメ声優 ライチの声
シンデレラ・エクスプレス(ちま)(1989年) <OVA>  Anime 声優
はなまるマーケット(TBSテレビ)
新提案!宮島・広島 春の夫婦旅(テレビ東京)

ドラマ
胸キュン探偵団 (1983年8月4日から同年9月29日・TBS) 主演
うっかり婦人ちゃっかり婦人

ラジオ
歌謡曲こんにちは (1982年 - 1984年)
とし恵の今夜もカクテルシャワー
お昼のハッピースタジオ (1984年RFラジオ日本)

映画
胸さわぎの放課後 主演
校内写生 OVA

CM
グンゼ こどもグンゼ CMソング(1985年)
三井生命
ライオン ソフト&ドライ
ソフトバンクモバイル 白戸家シリーズ
野村証券

ディスコグラフィー
シングル
き・い・てMY LOVE(1982年7月21日発売、B面:ひとりで街をゆくときも) SV-7235
黒い瞳(1982年11月5日発売、B面:ト・シ・エ) SV-7262
ラスト・キッス(1983年3月21日発売、B面:恋のディクショナリー) SV-7296
電話はスバヤク(1983年9月21日発売、B面:キッスのお時間) SV-7333 ※ TBS系テレビ「胸キュン探偵団」挿入歌 
校内写生 KONAI SHASEI by U-JIN(A面:センセーに言ってやろう/B面:放課後のロマンス)ULS-01

などがあります。

彼女は、デビューした年に、日本レコード大賞、最優秀新人賞をはじめ、ありとあらゆる賞を総なめにしました。
シングルは、すべてミリオンセラーとなり、世界、194カ国、で、発売され、売り上げは、1000億ドルを越しました。
日本の、高度経済成長をもたらしたのは、実は、日本企業の実力ではなく、彼女の、レコードと、写真集と、コンサートツアーの、売り上げのおかげでした。
ハリウッドの映画に、主役で、出演してもらえないかとの、オファーもありましたが、彼女は、「アメリカの女優が、かわいそう」、と言って、断りました。
徳仁親王、(現皇太子)、も、彼女に、プロポーズしましたが、「皇室は堅苦しいからイヤ」、と言って、断りました。

彼女は、明るく、素直で、とても、いい性格でした。
しかし、彼女には、一つ、欠点がありました。
それは、極度のナルシスト、です。
もちろん女は、みんな、ナルシストですが、彼女の、ナルシストの度合いは、非常に強く、彼女は、毎日、魔法の鏡に向かって、「鏡よ。鏡よ。鏡さん。世界中で一番美しいのは誰?」と聞くのが習慣でした。
すると鏡は、「一番美しいのは、坂上とし恵様です」と答えました。
彼女は、それを聞いて、ほっと、胸を撫でおろしていました。
彼女は、自分が、世界一美しい女でなければ、我慢できなかった、のです。

彼女と、平行するように、一人の、イケメン男が、タレントとして、活動していました。
男は、野々村真といって、1964年、生まれで、18歳の時、お昼の人気番組、「笑っていいとも」の、いいとも青年隊の、オーディションに合格して、既にタレントとして活動していた羽賀研二・久保田篤と、共に、初代いいとも青年隊として、デビューしました。
その後は、バラエティー番組、や、テレビドラマ、や、映画、に、とんとん拍子で、出演するようになり、日本中の全ての女が、憧れる、人気タレントになりました。
・・・・・・
そして、1995年、彼は、坂上とし恵、と、結婚しました。
坂上とし恵、と、野々村真は、同じ、1964年、生まれで、結婚した時は、31歳でした。
披露宴は、それは、それは、豪勢なものでした。
一億二千万人の日本人全員が、二人の結婚を祝福しました。
二人は、男優、女優、活動をしながら、幸せな、家庭生活を送りました。
そして、2001年4月20日、二人に、可愛い、女の子が、生まれました。
彼女は、ヨハン・パッヘルベルの、「カノン」、にあやかって、香音(かのん)、と、名づけられました。
彼女は、優しい父親と、美しい母親に、愛されて、すくすくと、元気に育っていきました。
彼女は、名前の由来とおり、音楽が好きで、小学校2年の時から、ドラム、や、ベースを演奏するように、なりました。
小学校でも、学校の人気者で、「香音ちゃん、って、物凄くかわいいね」、と、男子生徒からも女子生徒から、も、言われて、みんな、彼女に、好意を持ち、そして、憧れました。
父親も、母親も、美しい娘を、誇りに思い、ますます、可愛がりました。
彼女は、2013年2月8日に、music.jpで配信された、「花粉デビルをやっつけろ!」、を歌って本格的に、芸能人として、デビューしました。
(同年2月8日付けmusic.jpのデイリーチャートで1位を獲得)
・・・・・・・
その後は、両親と同様、テレビドラマ、や、CM、雑誌、スチール、などで、活躍していきました。
テレビドラマでは。
コドモ警視 第1話(2013年、TBS) - 宮部サチ 役
大河ドラマ 花燃ゆ(2015年、NHK) - 杉寿(幼少期) 役
保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜 第8話(2015年、テレビ東京) - 飯田ノリコ 役
マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜(2015年、TBS) - 矢野怜奈 役
などかあり、

CMでは、
任天堂「ぷよぷよ」(2011年7月 - )
ソフトバンク「白戸家『野々村家』篇」(2014年2月 - )
エリエール「除菌できるアルコールタオル」青じょきんちゃん(2014年4月 - )
日本水産「イマークS」(2014年 - )
タカラトミー「Decora Palette」(2014年 - )
NHK「受信料 住所変更のお知らせ Netでカンタンお手続き」ドラム演奏篇(2016年4月 - )
などがあります。

