匿名。

amphibia

匿名。

8/25
ーー
で、次は、ミンゲイドラゴンだ。

1.自分のスタンバイフェイズ時発動出来る。このカードを墓地から特殊召喚する。
2.このカードが表側表示で存在する限り、自分は3回通常召喚出来る。
3.このカードは、貫通ダメージを受ける。また、このカードの戦闘で発生する、自分への戦闘ダメージは2倍になる。

えーとねー。2の効果で、最上級をさっさと呼べるって事と、このカード自体で壁にしようとしても、出来ないって事が大事だと思う。3の効果で壁にならないで、2の効果で、召喚をサポートする。

デコイドラゴン
1.このカードが相手に選ばれた時発動出来る。このカードを手札に戻し、デッキか手札から、このカードのレベルより高いレベルのドラゴン族を一体特殊召喚して、対象をそのドラゴン族に移し替える。

墓地から出来ないという事で。死者を働かせるのは基本的に無理だろう。

炎龍(デュエルラボで、カード一覧見ながらやっている。)
1.チューナー
2.このカードは、手札からシンクロ出来る。その場合、他のシンクロ素材は、手札/フィールドの、ドラゴン族から選ぶ。
3.レベル2

元のこのカード、く、使えないと思う。だって、チューナーなのに、維持しなきゃいけない効果持っているんだもの。おかしいじゃん。それで強いならともかく、えーっと、BFに相手の攻撃半分にする、維持しても強いヤツいるけど、別に素材にしても問題ない効果だし、このカードの場合、上下幅が、200しか無いもの。

手札からシンクロできれば強いんじゃないの? 多分。でもシンクロって結局、レベル揃えるの大変なんだよね。チューナー邪魔だし。基本的に。BFは強いけど。何故ならチューナーでも強いからだ。みんなそのままの状態でも強い。でも私はハルマッタン使いづらい。BF実際に相手にすると必ず負ける。しかし、レベル揃える場合、例えば私は、テンペルレベル3をフル活用するデッキで、ついでに、フォーチュンレディーエヴァリー出したいので、他の下級も、レベル3に統一してから、チューナーは、レベル4しか入れない事にしている。という操作をすると、実際は、BFのメンバー足りなくなるのではと思ったりする。BF実際使う人がどうしているのか謎である。というのは、デッキレシピで本来見れるはずだが、BFというキーワード検索出来ないので、実際は知りたいデッキレシピ検索出来ないから、見れない。検索機能ついてないばっかりに、全然役に立たない。なので、わかりません。レベル統一しないと、エクストラデッキ足りなくなるからね、今最大7でしょう。レベルバラバラにすると、7枚入れて、一回しか出せなかったり、あと、デュエル中に計算しなきゃいけなくなったして、色々面倒だ。BFのシンクロモンスター何人いるかしらないけど、もし使うなら、このモンスターだけしかシンクロ召喚しないとか、それとも、Level7のメンバーだけしか出さないとか決めておかないと、私の側がこんがらがって、利用出来なくなる。頭悪いので、こうなるわけだが、でも、Levelバラけていると、エクストラデッキの枚数足りなくなるのは、こんがらがらない人でも同じだと思う。

例えば、炎龍の場合、確か、星態龍がちょっと強かった気がするので、メロダークたくさん入れておくと、手札からシンクロ出来るわけだ。ただ、メロダーク自身が、通常モンスター要求するので、実際はありえないが、一例としてこうなる。通常モンスター/ドラゴン族/チューナーっていた気がするが、メロダークわざわざ出しておきながら、シンクロ素材にするのはあり得ないので、メロダークシンクロ素材にする手法は 無い。と思う。

では何がいいのかって、Level4モンスターだべさ。炎龍が、私が提示した効果だとしても、Level2しか無いので、あまり使われないだろうな。でもLevel2なので、思いっきりチートっぽくしてみたけど、別に然程使われないだろうな。想像力の限界だな。ところで、フィールド上から発動する効果で、手札のモンスターをシンクロ素材にする子がいる。TGにいるよね。でもLevel1だ。ただLevel5のシンクロするTGだから別にLevel1で十分なんだろうけど、あの子以外のチューナーは、えーっと、Level4のヤツが、実際には、街頭リプレイでは使用されており、レアリティ高くて、Level1は使用されていなかった。ので、手札から素材にできても大して強くないと評価されてそうだが、実際使うと、使いやすかった。レンタルで使ったわけだが。フィールドに出して、手札シンクロ使えるのであれば、手札から使用出来るんだから、もっと強いだろう。でもどっちみち大した事ないのかもしれない。出す先が問題だな。

ところで、芝刈り機が禁止されていると、かなり大量のジャンルが、被害を受けている。墓地から発動しなきゃ話にならないカード多いからである。リミット1ぐらいにした方がいいと思う。この事運営に言うか。逆に芝刈り機リミット1になると、一体何が問題なんだろう。

黒龍の雛
1.このカードリリースする。デッキ/手札から、レッドアイズのブラックドラゴン出す。それから、墓地のこのカードを、召喚された、レッドアイズのブラックドラゴンに装備する。この効果は相手ターン中に使用できる。
2.このカードは、レッドアイズ としても扱う。
3.ユニオン。

えーとねー、ユニオンです。レッドアイズとして扱うのは、罠カードのレッドアイズ蘇生するカードに対応させる為です。相手ターン中に蘇生させて、相手ターン中に効果使う感じ。なんで、自分ターンに使えないのかというと、進化するまで時間がかかる印象を出す為。相手ターンに効果使用出来る方が、自分ターン中に使用出来るより強いと思っているのもある。

スターダスト シャオロン
1.チューナー
2.Level1
3.スターダストが、召喚された場合、墓地か手札から、このカードを特殊召喚出来る。この文脈の、召喚されたとは、あらゆる召喚を意味する。

なんでこのカード、チューナーじゃないんだろう。一体何のために存在するんだろう? 本来の用途がわからない。チューナーにすれば、やたら連続でシンクロしたがる、遊星君らしい、Level9のシンクロモンスター出せるぜ。で、Level9のスターダスト用意しておけば、Level10まで行けて、なんか、マヤカシみたいになる。マヤカシ一度始まると面白いけど、始まるまで、なんだこのカード群・・・? みたいな感じだったよ。えーっと、レンタルで。マヤカシ妲己しかチューナーいない気がするけど、実際は足りるんだろうか。彼女3人で。レンタルって、場合によって、相手弱かったり強かったりするので、使っているレンタルのジャンルが、強いのか弱いのか、判断しづらい。マヤカシランク戦で、使われているの見た事無いけど、強いのか弱いのか・・・。シンクロ始まるまで、弱い気がするから、やっぱ弱いんだと思うけど。妲己以外に、墓地から蘇生する事に対し制限無い、そういや妲己って、どんなシンクロ召喚でも、蘇生可能だっけか? 見てみるか。もし可能なら、マヤカシシンクロ以外の、Level2ずつあげていく、エクストラデッキ無駄遣いするデッキ作れるけど。ところでランク戦していたら、ライジング→レッドデーモンズまで出したけど、スカーレットノヴァまで出ないで、途中で止まった相手がいた。スカーレット出たら強いけど、レッドデーモンズは並みで、で、レッドデーモンズまでで停止するかどうかは、手札次第って事なんだろうか。レンタルで私が使った時は、レッドデーモンズで停止した。レッドリゾネーターと、あとなんとかリゾネーターがいなければならない気がする。デッキレシピ見ればわかるわけだが、リンクスのは使えない。デッキレシピ機能させる方がいい。でないと・・・ある意味がない。

妲己はマヤカシにしか対応してない。なんだ。なんにでも対応するバージョンの妲己とかいればいいね。

これから、あらゆる召喚は、あらゆる召喚って言ってしまおう。ところで、イビリチュアが、リチュアの一種なんだから、特殊召喚も、召喚の一種で、で、召喚は、特殊召喚の一種ではなくなってしまうね。そういう意味で、召喚は通常召喚しか指さないんだろうか。ただ、通常ってつけるだけでいいはずなんだが。

プロミネンス
1.手札/フィールドから、このカードを墓地に送り、自分のフィールドのドラゴン族一体の、攻守を、500アップさせる。で、この効果は、相手ターン中でも使用出来る。
2.通常モンスターが、あらゆる召喚をされた場合、墓地のこのカードを、手札に戻せる。

アレイスターみたいに使う。墓地に送られるのは、結構大変である。墓地に通常モンスター送るフィールド魔法あるけど、20枚中3枚しか入らないし、レアリティ高いのでいやだ。つまりだが、プロミネンス三枚入れておいて、下級通常ドラゴンだけで、デッキ構成して、相手殴って倒すデッキにするとか、いいんじゃないかって事で、あらゆる召喚時に使うって事で・・・。ジェムマーチャントって人がいる。そういう感じだ。えーとねー、アレイスター自体は、汎用性が高いので、リミット3で、召喚魔術は無制限でいいと思う。ま、そうすると、両方三枚入るが、別に、アレイスターデッキなんて、大した事無いんじゃないの? というのは、メガラニカは、通常モンスターなので、デモンズチェーン使う必要すら無いわけだ。つまり、お安く手に入る、闇の呪縛で十分無力化出来る。そしてだが、私が個人的に最強デッキだと思っているのは、エレキとレアリティ高い罠組み合わせたデッキで、これなら、コーキュートス無視出来るあれ? コーキュートスって、デモンズチェーン通じるのか? アレ分断とウェーブフォース効かなくて、それ自体は別にどうでもよくて多分、対象の方どうだっけか。デモンズチェーン通じないのは問題だな。もしそうであるなら。相手の効果の対象にならず と ある。まあ通じないのかな。えーとねー。ブルーアイズで戦闘破壊すればいいんじゃないのかな。私は出来ないけど。コーキュートスが解禁されたら、しないとは思うけど、別にカブトムシ解禁してから、エクストラデッキの枠広げて貰えば、カブトムシで破壊出来るのでなんの問題も無い。だから、収容所に入る前言っていたじゃないか、制限が新たな制限を呼んで、憎しみが憎しみの連鎖を呼ぶみたいな事態になるって。

アレイスターデッキは、デッキにカード戻すので、デッキの持ちは良い。両者が、20枚で開始した場合、双方デモンズチェーン3枚使用すると、それ以降何も出来なくなるので、多分アレイスターの方が勝つ気がする。で、コーキュートスの打撃が、1800程度しかないので、これに戦闘破壊されるカードは少なそうに思えるが、アレイスターで強化出来る。ただ、アレイスターは、除外されないと、戻る事が出来ないので、

結論、別に召喚魔術制限無しでよくて、コーキュートスもリミット1ぐらいでいい。えーっと、コーキュートスは別に、ブルーアイズで戦闘破壊出来るので一見弱い様に思える。ブルーアイズとカブトムシで倒せる。つまりだが、コーキュートス倒せるメンバーを考えてみよう。

・カブトムシ
・ブルーアイズ
・スカーレットノヴァ
・シューティング

コーキュートス使っている側は、底なしと、デモンズチェーン三枚ずつ入れている事にする。で、たくさんの人が、つまり、攻撃力2900より高い人が、倒せる。たくさんいるよね。ネオスもそうだし。

ただ、底なしとデモンズチェーン使われる前提なので、一度その状況になると何も出来ないと負ける。私はアロマ好きであるので、アロマなら特に問題ない。底なしは問題か。でもデモンズチェーン問題無いので、で、ブルーアイズは一つの指標だと思っている。デモンズチェーンとか一切なければ、コーキュートスなんてブルーアイズの前では雑魚なので、無制限でいい。ある場合、ブルーアイズが全部、底なしとデモンズチェーンで拘束された場合、底なしで落ちていると、アドバンス召喚でしか、復活出来ないが、デモンズチェーンの場合、ツインバーストとか出せたり、エネアード出せるので、ブルーアイズは、デモンズチェーンものともしないと思う。底なしは問題だけど。で、私の場合、ブルーアイズ三枚で、例龍一枚、ソリッド一枚で、最上級3枚になる。強いプレイヤーは、ソリッド入れてない気がする。で、賢士が入っている。あとは知らない。4〜5枚で、ソリッドや例龍は、コーキュートス倒せないし、よく入っている、Level9の、ヴァーミリオンだっけか。は、コーキュートス倒せない。で、他2名のLevel9シンクロモンスターも、コーキュートス倒せないが、エクストラデッキが拡張されれば、奇巌城入る余裕あるので、奇巌城入れておけば、コーキュートスを戦闘破壊できて、デモンズチェーンで捕まっているブルーアイズを、除去出来る。で、太古の白石の効果あるので、ブルーアイズは何回でも手札に戻ってくるので、アレイスター側が、まごまごやっていれば、コーキュートスにアドバンス召喚して攻撃を仕掛ける事は出来る。で、今思ったけど、アレイスターで強化されるので、コーキュートスの守備あがるので、ブルーアイズで倒せない上に、反射ダメージ受ける。あとアレイスター側分断入れる作戦。反射ダメージで倒す。で、墓地に送られたアレイスターを、手札に戻せるかどうか考えてみる。多分出来ないと思うけど。あ。聖なる守護(杏子)で、ツインバースト使えば、コーキュートス除外出来るじゃん。ただスキル無しで倒せないといけない。で、戻せない。つまりだが、3回相手に、アレイスター捨てる効果使わせさえすれば、弾切れになるので、勝てるはずだ。3回でブルーアイズ側が受ける戦闘ダメージは、分断無しで考えると、2700.ブルーアイズ上級者は、よくブルーアイズ並べるので、プルガトリオの餌食になりやすい様に思われるが、プルガトリオは別に制限じゃないし、あと、コーキュートス制限する事と、プルガトリオ制限するのは、別の事なので、今コーキュートス禁止しない方がいい話している。プルガトリオはどうでもいい。あとメガラニカも。分断を無視して考えると、アレイスター側は、ブルーアイズ側に対し、2700しか戦闘ダメージ入れられないし、ブルーアイズ側も、底なしとデモンズチェーン使うので、召喚回数に制限がある、アレイスター側の方が不利だと思う。分断が無い場合は。分断ある場合の話すると、ブルーアイズ側が警戒して、単品のブルーアイズでしか攻撃しない事にして、コーキュートスの守備2900で、アレイスターで追加出来るのが、3000までだから、5900になって、分断込みで、ブルーアイズの攻撃力2200だから、3700ダメージ受ける。ブルーアイズが分断で攻撃力下げられたあと、相手がメガラニカで攻撃してくるのは、別に闇の呪縛で封じる前提なので問題ない。メガラニカは一旦封じられると、何も出来ないでくのぼうに過ぎない。ブルーアイズとは異なる。アレイスターデッキは、一度融合召喚したモンスターは、融合素材に出来て、召喚魔術の効果があるので、一見無限再生出来るが、デッキに最大でも、一種類3枚しか入らないので、無制限であれば、返しで攻撃するのが、メガラニカと、プルガトリオなので、6回攻撃が来るが、実際はメガラニカ制限受けている。メガラニカはブルーアイズと攻撃力同じで、プルガトリオの方が、ああそういえば、ブルーアイズアドバンス召喚するのに、2体まで並べなきゃいけないから、プルガトリオの攻撃力の基準値は、ブルーアイズ側に、モンスター二体いるのを前提にした方がよくて、2700だな。メガラニカ制限受けているので、いないものとすると、さっき、アレイスター全部使ったので、もうアレイスター側はアレイスター手札から使用出来ない状態になっており、ブルーアイズ側の、残りライフが、5900に対し、2200で攻撃しているから、3700引いて、残り300で、プルガトリオが、2700なので、ブルーアイズ戦闘破壊して、ブルーアイズ側に、500ダメージで、ブルーアイズ側の負けとなる。負けてしまった。

負けたなぁ・・・。ブルーアイズに勝たせなきゃいけない観点があるとすると、コーキュートスリミット1にする事すら駄目っていうのは、今の状況なわけだが、いや、分断があるな。ブルーアイズ側が分断伏せていると、プルガトリオの攻撃力、1600ダウンして、戦闘破壊出来る。そのあと、別の最上級をアドバンス召喚するか、シンクロする。シンクロで重要になるのは、スピリットドラゴンじゃなくて、奇巌城であって、奇巌城は三枚入れておく。ブルーアイズで三回攻撃宣言出来て、奇巌城で3回、そして、戻ってきたブルーアイズで、3回出来るとすると、合計9回出来る。9回出来ると、相手の罠は・・・

・闇の呪縛
・デモンズチェーン
・底なし落とし穴
・分断の壁

だとして、合計12枚入って、攻撃回数足りなくなる。で、相手がメガラニカ制限されているなら、プルガトリオで攻撃するしかない。ブルーアイズ側も同じ罠入れておくとして・・・?

・太古
・賢士
・ブルーアイズ
・調和
・例龍1。

で、合計13枚なので、12枚罠入らない。闇の呪縛抜くと9回罠が使える。私は別に、調和の宝札入れなくていいと思っているが、賢士入れるなら、調和入れなきゃいけないので、罠やっぱ9枚なんだろう。相手は、プルガトリオ3回出せるが、シンクロは出来ない。エクシーズも出来ないとしておく。つまり、罠9枚入れておけば、アレイスター側は、コーキュートス以外の攻撃が出来なくなる。で、アレイスターは実際はエレメントセイバーで使うと思うので、モーレフ様が出てくるけど、モーレフ使ったあと、分断できればブルーアイズの方が戦闘ダメージ与えて、えーとねー、

コーキュートス
モーレフ
プルガトリオ

の 3人が出ているとすると、分断2400下げる効果あるので、プルガトリオが、ブルーアイズの守備2500に攻撃すると、2300ダメージ入るから、2回分断するだけで勝てる。

モーレフの効果で気になる事があって、味方裏側に出来るかだが、出来る。つまり、プルガトリオが復活する。分断されても。プルガトリオの守備が、2000なので、ブルーアイズが分断されて、1600下がるとする。1400になるので、600ダメージ。そういや、攻撃受けると守備になって、ブルーアイズ呼ぶお姉さんいたけど、これ入れない事にする。つまり、賢士出して、太古手札に入れてから、手札から、賢士使って、賢士邪魔なので消して、ブルーアイズ出す。で、ブルーアイズ側は、フィールドに出すモンスターは、2枚までにコントロールして、分断の被害減らす。霊龍は、プルガトリオとサシなら同士討ち出来る。でも、実際は・・・、効果使ってから、手札からブルーアイズ出す・・・だが手札にブルーアイズなければ出せない。状況悪くしておいて、例龍は、一旦出てから、モーレフに戦闘仕掛けて、分断で返討だとして、1600ダウンだとしておくと、900だから、1000ダメージ。しかも墓地に送られる。相手のターンがら空きになったモンスターゾーンをどうするかというと、罠で対応するしかないとして、

わからなくなった。ただ、ブルーアイズ側が、分断で1600下がると、常に一匹出ている、コーキュートスが、ブルーアイズ戦闘破壊する。すると、400ダメージ入る。戦闘破壊されると、ブルーアイズをアドバンス召喚出来なくなる。だからがら空きになって負ける。ウェーブフォース、コーキュートスに通じないし、わざわざ入れない。

つまりだが、コーキュートスにはコーキュートスで眠って貰う他無い。ただ、メガラニカは別である。メガラニカは復活させられるべきである。

メガラニカの基準をこう考えてください。ブルーアイズがアレイスターに勝てるかどうか。それと、エレメントセイバーの側にも、責任があると考えて下さい。何故アレイスターだけ責められなきゃいけないんだ。

ところで、デュエリストパス使える。5倍は大きいと思う。5倍でしかも、定価より安くボックス買える。金使えるなら、時間もったいない人は使える。
----
ワーム改造する宣言したけど、まあ、そのままでいいかなとも思った。何故使う気にならないかというと、上級の方が弱いのかもしれないな。上級だけ弄るか。

ウォーロード
1.特殊召喚出来ない。
2.戦闘破壊無効。(略しすぎ)、彼無効効果所モンスター若破壊近戦闘。
3.相手モンスター破壊、続けて攻撃。

1.特殊召喚出来ない。
2.このカードと戦闘を行ったモンスターの効果は無効化される。
3.召喚時発動する。このカードの攻撃力は1000上昇する。
4.相手は、このカードと戦闘を行わなければならない。
5.レベル6

ヴィクトリー
1.墓地のワームの数だけ、攻守は500上昇する。
2.リバース、フィールドのカードを全て破壊する。その後、好きな枚数のワームを、お互いのプレイヤーは、墓地から特殊召喚する。裏側表示で。
3.7

イーロキン
1.この効果は相手ターンでも使用出来る。フィールドのモンスター一体を、裏側守備表示にする。この効果は1ターンに一度使える。
2.このカードは特殊召喚出来ない。
3.レベル6

ワームキング
1.手札/フィールドの自分のモンスターを一体リリースし、相手のカードを一枚選択して破壊する。この効果は何度でも使用出来る。
2.レベル8
3.このカードは、相手のモンスターをリリースして、アドバンス召喚出来る。

ワームクイーン
1.レベル8
2,このカードは、手札のモンスターをリリースして、アドバンス召喚出来る。
3.1ターンに一度使える、デッキ/手札/墓地から、モンスターを一体効果を無効にして、特殊召喚出来る。

ワームノーブル
1.レベル6
2.リバース、フィールド上のモンスター一体を指定して、その攻撃力分のダメージを、相手に与え、同じ数値自分は回復する。

ワームプリンス
1.レベル6
2.アドバンス召喚時発動する。デッキから、同じレベルのワームを一体特殊召喚する。
3.エンドフェイズ毎に発動する、ワームカードを一枚、墓地かデッキから、手札に加える。

ワームマジで多いな・・・アロマージにも数を回してくれればいいのに。でもワーム誰も使わないし、弱いな。上級使えないもんな。ところで、ワーム使うのなら、連撃の帝王使いたいので、アドバンス召喚時発動する効果加えたりしている。連撃に強くなって貰えれば、上級モンスター使えるかもしれない。どう強くするかというと、

1.相手ターン中 でも 使用出来る。
2.永続罠
3.回数制限無し。

だ!! 名前連撃だからいいじゃないか。ところで、ワームキングの効果と合わせて使うと、相手のカード相手ターン中に二枚リリース出来る。これでワームの時代がすこしは到来する。かもしれない。

ワームイリダン
1.レベル5
2.カードがセットされる度に、発動する。フィールドの表側表示のカードを一枚選択して、裏側表示にする。

魔法罠も裏側にしたい。そして連鎖する。

さて、上級ワーム終了なので、あれ? 結構カードリスト使いやすいね。見やすいよ。ウィキとかより見やすい。では、呪眼の使徒を見ていくか。

カトブレパス
1.1ターンに一度使用出来る。その自分の魔法罠カードは、カードの効果で破壊されない。この効果は相手ターンでも使用出来る。ターン終了時まで継続する。
2.1ターンに一度使用出来る。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果は、自分フィールドに、呪眼カードがある場合使用出来る。

なんというか、あまり変化がない。元々強いからだと思う。下級しかいないしな。多分下級しかいなくても元々効果が強め。下級しかいない=強い。略称愛称は、カトちゃん。カトちゃんは牛っぽい姿をしているが、カトブレパスって一体なんだろうね。ウィキ見てみよう。