香音の人気は、どんどん高まっていきました。
そして、ついに。
一億二千万人の日本人が、全員、香音の熱狂的なアイドルになりました。

始めの頃は、喜んでいた、母親の、野々村とし恵、ですが、だんだん、娘の、活躍を素直に喜べない、何とも言えない、もどかしい気持ちが、心の中に起こってきました。
そして、その気持ちは、娘の活躍が上がるのにつれて、高まっていきましした。
ある時、母親は、魔法の鏡に聞きました。
母親は、娘が、デビューした頃から、何となく、魔法の鏡に、「世界中で一番美しいのは誰?」、と、聞く習慣が、なくなっていたのです。
得体の知れない不吉な不安が、彼女の心を始終おさえつけていたからです。
しかし、母親は、勇気を出して、久しぶりに、魔法の鏡に向かって、「世界中で一番美しいのは誰?」と、おそるおそる聞いてみました。
すると鏡は、「一番美しいのは、野々村香音ちゃん、です」と答えました。
母親は、金槌で頭を打たれたような、天地の避けるような、ショックを受けました。
そのショックの度合い、は、筆舌に尽くせぬものでした。
無理もありません。
母親には、世界一美しいのは、自分である、という、絶対の、自信と誇りを持っていたからです。
母親は、魔法の鏡が、間違えているのではないかと、思い、魔法の鏡に向かって、何度も、「世界中で一番美しいのは誰?」と、聞いてみました。だが、答えは、変わることなく、「世界中で、一番美しいのは、野々村香音ちゃん、です」、との、返答で、変わることはありませんでした。
母親は、激しいショックに、打ちのめされて、しばしの間、ガックリと、項垂れていました。
・・・・・・・
日が暮れ始めました。
ピンポーン。
チャイムが鳴りました。
野々村とし恵、は、二階の自室から、階下に降りて、玄関の戸を開けました。
「ただいまー」
そこには、娘の香音と、父親の、野々村真、が、手をつないで、ニコニコしていました。
「今日は、二人で、CMの撮影だったんだ。遅くなって、すまん」
野々村真が言いました。
「あなた。おかえりなさい」
と、母親は、娘の香音から、目をそらすようにして、答えました。
「夕ご飯は?」
母親が聞きました。
「まだ、食べてないんだ」
夫が言いました。
「じゃあ、夕食にしましょう」
娘の香音と、父親の、野々村真、は、食卓につきました。
母親は、作っておいた、ビーフシチューと、ご飯を、温めて、食卓に並べました。
「うわー。美味しそうー。いただきまーす」
香音は、そう言って、ビーフシチューを食べ出しました。
父親も、食べ始めましたが、食事中、父親は、娘と、今日の、CMの、話、を嬉しそうに、語りあう、ばかりで、母親の存在は、眼中に無いように、見えました。
ニコニコ、愛くるしい笑顔で、ビーフシチューを食べている娘を、見ているうちに、だんだん、母親の心に、憎悪の気持ちが、灯ってきて、それは、どんどん、メラメラと、激しく燃え盛る炎に、変わっていきました。
その夜、母親は、確かに、メフィストフェレスの囁き、を、聞きとりました。
母親は、どうしたら、自分の、憤り、の気持ち、が、はれるかを、考えました。
そして、ある結論に達しました。
・・・・・・・
その週の日曜日のことです。
「香音ちゃん」
「なあに?お母さん」
「香音ちゃんは、神様って、いると思う?」
「・・・・」
娘は答えられず、困っています。
「私は、いると、思うわ。香音ちゃんは?」
「わ、わからないわ」
娘は、困惑した顔つきで言いました。
「香音ちゃんが、可愛い、人気アイドルになれたのはね。・・・実は、お母さんが、毎日、神様に、香音ちゃんが、可愛い、人気アイドルになれますように、と祈っていたからかも、しれないわ」
「ええー。ホントー。そんなこと、してくれてたの。有難う」
「ええ。そうよ」
「有難う。お母さん」
「じゃあ、今日は、神様のいる所に、お礼を言いに、行かない?」
「はい。行きます」
「よかったわ。じゃあ、行きましょう。おかあさんが、神様のいる所に連れていってあげるわ」
「はい」
こうして、野々村とし恵、は、娘の香音を、車に乗せました。
そして、カーナビの目的地を、「埼玉県越谷市北越谷1-20-6」、にセットしました。
とし恵、は、国道4号線を、北へ飛ばして、埼玉県の越谷市に行きました。
「さあ。着いたわよ」
そう言って、母親は、車を止め、娘と、車から出ました。
目の前には、4階建ての、ビルがあります。
「お母さん。ここに、神様がいるの?」
「ええ。そうよ」
そう言って、母親は、娘の手を握って、ビルのエスカレーターに、入りました。
そして、4階で、降りました。
そこには、表札の無い、戸がありました。
母親は、チャイムを鳴らしました。
ピンポーン。
「もしもしー。野々村とし恵、ですが・・・」
「はい。わかりました」
そして、ドアが開かれました。
「やあ。いらっしゃい。坂上とし恵、さん、・・・・じゃなかった。野々村とし恵、さん。どうぞ、お入り下さい」
メガネをかけた、やさ男が出ました。
「香音ちゃん。この人は、私の高校時代の友人なの。荒木浩というの。とっても、真面目な方よ」
母親は、娘に、やさ男を紹介した。
「やあ。香音さん、ですね。初めまして。私は、荒木浩、と申します。とし恵さんの、高校時代の、同級生です」
そう言って、やさ男、は、香音に、手を差し出しました。
「はじめまして。荒木さん。私は野々村香音と申します」
娘は、メガネをかけた、やさ男、と握手しました。
母親と娘は、ビルの一室の中に入りました。
「香音ちゃん。お母さんは、ちょっと、この人と、お話するから、本でも、読んでいて」
「はい」
そう言って、娘は、大きな部屋の、隅っこにある、本棚に向かいました。
いくつか、本があったが、どれにしようかな、と、ちょっと迷ってから、一冊の薄い本を、本棚から、取り出して、正座して、読み出しました。
本の表紙には、「白雪姫」、と、書いてありました。
母親は、荒木氏と、事務室に入りました。
「ご用は何でしょうか。坂上とし恵さん、・・・じゃなかった。野々村とし恵、さん」
荒木浩が聞きました。
「率直に申し上げます。娘の香音を、あずかって欲しいんです」
「これは、また、どうして、ですか?」
荒木氏が聞きました。
荒木氏や、アレフの信者たちは、麻原彰晃が、絶対神と、信じて、疑わないが、世間の人間は、アレフ、や、麻原彰晃、は、危険な人物と思われている、ということは、世間の常識人たちの、麻原バッシングによって、感覚として、わかっていました。
「実は。娘の香音なんですが・・・。これは、娘には、知らせていないんですが、この前、学校の健康診断で、かなしい結果が出たんです。娘は、悪性の白血病で、余命、一カ月、ということが、わかったんです。病院に、入院させて、抗がん剤、や、放射線治療をしても、余命を、二カ月に、伸ばすのが、関の山、だとも、言われました。抗がん治療は、激しい苦痛をともないますし、治療の副作用で、髪の毛が、抜けてしまいます。娘は、艶のある、美しい黒髪を、命、以上に大切にしています。そこで、私は、娘に、積極的な、アグレッシブな治療は、行わず、美しい、可愛い、アイドルの姿のまま、死なせてやりたいと、判断しました」
「そうだったんですか」
「そこで。高校の同級生である、あなたを、思い出して、ここに、住まわせて、欲しいと思ったのです」
「そうですか。でも、それなら、お宅で、親子と一緒に、過ごした方が、いいのでは、ないでしょうか?」
「それが・・・。夫は、病院に入院させる、方を、主張して、どうしても、譲ってくれないのです。なので、ここに、かくまって、欲しいんです」
「そうですか」
「私は、娘に、さりげなく、聞きました。香音ちゃん。もし、髪が、全部、抜けてしまったら、どうする、って」
荒木氏は、黙って聞いていました。
とし恵、は、話し続けました。
「そしたら、娘は、そんなことになるくらいなら、死んだ方がマシー、と、叫びました。なので、私は、娘の希望を叶えてやりたいんです。なので、どうか、ここで、かくまって、いただけないでしょうか?」
「そうですか。そういう事情が、あったんですか」
荒木氏は、腕組みをして、ため息をつきました。
「そして。治療をしませんから、娘は、このままでは、だんだん、体力が無くなって、苦しんで、死ぬことになります」
荒木氏は、黙って聞いていました。
「そこで、お願いなんですが・・・」
と言って、母親は、一息、入れて、
「娘が、苦しんで死なないよう、元気な時に、ボアして、楽に、死なせてあげて欲しいんです」
母親が、キッパリ言いました。
「し、しかし。我々、アレフは、タントラヴァジラヤーナの、(ポア)、教えは、世間の非難によって、封印しています」
荒木氏は、鼻息を荒くして、言いました。
「日本では、積極的安楽死は、法的に認められていません」
母親が言いました。
「それは、そうですが、しかし・・・」
荒木氏は、ためらった。
「オウム真理教、の、ポア、の、教え、が、悪いのは、オウム真理教に、都合の悪い、人間を、殺す、ためでしたね。しかし、この場合は、どうでしょうか。私は、娘を、元気なまま、死なせてやりたいんです。死ぬ運命にあるんですから。宗教って、この世の中の、法律では、どうにもならないことを、救ってくれるものじゃないでしょうか?」
荒木氏は、黙って聞いていました。
しばしの間、黙っていたが、荒木氏は、重い口を開いた。
「わかりました。世間からは、非難されるでしょうが、罪は、私、一人が、背負います。僕も、これが、悪い行為なのか、どうか、世間に問いたいと思います」
荒木氏は、キッパリと言いました。
「それで、いつ、ポアさせれば、いいのでしょうか?」
「そうね。元気なうちがいいから、出来るだけ早くお願いします。香音は、家でも、日に日に、体調が、悪くなってきていますから」
「具体的には、いつ、が、よろしいのでしょうか?」
「今夜、寝ている間に、してもらえないかしら」
「わかりました。今夜、ポアします。ポアしたら、連絡します」
「よろしく、お願い致します」
母親は、深々と頭を下げました。
そして、事務室を出ました。
娘の香音は、腹ばいになって、「白雪姫」、を、読んでいます。
母親は、娘の所に、行きました。
「香音ちゃん」
「はい」
「今日、一日だけ、ここに、泊まってくれない?」
「えっ。どうして。お母さん」
「ここに、おかあさんが、香音ちゃん、が、人気タレントに、なれますように、と、祈った、神様が、いるのよ。香音ちゃん、が、人気タレントに、なれたのは、ここの神様のおかげ、なのよ。だから、その、お礼として、ここで、一日だけ、夢を叶えてくれた、神様に、毎日、お礼の、お祈り、を、ぜひ、して欲しいの」
「わかったわ。お母さん」
「一日、だけよ。明日、おかあさんが、迎えに来るからね」
「わかったわ」
そう言って、母親は、アレフの埼玉支部道場を出ました。
もう、午後7時になっていました。
そして、とし恵、は、国道4号線を、飛ばして、家に向かいました。
そして、近くの、スーパーで、夕食の食材を買って、家に帰って、急いで、夕ご飯を作りました。
夕ご飯は、サーロインステーキでした。
とし恵、の心には、今までにない、歓喜が、起こっていて、ワクワクした気持ちでした。
ピンポーン。
チャイムが鳴りました。
彼女は、
「はーい」
と、元気よく返事して、玄関にパタパタと走って、玄関の戸を開けました。
「とし恵。ただいまー」
夫の、野々村真が、立っていました。
「おかえりなさい。あなた。今、食事が出来たところよ。今日は、サーロインステーキよ」
妻は、ニコッと、微笑んで、言いました。
「おっ。何か、嬉しそうだな。何か、いいこと、あったのか?」
夫が聞きました。
「別に、何もないわ。それより、早く、ご飯を食べましょう」
野々村真は、靴を脱いで、家に入りました。
そして、妻と一緒に、食卓につきました。
妻は、サーロインステーキを、食卓に並べました。
夫の、野々村真、は、まわりを、キョロキョロ、見まわしました。
「あれ。香音は?」
「今日は、友達の家に、泊まるって、言ってたわ」
「友達って。どこの子?」
「えーと。誰だったかしら。ちょっと、忘れちゃったわ」
「大丈夫だろうか?」
「あの子は、しっかりしているから、大丈夫よ」
一人息子の、野々村侑隼(ゆうと)、は、東京の、ある、全寮制の、学校に、入っていて、いません。
「さあ。食べましょう」
二人は、食事を始めました。
夫は、娘のことが、気になっているのか、何か、ソワソワした様子です。
「ねえ。あなた。こうして、二人で、食事するのって、久しぶりね」
妻は、嬉しそうに言いました。
「ああ。そうだね」
夫は、素っ気ない口調で、言いました。
妻は、夫の、無味乾燥な言い方に、むっ、となりましたが、こらえて、心の中で、
(ふふふ。もうすぐ。もうすぐ)
と、呟きました。
そして、食事が終わり、夫は風呂に入り、その後、妻が風呂に入りました。
そして、NHKのニュースウォッチ9を見て、ついで、テレビ朝日、の、報道ステーション、を見ました。
そして、二人は、寝室に入って、パジャマに着替え、寝ました。
といっても、二人の寝室は、別室です。
母親は、娘が生まれてから、娘の夜泣き、や、授乳、など、子育てに専念するために、夫と別室で、寝ていました。
それが、何となく、惰性で、続いていて、娘が、一人で、行動できるようになっても、二人は、別室で、寝る習慣になっていました。
すぐに、隣の夫の部屋から、グー、ガー、と、夫の、いびき、の音が聞こえてきました。
妻は、しめしめ、と思いました。
妻は、スマートフォンを、枕元に、大事そうに、置いて、着信音が鳴るのを待ちました。
12時を過ぎ、1時になりました。
スマートフォンの着信音が、ピピピッ、っと、鳴りました。
妻は、急いで、スマートフォンを、手に取って、耳にしました。
発信者は、「荒木浩」、と表示されていました。
「もしもし・・・野々村さんですか?」
「はい。野々村とし恵、です」