「カトブレパス(catoblepas)」とは、西エチオピアに住むとされた空想上の生物のことである。
元々はギリシャ語で「うつむく者」を意味する。
非常に重い頭部を持っている故に頭を地面に垂らしている、とされている。
また、カトブレパスの眼を見た人間は即死する、という伝承がある。

らしい。よく調べたと思う。牛というわけではないが、このカトちゃんの場合、牛と解釈されたわけだな。カトちゃんはもう一匹リンクスに存在している。

運命の魔女の方は、羊っぽい見た目になっている。コナミがどうやってカードのデザインとか設定決めているのか謎だが、偶蹄類という点は共通している。

運命の魔女はこうする。ところで、偶蹄類が出てきたので、森の長老を思い出した。森の長老リンクスにいるんだろうか。

除外して除外する。

長老いない。長老シリーズ作ってもおもろいと思う。長老制限中の長老一人しかいない。

昔の遊戯王も好きだな。いや、昔の方が好きだな。アロマ好きだけど、アロマ古いもんね。正式名称は、深き森の長老 だな。これどうにか使いたい。深き森の長老とか、レオウィザードとか好きなんだが。森に住んでいる感が好きだ。まず、古のルールは使うとする。他に何かあるか? わからない。適当な作戦思いついた。まず、始皇帝の陵墓を使う。それから、古のルールを使う。そして、エクシーズ召喚する。完璧だな。あとは知らん。こうすればいい。

近代的なルール
1.デッキから、レベル5以上の通常モンスターを、一体特殊召喚する。

近代的なルールがあれば、電網の落とし穴も活躍出来るし、いいことづくめだな。名前は別にどうでもいい。ただ、電網に対応しているから、近代的であっているんじゃないかと。あとこうする。

古のルール
1.永続魔法。

こうだ! これで通常モンスターが始まることになる。多分。ところで、電網は、エクストラデッキからも対応していると思っていました。デッキから召喚するの、ブルーアイズぐらいしかいない気がする。だから使えない。これで、森の長老や、レオウィザードを使う事が出来ると思う。ところで、レオウィザードは、ライオンって書いてあるから、ライオンなんだろうし、色違いも、眠れる獅子だから、ライオンだと思うけど、森の長老は偶蹄類である。つまりだが、レオグンっているが、名前が共通しているだけあって、あちらは見るからにライオンである。レオウィザードの良い点は、服着ている点と、見た目があまりライオンっぽくない点である。スフィンクスに似ているかもしれない。ライオンデッキ・・・。レオウィザードと、レオグン入れて、近代的なルールで、デッキから特殊召喚したり、古のルールで、手札から特殊召喚したりして、ランク5のエクシーズにするか、普通に殴る。そういや、レオウィザードは、実は魔法使い族だから、マジシャンズナビゲートや、マジシャンズサークルで出せるね。だからどうしたって話だが。ところで、まだ、ランク7で強いのいないけど、ナビゲートするなら、同じレベルのがいいだろうな。ナビゲートの効果見てみようか。レベル7以下とある。つまり、クラフトマスターは呼べない。というか、闇属性だけだから、マハードも呼べない。なんで闇属性だけなんだろう・・・。ではすかさずこうする。なんかさ、迷宮兄弟が、やたら、「すかさず」って言っていた気がする。

ナビゲート(ナビゲーションかと思った)
1.デッキから、魔法使い族一体を呼びつつ、ブラマジも手札から出す。
↓もっと腕にシルバー巻くとかさ。
1.デッキから、魔法使い族を一体出しつつ、手札からも、一体魔法使い族出す。

え? ブラマジじゃなくていいの? いいんです。別にいいんじゃないの? ところで、ナビゲーションの方が正しい気がするけど。

さて、他に何かやる事はあるか、ファルコンでも行ってみるか。カテゴリーファルコン。ファルコース!

テックジーナス(TG) ジェットファルコン
1.このカードは手札から特殊召喚出来る。このターン自分はシンクロ召喚しない場合、エンドフェイズに2000ダメージ受ける。
2.このカードがシンクロ素材になった場合発動する。このカードを墓地から手札に戻し、相手に1000ダメージ与える。
3.レベル3

チートカードになるかどうか知らない。何回でも効果使えるので。テックジーナスややこしい割に弱い気がするんだよなぁ。レンタルでやってみたけど。ややこしいのは間違いない。使っている人はいるみたいだけど。街頭リプレイで出てくる。勝負した事はない。

バイオファルコン
1.召喚時発動出来る。デッキから、攻撃力1000以下の機械族モンスター一体を手札に加える。
2.このカードが表側表示で存在する限り、自分は2回通常召喚出来る。

えーとねー。エクシーズとか、アドバンス召喚のコストにさっさとしてしまおうって事だ。

他のファルコンいるけど、それらのファルコンは、そのままでいいと思う。カトブレパスとかファルコンとか・・・。長老は一人しかいない。制限されている長老は、そのままでいいと思う。キーカードじゃないのか? 使ってみて思ったが。霊獣の長老だな。あの長老は。他に何かいたっけか。ああ。キングだな、ワームキングいるけど、他にもキングいそうだもんな。キングハリセンボンとかいないかな。かっこいいじゃないか。名前の響きが。コイキングみたいだな。

ベヒーモス(キング)
1.このカードはリリースなしで通常召喚出来るが、その場合、元々の攻撃力は、2000になる。
2.1ターンに一度使用出来る。自分フィールドのモンスター一体をリリースし、フィールド/墓地のカード一枚を選択し、そのカードを持ち主の手札に戻す。
3.このカードがフィールドで表側表示で存在する限り、自分は2回通常召喚出来る。

効果いっぱいつけたので、まあ、使えるんじゃないの?

バーバリアンキング
1.このカードは、「キング」を一体、手札かフィールドから、リリースし、手札から特殊召喚出来る。
2.このカードは二回攻撃出来る。

「キング」をリリースする方が、「バーバリアン」をリリースするより現実的である。キングデッキ・・・。夢のキングデッキだ。

パペットキング
1.相手がドロー以外の方法で〜略〜手札/墓地から特殊召喚する。
2.破壊される効果。

あれ? パペット出てきたんだが。そういや、死霊操りしパペットマスターってのもいたなぁ。そういや、ジャックの異名ってキングだったな。次パペットでいってみるか。

死霊操りしパペットマスター
1.アンデッド族を出す。悪魔族じゃなく。
2.1は、何回でも使用出来る。規制されそうだな。デビルフランケンみたいに。但し、ライフを2000支払う必要がある。
3.本人は・・・悪魔族にしてしまおう。
4.レベル6。

ギミック・パペット・ナイトメア
1.この効果は相手ターン中でも使用出来る。自分フィールドの、「パペット」一体を、リリースし、このカードを手札/墓地から、特殊召喚する。この効果は1ターンに一度しか使えない。
2.この効果を使ったターン、自分はエクストラデッキから、モンスターを特殊召喚出来ない。
3.レベル8

ギミックパペット・ナイトジョーカー
1.自分のフィールドのモンスター一体を、持ち主の手札に戻し、このカードを手札から、特殊召喚する。この効果は、効果が発動した時発動出来る。
2.レベル8

まさに、改造だな。元の効果なきゃ自分では思いつかないからね。ところで、ギミックパペット、絵がきれいだと思っているが、まあ、使えないよね。だって高いもの。ジェム半額の買うしか無いっすよ。もうちょっとジェム配布していいよ。運営は。




----
今日も収容所は平和です。さて、ツクシーの事考えてみよう。

元確かこう
1.戦闘破壊された時、相手フィールドに、ツクシトークンを出す。

改造版
1.召喚時発動出来る、相手フィールドに、ツクシトークンを三体まで特殊召喚する。
2.このカードと、相手フィールドのトークン一体をリリースして発動する。デッキ/手札から、レベル5以上のモンスターを一体特殊召喚する。それから、墓地のこのカードを装備カード扱いで装備する。
3.ユニオン効果。

使えると考えている。実際はわからない。こういうカードが無いからである。リンクスには。

よし、カードトレーダーのカード全部改造してしまおう。

ジャイアントワーム
改造版
1.通常召喚出来る。
2.レベル4
3.このカードは直接攻撃出来ない。(ジャイアントレックスが直接攻撃出来ないので)
4.このカードと戦闘を行うモンスターは、ダメージ計算前に、持ち主の手札に戻る。

ドクターフランゲ
1.1000ライフポイントを支払う度に使用出来る。自分のデッキトップを確認し、それを、墓地に送るか、もしくは、デッキボトムに戻す。
2.1の効果で墓地に送ったカードを、次の自分のスタンバイフェイズ時、手札に全て加える。

フランゲ・・・?

六武の書
1.自分フィールドの、六武モンスターを、任意の枚数リリースし、使用出来る。
2.1で一枚リリースした場合、レベル6以下の、紫炎を特殊召喚出来る。デッキか手札か墓地から。
3.1で、二枚リリースした場合、レベル8以下の、紫炎を、特殊召喚出来る。デッキか手札か墓地から。
4.1で、3枚以上リリースした場合、任意のレベルの、紫炎を特殊召喚出来る。デッキ/手札/墓地から。

これで、シエンの影武者を出すわけだ。でも、シエンは紫炎じゃないから出せないって話を聞いた事がある。であれば、大将軍シエンならいいだけの話だ。

ワンダーガレージ
1.手札から機械族を一体特殊召喚する。
2.このカードが破壊された場合発動する。このカードを墓地からセットする。そして、手札に機械族がある場合、手札を全て相手に公開する事で、手札から、機械族を一体特殊召喚する。
3.罠

リバイスドラゴン
1.1000アップ。
2.普通に直接攻撃出来るが、直接攻撃する度に、ライフを1000失う。

ところで、ダークエルフって、失う効果なのか、支払う効果なのかどっちなんだ? 支払うって書いてあるけど、勝手にひかれるんだよな。実際使うと、つまりだが、ライフ1000以下の場合攻撃宣言出来ないんだろうか? なので、こうする。

ダークエルフ
1.このカードが戦闘を行うダメージ計算前に発動する。コントローラーはライフを2000失う。
2.直接攻撃出来る。

ほとんど役に立たないって事だ。2の効果付け加えれば役立つ。ところで、ライフ減って嬉しいのは、アロマガーデニングぐらいだと思う。かと言って、メドゥサと、アロマガーデニング同居出来ないと思う。ただ、メドゥサデッキって正直、20枚だと多すぎるんじゃないのか? しかしアレ悪魔族なので、他の悪魔族と組むんだろうか。デッキレシピ見てみるか。ゲーム内で。ところで、メドゥサは・・・蛇の化け物なので、爬虫類族の方が正しいんだろうなぁと思う。

駄目だ。ゲームのデッキレシピ使い物にならない。何故なら、テキスト検索出来ないから。メドゥサ検索したかったのにさ。

なので、最強なんとかってサイトで見てみると、呪眼は呪眼だけで構成するらしい。なら別に爬虫類族でも問題無いんだろうなと思う。ワームよりは爬虫類の要素が強いだろうな。ワームってイカに見える。爬虫類じゃなく。よし、ワーム改造しよう。ワーム弱いもんね。

8/24
ーーー
マルウェアのことをウイルスやコンピューターウイルスという言葉で表現する場合もあります。

らしい。アクセスが集中しますので、順次開放します。状態になっている。ヒマなので、なんか考える。何を考えるかというと、ニュースでも見てみるか。

ポンペイのミイラが見つかったそうだ。というだけの話だな。一言で言ってしまった。そのミイラの墓には、文字が残されており、文字には、ギリシャ語で、ポンペイで、何かしらのパフォーマンスが開かれていた事がわかったらしい。

感想。読書感想文はあまり得意ではなかった。なるほど。そうなんだ。ぐらいの感想だな。ところで、私が改造したローリエの、自分の手札かフィールドのカード一枚破壊する効果だが、これはライフが高くないと使えないので、なんだろう。実際はあまり使えない。回復要素考えてみよう。

恵みの雨
1.お互いのライフを1000回復する。
2.自分のスタンバイフェイズに発動出来る。このカードを手札に戻す。

2の効果が多分強力なので、手札捨てるデッキに投入される可能性がある気がする。

治療の神ディアンケト
1.自分のライフを1000回復する。
2.エンドフェイズ毎に発動する。墓地のこのカードをセットする。
3.速攻魔法。

よくわからんけど強いんじゃないのかな。

ブルーポーションなど。
1.回復。
2.スタンバイフェイズ時、墓地のこのカードを手札に戻せる。

えーっとねー。多分・・・ウィッチクラフトで使えると思うんだよね。本筋から外れるけど。

天使の生き血
1.800回復。
2.墓地のこのカードを、デッキボトムに戻し、一枚ドローする。

天使の施しがドロー効果あるので、天使シリーズというカテゴリーを作って、とにかくドロー出来るデッキにしよう。そういや、堕天使という連中がいたね。

ゴブリンの秘薬
1.600回復
2.墓地のこのカードをデッキに戻し、デッキから、ゴブリンを一体特殊召喚する。

ゴブリンってついているんだから、ゴブリンのサポートカードにしよう。他に、ゴブリンカード考えてみるか。ゴブリンの時代到来しろ。

その前に、アロマポッドが収録されたパックに、DDパンドラが入っていたらしいが、DDパンドラなんというか、超使いづらいよね。強いのかどうか知らないけど。使える様にしてみよう。

1.自分の手札が無い場合に使用出来る。カードを一枚ドローする。
2.自分の場に、魔法罠が無い時に使用出来る。墓地から、魔法罠を一枚選びセット出来る。
3.自分の場に、モンスターがいない場合、手札/墓地から使用出来る。このカードを特殊召喚する。

なんか、手札どんどん使っていくデッキになら投入出来るんじゃないの? インフェルニティだな。DDパンドラをインフェルニティに入れてみよう作戦を実行しても構わないぐらいのパンドラにしたい。レベル5だけど何か役に立つかな。パンドラと言えばエクトプラズマーだよな。

押し売りゴブリン。
1.永続罠
2.戦闘ダメージを与えた場合。
3.相手に与える戦闘ダメージが倍になる。
4.墓地のこのカードを除外して発動する。相手の墓地のカードを全て持ち主のデッキに戻しシャッフルする。この効果は、相手ターン中にも使用出来る。

ゴブリンの小役人。
1,永続罠
2.相手のライフが3000以下の場合発動出来る。相手スタンバイフェイズの度に、相手に500ダメージ与える。
3.墓地のこのカードを、デッキに戻し、発動する。相手はライフを半分支払う。この効果は、このカードが墓地に送られたターンは使えないが、相手ターン中にも使用出来る。

ところで、相手が、コズミックサイクロン使用した時、3の効果チェーンして使用して、相手のライフ1000未満まで減った場合、一体どうなるんだろう?

追い剥ぎゴブリン
1.永続罠
2.戦闘ダメージを与えた場合、相手の手札を一枚選択して、自分の手札に加える。
3.墓地のこのカードを除外して発動する。指定したモンスターはこのターン、相手プレイヤーに直接攻撃出来る。

ところで、アロマガーデニング、永続魔法より、永続罠の方がいいんじゃないのか? そうしてしまおう、大抵のカードは罠の方が強い。

1.通常罠
2.デッキ/手札から、アロマを一体特殊召喚する。
3.このカードを墓地からデッキに戻し発動する。自分フィールドのモンスターを一体指定して、そのモンスターの守備力と同じ数値、自分は回復する。この効果は、相手ターン中にも使用出来る。

と、永続じゃなくしてみた。やることはやると思われる。

対峙するG
1.EXからで出す。墓地からも蘇生出来る。
2.このカードは、相手の発動する、対象を取る効果を受けない。
3.このカードをアドバンス召喚した時発動出来る。このモンスターのレベル以下のモンスター一体を、持ち主の手札に戻す。

Gはリンクスに3枚いる気がする。ゴキボールサポートしたいところではある。シャインブラックも。ところで、ゴキポンが、シャインブラックと、ゴキボール同時に対応する為には、

ゴキポン
1.このカードが墓地に送られた時発動する。デッキから手札に、守備力2000以下の昆虫族モンスターを一体手札に加える。
2.このカードが戦闘で破壊された場合発動出来る、デッキから、守備力1500以下の昆虫族モンスターを特殊召喚し、バトルフェイズを終了させる。

とかどうだろう。ポンシリーズ増やそうと思えば増やせるよね。ノミポンとか。私は実は虫野郎なんだよ。なので、ラーバモス改造してみようか。まあ・・・・リンクスには使いたい虫けらいないけど。デビルドーザーとか、最早虫けらじゃないもんね。でかいから。

ラーバモス
1.このカードをリリースして発動する。デッキ/手札から、進化の繭一体を特殊召喚する。この効果は相手ターン中に使用出来る。

デビルドーザー
1.このカードは通常召喚出来る。
2.このカードは、自分の墓地/手札から、2体まで、モンスターを除外して、手札から特殊召喚出来る。除外した枚数によって、以下の効果を得る。
3.除外した枚数が一枚の場合、このカードが戦闘を行う、ダメージ計算前に発動する。相手はデッキトップを3枚墓地に送る。
4.除外した枚数が二枚の場合、このカードは、1ターンに二回攻撃宣言出来る。

ナチュル強化してみよう。ところで、既存の効果に、新たな効果追加すれば、絶対に強化になる、実は劣化している恐れもあるからね。

ラグウィード
1.ドローする効果
2.裏側表示のこのカードが、墓地に送られた場合発動出来る。このカードを墓地から特殊召喚し、守備を2000上昇させる。

2の効果戦闘破壊でも使用出来るのかどうか知らない。出来るかもしれないと思っている。

レディバグ。ところで、髑髏顔レディバグの効果どうにかしたい。

1.回復効果。
2.このカードを、フィールド/手札から、墓地に送って発動する。自分はもう一枚、フィールド/手札から、カードを一枚墓地に送る。それから一枚ドローする。この効果は、相手ターンでも使用出来る。

ナチュルレディバグ
1.墓地/手札から特殊召喚
2.リリースして、ナチュルを強化する。
3.なんだっけか。ああ、このカードのレベルを、ターン終了時まで、2〜4のレベルのいづれかに、変化させる事が出来る。
4.チューナー


ーーー
階級なし : モクレン類 Magnoliids
目 : クスノキ目 Laureales
科 : クスノキ科 Laureaceae
属 : ゲッケイジュ属 Laurus
種 : ゲッケイジュ L. nobilis

綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : モクレン目 Magnoliales
科 : バンレイシ科 Annonaceae
属 : イランイランノキ属 Cananga
種 : イランイランノキ C. odorata

多くの種が精油を含んでおり、葉や樹皮が薬用や香辛料に用いられている。

亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
目 : モクレン目 Magnoliales
科 : シキミモドキ科 Winteraceae

Pseudowintera - マオリ語でホロピト(horopito)と呼ばれ、腸チフスの薬とされた低木 P. axillaris および P. colorata はこの属のものである[6]。

運営に一回だけ言ったけど、アロマの、レベル7と8を考えて欲しいってやつ。自分でも考えてみる。ヒマなので。このPseudowinteraってヤツにしてみる。これはレベル7。これは、カナンガ/ローリエ の 親戚として考えている。モクレン類なので。だから、カナンガ/ローリエと一緒に、効果を考えていく。

元のローリエ
1.墓地に送られると回復
2.回復するとチューナー
3.ライフが高い時、手札から特殊召喚

元のカナンガ
1.回復すると戻す
2.高いと相手500下がる。

改造後
ローリエ
1.墓地に送られると回復
2.ライフが高い時、手札、フィールドから使用出来る。自分のカードを一枚破壊する。本人も破壊出来る。
3.回復すると発動する。墓地から蘇生する。

2の効果で本人を破壊すると、ライフを回復しつつ、一気に特殊召喚される仕様になっている。この方が強いと思う。今のままのローリエは使いみちが乏しい。回数制限無し。

カナンガ
1.墓地に送られると、次の相手バトルフェイズスキップ。
2.ライフが高い時、手札/フィールドから、使用出来る。相手一体を選択して、攻守を、500下げる。この効果は、エンドフェイズまで続く。手札から使用した場合は、ターン終了時まで、このカードは公開され続ける。
3.回復すると発動する。ターン終了時に、一枚デッキ/墓地から、カードを手札に加える。このカードは魔法罠ゾーンにセット出来る。

このノリで行く。

Pseudowinteracea
1.墓地に送られると、次の自分スタンバイフェイズ時に再生する。
2.ライフが高い時、手札/フィールドから、使用出来る。ライフを1000回復する。
3.回復すると発動する、フィールドのカード一枚を手札に戻す。

Winterace family and are known for their peppery taste, and glossy green leaves.Growing up to 8 metres tall and a trunk up to 10 cm in diameter[2] this small shrub-like tree, prefers damper, cold, tree shaded locations found in New Zealand forests in the North Island and the northern parts of the South Island.[3]biggest threat to the Lowland Horopito is their large roots that overcome the water supply and soil nutrients.A common parasite found in Lowland to Montane forests throughout the North Island is the Dactylanthus taylorii (Pua Reinga – Flower of the Underworld). This species takes a liking toward smaller tree species, like the Lowland Horopito, and therefore poses a threat to the Pseudowintera species, only in the North. The embryo root of a Dactylanthus seed exploits the slender root of its suitable host, by penetrating it, then gradually expands into a tube-like structure, eventually surrounding the host root.[16]There are also many types of insects that use the Pseudowintera as a host plant. Plant-SyNZ gives a reliability score: 0-10. 10 indicating a strong association to the Pseudowintera axillaris. The below species all received a 10[18]Medicinal uses Edit
The lowland Horopito was initially used in cultures for its medical properties. The leaves produced a decoction used as a stimulant, for stomach aches, skin and venereal disease, where sap or leaves that are bruised and steeped in water is applied to the skin.[19] A decoction of the leaves taken internally was known as ‘Maori painkiller’ or ‘bushman's painkiller’ and used for stomach aches and pains. Chewed leaves were used on toothaches.[19] Early European settlers also used the bark as a substitute for quinine and the sap to aid skin diseases and cure gonorrhoea.[20] They ingested the Horopito internally as an analgesic, antiseptic and a quinine substitute for chronic diarrhoea and stomach pain. Traditional uses also included, colds, flus, chest infections and asthma. In more recent times, the Horopito has been used for its antifungal properties treating bacterial and fungal infections such as Candida albicans.[21] The P. axillaris in particular has been found to have higher levels of paxidal (2.2-6.9%).[17] Paxidal is a medical ingredient used for headaches, toothaches, joint pain, period cramps and more.[22]Cultural uses Edit
The dark-red wood off the Pseudowintera species has also been used by woodworkers for ornamental work such as carving and inlaying[20]Gonorrhea, colloquially known as the clap, is a sexually transmitted infection (STI) caused by the bacterium Neisseria gonorrhoeae.[1] Infection may involve the genitals, mouth, or rectum.[7] Infected men may experience pain or burning with urination, discharge from the penis, or testicular pain.[1] Infected women may experience burning with urination, vaginal discharge, vaginal bleeding between periods, or pelvic pain.[1] Complications in women include pelvic inflammatory disease and in men include inflammation of the epididymis.[1] Many of those infected, however, have no symptoms.[1] If untreated, gonorrhea can spread to joints or heart valves.[1][2] アジアや南アメリカにも、この、Pseudowintereaeの仲間は存在する。

主な原産国にはコモロ、フィリピン、マダガスカル、セイシェル、インドネシアなどがある。その中でもコモロがイランイランの精油の全産出量の29%を占めている(1998年)[要出典]。イランイランノキ。専ら香料として利用されてきたが、近年ではアロマテラピーでも広く使われ、中枢神経をリラックスさせる効果があると言われ、また興奮、陶酔の作用、抗抑鬱作用、催淫作用もあると唱えられている[7][8]。科学的にはリラックス作用ではなく刺激作用が確認され、香りの吸引で鬱状態が軽減される可能性がある[6]。低濃度の場合、リラックス作用が認められる。強い香りは悪心や頭痛を引き起こす場合がある。精油には高い皮膚感作性が認められる[6]。化粧品・医学部外品成分の香料の中で、イランイラン油はアレルゲン陽性率が高い[9]。近縁のゴニオタラムス属 Goniothalamus 等にも共通するのだが、本種の花の大きさは確定できない。蕾が開いて花弁が展開した後にも花弁の成長が続き、長さ8cmほどにまで達するのだが、その成長が止まった時点ではまだ良い香りがあまり出ておらず、黄緑色だった花弁が黄色く萎えてきてからようやく香りが強くなってくる。この時点で花弁は枯れ始めているわけだが、花の機能という面から考えれば、むしろここからが開花の時期と考えられる[4]。

英語読むのマジで疲れる。カード効果考える人は、英語読めなければならない。英語読める人が作っているのかどうか知らないけど。さて、次は、ジャスミンの親戚として、レベル8のアロマを考えてみるが、ところで、アロマポッドってレベルいくつなんだろう。これもアロマだけど。レベル1だな。ローリエのライバルが存在した。アロマポッドはそのままでいいと思う。ところで、アロマポット表記が正しい。

ジャスミン
目 : シソ目 Lamiales
科 : モクセイ科 Oleaceae
連 : Jasmineae
属 : ソケイ属 Jasminum

熱帯地方原産の植物であるため、中緯度以北では温室が必要な種が多いが、シロモッコウやハゴロモジャスミン、オウバイ(黄梅)は耐寒性があり、普通に露地栽培することができる。肥沃で水はけのよい土地を好む。ソケイやマツリカ、シロモッコウなどはつる植物であるので、支柱が必要である。支柱があると2 - 3メートル程度の高さまで伸びる。通常は挿し木で増やす。ほとんどの種が観賞用として栽培されている。栽培の歴史は古く、古代エジプトですでに行われていたといわれている。ソケイとマツリカの2種については、香料原料として大規模な栽培が行われている。アジアからアフリカの熱帯あるいは亜熱帯地方が原産である。

元のテキスト
1.ドローする。
2.出す。

で、ジャスミン改造を考える場合は、マジョラムなどの三人をあわせて考えて、効果をいれかえておかなきゃいけない。

ローズマリー
1.表示形式
2.貫通
3.カードが除外された時出る。

マジョラム
1.除外
2.召喚。
3.カードが破壊された時出る。

ベルガモット
1.攻守上昇
2.相手のモンスター効果無効
3.ダメージ受けた時出る。

ジャスミン
1.ドロー
2.ダメージ無し
3.効果が発動した時出る。

まあ、これでいいかなと思うが、マジョラム、ベルガモット、ローズマリーの3人には、アロマガーデン発動する効果つけておく。ジャスミンにはつけない。

候補。
It is a deciduous shrub growing to 8 m tall.Fontanesia is a genus of flowering plants in the family Oleaceae, usually treated as comprising a single species Fontanesia phillyreoides, though some authors split this into two species (see below). It is native to southern Europe (Sicily), southwestern Asia (Lebanon, Syria, Turkey) and eastern Asia (China), with two well-separated populations.[1][2][3][4]果実にはならない。花は白い。色別にかぶってもいいと思いますよ。

レンギョウ(連翹、学名:Forsythia suspensa (Thunb.) Vahl[1])は、モクセイ科レンギョウ属の落葉性低木広葉樹。別名、レンギョウウツギ(連翹空木)。古名は、いたちはぜ、いたちぐさ。中国名は連翹・黄寿丹。英名はゴールデンベル (golden bells, golden bell flower)。付いた果実は漢方薬(下記参照)として用いられる。漢方医学では「連翹」と呼ばれ、解熱剤、消炎剤、利尿剤、排膿剤、腫瘍・皮膚病などの鎮痛薬に用いる。成分にトリテルペン、モノテルペングリコシド、リグナンを含み、強い抗菌作用がある。成熟果実を一度蒸気を通したのち、天日で乾燥し用いる。日本薬局方においては、レンギョウまたはシナレンギョウの果実を用いている。俳句 編集
俳句では春の季語である。

連翹忌 編集
4月2日は彫刻家・詩人の高村光太郎(1883年 - 1956年)の命日で、これを連翹忌とも呼ぶ。これは、高村が生前好んだ花[5]がレンギョウであり、彼の告別式で棺の上にその一枝が置かれていた[6]ことに由来する。

ところで、森羅のセンジュ・レギア は でかい植物だが、レベル高い方がでかい植物の方がいいと思えるので、レンギョウの方が、漢方薬としての要素あるので、使えそうだが、Fontanesiaの方がいいと思える。なので、名前は、Fontanesiaにしておく。

Fontanesia(仮)
1.回復した時、カード一枚デッキから手札に加え、それから、フィールド/墓地/手札から、カードを一枚デッキボトムに戻す。
2.ライフが高い時、デッキ/墓地/手札から、モンスターを一体特殊召喚出来る。
3.カードの効果が発動した時、手札から特殊召喚出来る。

耐寒性耐暑性に優れているため、日本全国に分布している。大気汚染や病虫害にも強く、どんな土壌でもよく育つことから、庭木、公園、垣根に用いられることが多い。(レンギョウ)

えーっと、アロマでデッキ組んで、足りないところを補う用途にしてみよう。つまり・・・わからない。最近使ってないからな。罠カード一杯あるので、罠カードサーチしたり、サルベージ出来るといいが、もう、カナンガにこの能力与えてしまったので、特に必要無いな。じゃあこっちは、デッキからモンスター出す効果でいいや。カナンガの付属させた効果は、罠カードセットするのに役立つ。デッキや墓地から。こちらは、デッキや墓地から、モンスター出す効果にする。回復した時の効果がムズい。もう戻すという最強の効果を、レベル7に与えているので、それを超える効果にしないといけない。ドローでいいや。

さて、この通りしろと言っている訳ではない。私のレベルで考えただけである。運営に催促してみるか。

前も一回だけ言ったけど、アロマのレベル7とレベル8欲しい。現在いないと思うけど。花の色かぶってても別にいいと思う。

8/23
ーーー
ところで、逆に、魔法の方がいいカードもある。なんでしょうか? トラップスタンです。明らかにSRの価値無い気がするがどうであろう。

魔法になればSRでいいと思う。大嵐の場合、罠でも面白いよね。

大嵐
1.魔法
2.全ての魔法罠を破壊する。

相手ターンに吹き荒れる嵐
1.罠
2.全ての魔法罠を破壊する。

相手にセットさせてから、全て破壊して、返しのターンに使用させない訳だ。発動だけは出来るからね。自分ターンにしか使えに場合。ホーリーライフバリアとかだな。

王宮のお触れは、永続魔法の方がいいと思う。大抵のカードは罠の方が強いが、逆の例もたまにある。六花深々もそうだな。ま、魔法だとしても終わっているとは思うが。だからこうする。

六花深々
1.デッキから、植物族を一体守備表示で特殊召喚する。
2.1をしたあと、自分はエクシーズ召喚出来る。
3.罠

で、相手ターンにエクシーズ召喚するなら、まあ罠でもいいかなと思ったりする。魔法バージョン。

六花浅々
1.デッキから、植物族を一体守備表示で特殊召喚する。
2,魔法

さて、リリース効果入れるならこうなる。

六花散々
1.デッキから一体植物族を召喚する。そのあと、自分は、手札/フィールドの植物族を一体リリースしなければならない。
2.速攻魔法。

ところで、散々で、相手が召喚した植物族を、仮に除外するとか、底なしで落とすとかした場合に、他に植物族いない時どうなるかというと、何もリリースしなくてもいい。ここらへんは多分、痛み分けと同じ。

ーーー
何度でもいおう。えーっと、六花絢爛罠じゃなくて使いずらくてもったいない。それで、アキと勝負していて、偽りの種が使われているのがわかった。で、偽りの種、略結論、

偽りの種
1.デッキから、レベル3以下の植物族モンスターを、一匹特殊召喚する。
2.この効果で特殊召喚されたモンスターは、効果が無効化され、エンドフェイズにデッキに戻る。
3.速攻魔法。

名前偽りの種なんだから、効果無効化とか、すぐ戻ってしまうぐらいいいと思うけど、手札からしか出せないと極端に弱い。手札二枚も消耗するからである。あと、手札にレベル2以下の植物族来てない時どうすりゃいいんだって事だ。で、メインディッシュ。

六花絢爛
1.通常罠
2.手札かフィールドから、植物族を一体リリースする。それから、デッキから、同じレベルで、名前が違う二枚の植物族を選び、手札に加える。この効果は1ターンに一度しか使用出来ない。

一枚だけデッキに入れておく。連発出来ないのは、手札一気に増えると困るって、運営が考えているから。強欲な壺禁止されている事から、手札増える事に対する憎悪感が強い事が伺われる為。

ーー
エラー再起動が酷く頻繁に起こる。例えば、デッキ編集後、保存する時に起こる。そして、再度入ると、変更は保存されていない。

ーー
さて、わかった。何が? エリカの問題点が。

元の効果
1.リリースして攻守アップ
2.墓地から復活。

えーっと、2はそんなにまずくないが、1がまずいので、2を行いにくくなっている。1を改良しなければならない。こうする。

1.このカードをリリースして発動する。フィールドのモンスターの攻守を1000上昇する。この効果は相手ターンでも使用出来る。しかもダメージステップでも発動出来る。

ダメージステップは無理言っている感があるが、敵も対象にすると、とりあえずとにかくリリースしたい時に使える。ダメージステップに使えた方がいいのは、プリムを一体で裏側守備で出す場合が多いから。



ーーー
六花絢爛は、罠カードじゃなきゃ駄目で、しかも、手札からリリース出来ないと駄目だ。ところで、レベル51出てきたよ。レベル51知らない人よ。

収容所でふざけた薬使われて、心臓バクバクしている。

そういう訳で、絢爛は切らなきゃいけないだろうなぁ・・・はぁ。

レベル51のデュアルけっこう強い。突撃指令してくるからね。それで、絢爛切る場合、似たような効果持っている人に、スノードロップいるので、で、スノードロップ一枚持っているので、スノードロップ使うと仮定? いや、絢爛の方がマシなんだよな。だって、手札に植物族いないと、スノードロップ何の意味も無いもんね。

色々と駄目だな。なんで使えないジャンル存在するんだろう。負け役か。ふぅ。ところで、分断・底なし・デモンズチェーン・闇の呪縛しつつ、エレキ使うと強い気がする。でもつまらないし、デモンズチェーン持ってないからやらないけど。みんなこの型になったら、私は誰にも勝てなくなるし、コナミも困ると思う。他のカード売れなくなるから。デモンズチェーン、610円のコースで販売してくれないかなぁ。してくれれば、エレキが強化されて、エレキ増えて、そして、私の負け率がアップするね。

だからエレキと同じ程度使えるぐらい六花強化してもらえないかなぁつーか、植物族でいいんだけどさ、植物族強化してもらえないかなぁと思う。エレキ基準に考えてみよう。デモンズチェーン買うかなぁ。まあ、でも、普通に戦う場合あまり要らないけど。普通に戦うってのは、ダイレクトアタックしない戦術って事だが。



ーーー
六花絢爛と同じ効果で、発動タイミング罠のカード作ってください。あるいは、別に六花じゃなくて、植物族に関与させても、あるいは、どんなモンスターでも問わないでもいいです。

ってぐらい、六花絢爛は、魔法だと使いづらい。自分のモンスターリリースする効果である。自分ターン中に、自分の場ががら空きになると、相手に対し攻撃出来なくなる。仮に相手のカードががら空きでも。だから、自分ターン中に一回通常召喚して、普通に攻撃して、相手ターン中にリリースし、それから、返しのターンで、また通常召喚して、攻撃するのが正しい。この六花絢爛ってやつは、そういう意味合いで駄目すぎる。SRだけど。まあRでいいと思う。壊れているから。

8/22
ーーー
絢爛をこうする訳だ。
1.このカードは手札/フィールドのモンスターをリリースして発動する。
2.デッキから、名前は別で、レベルが同じ植物族を一枚ずつ選んで、手札に加える。
3.罠。

で、深々というのがあるが、こっちはこうする。
1.絢爛と同じ。
2.手札か墓地から、名前は別で、レベルが同じ植物族を、一体ずつ特殊召喚する。
3.魔法にしよう。

このゲームよくある事だけど、同じジャンルのカードの、魔法と罠が入れ替わっていた方がいい場合が多い。何故、絢爛が罠の方がいいかというと、自分の場をがら空きにしておいて、ウェーブフォース使う為である。また、相手の除去にチェーンして、自分のフィールドのモンスターをリリースする。

深々の方は、自分ターン中に、エクシーズとかする必要があるので、魔法の方が都合がいい。だから、これらのカードは、魔法と罠が逆である必要がある。以上。結果的に、深々は全然使えないカードになっている。駄目だな本当に・・・。

六花の風花(改造されています)
1.永続罠
2.お互いのプレイヤーは、エンドフェイズ毎に、自分のモンスターを一体リリースしなければならない。
3.自分の墓地のカードが、植物族のみの場合、スタンバイフェイズ毎に、手札に、六花カードを、デッキか墓地から加える事が出来る。ただし、その場合、ドロー出来ない。

出来た。六花は新しいカードらしい。2020年ぐらい。次が出るのはまだまだそうだが、出すなら無駄なカード出されても困るので、使えるカードにして欲しい。なんで無駄なカード出すんだろうなぁ・・・。

次アロマ。

渇きの風
1.回復する度に、フィールドのカード一枚破壊しなければならない。
2.相手フィールドにモンスターがいる場合、ライフを1000支払い、そのカードを破壊出来る。この効果は相手ターン中でも使用出来る。
3.永続魔法。

ところで、アロマの永続罠、なんで永続魔法じゃないんだろう。

潤いの風
1.手札を捨てる度に、ライフを500回復する。この効果は相手ターンでも使用出来る。
2.エンドフェイズ毎に発動する。墓地からカードを一枚手札に加える。
3.永続魔法。

恵みの風
1.ライフを500支払い、墓地、または手札から植物族を一体特殊召喚する。この効果は相手ターン中でも使用出来る。
2.墓地、または手札からデッキに戻す。自分は1000回復する。この効果は相手ターン中でも使用出来る。
3.永続魔法。

ネクロの風の方がいいかも知れない。ネクロドール、ネクロフィア、ネクロの魔導書。

で、思ったんだけど、永続魔法って相手ターンに使用出来ないルールでもあるのかな? ではない。アロマガーデニングは、相手ターン中にしか、使用出来ない。攻撃された時の効果は。

アロマガーデニング
1.モンスターが召喚特殊召喚リバースする度に、自分は1000回復する。
2.戦闘がおこった場合、ダメージ計算後発動出来る。デッキから、アロマを一体特殊召喚する。
3.永続魔法。

ところで、ゲームでは、召喚と言った場合、通常召喚の事しかささないが、私は、召喚の一言で、全部の召喚指したいんだよ。なので指す。

ーーー
体現すべきテーマがないので、遊戯王デュエルリンクスがあって本当に良かったと思っている。体現すべきテーマがないので、試しに聖書を読んで見る。あなたを天の星の様に多くされた と 出た。さて、こうやって遊戯王を拡散する手伝いをして、遊戯王デュエルリンクスは、天の星の様に増えるのかって話だ。

ところで、本当に大切な事は言う事が出来ない。でもさ、実はこっちの方が大切かも知れないんだ。六花絢爛の問題点を発見した。なんでこのカード、手札からリリース出来ないんだ? 必死に召喚したモンスターリリースしてどないすんねんと思った。このメッセージは運営に送るべきだな。別にブログ用に書いておいたのだが。怒弓部隊もそうだと思ったけど。まあでも・・・ブルーアイズとかの場合別に、怒弓部隊は特に問題無いのだろうか。破壊出来る範囲広いし。でも手札のブルーアイズ処理出来ないので、やっぱ駄目だな。ああ、セイクリッドとか、テラナイトならいいのかも知れない。召喚しやすいので。つまり、怒弓は別によくて、六花絢爛に問題があるんだな。この問題は重要である。歴史的問題に興味がわかないんだ。それよりこっちの方が大事である。

あと、六花絢爛って、正直、罠カードの方がいいと思う。相手の除去にチェーンして、リリースするんだよ。色々と酷くもったいないカードだ。文句を言いまくる事にする。なんというか、文句言うべき相手いて良かったと思う。感謝します。例えば、政治家に文句を言うとする。私は細かい事に興味はない。細かく無い事は、ずっと自民党がやっているのが問題なので、さっさと政権交代しろって思う事だ。実際はしない。なので、ソレ以上政治的な問題に首突っ込むだけ無駄である。千年王国である。いつまで自民党がやり続けるんだろうか。ああそういえば、共産党が、立憲が、やる気がなくて困るとか言っているとか言っていた気がするが、だとしたら、自民党を倒すなんて夢のまた夢である。一方でいつ選挙か、それとも選挙もう終わっているのかどうかすら不明だが、私はどっちみち、収容されているので選挙には行けない。調べるか。自民党がいつ解散するか決めるらしいが、9月から11月の間に解散すると予測されているらしい。消費税0%にしろ。

消費税0%にすれば、もっと買えるだろう。何を? 仮想上のカードを、リンクスの事である。紙のカードと、仮想上のカードに分かれる。つまりだが、消費税増税されると、コナミは困るはずである。で、政治的な話もう終わりかも知れない。もうネタがない。ただ言えるのは、自民党以外に投票しろという事だ。消費税10%にされっぱなしでいいのかって話である。あるいはもっと上昇するかも知れないが。こういう理由で。さて、コロナの医療費がかさんでいる。消費税増税します。とか そういう 適当な言い訳で増税する気がする。自民党に勝たせてはいけない。

ちなみに、消費税を無限に増税していって、生活費が足りなくなってきた場合、切るべきところは、娯楽しかないので、先に切られるのは、遊戯王デュエルリンクスである。スーパーマーケットではなく。危険度は高い。

やばい
↑遊戯王デュエルリンクス
回転寿司
↓スーパーマーケット
安全

なのでまあ、かなり昔言った様に、規模を収縮して、広告収入で経営するとか。まあ・・・消費が減退している時に広告出してくれる人いたらの話だけど。つまり、終わりであろう。終わったらどうする。終わったら困る。いくら使ったと思っているんだ。

どうせ切るなら、コナミが遊戯王もし切るなら、紙のカードの方を切って、リンクスは残して欲しい。だって紙のカードの方が多分だけど、制作費用かかるじゃん。コストがかかるので、あれ? そうだよね。広告収入でもやっている、スマホゲームあるけど、あれは、出来る人がやれば、低予算で、ゲーム作れるから実現しているんだよね。だから、スマホゲームの方が、紙のゲームより、安い投資で済むと思っている。

まあとにかく、言えるのは、消費税増税は、憎むべき事で、阻止しなければならないって事である。そういや、以前から、ナツズイセンは売っていたんだけど、今でもヤフオクで売っている。素晴らしいと思う。で、エリカ。

エリカの元の効果。使っているので効果よく知っている。
1.手札からリリースして味方の攻守上昇。
2.味方がリリースされた時、墓地から復活するが、すぐ除外される。

問題がいくつもある。まず、2の効果の発動条件を満たすのが困難である。クソだな。そして、墓地にこのカード埋葬するのも困難である。アレあったっけか。愚かな埋葬。ま、あってもなくてもいいや、言いたいのは、こういう事である。

エリカ改造版
1.手札かフィールドからリリースして、味方の攻守 2000上昇。この効果は、このカードしか無い場合でも使用出来る。
2.誰かがリリースされた時、墓地か手札から、守備で特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたこのカードは、表示形式を変更出来ない。

1の効果どういう意味かというと、本人をリリースして、もう言うの面倒だな。つまりだが、こういう通常魔法があればいい。

1.相手のライフを0にする。

あと、

1.デッキから、手札に一枚、好きなカードを加える。

ワンキル。ところで、250ダメージに減らされているね。そんな考慮する必要無いのにさ。罠強いんだよね。ふう・・・全部罠でいいんじゃないの? 六花絢爛罠の方がマシだって話したけど。

ーーー
あとは、蠱惑魔が手に入るまでは、延々と、六花に関し言い続けるだけだと思われる。延々と同じ事言わなきゃいけない。Enchant scripture in vain。

改造された、スノードロップ。ところで、スノードロップの花を検索してみよう。思ったより小さい。スノードロップもう一回調べ直そう。ところで、家庭で園芸出来る状況でも、スノードロップはサポート外だった。注目してなかったのである。

階級なし : 単子葉類 Monocots
目 : キジカクシ目 Asparagales
科 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
属 : ガランサス属 Galanthus

目 : キジカクシ目 Asparagales
科 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
連 : ヒッペアストルム連 Hippeastreae
亜連 : ヒッペアストルム亜連 Hippeastrineae
属 : ヒッペアストルム属 Hippeastrum
Herb.
アマリリス

目 : キジカクシ目 Asparagales
科 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
連 : ヒガンバナ連 Lycorideae
属 : ヒガンバナ属 Lycoris
種 : ナツズイセン L. squamigera

目 : キジカクシ目 Asparagales
科 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
連 : ヒガンバナ連 Lycorideae
属 : ヒガンバナ属 Lycoris
種 : ヒガンバナ L. radiata

スノードロップの球根には、強い毒性を持つアルカノイドも含まれており、体内に入ると下痢や嘔吐・めまいなどの症状が出てきます。 小さな子供やペットがいる場合には、十分に注意して管理しましょう。

えーっと、ヒガンバナからの距離は、ナツズイセンが一番近くて、アマリリスや、スノードロップは遠い。なので、毒性無いかも知れないと思い調べてみたら、毒があった。

さて、毒あったので味方リリースする効果は健在でいいや。

1.味方を手札/フィールドからリリースして、墓地か手札から、このカードをだす。この効果は敵ターン中に使用出来る。
2.このカードが、召喚特殊召喚、リバースした時、手札から、植物族を一体特殊召喚する。
3.レベルを変化させる。
4.敵ターン中に使用出来る。エクシーズ召喚を行う。

効果増やした。ヒマなので、どんどん増えていくかも知れない。しかし、エクシーズ素材にしかならない程度の能力なので、一人では戦う事は出来ない。

ヘレボラス。ところで、なんだっけ、キンポウゲは、仲間が多いので、多分、花がきれいな特徴があるんだよな。福寿草もキンポウゲだもの。いくらでも出そうと思えば出せる。ところで、福寿草が、六花に出る資格・・・つまり、花びらが6枚かというと、13枚だな。多いな。フクジュソウだすなら、奇数なので、5花に出さなきゃいけないだろうな。相棒なんて言っていたっけ、杏子・・・今日・・・ヒマ? だったな。杏子って花びら何枚なんだろう。5枚だな。アンズは5花の中核を担わねばなるまい。

綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : バラ目 Rosales
科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Prunoideae
属 : サクラ属 Prunus
種 : アンズ P. armeniaca

ヘレボラスに関して言えば、母親が庭に植えていたので、どんな植物かよく知っている、随分長い間開花しており、丈夫な植物である。種が出来るかはよくわからん。

1.手札、フィールドのモンスター一体をリリースし、手札か墓地から、このカードを特殊召喚する。
2.このカードがリリースされた場合発動する。このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたこのカードは、表示形式を変更出来ない。
3.手札からも使用出来る。このカードを含む、モンスターを二枚リリースする事で、相手の効果の発動を無効にし、そのカードを除外する。
4.味方を3体まで選択し、そのレベルを2上昇させる。

はい。ヒマだな・・・遊戯王もっと植物出せと思う。こんな事考えているユーザーほとんどいないと思うが。アマリリス出てきたので、アマリリースを改造する事にしようか。

アマリリース
1.このカードをリリースして発動する。このターン、自分はリリースを必要としない。この効果は手札からでも使用出来る。
2.自分スタンバイフェイズに使用出来る。このカードを墓地から手札に戻す。

エネコンとか、色々なリリースを省ける。六花でも当然使用出来る。帝では使用しても微妙だな。

薔薇恋人
1.召喚時発動出来る。手札・デッキのレベル5以上の植物族モンスターを特殊召喚し、このカードを装備カード扱いにして装備する。この効果で召喚されたモンスターは、このカードがフィールドから離れた場合墓地へ送られる。
2.墓地のこのカードを除外して、手札から、植物族を一体特殊召喚する。

薔薇恋人は薔薇なんでしょう。多分。

にん人
1.何回でも使用出来る。フィールド、手札の植物族一体をリリースし、このカードを墓地から特殊召喚する。
2.フィールドのこのモンスターを、墓地に送って使用出来る。墓地から植物族を一体特殊召喚する。

にん人強化して、リリースする効果入れて、六花を強化するという作戦だ!