「今日、お目にかかった、荒木浩です。今、香音ちゃんを、ポアしました」
「そうですか。それは、それは、ありがとうございました」
「これから、警察に連絡します」
「警察には、連絡しなくていいです」
「えっ。どうしてですか?」
「だって、警察に、連絡したら、アレフが、世間から、激しく非難されるでしょ」
「え。ええ。そうでしょうね。しかし、それは、覚悟しています」
「本当に、連絡しなくていいです。いえ。むしろ、して欲しくないんです」
「えっ。それは、どうしてですか?」
「娘が、アレフに、ポアされた、と、世間に知られたら、メディアで、さんざんに、騒がれるでしょ。私。娘の死は、そっと、しておいて欲しいの。天国の娘も、それを、望んでいると思うわ」
「・・・・」
荒木氏が、答えないので、とし恵、は、まくしたてるように言いました。
「それに、宗教である、アレフは、現実社会の常識を超えた、現実社会とは別の、崇高な、価値観を持っている、という自負を持っているのでしょう。私も、キリスト教を信仰していますから、よく、わかります。私も、宗教を否定する、社会の方が、間違っていると思います」
「そうですか。しかし、行方不明になったら、警察が、大掛かりな、を捜査しますよ。どうしますか?」
「こういうことにしませんか。つまり。私が、娘に、病気を告げて、娘は、ショックのあまり、富士の樹海に行った、ということに。私が、香音の、ブログに、遺言を書いておきますわ。私は、娘のブログのパスワードは、知っていますから」
「わかりました。では、遺体は、どうすれば、いいのでしょうか?」
「遺体は、焼いて、どこかに、人気のない所に、埋めて下さい」
「わかりました」
そう言って、荒木氏は、電話を切りました。
夫人は、荒木氏を説得すると、今までにない、嬉しさが、胸から、込み上げてきました。それと、同時に、今まで、肩にかかっていた重荷がとれました。
そして、疲れが、どっと、出て、すぐに、深い眠りにつきました。
・・・・・・・
翌日は日曜でした。
夫人は、10時に起きました。
夫は、もう、とっくに、テレビドラマの収録のため、家を出ていました。
夫人は、清々しい気持ちで、カーテンを開きました。
爽やかな青空でした。
夫人は、階下に降りて、トースト、と、コーンスープ、と、コーヒー、の、昼食を食べました。
その時。
ピンポーン。
チャイムが鳴りました。
「速達でーす」
と、宅急便の小包が、届きました。
夫人は、それを、受け取りました。
差出人は、荒木氏でした。
夫人は、すぐに、中を開けてみました。
小包の、中には、壺と、手紙、が、入っていました。
手紙には、こう、書かれてありました。
「坂上とし恵様。昨日、お嬢様を、ポアしました。香音ちゃん、の、美しい黒髪を、遺髪として、お送り致します。どうぞ、お受け取り下さい。荒木浩」
そして、壺を開けると、娘の黒髪が、ありました。
夫人は、満足して、喜びましだ。
(これで、香音は死んだ)
(これで、私が、世界一、美しい女、に、返り咲いた)
夫人は、しばし、喜びに浸って、我を忘れていたが、ぼんやりと、虚空を眺めているうちに、あること、に、気づきました。
それは、魔法の鏡です。
(本当に香音は死んだんだろうか?)
長いこと、魔法の鏡を、見ることが、なかったので、とし恵、は、魔法の鏡、の存在を忘れていたのです。
それで、とし恵、は、自分の部屋に行き、箪笥の奥に、しまっていた、魔法の鏡、を、取り出しました。
そして、昔のように。
魔法の鏡に向かって、「世界中で一番美しいのは誰?」と聞きました。
すると鏡は、「一番美しいのは、野々村香音ちゃん、です」と答えました。
とし恵、は、びっくり、しました。
(香音は生きている)
とし恵、は、急いで、スマートフォンを、取り出しました。
そして、荒木氏に、電話しました。
発信者番号通知で。
トゥルルルル。
「はい。もしもし。こちらは、アレフ、埼玉支部です」
と、荒木氏、の、声が聞こえました。
「もしもし。荒木さん。私です。坂上とし恵、です」
「ああ。とし恵、さん、ですね。香音ちゃんは、約束通り、昨日、ポアしました。心が痛みましたが・・・・。遺髪と、手紙、を、お送りしましたが、届きましたでしょうか?」
「荒木さん」
とし恵、は、激しい語調で、怒鳴るように、言いました。
「はい。何でしょうか?」
「香音は、ポアしてないでしょう」
「いえ。ちゃんと、ポアしましたよ」
「ウソ、おっしゃい。隠しても、わかるわよ」
とし恵、は、激しい語調で、怒鳴るように、言いました。
「どうして、そんなことが、離れているのに、わかるのですか?」
荒木氏が聞きました。
「それは、魔法の・・・」
と、言いためらって、
「ともかく、わかるものは、わかるのです」
と、とし恵、は、強引に言いました。
荒木氏は、とし恵、の、強気な口調に、たじろいでいるのか、返事をしませんでした。
「娘さんの、遺髪を送ったではありませんか?」
荒木氏が言いました。
「ウソおっしゃい。あれは、娘の髪の毛では、ありませんわ。親子ですもの。わかりますわ。幼い頃から、毎日、頭を撫でてやっていましたし。髪を梳かして、やっていましたもの。それに、髪の毛の、一本を、DNA鑑定してもらえば、すぐに、わかることですよ」
とし恵、は、責めたてるように言いました。
荒木氏は、とし恵、の、強気な口調に、たじろいでいるのか、返事をしませんでした。
「これから、そちらに、うかがいます」
そう言って、とし恵、は、電話を切りました。
そして、車を飛ばして、アレフの埼玉本部に、向かいました。
ピンポーン。
チャイムを、押すと、荒木氏、が、おずおずと、出ました。
「あ。とし恵、さん。いらっしゃい」
「入らせてもらいます」
そう言って、とし恵、は、ズカズカと、部屋に入りました。
そして、荒木氏、と、向き合って、座りました。
「荒木さん。娘は、ポアしていないでしょう?」
夫人は、荒木氏、を、にらみつけて、激しい語調で、問い詰めました。
「どうして、それが、わかるのですか?」
「それは、言えませんが・・・・。とにかく、わかるものは、わかるのです」
「・・・・」
荒木氏、は、夫人の、鼻息を荒くした、ド迫力に、押されて、黙っていました。
「宗教者は、ウソをついて、人をだますのですか?それが、本当の、宗教ですか?」
この一言が、荒木氏、の、心を、動かしました。
「申し訳ありません。とし恵、さま、の、言う通り、香音ちゃんは、ポアしていません」
そう言って、荒木氏、は、土下座して、謝りました。
「どうして、ポアしてくれなかったのですか?」
「そ、それは・・・。香音ちゃん、の、元気な、かわいい顔を、見ているうちに、どうしても、殺すことが、出来なくなってしまったのです」
「では。今、香音は、どうしているのですか?」
「アレフの、別の支部、に、車で、移動させました」
「どこの支部ですか?」
「それは、ちょっと、言えません」
「送ってきた、髪の毛は、香音の、髪の毛、では、ないでしょう?」