森羅の番人オーク
オークって何? 

階級なし : バラ類 Rosids
目 : ブナ目 Fagales
科 : ブナ科 Fagaceae
属 : コナラ属 Quercus

ナラは、花びら小さすぎて、何がなんだかわからない。

オーク
1.6枚めくる。めくって出た植物族は、全て墓地へ送る。
2.このカードは、リリースしないで召喚出来る。その時このカードのレベルは4になり、元々の攻撃力は、1900になる。
3.このカードが墓地に送られた時に発動する。墓地の植物族を、3体まで選択し、デッキトップに好きな順番で戻す。

3の効果は強制効果。1の効果は、必ず6枚めくらなきゃいけないので、デッキ切れを起こす可能性がある。

レギア
名前の由来は、マメ科ジャケツイバラ亜科の落葉高木「ホウオウボク」の英語での名称「Delonix regia」だろう。
英語名の「Hermitree」は、「隠者」を意味する「hermit」と「樹木」を意味する「tree」を組み合わせた造語と思われる。

階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
目 : マメ目 Fabales
科 : マメ科 Fabaceae
亜科 : ジャケツイバラ亜科 Caesalpinioideae
属 : ホウオウボク属 Delonix
種 : ホウオウボク D. regia

ホウオウボクの花びらの数は、5枚。
1.デッキトップを5枚まで確認し、好きな順番に入れ替える。それから一枚ドローする。
2.このカードが墓地に送られた場合、デッキトップを確認し、植物族がある場合、そのカードを墓地へ送るか、手札に加えるか選択出来る。他のカードはデッキボトムに戻す。
3.墓地から植物族モンスターを、デッキボトムに、8枚まで好きな順番で戻す事によって、このカードを、手札から特殊召喚出来る。

リーフってなんなの? 植物族。じゃなくて、特になんか特定の植物を指していないと、ウィキではみなされているせいか、特に元ネタの名前は載ってない。

リーフはこうする。
1.3枚めくる。必ず3枚めくらねばならない。めくったあと墓地に送る。植物族であるなら。
2.リリースする。必ず所定の枚数リリースしなければならない。リーフが複数墓地に一気に送られた場合、リリースすべき数は加算される。また、墓地に送られた場合発動する。

めくる必要なくなったので、芝刈り機で暴走出来る様になっている。芝刈り機制限が続くだろうな。

さて、此処でペンギンが出てくる。
ペンギンナイト
1.このカードが墓地に送られた時、自分は自分の墓地のカードを全て、デッキに戻し、シャッフルする。

名前不詳
1.相手は、自分のカードが墓地に送られる度に、デッキトップから一枚墓地に送らねばならない。枚数は加算される。
2.永続魔法

森羅や芝刈り機で、相手のデッキ破壊も行ってしまうというカード。


8/20
以前、ディスアロマとか言っていたが、ちゃんと、ANTONYMで調べる事にしてみる。Antonyms:
odour, odor, pungency, reek, stench

ただ、問題なのは、その香りを、不快と感じるかは、人それぞれという事だ。

えーっと、ラフレシアはすでに一人いる。ただ、間違いがある。ラフレシアは食虫植物ではない。なので、キメララフレシアは間違いである。

サブテラーって、レベルいくつまであったっけか。12か。燭台大コンニャクを、レベル12にして、ラフレシアはレベル11にする。で、アドバンス召喚は、エクストラデッキから、上級モンスターを出す事にする。ブラックマジシャンサーチする効果は、ブラックマジシャン特殊召喚する効果になる。リジョンの効果がある。つまり、

リジョン
1.自分は2回通常召喚出来る。
2.このカードがフィールドから離れた時、自分のエクストラデッキから、アドバンス召喚可能なモンスターを一体、通常召喚扱いで召喚する。

いいと思わないですか? いいですよね。そして、エクストラデッキは、20枚制限にする。

燭台大コンニャクの効果は特に考えてないし、ラフレシアの効果も考えてない。以前言った様に、んー、あの花の名前忘れたんだよな。あの花は何処に行ったの。シソ科なんだけどな。名前なんだっけか。マジで。

シソ科の名前忘れた花→レベル9→エキウム・ウィルドプレッティ、ムラサキ科。
ラフレシア→レベル10
燭台大コンニャク→レベル11
プヤ・ライモンディ→レベル12

シソ科検索しなおすか。エキウム・ウィルドプレッティ だった。しかも、シソ目ムラサキ科だった。シソ科じゃなかった・・・ま、捕まっているので仕方ない。植物と全然触れ合えてないからね。シャゼンムラサキ属。

ところで、運営側に、アロマージの、レベル7と8用意する様に要求したが、剛鬼も、実装されている分では、レベル7と8が無い気がするので、これも用意した方がいいと思われる。剛鬼の、レベル7と8が、あるかというと、結論から言うと無いので、用意される方がいいと思われるが、ところで、剛鬼は、プロレスの技で出来ているらしいが、柔道の技、すごい種類あるんだよね。作ろうと思えば、いくらでも作れるだろうね。剛鬼の場合、アロマと違って、同じレベルが複数存在するらしい。レベル5とレベル6が二匹ずついる。で、リンクスに存在しているかというと、いない。名前は別に言わないけど、レベル5と6は、一種類ずつしかいない。剛鬼そんなに強そうに思わないが、同ジャンル内のモンスターの種類多ければ多い程有利なのは間違いない。

でも私は植物族で行くと多分もう決まっている、決めているので、剛鬼はいらないけど、まあ、剛鬼も多分フルメンバー揃った上に、いつかは、レベル7と8も出てくれるのだろう。私は剛鬼のレベル7と8が見たい。剛鬼見ないけどね。何処だといるんだろう。ゴールドとかガチだからね。恐ろしいわ。恐ろしくてもうやってない。ゴールドとかやってらんないわ。剛鬼高ランクで使っている人いないのかしら。

で、六花に着目しだしたので、今度はアロマじゃなくて、スノードロップと、ヘレボラスを改造します。毒草なので毒っぽい効果がいいとは前から言っている。多分スノードロップも毒だろう。

ところで、せっかくなので、影のスノードロップと、ヘレボラスを考えてみよう。

スノードロップ→ヒガンバナ
ヘレボラス→クサノオウ

ヒガンバナ
階級なし : 単子葉類 Monocots
目 : キジカクシ目 Asparagales
科 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
連 : ヒガンバナ連 Lycorideae
属 : ヒガンバナ属 Lycoris
種 : ヒガンバナ L. radiata

クサノオウ
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : ケシ目 Papaverales
科 : ケシ科 Papaveraceae
属 : クサノオウ属 Chelidonium
種 : C. majus
変種 : クサノオウ var. asiaticum

アチャー、クサノオウケシの仲間だったわ。うまのあしがたはどうだろう。

ウマノアシガタ
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : キンポウゲ目 Ranunculales
科 : キンポウゲ科 Ranunculaceae
属 : キンポウゲ属 Ranunculus
種 : ウマノアシガタ R. japonicus

なのでいいんじゃないのかな。他になんとかスイセンとかあったけど名前忘れてしまった。本当にクソだな強制収容所は。夏水仙だ。ヤフオクで出てくる。ヤフオクは本当に植物の宝庫で、助かる。

夏水仙
階級なし : 単子葉類 monocots
目 : キジカクシ目 Asparagales
科 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
連 : ヒガンバナ連 Lycorideae
属 : ヒガンバナ属 Lycoris
種 : ナツズイセン L. squamigera

で、改造したスノードロップと、ヘレボラスに戻る。

スノードロップ
1.味方を手札か、フィールドからリリースする事で、このモンスターを手札から特殊召喚出来る。
2.このモンスターが、召喚特殊召喚リバースした時、手札から植物族を一体特殊召喚出来る。
3.1〜12までのレベルを指定して、フィールドの自分モンスターは全て、そのレベルになる。

ヘレボラス
1.味方を〜略〜出来る。スノードロップと同じ。
2.味方をフィールドからリリースして、このモンスターを墓地から出せる。
3.敵が効果を発動した時、手札かフィールドから、手札かフィールドから、モンスターを一体リリースして発動する。その効果を無効にし除外する。

ところでさ、レベル高い程強い方がいいと思うんだよね。別にそれで構わないはずだ。何故なら召喚するの大変だから。手札かフィールドからが2回繰り返されているのは、一回目が本人の居場所で、二回目が、リリースするモンスターの居場所。

ボタン
1.レベル上昇させる効果
2.本人がリリースされた場合、エンドフェイズに守備で再生する効果
3.本人をリリースして、手札に別の六花を加える効果。この効果は手札からでも使用出来る。

一人だけユキノシタ目。

エリカ
1.味方の植物族の戦闘時、ダメージ計算時のみ、攻守を2000上昇させるが、このカードは、手札かフィールドからリリースされる。
2.味方がリリースされた場合、墓地もしくは、手札から守備で召喚される効果。
3.レベルを上昇させる効果。

エリカは、ツツジ目。

プリム
1.味方がリリースされた場合、手札から出る効果。
2.レベルを上昇させる効果。

プリムもツツジ目。

シクラン
1.味方がリリースされた場合、手札から出る効果
2.墓地から植物族を、守備表示で特殊召喚する効果。

シクラメンもツツジ目。

よし、こうなれば使える。ところで、今日は、蠱惑魔に注目しだしている。レベル4の植物族が4人いるらしいので、多分そうだ。なので、リンクスに用意されれば、植物族強化になると思われる。レベル4なので、プリムと4エクシーズに対応している。見てみたら皆レベル4だ。いいね。

あとはアロマが、レベル4二人いるとかそういう設定になれば行ける。何が? ランク4とランク6を狙う植物族デッキが。ところで、ちょっと捕食植物も改造してみようか。使ってないけど。弱すぎるんだよなぁ・・・捕食カウンター置く効果が。置けないじゃないか。アレじゃ。とにかく、ランク8を植物族で出すのは、夢のある事なので、レベル8の捕食植物から見ていく。ちなみに、強いかというと強くない。エクシーズさえすれば勝てるという訳ではない。当たり前だが。罠入れたり相手の罠無力化する必要がある為である。出来なければ簡単に負けるけど、CPU倒すなら罠入れなくて十分である。多分。多分? レジェンドのレベル10としか勝負しないもんね。

ヘリアンフォリンクス。名前覚えづらい。
ヘリアンフォラという植物があるらしい。調べてみよう。

階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
目 : ツツジ目 Ericales
科 : サラセニア科 Sarraceniaceae
属 : ヘリアンフォラ属 Heliamphora

ツツジ目だね。

効果こうしよう。元の効果をまず書く。
1.相手の表側表示のモンスターに、捕食カウンターが置かれている場合、このカードは手札から特殊召喚出来る。
2.このカードが相手によって破壊された場合、墓地から闇属性・植物/ドラゴン族を、出す。

改造した効果
1.相手の表側表示のカードに、捕食カウンターが置かれている場合、そのカードを自分の手札に加え、このカードを、墓地か手札から特殊召喚出来る。この効果は、1ターンに一度しか使えない。
2.このカードを手札に戻す事で、相手の表側表示のカード一枚を選択し、捕食カウンターを、3つ置く。
3.このカードがフィールドから離れた時、自分の墓地から、植物族か、恐竜族の、レベル8のモンスターを、一体特殊召喚する。

あと捕食植物のレベル6も見る。いねえな。いないんだ・・・。

レベル4
スピノ・ディオネア
ディオネアは、ハエトリ草の学名らしい。
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : ウツボカズラ目 Nepenthales
科 : モウセンゴケ科 Droseraceae
属 : ハエトリグサ属 Dionaea
種 : ハエトリグサ D. muscipula

そういう訳で、サラセニア科とは別らしい。目レベルで。

1.召喚特殊召喚リバースした時、相手の表側表示のカード全てに、捕食カウンターを一個ずつ置く。
2.捕食カウンターが置かれたカード一枚と、このカードを墓地に送って発動する。デッキ/エクストラデッキから、捕食植物一体を、召喚条件を無視して特殊召喚する。

にしよう。元のテキスト面倒だから書かない。ほとんど同じ効果です。ところで、サラセニアの方が、上級なのは何か意味あるんだろうか。

モーレイ・ネペンテス
「Nepenthes」は、ウツボカズラ属を意味する学名である。であるらしい。
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
目 : ナデシコ目 Caryophyllales
科 : ウツボカズラ科 Nepenthaceae
属 : ウツボカズラ属 Nepenthes

ナデシコ目になっている。ハエトリクサの場合、ウツボカズラ目になっているのに、多分ハエトリの方が間違って書かれていると思われる。植物の目は何度も変更されている為である。

1.召喚時発動する。相手の表側表示のカード全てに、捕食カウンターを一つずつ置く。
2.捕食カウンターが置かれたカード一枚を、このカードに装備カード扱いで装備する。その装備カードの効果は、元のカードの効果と同じになる。この効果は1ターンに一度使用出来る。
3.このカードに装備された、装備カードを墓地に送って発動する。捕食カウンターを、相手フィールドの表側表示にカードに、一個ずつ置く。

2の効果は、例えば、恵みの風を装備カードにして奪った場合、ライフを1000支払い、アロマを墓地から特殊召喚出来たりする。で、白き霊龍を装備した場合、召喚時相手のカード一枚を除外する効果になったりする。つまりだが、ほとんどの場合そのカードを除去する程度にしか役立たない。ところで、捕食カウンターを複数置くと、どういうおもろい事が起こるかは謎である。

あとは、レベル8の植物族シリーズいってみるか、召喚が難しい割に弱い四名。その前に、コアキメイル・グラヴィローズ見てみるか。

1.召喚時発動出来る。デッキかエクストラデッキから、植物族を一体墓地へ送る。
2.スタンバイフェイズに発動出来る。墓地から、植物族を一体特殊召喚する。
3.エンドフェイズに発動する。このカードは破壊される。

グラヴィローズなんて、ノーマルレアでいいよ。Rだけど。

ひまわりの人
1.攻撃表示のこのカードを、守備表示にする。墓地から、植物族モンスター一体を特殊召喚する。この効果は、相手ターンでも使用出来る。相手は、このターン、全て攻撃表示になり、この、特殊召喚された、植物族に、攻撃しなければならない。また、この効果で特殊召喚された植物族は、1ターンに2回攻撃出来て、破壊されない。
2.このカードをリリースして発動する。エンドフェイズまで、味方の植物族の攻守は、1000上昇する。この効果は、相手ターンでも使用出来る。

というカードにする。テキスト長いな・・・。

桜の人
1.このカードが召喚されたターン、相手はカードの効果を発動出来ない。
2.このカードを手札に戻す。手札から、植物族を2体まで特殊召喚する。

椿の人
1.このカードは手札から特殊召喚出来る。
2.相手がカードの効果を発動した時、手札か、フィールドから、植物族を一体リリースする事で、その効果を無効にする。

1強いと思う。こうした理由ですか?

モミジの人
1.他のモンスターを対象に出来ない。
2.フィールドから離れた時に。

このカードは微細に評価されているらしい。微細・・・。

まあ、いくらやっても遊戯王カードに過ぎないけど、他にやる事無いんだよなぁ・・・。ニュース見ないし。興味わかないんだよなぁ。

ーーー
蠱惑だけURで、あと残り全部SRで、そして、二枚づつでいい。

なんというか、ミニボックス、SR二枚ずつでいいんじゃないのか? そして、URは、一枚だけ。それが蠱惑の落とし穴だと言っている。アルマデス昔は使われていたけど、今全然だものね。

この、おもしろさを、拝金主義で減退させている、勿体ないゲームを、やるしかない。

7/31
では、気を取り直して、アロマ考えるか。ところで、私はアロマとか、ウィッチクラフトとか、こういう絵が好きなんだろう。好みが明らかにわかる。

つまりだが、アロマのサポートカードなんか、いくら考えても考え過ぎではないけど、ま、どうせ命短いから、思いつく限りやってみるか。私の人生・・・。

えーとねー。ローリエをサポートしてみよう。最弱とか言ったけど。でも低レベル最弱なのは順当なので別にいいんだよ。レベル低いと、サーチしやすいからね。このゲームは。アロマは弱いけどバランスは取れている・・・ね。弱いけど。

ローリエの効果
1.このカードが墓地に送られた時、自分は500回復出来る。
2.回復した時発動する。一体味方をチューナーにする。この効果が使えないんだよなぁ・・・。
3.自分のライフが、相手より高い時、このカードを手札から特殊召喚出来る。

3の効果は、アドバンス召喚のコストになるので別にいい。上級モンスターを加えればいいだけの話だ。ただし、5・6まで。2の効果は、

1.このカードを手札から見せて、このカードのレベル分だけ、対象のモンスターのレベルを上昇させる。

とかあればいいと思う。レベル1チューナーとして使う場合、レベル5へのシンクロ召喚が普通なのかなぁ。レベル5のシンクロモンスターで強いのいるっけか? 知らないんだけど。でもさ、コイツ一人チューナー化して何が出来るってのさ? だから使えないんだよなぁ。使える様にする方法がわからない。こういうカードあればいいか。

1.モンスター効果が発動した時発動出来る。墓地のこのカードを、特殊召喚する。
2.レベル4
3.植物族。

墓地にはどうにかして送っておく。芝刈り機使えばいい。え? 使えないって? 運営が悪い。

1の効果は、ベルガモットと相性いいので、それだけでいいと思う。ローリエ終わり。ちなみにローリエだけ男なんだと思うけど、実際はどうだろう。ところで、月桂樹は、ギリシャ神話では、アポロンの好きな人・・・だと言われている。名前忘れたけど。つまり女子である。だからローリエ実は女なんだよ。って話。男の娘とは言うが、女の息子ってあるのか。

さて、カナンガいってみよう。
1.500ダウン
2.戻す。

以上。2つしか無いのな。ところで、戻すと言っても、魔法罠と、モンスターでこれだけ違うとな。

1と相性の良い効果を考えてみよう。コンバットトリックにしよう。

1.このカードを手札から見せて、味方の攻撃を、1000上昇させる。この効果は、相手ターンにも使用出来る。一回。
2.1をしたエンドフェイズに発動する。自分は2000ダメージ受ける。
3,植物族。

万能すぎる可能性がある。何かデメリット必要かも知れない。2は、アロマデッキは、回復組み込む必要があるので、ライフ減るを、カバー出来るって話。2回2000受けたら、死んじゃうからね。つまり、2回しか使えない禁忌のカード。でも、ライフ回復入れてれば話は別である。ところで、2の効果は、何度も発動する。意味はわかるだろうか? 手札に、このカード3枚あれば、3000上昇するが、6000受けるって意味だよ。

2の戻すと丁度良い効果かんがえてみよう。

1.このカードが存在する限り、セットしたターンに、カードは発動出来ない。
2.植物
3.レベル1
4.相手はこのカードを攻撃出来ない。
5.攻守500.

とかどうだろう。こうすればいいだけの話だけど、こうしない。嘆かわしい。

さて、ベルガモットと相性良い効果考えよう。とりあえずこのカードは、出すのが大事である。

1.手札か、自分フィールドのカードを一枚破壊する。それから、カードを一枚ドローし、モンスターカードの場合、特殊召喚する。
2.1の効果で破壊したカードは、次の自分スタンバイフェイズに、墓地から特殊召喚される。モンスターの場合である。
3.植物族。
4.下級
5.攻撃0,守備1000.

2で召喚して、スタンバイフェイズに、黄金レディバグで回復して、3400になるという寸法だ。いいんじゃないのかな。植物族以外で採用する程であるかは不明だが、別に植物族以外で採用される植物族あってもいいんじゃないかと思う。多分炎王で採用されるだろう。名誉なこった。ところで、攻撃0は、アロマ回復デッキなので、回復と相性が良い・・・ダメージ受けてもまあ、平気だろうって意味にちなむ。他に召喚するカード欲しいかも知れない。

1.このカードが召喚された時発動する。デッキから墓地に、植物族モンスター一体を、送る。
2.メインフェイズに発動出来る。このカードをリリースし、墓地から植物族を一体特殊召喚する。
3.下級。

シンプルかつ強いでしょう。いいじゃないですか。はい。

1.このカードをデッキに戻し発動する。手札から、植物族を一体特殊召喚する。ところで、何処から戻すかっていうと、どっからでもいいです。フィールドでも手札でもいい。
2.1の効果を使った、エンドフェイズに発動する。デッキトップを5枚墓地に送る。
3.レベル6.ベルガモットと相性が良いって言うので。
4.攻撃2200、守備2200ぐらい。

これで強化になったんじゃないかと。カブトムシを呼べ! カブトムシ呼べる様になったらスゴイ。

1.このカードが召喚に成功した時発動出来る。デッキから、植物族を一体特殊召喚する。
2.1の効果を使った場合発動する。このカードのレベルは2あがる。
3.1の効果で召喚された植物族は、エンドフェイズに破壊される。
4.レベル4。

エクシーズしようって意味です。別にベルガモットでやらなくてもいいかも知れない。でも植物のレベル6なんて、オーク程度しかいないじゃないか。ある程度マトモに使えるの。





7/30
ところで、リロードや、打出の小槌には、問題がある。戻したカードがまた引かさるところだ。こうした方がいい。

1.まず五枚ドローする。それから、手札を五枚まで好きなカードを選びデッキに戻す。

こうすれば、戻したいカードだけ戻せる。ウィッチクラフトに、打出採用した時にそう思った。アレ・・・ギルドマスター手札に来ると、非常に困る訳だが、ところで、打出採用するなら、サンダードラゴンあってもいいね。昔やっていた。まあ、サンダードラゴンは、ディアーナとか、神聖なる魂とか、墓地の光属性除外するカードじゃないと、あまり意味無いんだけど。だよね。ところでヴェールは、墓地から本人除外する効果持ってないよね。これ用意してみようと思う。確認。

ヴェールの本来の効果。
1.手札から見せて強化
2.相手の効果無効にして、自分の手札捨てる。

下級のウィッチクラフトの効果。
1.リリースしてヴェール出す。
2.除外してなんかする。

という訳で、下級と共通効果入れよう。進化したヴェールはこれだ! 心臓痛いので、色々しなきゃいけない。私には時間は残ってないのである。コロナの責任だ。本当に駄目だなコロナは。まあ全部神の責任なんだがな。神死ね。

進化したヴェール
1.手札から見せて強化。一回。
2.相手のモンスター効果無効にするけど、手札コスト必要。
3.リリースして、他のウィッチクラフトをデッキから出す。手札コスト必要。効果確認面倒だなぁ。
4.墓地からこのカードと、ウィッチクラフトの魔法カード一枚、合計2枚除外して、えーっと・・・手札の魔法カードを、全てデッキに戻して、好きなカードを、戻した枚数手札に加える。

4の効果は、もうヴェール使わないから、手札の魔法カード要らないって雰囲気を出している。墓地からウィッチクラフトの魔法除外するので、もうウィッチクラフト使わないって雰囲気も出す。雰囲気で勝負する。

さて、エーデルの時間だ。本来のエーデル
1.手札コストで、手札からウィッチクラフト出す。
2.このカードリリース(苦笑)して、墓地から魔法使い出す。

エーデルって何のために生きているかっていうと、私みたいに、ワクチンのせいで、寿命縮まったのかも知れない。だからすぐ死んでしまう。なんて儚いんだろう。もっと儚げなイラストでいいと思う。

儚くないエーデル。ギルマスにアレ? アレギルドマスターって書いてあったよね。無いっけか。正式な名前なんだっけ。クラフトマスターだな。ギルドマスターじゃなくて。ギルマスと効果の順番同じにする。対応する効果の順番。
1.手札から見せて、墓地のカードを見せた枚数デッキに戻し、戻した枚数ドローする。一回。
2.手札から捨てて、墓地から魔法使い一体特殊召喚する。ギルマスはこっちの効果何度でも使用出来る風なので、この効果何度でも使用出来る。エーデルもサルベージ出来る。エーデル同士をランク5にしよう。
3.リリースして、ウィッチクラフト出す。
4.墓地からこのカードと、ウィッチクラフト魔法の、セットで2枚を除外して、手札から、モンスターを一体特殊召喚する。ただし、魔法使い族は出せない。

にする。した。ところで、ウィッチクラフト使う人は、雁積みにしているみたいだが、それではいけない。真の使い方は、他のデッキに混ぜるべきだ。と 弱いプレイヤーが言うけど、課金の度合いが少ないから仕方ないんだよ。言い訳だな。スカノヴァ使う程の知能が無いのは事実だからな。シンクロとかエクシーズの強いカード集めようと思うと、無限に金かかるからこれは出来ない。こういうカードは、たまたま入手したので勝負しないと。ところで、たまたま、エヴァリー持っているんだよね。このたまたまエヴァリーはエースになって欲しいんだよ。ところで、真にセンスの良い人は、どのカード群を集めるべきか、一瞬で見抜くのだろう。ウィッチクラフトは・・・多分弱い上に規制までかかっていて、集めるべきカード群では無い。何が弱いかって、

1.殴るしか出来ない
2.罠入れられない
3.ギルマスで手札事故起こす
4.制限かかってる。

弱い要素多すぎ。もっと増やせる。

5.在籍メンバーのうちの一人(エーデル)が、使い物にならない程弱い。
6.在籍魔法カードのうち一枚が、やはり使い物にならない。だよね。

だからやっぱ、ウィッチクラフトコラボレーションしないといけない。コラボレーションが雑魚カードだったと思うけど。当初はこう考えていた。あれ? ウィッチクラフト墓地送りにすれば、クインテット出せるじゃん。そうではない。手札がなくなるので、ギルマスいきなり出してそれで終わりである。墓地肥やし出来ない。結局ギルマスの一本槍である。ギルマス自体は強いけどね。でもレベル8の実力かというとそうは思えない。だってツインバーストでお陀仏じゃん。雑魚カードだな。カブトムシはツインバースト除去出来るのにも関わらず。ギルマスレベル6程度の強さしか無いと思う。でも他にも弱いカードいっぱいあるけどさ。ところで、エーデルはレベル1の実力しかないと思う。なんで上級なんだ? このカードは? 空牙の場合、レベル2二人いるよね。レベル1の二人目で良かったんじゃないのか? エーデルは。エーデルレベル1なら使えるかも知れない。今のままでも。他の人どう評価しているんだろう。エーデルを。クラフト自体は使われる場合がある。そんなでも無いけど。でもシューティングスターより多い? シューティングスター難しいんだけど、難しいと使う人減るけど、でも課金の度合いは、クラフトよりずっと楽だよね。ところで、サテラナイト強すぎると思ってるんだけど。アレ手札事故起きなそうな気がする。下級だけっぽいし、エクシーズのサテラナイトが無限再生するんだよね。キングになれるのかしら。事故らないって重要だけど、ブルーアイズは事故るものね。

あとなんかあったっけか。ああ、エーデルはレベル5で、クラフトマスターが、レベル8だから、多分レベル6と7が存在するんだろうけど、予想だと6弱いだろうな。エーデル並みに使えないと予想する。7は強いんだろうね。破壊とか除外とかする奴いないのかしら。マスターなのに破壊も除外も戻すも出来ないクラフトマスター。エクシーズ素材にされてるよね。クラフトマスターは。破壊も除外も戻すも出来ないから、そうするしかないという事なんだろう。でもさ、レベル8でエクシーズしたいなら、ブルーアイズ使えばいいだけなので、やっぱイラストがかわいいから使うだけなんだと思う。ただ、スタンダードデュエリストに勝てるから、勝てるよね。でもオートだと負ける。やっぱ駄目なのかも知れない。オートだと、手札どんどん捨てるんだよね。マスターは。スタンダードは、破壊とか戻すとか除外とか使わないので、単純に能力値高い、クラフトマスターなら、負ける心配が無い。でも実戦は異なる。ところで、空牙への規制が、ひどすぎた時期があったけど、ウィッチクラフトって、ドンパでポンだよね。弱っ。って言いたいけど、手札捨てれば無効化出来るのか。でも相手ターンに速攻の空牙使えるかも。でも実際使うと、手札足りないから、効果無効化出来ない気がするんだよね。あとガガガボルトってあるし。効果よくわからんけど、魔法カードには耐性皆無なんで駄目なんでしょう。恐らく。ところで、殴っているうちに、手札消費しきったクラフトマスターを、戦闘破壊した経験がある。やっぱ弱いと思う。その時自分何使ってたか忘れたけど。ちなみに今規制酷いのは、アレイスターだよね。アレイスターに何の恨みがあるんだろうね。運営は。まあ空牙よりマシだけど。アレイスターは他のカードと組み合わせる余地あるからね。あとリミット3だし。芝刈り機が禁止されてるから、以前言った様に、ちょっとだけ森羅と植物族が駄目で、おおいにライトロードが駄目で、トワイライトロード駄目だと、クインテット駄目なので駄目駄目駄目ー。なんだろう。芝刈り機なんで駄目なんだろう。禁止カードって。芝刈り機よりも、コーキュートスの方が謎だけど。何故あのカードは駄目なんだろう? レアリティ低いからだろうか。コーキュートスより、鳥獣の方が強いと思うけどな。プルガトリオだけ制限受けてない。URだからか。多分そうだ。レアリティ配分間違えるなよっつーか、UR多すぎるんだよ。よし、ボックスのUR減らすキャンペーン始めるからな。まず、コーキュートス入ってるボックスから始める。ミニボックスとURの枚数同じでいいよ。正直。

そうだな。ダークディメンションは、アレイスターと、召喚魔術の2枚だけ、URで、残りは全部SRに格下げでいい。格下げとは語弊があるな。一般化すべきだ。それと、コーキュートスは、SRにアップさせておく。なんか規制したいみたいなので、Rだと強すぎるのかも知れない。無理やりUR作らないで、もっと吟味して欲しいつーか、URの数減らして欲しい。送っておくか運営に。

以下運営に送った文章。
メインボックスの、URの数多すぎるから、もっとSRに下げて欲しい。たとえばだが、ダークディメンションの場合、アレイスターと、召喚魔術以外に、UR要らない気がする。モーレフもSRでいい。あと、コーキュートスは、SRに上昇させた方がいいんでしょう? 禁止するぐらいならその方がいいだろう。無理やりUR作りすぎだと思う。たとえば、ゴットオーガスってカードがあるけど、あのカード結構強い。イベント配布カードでURで、実際使うかは別にして、強いには強い。こういうURは良いけど、ボックスのURは無理やり作りすぎなのは明らかに思える。実際、マハード使用してみると、初手でよく引かさって、そんでもって、手札から特殊召喚出来る以外に、特に強い側面も持ってないので、魔法使いデッキ組もうとしている割には、使ってない。そんなものである。マハード様は。下手したら、Rでいいかも知れない。そうでもない意見もユーザーの間にあるかも知れないけど、でも、攻撃力2500って、ブルーアイズでぶっ飛ばせるんだよね。そんなに出すメリット無い気がするんだけどなぁ。とにかく、SRかRでいいと思うし、制限受けてるのが、アレイスターと召喚魔術だけなので、やはりアレらが、真のURにふさわしいと思う。これからは、ボックスのUR2枚に搾って欲しい。ま、やったら凄いと思うけど、一枚ぐらいUR減らしてみてもいいんじゃないの?

以上で運営へのメッセージ終わり。
あとは、ヴェール様のボックスもチェックするか。ところで、ギガントパペットのボックスは、よくわからないので放置する。最新だけど。ギガパペットと、岩石族の召喚モンスター戦ってもいいじゃない。巨人同士で。そうは思わないみたいだけど、しかし、ユーザーはどう考えているんだろう。

ウィッチーズソーサリーは、URは・・・これ悩むなぁ。悩むけど、多分、魔導法師と、ヴェール様の二人でいいんじゃないかと思う。キメララフレシアは、SRで十分では無いかと・・・強いと思うけど、闇属性で、このカード採用するかっていうと、どうなんだろう・・・。正直捕食植物の融合効果よくわからないんだよね。見てみるか。でも使ってるの一回しか見てない。セレンは、キーカードなので、SRでお願いしますって感じだ。あのカード群も正直効果よくわからないんだけど、メドゥサがSRなのに、セレンがURってどういう事だって思う。此処は怒るべきだと思う。一方ヴェールは、手札事故起こすので、別に一枚でいいんだよね。だからURでいい。課金ムダにさせようと企むべきでは無い。サンデウキンジー君が、フィールドか手札から、墓地に送りって書いてあるから、キメララフレシアは、融合魔法カードなくても出せると解釈しておく。D-HEROにこれ入れる? 入れるとする。強いんじゃないの? いや、D-HERO別に強く無いかも知れないけど、でも、暗器よりは、魔法カードなくても使えるから、使いやすいし、除去出来るから、サンデウキンジーと、ラフレシアのコンビの方が強そうっつーか、サンデウSRで、ラフレシアもSRで、そういう収録でいいんじゃないのかな。と思える。竜騎士ブラマジガールは・・・んーっと、SRでいいと思う。理由は思いつかない。融合だからかも知れない。ドラゴン族に、このカード入れておく。融合も入れておく。でも実際は、海馬リンクス君の効果で、融合手札に入れられるけど、使ってるのみた事ない。というのは、ブラマジガールが、手札に来ている事が融合の条件となるが、海馬のスキル使えるまでは、手札事故でしかない。ブラマジガールわざわざ入れないってところだ。だからSRでいいと思う。こういう事言うのもなんだけど、ヴェールの方が見た目カッコいい気がする。んー・・・逆にこうか。海馬のデッキで使わないで、竜騎士ガイアのデッキに入れればいいのかも知れないけど、どっちにしろ、サーチ出来ないので、SRで十分である。竜騎士ガイアに劣っている気がする。サーチ出来ないからである。魔法使い族手札に加えるカードとかあってもいいかも知れない。走破するガイアの効果って、分断無視出来るから結構強いよね。アレ。分断とかどうでもいいかも知れないけど。今はなんだろう。色々ありすぎて、とりあえず、デモンズチェーンと、因果切断がヤバいのは知っている。どっちも回避出来ない。じゃあ走破ガイア弱いね。でも無いよりはマシ。竜騎士ガイアにも入らない。何処にも入らないので、URはありえないと思える。なので、ヴェールと魔導法師でいい。ちなみに私はゴールドである。ゴールドの意見である。一応ゴールドである。別に、シルバー1でいいと思っている。もう上がらない事にするので、シルバー1の意見だと思って欲しい。ところで、トーラーは、Nでいい。誰がこれ使うんだろう。これを使えば、ヒュグロの成功率が上がります。でも手札減るから駄目だ。ところで、魔導書使う気でいるけど、別に、魔導法師要らない気がするなぁ。本人が魔導書じゃないので、駄目だと思う。じゃあジュノン要らないから、正直、UR、ヴェール様一人でいい気がする。ジュノンSRでいいね。あとはSRかRでいい。適当。セレンはSRだろうな。Rじゃなく。

結論、ウィッチーズソーサリーは、ヴェールだけでいい。URは。あとはSRかRでいい。セレンはSRじゃなきゃ駄目だ。という、シルバー1の意見。アレ回数やってれば、自然とあがるんだよね。別にゴールドだから強いって訳ではない。つまりシルバー1である。あと、暗器君の話出たので、暗器ボックス見てみるか。カナディアURで、残りはSR以下でいい。マスクチェンジSRなんだから、暗器もSRでいいべ。普通そうだろう。クルセイダーのボックス見てみるか。なんでクルセイダーかっていうと、モルドレッドがキリスト教圏で作られたからだろうか。モルドレッドだけでいいかな。多分。モルドレッド不足するけど・・・まあ・・・トリスタンいれば、当時はどうにかなったと思うので、モルド君は、一人編成が普通って事でいいんじゃないの。UR毎回一人で十分なのがわかってきた。スゴイ運営ズルしてる。毎回。せやから、ミニボックス編成が普通ですよね。今回のミニボックス見る前に、ブリザードプリンセスの効果改造する。

1.このカードが召喚された時発動する。相手のカードの効果は無効になる。この効果は、このターンのエンドフェイズまで続く。
2.メインフェイズに、このカードを手札に戻し発動する。墓地から、モンスターを二体まで、効果を無効化して、特殊召喚する。

2の効果は、毎回効果使う為の効果。ブリザードプリンセスは、ミニボックスの子。スカノヴァがいる。URスカノヴァだけでいい。なのに、以前よりURの数増えている。酷いな・・・。権力は腐敗するという。だんだんひどくなるという訳だ。腐敗しないべきである。リンクス終わって欲しいなんて思わないが、腐敗はやめて欲しい。腐敗すると終わる。心配だね。古代ローマみたいになりたいのか? 多分そうなんだろう。ま、でも、ゲルマン人みたいな強豪出ないんだろうけど。日本だから。まあでもさ、実はさ、ミニボックスの場合、SR一枚しか無いから、URとレアリティ同じなんだよね。なんだろうコレ・・・。ミニボックスのSR増やせってところだな。そして、ノーマル減らす。ところで、ユーザーには・・・日本人が多いのは、当たり前だとして、中国人多い気がするんだよね。多分中国と日本が最も多くて、あとはほとんど居ないんだろう。つまりだけど、世界競争を考えた場合の話している。でも元々中国と日本でしか売れないのであれば、中国人が似たスマフォゲーム作って、そっちにユーザーが流れると打撃あるよね。という話。でも私は似たゲーム、これしか知らないんだよ。デュエルマスターズ全然知らないし。そもそもアレは、アプリがあるのかどうかすら不明だ。ところで、運営は明らかに調子乗っているが、売れ行きは順調なんだろうか? もし減退しているのなら、腐った売り方やめてみるべきだ。現場はそう言ってないって? でもさ、売り方汚いのも駄目だと思うよ。労働者の権利も大事だけど、消費者の権利も大事なんだよ。

あと特に話題無いな。使えるカード限定されているから、そんなに話広がらない。



ーーー
何故ウィッチクラフトのエーデル弱いか説明する。下級モンスターだったとしても、使う気失せる効果だからである。上級なんだから、ギルドマスターぐらい強くてもいいのにさ。一切議論してないけど、誰もエーデル使ってるの見た事ない。紙のカードの責任である。多分。ウィッチクラフトいつ用意されたかによるけど、リンクスの収益率って、紙のカードと違って、材料費用使わないから、収益率高いはずだけどなぁ。みんな金使っているっぽいし。金使わないと、ボックスカード全然手に入らないんだよね。マジで。ジェム足りないのは以前から明らかなんだけどさ。だからエーデル最弱のはずなんだけどな。エーデルレベル2でいいよ。というか、ウィッチクラフト、手札から召喚出来る魔法カード持っているのに、エーデルの手札から仲間召喚する効果存在する意味自体無いんじゃないの。と思う。イラストがただ可愛いだけ。絵は重要でも、効果弱いと出番なくなるので、絵がもったいない。

運営へのメッセージ。
「チョウレン」が入手不能になってますが、大幅データー節約とか、そういう理由で無いのであれば、入手可能にしておくべきだと思います。チョウレンだけじゃなく、他のカードもそうですが、ただ、容量節約なら、チョウレンはまずまず使えるカードなので、消されるべき項目では無い気がするけど。全く使えないカードに比べれば、攻撃1800あって、罠封じれるので使える気がするけどなぁ。ヒュグロの成功率高まるし。魔導書弱いですけどね。魔導書強化する予定で、魔導書の新しいボックス収録になるとかだったら、別にチケット入手じゃなくてもいいです。ただ、一見容量節約とは関係なく思ったので、疑問に思いました。

以下ブログ用。
で、ウィッチクラフトのレベル2多分どこかに存在しているはずなんだよね。リンクスにまだいないだけで。そういや空牙のメンバーまだ2名足りてない。2名だと思うけど。エーデルどうにか強くなんないかと思う。エーデルの為のサポートカード必要だな。ウィッチクラフトなんとかって魔法カード。どうするか? 手札から出すのと、墓地から出すのは既にあって、エーデルの正しい効果が多分、

1.手札からウィッチクラフトを出せる。メインフェイズに使える速攻効果だと思う。でも魔法カードが手札に無いと使えない。エーデルは出せない。
2.このエーデルをリリースして、墓地から魔法使いを一体出す。起動効果。エーデルは出せない。

エーデル本人を改善しなきゃいけないのは明らかだけど、ダウンはするけど、ラヴァゴーレムみたいに、ダウンはするけど、上昇は多分しないので、エーデル様用のサポートカード作らなきゃいけない。他のウィッチクラフトはそのままで、エーデルだけ強くなる効果考えられれば、コナミの社員になれるかも知れない。名前とか、レベル5とか限定しない効果で。で、手札と墓地からは、召喚する効果あるので、こうなったら、墓地送りが容易で、墓地から蘇生可能で、おまけに強い、魔法使いを用意するしかない。エーデルへの文句として、上級なので、召喚が難しいのに、本人墓地送らなきゃ、効果使えないって一体どういう事だよってところだ。エーデル=矛盾とか、ムダな努力とか、そういう意味の言葉として使用出来るぞ。なんか墓地送り容易な、強い魔法使いいたっけか。

1.このカードは、通常召喚出来ない。墓地からの特殊召喚のみ可能。
2.このカードが召喚に成功した時発動出来る。墓地または手札またはデッキまたはエクストラデッキから、このカードと同じレベルのモンスター一体を、召喚条件を無視して特殊召喚出来る。
3.魔法使い族。
4.手札のこのカードを墓地に送って発動する。このターン自分は、通常召喚を2回出来る。
5.レベル8
6.モンスター効果が発動する度発動する。墓地の魔法カードを一枚手札に加える。

この効果なら、エーデルのサポートカードやる事が出来る。4の効果はエーデルをアドバンス召喚する為の効果である。それから、この謎の魔法使いをエーデルで出す。エーデルはウィッチクラフト以外のデッキで採用される事になると思う。これでいい。レベル8にして、ギルマスとエクシーズしやすくしておこう。6は、ギルマス強める為の効果。攻守は適当でいい。

で、どうでしょうか。他には、墓地に魔法使い送り込むカードあってもいい。愚かな埋葬存在するので、別に墓地に魔法使い一枚送って、一枚ドローするぐらいのカードあってもいいはずである。

1.通常魔法
2.デッキから、魔法使い族一体を墓地に送って発動する。手札からモンスターを一体特殊召喚する。このターン自分はバトルフェイズを行えない。

2の効果は、エーデル出す為の効果。バトルフェイズ行えないぐらいないと、エーデル以外にも役立ってしまうので、バトルフェイズ行えない事にしよう。エーデルで攻撃するプレイヤーなんか存在するはずないので、何の支障も無い。ただしファイザーワクチンは、重大な支障を心臓にもたらす。もう戻れない。こうやって身体が腐って死んでいくという事だ。To Believe is deceive, Bodys crushed to dust。と、若いうちから予言している人がいる。ファイザーワクチン信じた結果がこれだ。心臓弱い人だ。もう絶叫に乗れないどころか、常に心臓痛い。

これから事あるごとに、エーデルの為のサポカーを考えようか。アロマのサポートカード考えるイベントも行うか。でもアロマ使ってないけどね。植物族弱すぎ。

1.このカードが墓地に存在する限り、自分はエンドフェイズごとに、300ポイントライフを回復する。
2.植物族。
3.植物に関しては、知識ある方では、本来あったので、何か実際の植物をモデルにしてみたい。マリーゴールドでいいんじゃないかな。
4.レベル6。ベルガモットとエクシーズ行いたいところである。
5.手札からこのカードを相手に見せる。それから、フィールドの植物族一体を破壊し、魔法カード一枚を、デッキから手札に加える。この効果は、1ターンに一度使える。
6.モンスターゾーンでの効果、このカードと戦闘を行ったモンスターは、ダメージ計算後、手札に戻る。