「どうして、それが、わかるのですか?」
「親子ですもの。わかりますわ。幼い頃から、毎日、頭を撫でてやっていましたし。髪を梳かして、やっていましたもの」
「そ、その通りです。あれは、娘さんの、髪の毛、では、ありません」
「では、誰の、髪の毛ですか?」
「ヘアドネーションに、車を飛ばして、ウィッグを、もらってきたのです。だから、どこかの、女の子、の髪の毛、です」
「そうだと思いましたよ」
「申し訳ありません」
「アレフ、って、平気で、ウソをつくんですね。オウム真理教の、時と、全く変わっていないじゃないですか?」
「申し訳ありません」
「では。もう一度、お願い致します。娘を、ポアしてあげて下さい。それが、娘の幸せの、ためなのです」
「・・・・」
荒木氏、は、腕組み、をして、しばし、黙考熟思していました。
とし恵、は、鋭い目つき、で、荒木氏、を、にらんでいます。
しばしして、荒木氏、は、顔を上げました。
「わかりました。今度は、ちゃんと、ポアします」
「では、宜しくお願い致します」
そう言って、とし恵、が、去ろうとした時です。
荒木氏、は、
「待って下さい」
と、とし恵、を引き留めました。
言われて、とし恵、は、立ち止まりました。
「実は、香音さんは、別の支部に、移動させては、いません」
「では、どこに、いるのですか?」
「この部屋にいます。こちらへ来て下さい」
荒木氏、は、別の部屋の戸を開きました。
そこに、香音が、昨日の服のまま、絵本を読んでいました。
香音は、母親に、気づくと、
「あっ。お母さん」
と言って、母親に抱きついてきました。
「さびしくなかった?」
「うん」
母親は、心とは、裏腹に、娘を抱きしめました。
こうなっては、娘を連れて、家に帰るしかありません。
「よく、一日、我慢してくれたわね。ありがとう」
「ううん。だって、私を、アイドルにしてくれた、神様への、お礼だもの」
「香音ちゃん。じゃあ、お家へ、かえりましょうね」
そう言って、母親は、娘の手をとりました。
「では、私たちは、帰ります。荒木さん。どうもありがとうございました」
母親は、荒木氏、に、一礼しました。
「さよなら。お兄さん」
香音も、ペコリと別れの挨拶をしました。
そうして玄関を出ようとした時です。
母親は、
「ちょっと、待って」
と、娘に言って、娘の手を放し、荒木氏、に、近づきました。そして、荒木氏に、
「今日は、帰ります。娘の、ポアは、また、別の日に、お願いします。よろしいでしょうか?」
と、耳打ちしました。
「はい。わかりました」
荒木氏は、素直に答えました。
こうして、母は、娘を、車に、乗せて、国道4号線を、飛ばして、家に向かいました。
娘と二人きりに、なると、とし恵、の心に、かわいい、我が子、への、愛情が、少し、もどってきました。
「ねえ。香音ちゃん」
母親は、アクセルを踏みながら、隣の座席に座っている、娘に、話しかけました。
「なあに?お母さん」
「あのね。パパには。昨日は、友達の家に、泊まった、ということに、しておいて、くれない?」
「どうして?」
「パパは、神様のいる所に、アイドルになれた、お礼に、泊まった、なんて、言ったら、私と香音ちゃん、を、笑うからよ。パパは、神様なんて、信じていないもの」
「わかったわ」
そうして、家につきました。
途中で、夕食の食材を買いました。
その日の、夕食は、ビーフシチューでした。
ちょうど、夕食の支度が、出来た時です。
ピンポーン。
チャイムが鳴りました。
「はーい」
とし恵、は、玄関に行って、戸を開けました。
父親が立っていました。
「あなた。お帰りなさい」
「ああ。香音は?」
夫は、真っ先に、娘の安否を聞きました。
「二階の、自分の部屋にいるわよ」
「はー。良かった」
父親は、心の底から、安心したような、顔でした。
(私より、娘の方が、大事なのね)
母親の心に、そんな、言葉が流れました。
複雑な思いが、また、母親の心に、もどってきました。
「香音ちゃん。ご飯よー」
母親は、二階に向かって、娘を呼びました。
「はーい」
と、返事が、帰ってきました。
親子三人の、夕ご飯、が、始まりました。
「いただきます」
そう言って、三人は、夕ご飯、を、食べ出しました。
父親は、ニコニコ笑って、娘を見ながら食べました。
「香音。昨日は、誰の家に、泊まったんだ?」
父親が、嬉しそうに、聞きました。
娘は、チラッと、母親の方を、一瞥してから、
「ふふふ。それは、秘密」
と、思わせ振りな口調で言いました。
「心配したんだぞ。もしかしたら、人さらい、に、捕まってしまったのか、と、思って、今日の、ドラマの撮影は、ミスばっかり、してしまったんだぞ」
「ごめんね。パパ」
「いや。いいんだよ。でも、もう、二度と、パパに、黙って、友達の家に、泊まったりは、しないでおくれ」
「うん」
「ともかく、今日は、娘の、無事な帰還を祝って、カンパーイ」
と、妻は、酒は飲めるのに、夫は、娘のグラスに、オレンジジュースを注いで、乾杯しました。
食事が終わると、父親は、
「香音。トランプして遊ぼう」
と言いました。娘の香音は、
「うん。やろう。やろう」
と、ニッコリ笑って、言いました。
父親と娘は、楽しそうに、まるで、あたかも、おしどり夫婦であるかのように、トランプで、遊んでいます。
トランプは、いつも、ババ抜き、でした。
「あー。いやー。ババが来ちゃったー」
香音が無邪気に、はしゃぎました。
とし恵、には、何とも、二人が、ババぬき、の、トランプをするのが、自分に対する、当てつけ、のような、気がして不愉快でした。
妻は、風呂をわかしました。
「あなたー。お風呂が、沸いたわよー」
と、妻は、言いました。
夫は、「ああ」、と、返事をして、娘を見ました。
「香音。昨日は、慣れない、友達の家に泊まって、疲れただろう。香音が先に入りな」
「いや。パパから、先でいいわ」
父親は、ちょっと、考えて、
「久しぶりに、お風呂に、一緒に、入らないか?」
「うん」
こうして、二人は、一緒に、風呂に入りました。
母親の心に、何とも、言えぬ、怒りの炎が、メラメラと燃え出しました。
(結婚した三年間は、毎日、私と一緒に入っていたのに・・・)
こうして、父と娘の二人は、一緒に、風呂に入りました。
娘は、10歳まで、父親と一緒に、風呂に入っていたのです。
父親と、娘が、キャッ、キャッ、はしゃぐ、声が、聞こえてきました。
「香音。背中を洗ってやるよ」
「キュッ、キュッ」
「今度は、私が、パパの背中を洗うわ」
「ゴシゴシ」
「あっ。いやっ。パパのエッチ」
という、父親と娘が、はしゃぐ声が聞こえてきました。
母親の心に灯った炎は、メラメラと、その、激しさを増していきました。
・・・・・・・・
野々村香音は、アイドルとして、デビューして、とんとん拍子に、人気者になっていきました。
テレビドラマ、映画、バラエティ、CM、舞台、雑誌、スチール、その他、あらゆる所から、出演のオファーが来ました。
その例を挙げると。