サポートカードになるかどうか不明であるが、森羅がかなり強い部類に入るとおもうんだよね。リンクスは、酷いので、リンクスが酷いだけで、紙のゲームがひどくなければ、コナミが酷いとは言い難い。芝刈りが禁止されてしまった。芝刈り禁止すると、森羅が弱まる。あれ? 森羅弱まるよね。というのは、魔導雑貨3枚と、芝刈り三枚入れて、あと、ローズラバー入れて、キノコと目が丸い葉っぱ仮面入れて、まず芝刈り使って、ローズラバー落としてから、オーク特殊召喚して、3枚めくって、キノコと葉っぱ仮面の効果使って、相手の場のカード破壊してからダイレクトアタックすれば、1回だけは攻撃出来る。でもね、カブトムシ君いるよね。カブトムシ君別にいてもいいんだけどさ、オーク破壊されちゃうよね。別にいいんだけど。先行の場合は、魔導雑貨伏せておく。完璧じゃなか。ゴールドランクまでは行けるんじゃないの。そういう経緯で、多分植物族では、本来最も強いカードなのに、芝刈り除去されたから、重大な被害を受けていると思う。重大とか大げさに言っているだけだけどね。というのは、森羅の中で、めくって使う効果で強いの、キノコと、葉っぱ仮面しかいないから、30枚編成にすると、キノコ仮面の密度下がるので、勝率下がるかも知れない。というか、一番強い竜騎士ガイアも、相手ターンに破壊するよね。別にいいんだけど。アレ、禁じられたカードあると強いみたいだね。もう見ないけど。食虫植物って、キメララフレシアは強いみたいだけど、食虫植物と、闇属性で構成するから、植物族デッキじゃなくなるので、アロマと関係ない。ジャスミンが植物族と関係ある効果がある。

ジャスミン→通常召喚回数を増やす。
ベルガモット→貫通付与
マジョラム→植物族が戦闘破壊された時効果使う。手札から。
ローズマリー→相手のクリボーを封じさせる。あとリバース効果も。
ローリエ→?? こいつマジでいらないな。可哀想だけど。アドバンス召喚のコストか。でもベルガモットすら出せない状況で、アドバンス召喚なんか増やせるのだろうか。ベルガモットよりも、オーク出したいのか。オーク出せるか。というのは、めくってライフ回復効果の森羅とかいれば、先行で、魔導雑貨伏せてから、ローリエの効果使って、返しのターンでオークアドバンス召喚出来る。ベルガモット、攻撃上がっても、3400しかないので、ワンキル出来ないから、ダイレクトアタックするなら、オークのほうがむしろマシ。オークとか、ベルガモットは、6花とエクシーズしたくなるカードである。6は、カブトムシ君なんだろうね。でもアレ先行で出さないと意味無い割に、そうでもないか。でも、ブルーアイズ戦闘破壊出来ないけど、でも、霊龍戦闘破壊出来るからいいのかな。まあいいや。でも植物族関係ないよね。コイツ。回復すると言えば、スカーレッドノヴァが、やたら回復するけど、スカーレッドノヴァにこのカード入れる訳無い。やっぱローリエ可哀想なカードだな。アロマの場合、最低レベルのこのカードが最弱なのかー。って感じだな。ウィッチクラフトだと、エーデルなのに。
カナンガ→コイツも植物族関係無い気がする。整理してみよう
1.500ダウン。上の時。
2.戻す。回復時。
3.3の効果無いはずである。つまり、植物族関係ない。ところで、スカノヴァって、効果破壊できたっけ。あのカード効果破壊出来ないと対処出来ないんだけど、多分。カブトムシでも勝てなくなる。自分で使う気はない。あの効果難しいんだよね。そして入手も難しい。頑張る訳がない。なんか、シューティングスターやろうとして、意味不明で出来ない事に気づいた。でもある時期みんなやっていた。なんでアレが理解出来るのか謎だ。スカノヴァも、シューティングスター程じゃないけど難しそうに一見思える。エクシーズ簡単でいいよね。

つまりだが、ジャスミンに焦点当ててみよう。アロマガーデニングとジャスミン引く。そして、アドバンス召喚する。そんなカード考えよう。こういう観点からも、ジャスミンの方が、ローリエよりマシ。ローリエのチューナーにする効果って意味あるの? 使っている人みた事ある気がするけど。でも、アンゼリカいるのに、何故ローリエのチューナー化あるんだろう? レベル変化させる方がマシである。ジャスミンは1回ドローして、コストになって果てる為のカードなんだろう。多分。で、アロマガーデニングが残っても邪魔だから、こういう効果でいいかも知れない。

1.フィールドのカード一枚を墓地に送って発動する。相手のカード一枚を、手札に戻す。この効果は相手ターンでも使用出来る。戻す効果にしとけばとりあえず強い。この効果は何度でも使用出来る。
2.レベル5か6。どっちでもいい。でも、ベルガモットと組み合わせるべきか、マジョラムと組み合わせるべきかは考えた方がいいかも知れない。そのレベルによる。4の効果作ったので、
3.植物、何のカードかは不明である。植物いくらでもあるからね。燭台大コンニャクを、アロマで出したいとおもっていた事あるから、ディスアロマージとか作って、アロマオイルにならなくて、臭気が強い植物で構成していいかも知れない。イビリチュアみたいな感じだな。トワイライトロードみたいでもあるけど。そういうジャンル他にあるっけか。あるね。
・トワイライトロード
・イビリチュア
・サテラナイト? テラナイトってありそう。
・魔聖騎士。一人しかいないけどね。
・他になんかあったっけか。V-HEROとかは、3種に分かれているので違う。もし、E-HEROと、D-HEROがなくて、DE-HEROがあれば、DE-HEROも、E-HEROのサポートカード受けられるのに。実際は、D-HEROだけど。名前のこだわりが足りなかった結果だと思う。D-HEROは、テレ東出身だと認識している。イビリチュアはどうなんだろう。
・意味的には、イビリチュアと同じ名前当てて、イビアロマにしたいけど、響きがよろしくない。ディスアロマの方が響きが良い。でも臭うから、意味的には間違っている。ところで、ハタケニラって植物あるんだけど、名前ニラの癖に、臭気がなくて、花がキレイという雑草である。ニラは臭気で有名である。
・サブテラーマリス。この場合接頭辞じゃなくて、修飾語になっている。ディスアロマと、アロマリスでいいのかな。でも、サブテラーマリスのパクリになるので駄目だ。これじゃコナミに就職出来ない。このネーミングセンスの悪さを改善したら就職出来るかも知れない。()仮にしておこう。アロマリスで、ラフレシアとか、燭台大コンニャク出して、ディスアロマで、ハタケニラ出す。臭いそうなのに臭わない植物を、ディスアロマにする。ハタケニラぐらいしか無いね。魔聖騎士みたいだな。植物の候補は出した。今、刑務所に幽閉されているから、植物を考えられない状況なんだよね。外に出ないと。
4.このカードが戦闘破壊された時発動する。互いの墓地のカードをすべて手札に戻す。効果を優先して考えたい。ジャスミンのサポカーはこれでいいかも知れない。とりあえず。他にもっといいのあるかも知れないけど。

では、ベルガモット。貫通効果付与されて嬉しいカードにしよう。
1.このカードは召喚されると、守備表示になる。
2.このカードは、守備表示のまま攻撃出来る。
3.相手に戦闘ダメージを与えた時発動する。次の自分ターンエンドフェイズまで、相手のカード効果は無効となる。ところで、これでツインバーストに攻撃すると、どっちの効果が先に適用されるんだろうね。
4.レベル6、植物。
5.このカードは超重武者と同じで、守備力を、攻撃の値として適用する。ただし、守備表示の場合のみ。
6.0/2600

えーっと、分断対策です。並びますからね。一回ダメージ与えると、そのまま勝てるというカード。相手守備にするカードは、既にローズマリー存在するので、ローズマリーをどうにか使いこなす。もし、相手が守備なら、ツインバーストにすら、戦闘ダメージが入る。という事でよろしく。攻撃2600ラインとはそういう意味だ。ローズマリーのサポートカードにもなったと思う。ローズマリーとベルガモットと、このカード並べて使う。

あとは、マジョラムだな。マジョラムのはいたっけか。

マジョラムサポカー→戻す人。
ローズマリー→鳥獣に似ている人。
ベルガモット→鳥獣に似ている人。
ジャスミン→戻す人。
アロマそのもの→アロマガーデンサーチ出来る、マリーゴールドの人。アロマガーデン以外もサーチ出来るけど、したいならすればいいが、アロマは比較的容易に墓地から蘇生出来るので、植物族破壊してしまう効果と相性いいと思う。

植物族不遇すぎるのは明らかである。なんで、食虫植物、闇属性のサポカーになってんだよ。この裏切り者め! 桐生だったらそう言っている。

あともう一個、回復カード考えよう。

1.このカードを手札から見せ、自分は、1000ライフを回復する。この効果は、メインフェイズに使用出来る。見せたカードは、エンドフェイズまで公開される。
2.植物族。
3.このカードが墓地にある場合、自分スタンバイフェイズ時に使用出来る。手札かフィールドから、植物族を一体墓地に送って、このカードを手札に戻す。この効果は、1ターンに一度しか使用出来ない。
4.バナナでいいんじゃないの? 美味しいので、ライフ1000ぐらい回復できそう。バナナのデザインは、花と草本でお願いします。人間型にすべきかは疑問だな。擬人化っておもしろいと思うけどね。リンゴだと、500しか回復できないと思う。でも、回復量500だと、足りないんだよね。黄金レディバグはマジで足りない。ところで、バナナは知恵の果実説があるそうですよ。擬人化した場合、バナナなので、髪の毛黄色いとかはいただけない。花の色でいいでしょうね。バナナの花の色はいろいろあります。どれにすべきか迷うところだ。ピンク色〜紫色〜赤色あたりの色が多いかも知れない。アロマの場合、花色になっているので、アロマみたいに、花色で、髪の毛の色決めていいと思う。



7/29
レッドアイズのデーモンいるけど、アレの効果、守備が自分の攻撃未満の相手破壊って効果だから、ブルーアイズ破壊出来ないんだよね。守備2500は破壊出来ない。レッドアイズのデーモンは、デュアルである。効果差し替えて、
1.デュアル
2.守備がこのカードの攻撃の数値以下の、相手モンスターをすべて破壊する。裏側表示のカードには適用しない。

に したい。した。あと、魔導書で、墓地から魔導書一枚回収するカード欲しい。なんか無いのかしらね。調べてみるか。リンクスには存在しない。トーラーの書弱いんだけど、なんでURなんだろう。トーラー強くするか。

トーラー
1.フィールドの魔法使い族一体を選択し、その攻撃を1000上昇させる。そして、効果は無効化される。
2.このカードが墓地に存在する場合、このカードをゲームから除外し、相手の効果を、そのターンのエンドフェイズまで無効化する。この効果は相手ターンにも使用出来る。ただし、メインフェイズにしか使用出来ない。
3.速攻魔法。

アルマ
1.除外されている魔導書を、全て墓地に戻し発動する。一枚ドローする。
2.速攻魔法

クレッソン
1.墓地に魔導書が無い場合に使用出来る。デッキから、別名の魔導書を、一枚ずつ、五枚選ぶ。裏側表示にして、相手が一枚選択する。そのカードを自分は手札に加え、残りのカードはすべて墓地に送る。

エトワール
1.魔導書が発動する度に、このカードに魔力カウンターを置く。
2.自分のゾーンの、魔法使い族は、このカードに置かれた魔力カウンターの数×100、攻守が上昇する。
3.このカードがフィールドから離れた時発動する。このカードに置かれた魔力カウンターと同じ枚数のフィールド上のカードを、自分が選んで破壊し、破壊した枚数と同じ枚数自分はドローする。
4.永続魔法

ソレイン
1.自分の墓地に、魔導書が五種類以上存在する場合のみ使用出来る。墓地の魔導書をすべてデッキに戻し、魔導書を引き当てるまで、カードをドローし続ける。相手に確認しなきゃいけないね。

ゲーテ
1.墓地の魔導書が無い場合、このカードを墓地へ送る。
2.墓地の魔導書が1枚の場合、フィールドのモンスター一体を、裏側守備表示か、もしくは、表側攻撃表示にする。
3.墓地の魔導書が2枚の場合、フィールドのカード一枚選んで、持ち主の手札に戻す。
4.墓地の魔導書が3枚以上の場合、フィールドのカード一枚を選んで除外する。そして、自分の墓地の魔導書を3枚選んで除外する。

フォルス
1.このカードは、本人のレベルを、1にする事で、手札から特殊召喚出来る。
2.墓地の魔導書を、デッキに戻し発動する。このカードのレベルを1上昇させる。この効果は何度でも使用出来る。
3.このカードの攻守は、レベル×400ポイントとなる。

魔導書のフィールド魔法
1.自分スタンバイフェイズに発動する。墓地の魔導書を、一枚デッキに戻し、自分は一枚ドローする。
2.自分が、魔導書を発動する度に、このカードに一個魔力カウンターを置く。
3.このカードに置かれている、魔力カウンターの数×100ポイント、自分のモンスターの攻撃は上昇する。
4.1ターンに一度、手札かフィールドから、魔導カードを一枚墓地に送り、デッキから、魔導モンスター一体を、特殊召喚出来る。この効果で召喚されたモンスターは、エンドフェイズにデッキに戻る。
5.このカードが破壊される場合、このカードの魔力カウンターを一個取り除き、破壊されない。

ところで、魔導モンスターって言ったが、魔導ギガサイバーも、魔導モンスターに含まれる。

テンペル
1.このカードが召喚された時発動出来る。デッキから、魔導書を一枚手札に加える。
2.魔導書を発動した場合、次の自分のスタンバイフェイズに発動する。デッキから、レベル5以上の魔法使い族を、一体特殊召喚する。

マッド
1.このカードが召喚された時発動する。墓地に魔導書を一枚デッキから送る。
2.自分の墓地に、魔導書が、3枚以上ある場合に使用出来る。墓地から魔導書を一枚手札に加える。この効果は1ターンに一度使用出来る。
3.魔導書を自分が発動した時、使用出来る、その効果を無効にし、このカードをリリースし、デッキか手札から、レベル5以上の、魔法使い族を、召喚条件を無視して特殊召喚する。ただし、この効果で召喚されたモンスターの効果は無効化される。

魔導騎士。名前忘れた。
1.手札から、魔導書を一枚墓地に送って発動する。墓地から一枚魔導書を手札に加える。この効果は1ターンに一度のみ使用出来る。
2.このカードをフィールドから、他の魔導カード一枚を、手札か、フィールドから、墓地に送って発動する。墓地か手札から、レベル5以上の、魔導モンスターを、一体特殊召喚する。

バテル
1.召喚、リバースした時発動する。デッキから、魔導書を一枚手札に加える。
2.このカードは、1ターンに一度、裏側守備表示に出来る。

やっぱ魔導書弄くり回すの面白い。魔導書面白いんだよね。弱いけど。弱いからゲーテの制限解いて欲しいんだけど。

セフェル
1.手札から、他の魔導書を一枚相手に見せて発動出来る。墓地の魔導書一枚を選択し、その効果と同じ効果を適用する。

さて、暇なので、5Dsの改造でもしようかと思う。遊星出す。この遊星は、メテオブラックドラゴンを使いまくるデッキにする。でも名前は遊星。さて、遊星は捕まっていた。よく捕まる遊星である。メガネの人は説明した「簡単に言えば、インフィニティは、色々つなげる装置だ。」遊星「色々って何さ。」メガネ「細かい詮索をするな。細かい詮索をすると、シェリーの父親みたいになるぞ。」シェリー「それはつまり、どういうふうになるんだ?」メガネ「細かい詮索をするなっていってんだろう!」彼は、デスクを叩いた。遊星「心臓止まるぞ。落ち着け。」さて、遊星たちは、未知の惑星に旅立った。メガネは言った「では、良い人生を。」スペースシャトルは発射された。極神は、アニメ出身だったんだね。の人々は、過去変更の影響を受けなかった。プラシド何したいんだろう。遊星とデュエルしたかったみたいだな。多分。大舞台でデュエルしたかったんでしょうね。遊星がバイク直している一方で、ジャックはデュエルしていた。極星の名前がよくわからないが、この場合でもジャックは、メテオブラック使う事にするので、手札に、メテオドラゴン、レッドアイズ、融合を仕込んでおり、それを融合させて出したとしておく。対戦相手は、まず、極星の、ヤギを出した。ヤギだよねアレ。ヤギレベルいくつだっけか。まあいいや、レベル4だとしておく。このルールでは、同時出しルールにする、交互ターンではない。つまり、対戦相手は、ヤギを出して、ジャックは、メテオブラック出した。メテオブラックで名前合ってるよな? あとで確認しよう。戦闘になったので、ヤギのプレイヤーは、2300ダメージを受けた、ヤギの攻撃力は、1200である。対戦相手は言った「攻撃力3500って、高い様に一見思えるけど、戦闘ダメージの実値で考えると、2回攻撃しなきゃいけないから、そんな大層なものでもない。」ジャック「メテオブラック使わなきゃいけないのは不本意だ。こんなカード大したカードではない。侮るな。」誰が彼にメテオブラック使わせているかというと、やはり私でしょうね。ヤギは破壊されると、トークンを二体出した。そのあと、彼は、レベル4のチューナーを出して、レベル10のシンクロを行い、極神のロキを出した。なんか、ゲームとカードデザイン違う気がするんだけど、ロキが出た。でもロキって攻撃力、3500に届かなかった気がするけど。なので負けたと思われる。ゲームでのカード効果知らない。終わり。

フュージョンリペアプラントの効果改造しておこう。
1.フィールド魔法
2.フィールド魔法なので、相手にも適用される。
3.手札捨てなくても、融合を回収出来る。1ターンに一度。
4.融合したエンドフェイズに、融合素材を、2枚まで回収する。

メテオブラックデッキには、これを一枚入れておく。

フュージョンリペア1
融合1
マシン王3
メテオドラゴン3
レッドアイズ3
以上。メテオブラック出すだけのデッキ。デッキ枚数少ないので多分事故らない。



7/28
ファイザーのワクチンで、心臓に炎症が起こった。寿命縮まった。やらなきゃよかった。コロナのほうがマシである。心臓停止するよりは。

ところで、エーデルの効果が弱いので強める。ところで、下級のウィッチクラフトの効果はそのままにするので、一旦書き出す。

星1の人=ジェニー。
1.コスト2でデッキからウィッチクラフトを出す。
2.コスト2で、墓地からウィッチクラフト魔法を使用する。→改定→墓地から本人及び、何かの魔法カードを除外して発動する。この効果は除外した魔法カードと同じ効果になる。この効果は相手ターンでも使用出来る。

星3の人=ピットレ
1.同上。
2.本人を除外してから、ドローして、ウィッチクラフトのカードがなければ、手札すべて除外。→改定→本人を除外し、5枚ドローする。それから、手札から、モンスターカードをすべて除外する。

星4=シュミッタ
1.同上
2.本人を除外して、ウィッチクラフトを一枚墓地送りにする。

寿命減ったので、大胆に行動したいところではある。早く何かしないと即死する。で、本題はエーデルである。

元のエーデルちゃん
1.手札からエーデル以外のウィッチクラフトを出す。コストは魔法カード。→改定→コストは魔法カード、デッキから、ウィッチクラフトを一体特殊召喚する。
2.このカードをリリースし、墓地からエーデル以外の魔法使い族を出す。→改定→ライフを1000払い、このカードを手札から特殊召喚する。
3.新しい効果、墓地のこのカードを除外する。除外されているカードを、3枚までデッキに戻す。

ギルドマスター。
1.見せて強化。→改定→捨てて無効化。
2.捨てて無効化。→改定→見せて強化。
3.新しい効果:このカードを手札からデッキに戻し、魔法カードを一枚手札に加える。
4.新しい効果:墓地のこのカードを除外する。墓地の魔法カード一枚を手札に加える。

あと、ウルトラアスリートのバッターを改造しよう。
1.このカードが攻撃宣言した時、相手はダメージ計算後まで、カードの効果を発動出来ない。これは多分そのまま。
2.このカードは手札から特殊召喚出来る。ただし、相手フィールドに、モンスターが存在する場合のみ。
3.他のウルトラアスリートを戻して、本人を出す効果。多分元の通り。

7/27
墓守の召喚師
こうする。
1.このカードが召喚された時発動する。デッキから、墓守カードを一枚手札に加える。

魔導書のフォルス
1.デッキに魔導書カードを一枚戻して、攻撃を1000上昇させ、レベルを1上げる。墓地から。

ヒュグロの魔導書
1.魔法使い族一体の攻守を、2000ポイント上昇させる。ターンエンドまで。
2.速攻魔法。
3.このカードの効果を受けたモンスターが、相手に戦闘ダメージを与えた場合、自分は、魔導書を一枚デッキから手札に加えるか、セットする。
4.貫通効果付与。
5.1ターンに一回だけ使用出来る。

闇の訪れ
1.速攻魔法。
2.手札を一枚捨て、フィールドのカード一枚を、裏側表示にする。

--7/23/2021

さあ、アロマもう使ってないけど、考えてみた。以前の議論だと、というか、アロマの回復力低すぎなんだよ。なんで連発出来ないのか謎である。以前の議論だと、植物としての親類度が、

ベルガモット
ローズマリー
マジョラム

で 近いので、この3人はセットで使おうって話になっていたけど、それはどうだかわからないが、こうする。

・マジョラム→植物族が破壊された時に、手札から特殊召喚出来て、ライフを1000回復する。これそのままだけど、戦闘破壊じゃなくても良くする。
2.墓地除外効果
3.アロマ 魔法罠を一枚、墓地から手札に加える。

・ローズマリー→植物族が除外された時、その除外された植物族を、墓地に戻し発動する。このカードを手札から特殊召喚し、ライフを500回復する。
2.フィールドのすべてのモンスターは、表側守備になる。
3.このモンスターと戦闘を行うモンスターは、手札に戻る。その時このカードも手札に戻る。

・ベルガモット→自分がダメージを受けた時発動出来る。手札からこのカードを特殊召喚し、ライフを1500回復する。
2.敵の守備は0になる。
3.貫通効果付与。すべての味方に対し。

ついでに、ローリエとカナンガも考えてみよう。

ローリエ
1.このカードを破壊して発動する。フィールドか手札から。デッキから、アロマ魔法罠一枚手札に加える。
2.ライフが回復した時発動する。このカードを墓地から特殊召喚する。
3.味方の攻守が、1000上昇する。

チューナー効果要らないよね。だってアンゼリカいるじゃん。ローリエの原作可哀想。ところで、ローリエの効果でローリエ破壊すると、手札からマジョラム特殊召喚出来る仕様になってしまった。かっこいいでしょ。

カナンガ
1.ライフを500支払って発動する。自分フィールドのモンスター1枚のレベルを、1つ上げる。この効果は何度でも使える。エクシーズ用に使う。シンクロでもいいや。
2.回復した時発動する。相手の魔法罠一枚を、次のターンのエンドフェイズまで、除外する。
3.戦闘ダメージ、効果ダメージが無効になる。自分に対し。これ元々マジョラムの効果だったな。

ゲームより書いている方が楽しい。改造って楽しいな。ゲームは、運営が使えるカードプールに。ジェム配布しない事で、制限かけているので、楽しくない。でも、やるしかない。理由は明白である。かんたんに言えば、他にやる事が無いからである。いかなる理由であれ、他にやる事が無いのであれば、この、おもしろさを、拝金主義で減退させている、勿体ないゲームを、やるしかない。

あと金もったいないしね。正直。

8/21
運営へのメッセージ。
DDDレンタルが、マリクになっているけど、バクラの方が正しいと思う。なんか、のDDDの、DDDって、なんの略称かというと、WIKI見ると、色々書いてあるが、異次元と書いてある。なんか創作者に、こういう文句言うのも、馬鹿げていると思うが、ヒマなので言います。さて、DDDのページには、DDMの事が書いてあって、DDMは、ダンジョンダイスモンスターズって意味だってあるが、これはカテゴリバクラだと思う。で、多分漫画での定義が、DDDは、ディファレント・ディメンション・デーモンと言われている。で、結果的に、マリクの方が選ばれている。

なので、漫画での定義が、なんか、マリクの方が優先されたって事で、特に問題無いのかも知れないと思った。この事は言わない事にする。マリクとバクラの境界線は、マリク=悪魔族、バクラ=アンデッド なのかな。であれば、マリクだな。でも、ダークネクロフィアは、バクラのカードになっている。ただ、墓地と関係している。原作で、ダークネクロフィアが、何族だったかというと、特にウィキでは触れられてないので、悪魔族と断定出来ないかも知れないと言っておくけど、持っている人はわかるだろうね。バクラは墓場にアニメでは出てきているのはわかっている。墓場で骨塚と戦っている。原作では知らないけど。ネクロは死体と関係する意味合いらしいので、名前にもアンデッド的意味合いが含まれている。なので別に悪魔族と断定しないでおいて、他にバクラの使っていたカードもそうしておけば、ディファレントダンジョンデーモンは、バクラのカードでなくなるが、ただ、バクラは確か、首無し騎士は、なくなった首を探しに墓場に現れたとか言っていた様な気がして、で、カードでは、悪魔族になっている。で、DDDのモンスターたちって、実在した英雄の名前になっているって書かれてある。ただ他の事も書かれているけど。いや、実在した英雄の名前って事で、Different Dimentionなので、別の次元では悪魔になっています。例えば、バフォメットは悪魔だが、これはムハンマドの事であるが、バフォメットは悪魔族で、ムハンマドは実在した人物であるので、そういう意味合いで、実在した英雄を、別の次元で悪魔扱いしているって事なら、これらは死者ではないと思われるので、悪魔だな。はい。終わり。ムハンマドが何故バフォメットになったかというと、勝手な憶測だと、ゼラの天使みたいに、人間から天使になってから、それから堕天して悪魔になったという事にしておく。で、バフォメットが本当に、ムハンマドの事かどうかというと、ウィキペディア見ると、異説があると書いてある。ま、ムハンマド本気で悪魔扱いしたら、イスラム教の人キレるだろうからね。滅多な事言わない方がいいのかも知れないが私は言っているね。ただ、言い訳すると、敵キャラを悪魔扱いする事はある事なので、色々な文化圏、例えば日本で。なのであまり目くじら立てないで欲しいって事になる。でもキレるだろうなぁ。多神教に対し不寛容だからな。あそこらへんは。つまり、敵キャラを悪魔扱いする文化圏は、悪いので滅ぼさなきゃいけないという事になると思われる。なんかヤバい事になってきているな。どうしようか。日本でってのは、酒呑童子の事を言っている。他にも色々鬼いるらしいが、他の鬼もそうだった気がする。酒呑童子を討伐した人々が、実在していた雰囲気を漂わせている以上、酒呑童子も存在していたとみなしておけば、鬼は実在しないはずだという観点から、酒呑童子は本当は、鬼ではなく人間だったという事になる。結果的に、敵キャラを悪魔扱いしていただけって事になる。だから、よくある事である。でももう言わない事にします。バフォメット自体は、ヤギの頭の悪魔だって書かれている。DDバフォメットは、ヤギっぽくない。なんか、ライオンに角生えている感じだな。DDD見送られた理由の一つはこれかもな。海外では実装されなかったってある。それでだが、くどいが、一応天使は人間とは無関係の存在のはずである。で、旧約聖書や、イスラム教では、偶像崇拝者の偶像を破壊するように言われている。鬼が悪魔かというと、そういう訳ではなくなる。そういや、遊戯王の酒呑童子は、アンデッド族になっている。これは、死者を殺したって意味で、酒呑童子はゾンビだった扱いになっているのかも知れないが、実際は、敵キャラを鬼扱いしていただけに思える。でも、偶像を破壊するセム語族の、2つの宗教では、クルアーンでは、確か、イブリースは、アダムにサジダしなかったと言われているので、堕天したというか、最初から悪魔として創出されていた印象を受ける。結果的に、偶像と恐らく、敵キャラを悪魔扱いに不寛容である。敵キャラ鬼扱いなのは、桃太郎で顕著だと思う。えーっと、つまり、元々悪魔として創出されている事と、人間を悪魔扱いする行為が異なる為であると思われる。憶測で偶像崇拝者は語る。という訳で私は憶測で語っている。そういや、ソロモンが使役していた悪魔は、イスラム教では多分、ジンの一種になっているので、ジンは別に悪魔では無いはずである。ユダヤ教でどうなっているのか謎だが、多分キリスト教の意味では、元々天使だったんだろうと思うが・・・。ソロモンに関し調べてみるか。そういえば、モレクに、生贄を捧げてはならないと、旧約聖書に書いてあって、モレクは他の民族の神である。モレクが悪魔かというとそれは桃太郎的解釈に近いと思う。で、72人の王侯がいたとされているので、元は人間だったという意味かと思われる。ああ・・・。元は人間だとしておくと、ソロモンの魔力で、魔神と書かれているので、魔神になったって事かな。と思っておく。魔神なので、神の一種である。モレクと似たようなもんだと思われる。つまりだが、人間が神になっている。で、思うのは、実在した人物が、神扱いされる様になるケースがあるのでは無いかという、憶測が出てくる。ゴエティアのケースでは人間が神になっているので。じゃあ天使と関係ないが、ルシファーは、元々天使で悪魔だったはずであるが、こちらは確かに多分悪魔であって、神ではない。では、ジンが悪魔でないのと同じ事になってきて、ソロモンと72の神の方が正しい表現になってきて、この72いるのは、別に悪魔では無いという事になる。で、バフォメットが悪魔かというと、異教の神とある。偶蹄類の顔しているし、モレクと扱いはほぼ同じなのかも知れない。つまり、バフォメットは悪魔ではない。神である。悪魔って数少ないんだろうな。多分。神はめちゃんこいる。そうなってくると、遊戯王のジャンル設定に問題があるって事になってくる。つまり、なんでも悪魔族に放り込み過ぎで、神族ってジャンルあるべきに思える。で、オーディンは明らかに神だが、このオーディンが、遊戯王でどういう扱いになっているかというと、天使族になっている。多分これも問題なんだろうな。オーディンもバフォメットも多分神族で正しい。問題だなコレは。そしてダークネクロフィアは、アンデッドだろうな。おそらく。デリケートな問題であった。実際は。では、酒呑童子は、これは多分悪魔族でいいんだろうと思うけど、えーっと、アンデッドになっている。神族作らないといけない。つまり、

・人が神になるケースがある。このケースは、ヨーロッパのケースに思える。ゴエティアはそうだとしておいて、ゴエティアが何処で制作されたかというと、フランスか、他のヨーロッパである。ゴエティアは、グリモワールの一種で、グリモワールは、ヨーロッパかフランスで制作されているらしい。ヨーロッパにおいて、人が神になるケースは、旧約聖書以前の宗教性と関係ありそうな気がする。ただし、旧約聖書は、他の民族の神を認めているとは思う。そうでもないか? モレクは神なのか、それとも偶像に過ぎないのかっていう事だが。見てみよう。わからない。パっと見書いてないからである。
・多神教の神が神と認められている場合、遊戯王では天使族扱いになるが、天使は神ではない。旧約聖書では明らかにそうである。

モレクが神なのか、それともただの偶像なのかは、よくわからない。ただ、天使は明らかに神ではない。なので、オーディンが天使族なのは問題がある。

それと、バフォメットと、モレクと、オーディンは、多分同列の扱いでいいと思う。で、ルシファーだが、これは堕天使か、天使か、悪魔のどれかである。ちゃんとした悪魔は、ルシファー程度である。つまり、サイバース族とか要らないから、神族はとりあえず必要だという事だ。で、原作で有名な悪魔族に、デーモンの召喚があると思うが、デーモンって何の事かというと、悪魔って出てきた。ウィキペディアぐらいしか、信用出来るものが無いので、ウィキペディア鵜呑みにしてしまうと、デーモンは悪魔の意味なので、これは悪魔でいい。悪魔の種類はかなり減る。ところで、バクラは、悪魔送りを使う。でも、アンデッドっぽい。バクラが、骨塚と、マリクの中間位置なのは、いいとして、アンデッドと悪魔の境界線が曖昧な例が、まさにバクラだと思う。ところで、福音書には、悪霊が出てくる。これは悪魔だと思っておく。悪霊は死霊ではない。死霊はアンデッドである。区別する必要がある。そしてだが、酒呑童子が、適当にアンデッドになっているが、アンデッドなのは駄目すぎるとしておいて、つまり酒呑童子ゾンビ説だな。多分そうじゃなくて、生きている状態で死んだんじゃないかと思う。つまり、酒呑童子は、戦士族である。鬼戦士族にしてしまえば解決するだろう。鬼悪魔族にして、そして、鬼は人間の意味であるとすると、人間を悪魔扱いする事になってくるので、堕天使は、明らかに人間と異なる存在という、説とズレてしまう。バフォメットの事言い訳するためにかなり時間かけています。とにかく、悪魔とアンデッドの境界線をどうにかしないといけない。私の能力だとやっぱ、神族もうけるぐらいしか思いつかないな。で、偶像は神だとするという事だ。ただし、バフォメットは明らかに神だし、ベリアルも神だと思う。とりあえすヨーロッパ人信じておく訳だ。ていうのは、妖怪シリーズが出たじゃないか。で、妖怪って死者なのかって問題がある。死者でなければ、アンデッド族にはなれない。死者じゃなきゃ、別に悪魔族でいい気がする。アレ? そうだな。霊的で死者じゃなくて、天使じゃないのでとりあえず悪魔。そういや、ジンがいるが、ジンは・・・ジンって言うのが正しいだろうな。ただジンはゾンビではない。私の説だと多分、現時点では、ジンとか妖怪は悪魔で、堕天使も悪魔で、堕天使マリーは・・・、死んでいるんだから、アンデッドだろうな。つまりだが、堕天使マリーって名前がまず問題があるって事になる。マリー・アントワネットの意味だとするならば。死人は全員ゾンビである。恐らく。例えば不知火がいるが、不知火はゾンビである。で、遊戯王WIKIでは、不知火は九州に伝わる妖怪である。と ある。でもゾンビ。妖怪は妖怪だと思うけどなぁ・・・。現時点のコナミは死者は妖怪になると考えている訳だが、私はゲゲゲの事考えている。アレって死者なのか? あと塗り壁とか。私はとりあえず、妖怪は悪魔族認定したいと言っておく。で、バフォメットは神認定。神ってウィキペディアで断言されてるもんね。そういや、堕天使ってジャンルあるが、テスカトリポカってなんなんだろうね。神らしい。ただ、神であると同時に、キリスト教の宣教師は、悪魔扱いしたと書いてあるので、この宣教師を信じると、異教徒の神は、悪魔って事になってしまう。信じない方がいいと思われる。私の説は神と悪魔は別だから。で、遊戯王でテスカ様は、天使であるが、神は天使ではない。とにかく、バフォメットを悪魔扱いするのは注意した方がいいので、バフォメットを悪魔扱いしない場合、神扱いにならざる得ないので、テスカトリポカも神扱いにしなければならない。


実用性はともあれ、アロマのレベル7と8、用意して欲しいと思う。というのは、色々理由はあるが、六花のレベル8使って、ランク8の、エネアード様とか降臨させたいと思っている訳だが、その場合、他にレベル8の植物族入れる可能性があるので、そういうデッキに入る可能性もある為。で、レベル8植物シリーズあるが、別にアロマの方が、墓地からライフ1000支払って蘇生するカードあるので、椿姫とか、そういう連中より、レベル8あったら、まだデッキに投入を検討出来る気がするので、実用性がまだある為。

えーっと、遊戯王WIKI見てみると、ローリエと、マジョラムが、4年ごしぐらいで、実装されているのを確認したが、アロマの初出が、確か2015年頃なので、有効期限切れかも知れない。ただ、リンクスに今ある植物族だと、アロママシな方なので、アロマのレベル7と8欲しいなぁと思う。恵みの風と、アロマガーデニングで、下級と変わらず呼び出せて、あと、リリース二体要する点で、リンクスの狭いフィールドを、軽くする事が出来るし、それに、デッキ20枚だと、アロマメンバーまだ足りてない感はあるので、レベル7と8存在意義は大きいと思います。

あと、既存のカードで、にん人みたいに、強い植物族いないのかなと思う。六花は、他に強い植物族と、強いエクシーズ、ランク、6,8、が存在すれば、強くなれるジャンルに思える。にん人だけ強いから、六花使っていると、プリムとにん人だけ、働き通しなんだよね。この二名だけ過労死する。なので、にん人が、いつ追加されたか、見てみる事にする。2015年に、にん人しかいないもので、追加されていますね。にん人的な、孤立した強い植物も欲しい。元ネタになる植物の種類なら、探せばいくらでもありますよ。おすすめは、燭台大コンニャクですが。

8/20
妖仙獣使ってみた。レンタルで。するとどうなったか、わかった。今までは、ランク上の人が時々使っていたから、まあ、強いんだろうと思っていた。実際やってみると、使いづらい。

戻る効果は、いいとして、ウェーブフォースとかあるので。ウェーブフォース三枚、カウンターゲート3枚入れておけば、なんとかなるかも知れない。分断怖くないし。

弱いのが問題ある。攻撃力1000しか上昇しないのか・・・。なのでこうする。

1匹め
1.他の妖仙獣出す。
2.妖仙獣が、戦闘を行ったダメージ計算後発動する、デッキから、妖仙獣を一枚手札に加える。
3.そのままだと思う。
4.戻る。

大山彦
1.そのままで十分。
2.戻らない。
3.まがつ螺旋降臨させる以外の意味合いでは、別に、クリボーで十分にも思える。かいとろいど規制されてないなら、かいとロイドでいい。

3匹め
1.戻る。
2.2000アップさせる。
3.手札から捨てて、2000アップさせる。

これで、攻撃力5500ぐらいになって、カッコつけれる。

2匹め(いづなむち)
1.戻る
2.1000アップさせる。
3.手札から捨てて、1000アップさせる。
4.他の妖仙獣出す。

まがつ螺旋
1.戻る
2.デッキから他の妖仙獣出す。
3.手札から捨てて、相手の魔法罠すべて手札に戻す。この効果は相手ターン中でも使用出来る。

実際は、1〜3と、いづなむちは、独立していると思われるが、レンタルで2匹めが出なかったんだよね。はい。なので、こう。レンタルでしか使えないからね。ところで、妖仙獣と、ハーピーのボックスどっち買うって言われたら、やっぱハーピーに思えます。理由は強いからです。見た目の問題ではなく。妖仙獣、見た目は可愛いですよね。ですが、強さに問題がある。攻撃力せいぜい、2000じゃん。ブルーアイズ戦闘破壊できなきゃ駄目でしょう。エクシーズしているの見た事あるが、で、インヴェルズローチが、そういや、インヴェルズも、ヴェルズとインヴェルズなんだな。ローチが強いと思うけど、ランク4は。ローチと、デッドリーシンで完璧なんだろう。多分。でも、まがつ螺旋邪魔者になるし。つまり、妖仙獣でランク4出すのはやりやすいけど、他にも多分出来るだろうって事だ。ハーピーでも出来る。やらないのは、SCの方が強いからだろう。多分。そういや、エクシーズすれば、戻らなくて済む。

8/19
ローリエこうする。
1.相手よりライフが高い場合、手札か、フィールドから発動できる。自分の手札か、フィールドのカードを一枚破壊する。このカードも破壊対象に含む。1ターンに一度。
2.このカードが墓地に送られた時、自分は500回復する。
3.回復した時、このカードを墓地からフィールドに特殊召喚する。

ところで、ローリエの仲間は、植物の分類では、カナンガだったと思うので、カナンガも考えてこうしよう。

カナンガ
1.相手よりライフが高い場合、1ターンに一度使用出来る、相手のカード一枚を手札に戻す。
2.このカードが墓地に送られた場合、相手の次のドローフェイズをスキップする。
3.回復した時、相手のモンスター1体を選択して、攻守を500下げる。

で、ローズマリー、マジョラム、ベルガモットが近縁種なので、セットで考えてこうする。

マジョラム
1.高い時、相手の魔法罠無効。
2.このカードが手札にある状態で、自分のカードが破壊された時、手札から特殊召喚出来る。
3.回復した時、墓地から一枚除外する。
4.このカードが召喚された時発動する。自分は1000回復する。

ローズマリー
1.高い時、貫通効果。
2.このカードが手札にある状態で、自分のカードが除外された時、手札からこのカードを特殊召喚出来る。
3.回復した時、相手のモンスター一体の表示形式を変更する。
4.このカードが召喚された時発動する。自分は500回復する。

ベルガモット
1.高い時、相手のモンスター効果無効。
2.このカードが手札にある状態で、自分のライフが減った時、手札からこのカードを特殊召喚出来る。
3.回復した時、自分のモンスター一体を選択して、攻守を1000上昇させる。
4.このカードが召喚された時発動する。自分は1500回復する。

ジャスミンは木になるが、シソ科だった様に思うので、中間位置みたいにしておく。

ジャスミン
1.高い時、自分の通常召喚の回数が、一回増える。
2.このカードが手札にある状態で、カードの効果が発動した場合、このカードを特殊召喚出来る。
3.回復した時、自分は1枚ドローする。

ジャスミン更に強くなった気がする。2の効果のおかげで、もう馬鹿げた攻撃力を晒す必要がなくなった訳だ。

ところで、アンゼリカというのは、
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
目 : セリ目 Apiales
科 : セリ科 Apiaceae
属 : シシウド属 Angelica
種 : セイヨウトウキ A. archangelica

シシウドの事らしい。アンゼリカの正体がわかったね。シシウド出たので、他にも、ウドとか、タラノキとか出ればいいね。アロマセラフィー・タラノメ。山菜シリーズだな。

山菜・ウド、タラノメ、フキノトウ。香りはどれも強い。

さて、アンゼリカはこうする。
100/100
1.このカードを手札かフィールドから、墓地に送って発動する。自分はライフを100回復する。この効果は相手ターンでも使用出来る。但し、自分のライフが相手より、高い場合のみ。
2.自分がライフを回復した時発動出来る。墓地から、このカードと、もう一体、チューナーじゃない植物族を、特殊召喚する。
3.チューナー
4.星1

1の効果は、2の効果のトリガーになります。では、山菜・ウド を 考えてみる。
山菜・ウド
1.植物族
2.1800/1200
3.このカードを手札かフィールドから、墓地に送って発動する。一枚ドローする。この効果は、自分のライフが相手より高い場合のみ使用出来る。
4.自分がライフを回復した時発動出来る。墓地からこのカードを特殊召喚し、自分の手札、フィールドのモンスター一体を、装備カード扱いでこのカードに装備する。
5.このカードにモンスターが装備されている場合、その攻守を加算して、更に、そのモンスター効果を追加する。
6.星4

山菜・タラノメ
1.植物族
2.2000/2100
3.星5
4。このカードを、手札かフィールドから、墓地に送って発動する。次の相手のドローフェイズをスキップする。この効果は、自分のライフが相手より高い場合のみ使用出来る。
5.自分のライフが回復した時発動出来る。相手に1000ダメージ与える。
6.このカードは戦闘では破壊されない。

山菜・フキノトウ、ところで、フキは、
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
目 : キク目 Asterales
科 : キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
属 : フキ属 Petasites
種 : フキ P. japonicus
である。

1.800/700
2.星2
3.自分のライフが高い場合、このカードを手札かフィールドから、墓地に送って発動出来る。星2の植物族を一体手札に、デッキか墓地から加える。
4.自分のライフが回復した場合発動出来る。このカードを墓地から特殊召喚する。
5.このカードがフィールドから離れた場合発動する。次の自分スタンバイフェイズに、レベル5以上の植物族を、一体デッキから特殊召喚する。

はい。ところで今六花使っているんだ。六花の中で、一番使えるのは、プリムだ。

↑プリム
エリカ
ボタン
シクラム
↓色々。レアリティ高くて使用不能な奴もいる。

プリムは役立って貰っているので、何の植物なのか調べてやろう。サクラソウらしい。サクラソウって何でしょうか? 遊戯王ウィキとかウィキペディアとかウィキで調べよう。

階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
目 : ツツジ目 Ericales
科 : サクラソウ科 Primulaceae
属 : サクラソウ属 Primula [1]
種 : サクラソウ 'P. sieboldii [2]

他の連中と関連あるんだろうか? エリカは何なんだ?

綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
目 : ツツジ目 Ericales
科 : ツツジ科 Ericaceae
属 : エリカ属 Erica

らしい。ツツジ目なんだという話だ。ほかもツツジなんだろうか。ツツジならなんでもいいなら、ブルーベリーとか出せると思う。

階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
キク類 asterids
目 : ツツジ目 Ericales
科 : ツツジ科 Ericaceae
亜科 : スノキ亜科 Vaccinoideae
属 : スノキ属 Vaccinium
節 : シアノコカス Cyanococcus

という感じで、ブルーベリーも、ツツジ目の一種なのです。ところで、サクラソウ・・・ではなく、なんだっけか、プリムに関し不満が一つあるにはあって、墓地からの再利用が出来ない点である。でもいいや。他の連中修正していく。修正主義者。エリカの攻守上昇効果が、1000じゃ足りないんだよ。2000じゃないと。1500でもいいんだけど、1000じゃ足りない。1500にしておく。あとは・・・、ボタンだな。

コア真正双子葉類 core eudicots
目 : ユキノシタ目 Saxifragales
科 : ボタン科 Paeoniaceae
属 : ボタン属 Paeonia
種 : ボタン P. suffruticosa

えーっと、プリムと、エリカが近い関係にあって、ボタンは別だな。ユキノシタなので。そこまで考えて効果作っているのかは謎だが、ボタンもエリカも木本である。そして、上級である。ボタンの2の効果使えないんだよな。持ってくるべきカード無いので。しかも、リリースマニアの、六花なのに、発動条件が、リリースじゃない。どうにかしたい。他の連中も見て考えよう。

しくらん→シクラメン→サクラソウの仲間。

しくらんの効果。
1.手札などからリリースして、レベルを下げる。ところで、コイツは、プリムの兄弟分なので、もっと似た効果で良かったのでは無いかと思ったりする。
2.エンドフェイズに、出てくる。除外されるけど。

ところで、エクシーズの用途だと考えるなら、出てくるタイミングおかしくないですか? と 思う。なので、次の自分のスタンバイフェイズに変更する。ボタンと入れ替えるか、つまりだが、

しくらん
1.レベルを下げる。
2.手札から出る。プリムと似ているけど、攻撃表示で出る。
3.リリースされた場合、次の自分のスタンバイフェイズに出てくる。除外されるけど。エクシーズの素材にしてください。

プリム2号
1.レベルを上げる
2.味方がリリースされた場合、手札から出る。守備表示。
3.リリースされた場合、次の自分スタンバイフェイズに出てきて、フィールドから離れると除外される。

ボタン
1.手札などからリリースして、自分の通常召喚の回数を一回増やす。
2.このカードがリリースされた時、六花のカードを一枚手札に加える。墓地かデッキから。
3.リリースされた場合、エンドフェイズに、墓地から再生して、フィールドから離れた場合除外される。守備で再生する。

これでマシになったんじゃないのか。

ヘレボラスは、クリスマスローズの事らしい。クリスマスローズの方がわかりやすいぞ。全然関係ない奴だな。レベル高い割に、草本だし。
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
目 : キンポウゲ目 Ranunculales
科 : キンポウゲ科 Ranunculaceae
亜科 : キンポウゲ亜科 Ranunculoideae
連 : ヘレボレアエ連 Helleboreae
属 : クリスマスローズ属 Helleborus

クリローは、毒性が強い特性を持っているので、毒性強そうな効果に改造していこう! あと 同じくレベル8の奴の効果も参照しながら考えていこう。

元の効果
1.六花がフィールドに存在する場合、誰か味方が、効果の対象になった時、その効果の発動を無効にするが、このカードは手札かフィールドからリリースされる。
2.墓地に存在する場合、味方の植物一体をリリースし、このカードを守備で再生し、でも離れると除外。

相棒? も 見ておこう。スノードロップは、彼岸花の仲間らしい。彼岸花は彼岸花としか言い様が無いだろう。単子葉類が混ざっていた。統一性が無い。アロマと異なる。彼岸花の仲間は毒性が強いので、毒性が強い意味合いで、スノードロップとクリスマスローズは似ている。

元の効果。
1.植物一体生贄にする。このカードともう一枚植物を、手札から出す。
2.一枚味方の植物を選択し、そのレベルに、他の植物も染め上げる。

スノードロップは単子葉類なので、変わり者でいいと思う。とりあえず放置する。

ヘレボラス
1.相手の効果の発動を無効にし、除外する。この効果は、手札・フィールドの、植物族一体をリリースして発動する。
2.このカードが、手札か墓地に存在する場合、味方の植物一体をリリースして、このカードを特殊召喚する事も出来る。リリースは、手札のモンスターも出来る。
3.味方の植物族を、2体まで選択して、そのレベルを2下げる。

スノードロップ
1.味方をリリースして、他の味方と共に出てくる。リリースは手札からも出来る。
2.染め上げ行為。
3.このカードがリリースされた場合、お互いのプレイヤーは、手札をすべて捨て、手札が3枚になるまでドローする。

とか。このカード新しいんだね。リンクス向けに出た訳だ。はい、六花終わり。六花ブルーベリー追加する。

六花ブルーベリー。六花かどうか知らねえけど。調べてみるか。五花だった。多分花びらの枚数の意味だろう。つまりだが、五花ブルーベリーを作る。

星5
1.リリースされた場合、相手の次のバトルフェイズをスキップする。
2.誰かがリリースされた場合、特殊召喚する。
3.レベルを3つ上げる。味方を2体まで選択して。
4.自分スタンバイフェイズ時に、墓地のこのカードを、特殊召喚する。

星5でエクシーズするか、あるいは8でエクシーズするか、アドバンス召喚のコストにするかとか、色々あると思われる。そういや、エネアード様も、リリース野郎ではある。エネアード様にリリースして貰えばいいんじゃないのか。その時は勝負は既についていると思うが。但しランク8である。エネアード様は。

あと他に何かあるかっていうと、無い。何も無いな・・・実際のところ植物程度しか無いのかも知れない。意味のある事なんて。ところで、食中植物は、融合キンジー君と、キメララフレシアしか使える奴いないね。六花の方がマシだが(微妙)、なんで、同じジャンルで、使える奴と使えない奴の双方存在してしまうんだろう。全員使えればいいのに。大体壊れてしまう。なんというか、フォトンは、全員使えるんだろうか。フォトンワイバーンとかいるけど。なんか、レベル30のカイトが出してくるけど、アイツは要らないフォトンなのは明らかだよな。

ーーー
エアネードじゃなくて、エネアードだった。エネなのかエアなのかなんて、わからないよ。エネミーコントローラーみたいな名前だった。
ーー
これも夢に出てきたもの

片足の鳥
1.手札から特殊召喚できる。この場合このカードは、エンドフェイズにデッキに戻る。
2.戦闘時カードを一枚手札から見せて、このカードの攻撃力は、エンドフェイズまで1000アップする。
3.3100/1900
4.レベル9


8/14
ーー
おおっぴらにやる事にした。夢に出てきたカードがある。

1.ヤシの皮
2.魔法
3.多分、ライフ回復。

1.名前よくわからないけど、ゴブリンドバーグに絵柄似ている。
2.手札、フィールドのカード一枚をリリースして発動する。バトルフェイズに強制的にする。この効果は相手ターンでも使用出来る。
3.レベル4

1.彼のワタみたいな名前
2.綿。腸ではない。
3.このカードが相手フィールドに存在する場合に、自分は直接攻撃出来る。
4.ハズレカード。

8/12
ーー
ゲーム封じきれなくて、ついつい、リンクスを開いてしまった。しかし課金はしていない。反省して今後はやらないようにしよう。さて、寝ていたら夢に出てきたオリカがあったので、使ってみよう。

プレイヤーは、ドローした。手札を確認した。インドラの矢というモンスターカードがあった。また、ヴァイスホワイト/ブラック というカードがあった。インドラの矢は、攻撃力1000/守備力3050/星8というカードで、手札から特殊召喚出来る効果を持っている。まずプレイヤーは、インドラの矢を特殊召喚した。またこのカードは、守備表示のまま、直接攻撃出来る効果も持っている。プレイヤーは、インドラの矢を守備表示で特殊召喚してから、相手プレイヤーに直接攻撃してから、メインフェイズ2で、ヴァイスホワイト/ブラックというカードを使った。このカードは、魔法カードで、フィールドのモンスターの色によって、効果が変化する。自分のモンスター一体を指定し、そのカードの色が、淡色の場合、相手プレイヤーに、800ポイントのダメージを与える、バーンカードになり、色が濃い場合は、そのモンスターに対し、貫通効果を付与し、攻撃を、そのターンの終了時まで、600ポイントアップさせる、カードになる。通常魔法であるが、メインフェイズ時に、自分フィールド・墓地のモンスター、攻撃、1000以下、一体を、手札に戻す事で、手札に墓地から、戻す事が出来る。なので、毎ターン使える。インドラの矢は、淡色のカードである。800ダメージ。

そして、D-HERO マリシャスの効果が違うので、こういう効果になっている。「このカードを、フィールドか手札から、墓地へ送って発動する。デッキから、D-HERO マリシャス を 好きな枚数特殊召喚する。このカードを、墓地から除外して発動する。自分フィールドのモンスターの攻守は、エンドフェイズまで、3000になる。この効果は相手ターンでも使用出来る。

マリシャスは、融合して、デッドリーガイに変化した。そしてマリシャスが、墓地に3枚置かれる事になった。そして、ヴァイスホワイト/ブラック を マリシャスを、手札に戻す事で、手札に戻し、インドラの矢を指定して、また、連続で効果を使う。マリシャスの数が、墓地に3枚あるので、800を4連打出来る。3200ダメージ。此処で勝負は決まっているが、更に連打可能である。というのは、デッドリーガイは、手札からカード捨てる効果あるからである。プレイヤーは、デッドリーガイの効果で、マリシャスを一枚捨てて、更に、ドリームガイを、墓地に送った。これで、2枚分追加発動出来る。ヴァイスホワイト/ブラック を あと2回使い、1600ダメージ追加した。インドラの矢の直接攻撃と合わせると、ダメージは、5800となったが、考えてみれば、マリシャスの効果使えば、インドラの矢の攻撃力3000に出来るから、7800まで追加出来る。

夢デュエルに加算したものがこれだ。夢でデュエルするとか明らかにデュエル脳だな・・・。オリカ出てきたので驚いたが。

8/11
ーーー
ゲーム封じている。

改造したウィッチクラフトコラボレーション

1.速攻魔法
2.デッキから、魔法使い族一体を守備表示で特殊召喚する。
3.まず、ウィッチクラフト一体を選択し、もう一体魔法使い族を選択する。選択した魔法使い族の攻守を0にする。それから、下げた分の攻守を、選択したウィッチクラフトの攻守に加える。このターン、選択したウィッチクラフトに対し、相手プレイヤーは、攻撃可能なら、攻撃しなければならない。また、これらの選択したモンスター2体は、戦闘や効果で破壊されない。また、選択されたウィッチクラフトは、このターン、2回攻撃出来る。これらの効果は、ターンエンドまで続く。3の効果は、2の効果を使用してから続けて使用する事も出来る。
4.墓地かフィールドに、魔法使い族が存在する限り発動する。ターン終了時に、このカードを手札に墓地から加える。

改造した、ウィッチクラフトデモンストレーション。

1.速攻魔法
2.墓地、デッキ、手札から、ウィッチクラフト一体を特殊召喚する。
3.2の効果で特殊召喚されたモンスターは、スタンバイフェイズ時に、デッキに戻る。
4.墓地かフィールドに、魔法使い族が存在する限り発動する。ターン終了時に、このカードを手札に墓地から加える。

さて、次は、改造した、ウィッチクラフトサボタージュ。サボタージュの意味なんだ? 

サボタージュとは、労働の質や量を低下させる行為のこと。 しかし、正当なサボタージュであれば、労働条件や労働環境を改善したい労働者の争議行為として刑事免責や民事免責も認められます。

効果と関係ない気がする。

1.通常魔法
2.手札、墓地から、ウィッチクラフトカード、つまり、魔法罠モンスター問わない を 好きな枚数デッキに戻す。それから、戻した枚数と同じ枚数、ドローする。
3.墓地かフィールドに、魔法使い族が存在する限り発動する、ターン終了時に、このカードを手札に、墓地から戻す。

効果とも絵とも関係ない気がするが、ウィッチクラフトでサボタージュつまり、多分、ストライキの意味だと思われるが、するというのは意味は理解出来る。サボタージュと関係ありそうな効果考えてみるか。

1.速攻魔法
2.手札、フィールドのウィッチクラフトモンスターを、好きな枚数破壊し、その枚数と同じ枚数自分はドローする。
3.墓地かフィールドに、魔法使い族が存在する限り発動する。ターン終了時に、このカードを手札に、墓地から戻す。

破壊する=労働の質を落とす の 意味。上級は手札で腐って邪魔なので破壊、下級も、墓地で効果発動してもらうために破壊して墓地送りにする。そして、私の考えた、デモンストレーション使ったり、墓地から手札に戻す効果の発動要因にする。

実際は解雇している感じがするが。まあいいや強ければ。ところで、サボタージュは、労働運動なので、墓地から復活させるって意味なんだろうか。確かに、下級は墓地で効果使うと除外されてしまうので、労働過剰だと除外されて、サボタージュの対象外になる。つまり、労働の質を低下させた、ウィッチクラフトの下級だけが、サボタージュで出せる事になる。そういう意味なんだろうか。しかし上級は過剰労働出来ないので、なんだろう。上司はあまり働く事が出来ないって意味だろうか。エーデル無能な上司って事になるね。駄目だなエーデル。でも無能だと解雇されて、デュエルに出場する事が出来ない。なんでエーデル存在しているんだろう。可哀想じゃないかエーデル。つまりだが、破壊する効果は、解雇される意味にはならない。本当の解雇は、デュエルに出場出来ない事である。同ジャンル内で、出場禁止になるなんて、悲しすぎる。

ところで、ウィッチクラフトの罠、使う気にならないから全然見ていない。なので効果の詳細がわからないが、ウィッチクラフトは魔法カード捨てたり見せたりするのを要求する割には、罠カードが多い。なんで罠カード多くしたんだ。魔法カードにしておけよ。

ちなみに、空牙使っていて思うのは、フィロは出場停止なんじゃないかって事だ。フィロみたく、同ジャンル内のレベル1が出場停止になるのは、かなりいいと思える。エーデルみたいな上級が出場停止になるよりは。えーとねー、遊戯王は、上級は扱いが元々難しいので、その扱いが難しい上級を、出場停止にしないでこそ、ちゃんと組んだと言える。

エーデルどうやって使おうかと悩んでいる。現実世界のエーデルもそう言えるだろう。多分だが、こちらのサボタージュで、墓地に送ってから、労働過剰行為をするしかないだろう。労働過剰行為は、墓地から除外する効果だが、除外して何するかというと、現実世界のシュミッタの効果でいいや。つまり、手札に来たら捨てるしかないという事だな。ゲームは封じているが、ウィキは封じてないので、ウィキで罠カード見てみよう。ところで、リンクスの収益率は、高いと私は勝手に思っている。シナリオがない為、どんどん無駄な金が浪費されていくんだよね。ま、紙のゲームという、高い投資を必要とするゲームで運営出来ているんだから、アレなんだろうけど。

パトローナスの本来の効果
1.除外されている魔法使いモンスター一体を、墓地に戻して、手札に、魔法カードウィッチクラフトを一枚デッキから加える。
2.除外されているウィッチクラフト魔法カードを、同名カード一枚までで、何枚でも、手札に戻す。この効果は、このカードが墓地にある場合、このカードを除外して使用する。
3.パトローナスとは、後見人、パトロン、守護聖人を意味する。らしい。

文句つけようはあると思う。まずウィッチクラフトで組む場合罠ってどうなんだろうって、以前言ったけど罠どうなんだろうって話が一つで、2つ目は、除外されているカードは、基本的に除外されているんだから、あまり取り扱うべきではないって事だ。労働過剰である。だから除外されたウィッチクラフトは、そのまま眠らせておきましょう。

1.永続魔法。
2.1ターンに一度使用出来る。墓地かデッキから、ウィッチクラフトの魔法カードを一枚手札に加える。
3.このカードがフィールドから離れた時使用出来る。手札からモンスターを一体特殊召喚する。
4.墓地のこのカードをデッキに戻し、シャッフルする。そして一枚ドローする。

除外ってどういう意味なのか考えてみましょう。例えば、墓掘りグールや、魂の解放があります。また、なんだっけか、アニメに出てきたラフェールは、墓地にモンスターを置かない事を信条としていました。あと、そういえばマドルチェという存在もいたな。墓地から盗掘するので、除外。死者の魂が成仏するので、除外。で、サボタージュで復活出来なくなるので、除外と考えた。今回。サボタージュで何故復活出来なくなるかというと、労働過剰だから。つまり、墓地から除外する効果=労働過剰。ところで、ウィッチクラフトの自らをリリースする効果は、自害しているみたいに思えるな。魂の解放の事考えてしまうと。あまり考えてはいけない。デッキに戻らなきゃいけないのかも知れないな。本当は。下級ウィッチクラフトこうしてもいいかも知れない。

1.このカードをデッキに戻し、デッキから別のウィッチクラフトを呼ぶ。

これなら普通だな。除外後成仏・・・。そういや、成仏の効果なんかおかしいよね。思いつきでこうしよう。

エーデル
1.このカードは手札から特殊召喚出来る。その場合、手札から他のモンスターカードを、全て除外する必要がある。この効果で除外されたモンスターは、このカードがフィールドから離れた場合に、フィールドに特殊召喚される。

この効果は、上級専用の効果にしておく。下級には用意しておかない。

2.このカードを墓地から除外して発動する。デッキからウィッチクラフトの魔法カードを一枚墓地に送る。
3.ところで、エーデルとは、ドイツ語で宝石の意味だって、ウィキに書いてあった。安直なネーミングだな(私はそれすら出来ない訳だが)だったら、2の効果でいいや。ちなみに、魔法石の採掘というカードがあるが、魔法カードは、宝石というイメージで捉えられる場合がある。ダイヤモンドガイという人もいる。なので、エーデルちゃんが、魔法カードをサーチする効果があるのは、いいんじゃないのかな。実際は無いけどね。
4.手札から、魔法カードを相手に見せ、その枚数分自分はドローし、ドローした枚数と同じ枚数、手札からデッキに戻す。この効果は、クラフトマスターの効果の、エーデル版という事だ。上級には、手札から魔法カード見せる効果がついている事にする。

マスターピース
1.傑作か、親方作品を意味する。
2.相手か自分の墓地の魔法カードを一枚選択し、そのカードと同名のカードを一枚デッキから手札に加える。ただしウィッチクラフトが自分のモンスターゾーンに存在する場合にだけ使用出来る。
3.墓地のこのカードと、ウィッチクラフトの魔法カードを、好きなだけ除外して、発動して、デッキから、除外した枚数と同じ枚数のウィッチクラフトを出す。面倒な効果だな。ウィキで確認して下さい。私もウィキ見てそのまま書いているだけです。ナルホドね。つまりだが、芝刈り機が制限受けた事で、ウィッチクラフトは崩壊した訳だ。

わかった。芝刈り機の重要性が。ただ、芝刈り機制限も悪いが、芝刈り機が制限されただけで、崩壊してしまうウィッチクラフトも駄目だと言える。なのでこうする。

1.通常魔法
2.相手の墓地の魔法カードを一枚選択し、その魔法カードと同名のカード一枚を、自分のデッキから手札に加える。
3.自分のスタンバイフェイズ時に発動出来る。このカードを手札に、墓地から戻しつつ、墓地の自分の魔法カードを、好きな枚数デッキに戻す。

どういう事かというと、相手の墓地に、いい魔法カードがある場合、そのカードを、自分も使っている場合、無尽蔵に使う事が出来るというカードという意味。ただ、普通に考えると使えない。みんなデッキに入れている程、強力な魔法カードが無い限り。そして、強欲な壺や、天使の施しは制限を受けている。つまりだが、夢があるカードだが、実用性は無いという事だ。ところで、ウィッチクラフトでなくても使えるカードになっている。傑作とは天使の施し、

・天使の施し
・強欲な壺
・ブラックホール
・大嵐

の事だろう。ところで、自分のフィールドのカードも破壊出来る、大嵐とかブラックホールの方が、サンダーボルトとか、ハーピィの羽箒より強いと思うのは、私だけだろうか。なんか使えそうな気がするんだよな。炎王で使えると勝手に思っている。

さて、これでリンクスに存在する、ウィッチクラフトは出尽くした様に思える。あとはもう言う事なさげだな。暇なんだけど。なので強力な魔法カード考えよう。

・天よりの宝札
1.お互いのプレイヤーは、手札が5枚になるまでドローする。そのままやん。

・手札抹殺
1.お互いのプレイヤーは、手札をすべて捨て、そして捨てた枚数と同じ枚数ドローする。そのままだけど、手札交換カードは強いんじゃないの? 手札抹殺リンクスに無いよね。多分。

・ヒエログリフの石版
1.ライフを半分支払う。自分の手札制限枚数は、7枚になる。それから、自分は手札が、8枚になるまでドローする。

あとはよくわからん。絶対に入っている程強い魔法カードなんて、やっぱり、

・強欲な壺
・天使の施し

しか 無いんじゃないだろうか。遊戯王Rで、天使の施しが大活躍しているのを見た事がある。こうすればいいか。

融合賢者
1.エクストラデッキから、融合モンスターを一枚見せる。それから、その融合素材に指摘されている、モンスター及び、融合 魔法カードを、デッキか墓地から、一枚ずつ、手札に加える。そして、即時融合出来る。もし望むのなら。
2.速攻魔法。

そういや、ウィッチクラフトの永続魔法、内在的には存在するらしいね。永続罠いらねえよな。何故作った・・・。絵がもったいない。あと紙が。紙は、多分アマゾンの原生林とか、ロシアの原生林を伐採して作っているぞ。ただ、ウィッチクラフトはリンクスが登場してから登場しているので、リンクス向けに作ったとも言えない事も無い。どうだろう・・・。紙のカードの場合、紙がもったいない訳だが。そういう訳で、リンクスはエコなのです。エコだけど、ゲーム禁止令を私今出しているので、やらないけど。痛みのテーマ。そういや、火炎地獄あるじゃん、あれ使えるんじゃないの?

火炎地獄
1.自分に500ダメージ、相手に1000ダメージ与える。

火炎放射器
1.相手に1000ダメージ与える。

いいじゃん。デスメテオってあるみたいだけど、このカード使えないよね。恐らくは。基本使用出来ないらしい。相手のライフ3000以下ってよくある事だよね。だって、デスメテオのダメージが1000なんだもの。これなら使えると思う。

デスメテオ
1.相手に2000ダメージ与える。
2.このカードは、相手のライフが、3000以下の場合使えない。

一枚しか入らないけどね。こっちの方が使えるんじゃないか?

デスメテオ
1.相手に1000ダメージ与える
2.このカードは、相手のライフが、3000以上の場合使えない。

このカード原作出身なんだ・・・。へー。重要なカードだな。計画はこうだ。つまり、初手で、火炎地獄2枚と、デスメテオ2枚を引き当てる。それから、一気に相手を倒す。おもろいデュエルだな。いいデュエルだと思う。

つまりだが、ウィッチクラフトマスターピースは、デスメテオデッキで使える事になる。みんなデスメテオを使うという事だ。デュエルとは本来、デスメテオを使う事を指す。だって原作出身じゃん。本来バーンは強いはずらしい。ちなみに私は、ショボいので、デスメテオより強そうな、バーンカードの名前を考える事が出来ない。

火の粉

雷鳴

ファイアーボール

火炙りの刑

昼夜の大火事

デスメテオ

火炎地獄

阿鼻叫喚。

コーキュートス

阿鼻叫喚を考えてみた。1200ダメージを与える。以上。
コーキュートスは、1500ダメージ与えてから、自分のデッキをすべて、裏側表示で除外するカードにしておく。ネーミングがなぁ・・・。コーキュートスと言えば、アレイスターだよな。アレイスターカワイソス。ところで、多分だが、コーキュートスで、カワイソスなんだろう。えーっとねー、文字の語尾を合わせているんだよ。

ヴェール
1.このカードは、相手のフィールドのモンスターが、自分のフィールドのモンスターの数より多い時、手札から特殊召喚出来る。

どうだ! よくある効果だ。まあ・・・本当は、上級モンスターは、エクストラデッキ入りを奨励しているんだけどね。何度でも言うよ、君は一人じゃない。っていう、遊戯王の音楽、どの遊戯王だっけか。いい歌詞だよね。こう使える。何度でも言うよ。暇だからね。つまりだが、一人じゃない。より、何度でも言うよ。の部分がいいって意味だ。さて、何度でも言おう。エーデルは弱い。こういう事は言ってはいけない。こういう方が奨励される。

ヴェール
1.このカードは、相手の〜略、手札から特殊召喚出来る。
2.手札から魔法カードを見せ〜略。
3.手札から魔法カードを捨て〜略。

略してしまった。何度でも言うよ。言えなかった。ところで、望まれた回答を答えるのは、の次の歌詞が聞き取れない。なので考えてみよう。望まれた回答を答えるのは、答えられない。何故なら、すぐ制限されるから。ところで、カブトムシへの制限が、チャットで噂されており、そのまま制限されてしまった。どういう事なんだ? 予告があったって意味だろうか。ところで、デジタルバグ・カブトムシ が いるんだから、デジタルバグ・クワガタムシ も いるんだろうな? と 思った。ライノセバスの名前の由来調べてみよう。ウィキで。今日もウィキを参照する。ライノセラスビートルと、バス を 掛け合わせている。と 言われている。しかし、バス の 意味がよくわからない。バスどういう意味なんだ・・・? 2016年に生じているので、リンクスが作られてから作られている。コンピューター用語と言えば、多