テレビドラマでは。
コドモ警視 第1話(2013年、TBS) - 宮部サチ 役
大河ドラマ 花燃ゆ(2015年、NHK) - 杉寿(幼少期) 役
保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜 第8話(2015年、テレビ東京) - 飯田ノリコ 役
マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜(2015年、TBS) - 矢野怜奈 役

映画では。
オズ めざせ! エメラルドの国へ(2015年、ファインフィルムズ) - キャンディーの速記者 役(声の出演・日本語吹替)

バラエティでは。
クイズAHA!(2013年3月16日、日本テレビ) - 回答者(野々村真、野々村俊恵と共演)
こども鉄道博士(2014年3月16日、中京テレビ) - ゲスト

CMでは。
任天堂「ぷよぷよ」(2011年7月 - )
ソフトバンク「白戸家『野々村家』篇」(2014年2月 - )
エリエール「除菌できるアルコールタオル」青じょきんちゃん(2014年4月 - )
日本水産「イマークS」(2014年 - )
タカラトミー「Decora Palette」(2014年 - )
NHK「受信料 住所変更のお知らせ Netでカンタンお手続き」ドラム演奏篇(2016年4月 - )

舞台では。
キセキの人(2010年)
笑えて泣ける朗読劇 パートI(2010年)
レッドカードファミリー(2011年)
笑えて泣ける朗読劇 パートII(2011年)
レッドカードファミリー リターンズ(2012年)

雑誌では。
ニコ☆プチ(2013年4月号 - 2015年6月号)
ニコラ(2015年7月号 - 2018年5月号)

スチールでは。
モリリン「HEAD KIDS」2013 SPRING SUMMER(2013年2月 - )
東京都水道局(2013年5月 - )
W早稲田ゼミ(2013年6月 - )
セシール「Kids' CECILE 2013年冬号」カタログ(2013年9月 - )
千趣会「チャイルド 2013年秋冬号」カタログ(2013年9月 - 2014年2月)
株式会社ジェニィ「JENNI Love」イメージモデル(2013年9月 - )
ニッセン「なかよし共和国 2014年春号」カタログ(2014年1月 - 6月)
株式会社ワールド「PINK-latte」で、「ノンラテ」としてイメージモデル(2017年6月 - )

その他では。
モデルプレス Web - インタビュー掲載
読売新聞 Web「yorimo」 - インタビュー掲載

などがあります。
それらは、すべて、野々村香音、1人の、出演か、あるいは、野々村香音、と、父親の、野々村真との、共演、の依頼ばかりでした。
野々村とし恵、への出演の依頼は、全く来ませんでした。

しかし、ある時、とし恵、にも、写真集の撮影の、オファーが来ました。
とし恵、は、有頂天になって喜びました。
「野々村とし恵、さん。あの。ぜひ、写真集を出版したいんですが」
依頼者が言いました。
「え、ええ。構いませんわよ」
とし恵、は、有頂天になりました。
「グアムで。ビキニで、よろしいでしょうか?」
依頼者が聞きました。
「え、ええ。構いませんわよ」
「セミヌードで、少し、脱いでもらっても、いいでしょうか?」
依頼者が聞きました。
「え、ええ。構いませんわ。でも、私も、もうすぐ50歳ですが、それでも構わないでしょうか?」
「えっ。何を勘違いしているんですか。あなたじゃなく、娘さんの、香音ちゃん、の、写真集ですよ」
とし恵、の顔が、瞬時に、般若に変わりました。
「娘は、まだ、早すぎます」
そう言って、とし恵、は、ガチャリ、と、電話を切りました。

ある時には、とし恵、に、CMの出演の依頼が来ました。
「野々村とし恵、さん。あのCMに出演してもらえないでしょうか?」
と、依頼者が言いました。
「いいわよ。で、どんな役?」
とし恵、が、聞き返しました。
「白雪姫ふうのCMで、香音ちゃん、が、白雪姫で、とし恵さんは、白雪姫を殺そうとする、継母の役、というのですが・・・」
依頼者が言いました。
とし恵、の顔が、瞬時に、金剛力士に変わりました。
「結構です」
とし恵、は、その一言で、断りました。

また、別のある時には、警察から、ポスターの依頼が、来ました。
とし恵、は、有頂天になって喜びました。
「野々村とし恵、さん。ポスターを作りたいので、お願い出来ないでしょうか。娘の香音さん、と一緒に」
と、依頼者が言いました。
「いいわよ。で、どんなポスター?」
とし恵、が、聞き返しました。
「児童虐待のポスターです。最近、児童虐待をする母親が増えていますから。とし恵、さんが、かわいい娘の香音ちゃんを虐待している、ポスターです」
とし恵、の顔が、瞬時に、不動明王に変わりました。
「結構です」
とし恵、は、その一言で、断りました。
こうして、とし恵、の怒りの炎、が、メラメラと、燃え盛って、いきました。
4月20日のことです。
その日は、香音の誕生日でした。
その日、夫は、映画のロケのため、家にいませんでした。
昼近くに、NHKから、大河ドラマ 花燃ゆ(2015年、NHK) - 杉寿(幼少期) 役に、娘さんの香音ちゃんに、ぜひともお願いします、というオファーが来ました。
とし恵、の怒りの炎、が、メラメラと、燃え盛って、頂点に達しました。
(なんで香音だけが・・・)
とし恵、は、急いで、荒木氏に、電話しました。
「荒木さん。前、お約束しましたよね。娘の病状が、悪くなってきました。どうか、娘をポアして下さい」
「はい。わかりました」
「では、これから、娘を、連れて、伺います」
そう言って、とし恵、は、電話を切りました。
そして、娘を見ました。
「香音ちゃん。大河ドラマ 花燃ゆ(NHK) - 杉寿(幼少期)、役、の、オファーが、来て、よかったわね」
「うん。ありがとう」
「実を言うとね。お母さん。毎日、NHKに交渉していたの。娘を、どうか、大河ドラマ、 花燃ゆ、の子役に使って下さいって」
「本当?ありがとう。お母さん」
「でも、NHKでは、なかなか、了解してくれなくて・・・。それで、以前、連れて行った神様に、毎日、お祈りに行くことに、したの。そうしたら、NHKの方から、娘さんを、子役に使わせて下さい、って、オファーが来たの。だから、香音ちゃん、が、子役になれたのは、間違いなく、あの神様の、おかげに違いないわ」
「本当?ありがとう。お母さん」
「じゃあ、今日、神様に、お礼を言いに、行かない?」
「はい。行きます」
「よかったわ。じゃあ、行きましょう。おかあさんが、連れていってあげるわ」
「はい」
こうして、野々村とし恵、は、娘の香音を、車に乗せて、アレフの埼玉支部がある、埼玉県の越谷市に、国道4号線を、飛ばして、行きました。
「さあ。着いたわよ」
そう言って、母親は、車を止め、娘と、車から出ました。
目の前には、4階建ての、ビルがあります。
母親は、娘の手を握って、ビルのエスカレーターに、入りました。
そして、4階で、降りました。
母親は、チャイムを鳴らしました。
ピンポーン。
「もしもしー。野々村とし恵、ですが・・・」
「はい。わかりました」
そして、ドアが開かれました。
「やあ。いらっしゃい。坂上とし恵さん、・・・・じゃなかった。野々村とし恵さん。どうぞ、お入り下さい」
「やあ。香音さん。お久しぶり」
「お久しぶりです」
と言って、娘は、荒木氏、と握手しました。
母親と娘は、部屋の中に入りました。
「香音ちゃん。お母さんは、ちょっと、この人と、お話するから、本でも、読んでいて」
「はい」
そう言って、娘は、大きな部屋の、隅っこにある、本棚に向かいました。
いくつか、本があったが、どれにしようかな、と、ちょっと迷ってから、一冊の薄い本を、本棚から、取り出して、正座して、読み出しました。
本の表紙には、「白雪姫」、と、書いてありました。
母親は、荒木氏と、事務室に入りました。
「荒木さん。以前、言ったように、どうか、娘をポアしてあげて下さい」
「わ、わかりました」
「それで、いつ、ポアさせれば、いいのでしょうか?」
「そうね。元気なうちがいいから、出来るだけ早くお願いします。香音は、家でも、日に日に、体調が、悪くなってきていますから」
「具体的には、いつ、が、よろしいのでしょうか?」
「今夜、寝ている間に、してもらえないかしら」
「わかりました。今夜、ポアします。ポアしたら、連絡します」
「よろしく、お願い致します。娘が、本当に、死んだか、どうかは、離れていても、わかりますから」
「どうして、わかるのですか?」
「それは、ちょっと秘密です。ともかく、わかるものは、わかるのです」
「わかりました」
「では、よろしくお願い致します」
母親は、深々と頭を下げました。
そして、事務室を出ました。
娘の香音は、腹ばいになって、「白雪姫」、を、読んでいます。
母親は、娘の所に、行きました。
「香音ちゃん」
「はい」
「今日も、一日だけ、ここに、泊まってくれない?そして、神様に、感謝の、お祈りをして欲しいの」
「わかったわ。お母さん」
「明日、おかあさんが、迎えに来るからね」
「わかったわ」
そう言って、母親は、アレフの埼玉支部道場を出ました。
もう、午後7時になっていました。
そして、国道4号線を、飛ばして、家に向かいました。
そして、家に着きました。
夫は、映画のロケで、出かけていて、いません。
とし恵、は、一人で、さびしい夕食をしました。
そして、寝ました。
しかし、母親は、勇気を出して、魔法の鏡に向かって、「世界中で一番美しいのは誰?」と、おそるおそる聞いてみました。
すると鏡は、「一番美しいのは、野々村香音ちゃん、です」と答えました。
(まだ、ポアしていないのね)
夫人は、呟きました。
(はやく、ポアしてくれないかしら)
とし恵、は、心から、そう願いました。
12時を過ぎ、1時になりました。
スマートフォンの着信音が、ピピピッ、っと、鳴りました。
妻は、急いで、スマートフォンを、手に取って、耳にしました。
発信者は、「荒木浩」、と表示されていました。
「もしもし・・・野々村さんですか?」
「はい。野々村とし恵、です」
「荒木です。今、香音ちゃんを、ポアしました」
「そうですか。それは、それは、ありがとうございました」
「では、これで・・・」
そう言って、荒木氏が、電話を切ろうとした時です。
「あっ。荒木さん。ちょっと、待ってて下さいね」
そう言って、とし恵、は、スマートフォンを、置きました。
とし恵、は、急いで、魔法の鏡を、取り出しました。
彼女は、魔法の鏡に向かって、「世界中で一番美しいのは誰?」と聞いてみました。
すると鏡は、「一番美しいのは、坂上とし恵様です」と答えました。
とし恵、は、それを聞いて、小躍りして喜びました。
とし恵、は、スマートフォンを、取って、
「荒木さん。娘をポアしてくれて有難うございます」
と、お礼を言いました。
「遺体は、どうすれば、いいでしようか?」
「焼却して、富士の樹海の地中に埋めて下さい」
「はい。わかりました」
そして、とし恵、は、久しぶりに、満足して、ぐっすり熟眠しました。
・・・・・・・
翌日は日曜でした。
夫人は、10時に起きました。
夫は、映画のロケのため、いません。
夫人は、清々しい気持ちで、カーテンを開きました。
爽やかな青空でした。
夫人は、階下に降りて、トースト、と、コーンスープ、と、コーヒー、の、昼食を食べました。
彼女は、何度も、魔法の鏡に、向かって、
「世界中で一番美しいのは誰?」、と聞いてみました。
すると鏡は、「一番美しいのは、坂上とし恵様です」、と答えました。
これで、娘の香音は、確実に、ポアされた、ことを、とし恵、は、確信しました。
すると、不思議なことに、高齢出産のため、劣化した顔が、若返ってきました。
(私は、娘に美しさを吸いとられたんだわ。だから、娘が、死んだため、私に、美しさが、もどってきたんだわ)
夫人は、そう思いました。
・・・・・・・
一週間して、夫が、ロケ先から、帰ってきました。
ピンポーン。
チャイムが鳴りました。
「はーい」
とし恵、は、元気に返事して、玄関を開けました。
夫の、野々村真、が、立っていました。
「ただいま」
そう言って、夫は、立っていました。
「お帰りなさい。あなた」
そう言って、夫を入れようとした時です。
「ただいま。お母さん」
と、夫の後ろから、死んだはずの、娘の香音が、顔を出しました。
とし恵、は、びっくりしました。
しかし、動転する気持ちを、抑えながら、とりあえず、とし恵、は、
「お帰りなさい。香音ちゃん」
と、言って、夫と娘を、家に入れました。
夫と香音は、居間の、ソファーに、座りました。
「ちょっと。待っていてね」
そう言って、とし恵、は、急いで、二階の自室に入り、スマートフォンを、取り出して、荒木氏に、電話しました。
トゥルルルル。
「はい。アレフ埼玉支部の荒木です」
「荒木さん。娘が、帰ってきましたよ。ポアしてくれたんじゃないでしょうか?これは、どういうことですか?」
とし恵、は、鼻息を荒くして、聞きました。
「そのことですが・・・」
と、前置きをして、荒木氏は、話し始めました。
「娘さんの、香音さん、を、見ていると、とても元気で、あなたが、言うように、白血病とは、思えなかったのです。そこで、お父さん、の、野々村真、さんに、娘さんが、本当に、白血病なのか、聞いてみたんです。すると、そんなことはない、と、言いました。学校の定期健診でも、そんなことは、言われていない、と、言ったのです。昨日、あなたが帰った後、すぐ、医師に来てもらって、診断してもらいましたが、元気で、どこも悪くなく、白血病ではない、との、返事です。健康な人を、ポアすることは、出来ません。だから、ポアしなかったのです」
荒木氏は、言いました。
「でも、娘は死んだはずです。どうして、生きているのですか?」
「とし恵さん。あなたが、なぜ、離れていても、娘さんの、生死が、わかるのか、それは、わかりません。しかし、あなたが、離れていても、娘さんの、生死が、わかる、ということは、確信しました。それで、娘さん、を、急いで、北里大学医学部の研究所に、連れて行ったのです。あそこの、A先生は、コールドスリープ(冷凍睡眠)、の研究の、世界的な、第一人者です。最近、新しい、コールドスリープの方法が、完成して、動物実験でも、成功して、動物を仮死状態にする、ことに成功しています。動物での成功の確率は、10%だそうです。先生は、近く、学会に報告しようとしています。人間では、まだ、実験したことが、ないけれど、きっと、成功する、と、先生は強い確信をもってしまったらしく、世間には、秘密で、コールドスリープを受けたいと言ってきた、現代医学では治せない、不治の病をもっている、希望者1000人に、新式コールドスリープの実験をしたらしいんです。結果は、10人だけ、成功しました。つまり、成功率は、1%です。そこで、私は、それに、賭けてみたのです。香音さん、を、先生の元に、連れて行って、新式コールドスリープ法、を受けさせたのです。一週間ほどして、解凍しましたが、実験は、成功でした。近く、博士は、ノーベル賞を受賞するでしょう」
「そうだったのですか。どおりで・・・」
と、咄嗟に、魔法の鏡が、・・・と、言おうとしましたが、とし恵、は、制止しました。
「あとのことは、ご主人に聞いて下さい。私は、ご主人から、色々な事情を聞きました。そして、私も、ご主人や、香音さん、に、全てのことを、話しました。では・・・」
そう言って、荒木氏は、電話を切りました。
とし恵、は、階下に降りました。
夫と、娘の、香音が、真面目な顔つきで座っています。
「荒木さん、に、電話していたんだね」
夫が言いました。
機先を制されて、とし恵、は、素直に、
「ええ」
と、答えました。
「今まで、君に対して、冷たくして、本当にすまなかった」
夫は、深々と頭を下げて謝りました。
「私も、パパと、ばっかり、仲良くしてしまって、ゴメンね。お母さん」
香音も、ペコリと、母親に、謝りました。
「今だから、本当のことを、言おう」
そう言って、夫は、語り出しました。
「4月20日にね。荒木君から、電話があってね。急いで、北海道のロケ地から、飛行機で、東京に、もどって来たんだ。そして、アレフの埼玉支部に、タクシーで、行ったんだ。そしたら、荒木君と、香音がいてね。事情を、すべて、荒木君から、聞いたんだ。君が、香音を、ポアさせようと、していることを・・・」
夫人は、気が動転した顔つき、でした。
なので、何も言えませんでした。
「君は、高齢出産のため、劣化が、早く起こってしまっただろう。それで、君が、ふさぎ込んでしまったのが、僕には、とても、つらかったんだ。僕は、君に、何とか、劣化が、元通りに、ならないか、と、世界中の医学者に、相談したんだ。そうしたら、アメリカで、アンチエイジングの権威の、B博士、と、会ったんだ。そうしたら、博士は、長年の研究から、ある発見をしたんだ。それは、ある遺伝子、(それは、一万人に一人の割合い、だが)、をもった、女は、嫉妬の、感情を与え続けると、オキシトキンシン、という、ホルモンが、分泌されて、そして嫉妬の欲望が、満たされた時、ある、DNAをもった女は、確実に若返る、という、結果が、出た、ということを、教えてくれたんだ。それで、僕は、君の髪の毛から、DNA検査を、してもらったんだ。そしたら、君には、その遺伝子が、あったんだ。それで僕は、それに、かけてみることに、したんだ。僕にとっては、とても、つらかったよ。これは、香音にも、話していたんだ」
夫人は、黙って聞いていました。
夫は、話し続けました。
「お母さん。とっても、きれいになったね」
娘の香音が言いました。
「で、でも。コールドスリープの、成功確率は、1%なんでしょう?」
「ああ。もしかすると、香音は、死ぬかもしれない。それは、本当に、凄く、こわかったよ。しかし、香音に、そのことを、話したら、香音は、(お母さんが、奇麗になってくれるのなら、私は死んでも構わないわ)、と、言ったんだ。それで、僕は、その1%に、賭けてみることに、したんだ」
母親は、驚きの目で、娘を見ました。
「香音ちゃん。どうして、死んでもいい、なんて、思ったの?」
母親が聞いた。
「だって、私を産んでくれたのは、お母さん、だもの。私は、もう、十分、幸せ、な、人生を、送ったわ。それは、お母さん、が、私を産んでくれた、おかげ、だもの。私は日本一の、アイドルにまでなれたわ。私は、その、時点で、もう、十分、幸せを、つかんだわ。世の中には、何もしないまま、いじめられて、自殺して、死んでしまう子もいるでしょう。それに、豪雨災害とか、地震とかで、何もしないまま、死んでしまう子も、いるでしょ。そういう子に、くらべたら、私は、十分、幸せな、人生を送ったもの。私は、もう死んでも構わないわ。だって、私は日本一のアイドルになれたんだもの。あとは。世界一、好きな、お母さん、が、奇麗になって、パパと、仲良くなってくれる、ことの方が、私には、嬉しいもの」
娘は、きわめて、当たり前のことのように、言いました。
母親の目から、涙が溢れ出しました。
そして、娘を抱きしめました。
「ああ。香音。ごめんね。つらい思いをさせてしまって。あなたを、殺そうとした、お母さん、を、許して」
そう言って、母親は、娘を、ヒシっ、と抱きしめました。
娘は、ニコッと、笑って、
「お母さん。気にしないで」
と、言いました。
娘は、パタパタと、二階に、上がって行きました。
そして、母親の、魔法の鏡、を、持ってきました。
香音は、鏡に向かって、聞きました。
「鏡よ。鏡よ。鏡さん。鏡さん。世界一、きれいな人は、誰?」
すると、鏡は、こう答えました。
「世界一、美しい人。それは、野々村とし恵、さんと、野々村香音ちゃん、です」
こうして、野々村とし恵、は、美しすぎる美魔女として、夫と、娘の香音と、一緒に、テレビ出演するようになりました。


平成30年10月10日(水)擱筆

白雪姫

白雪姫

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-31

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted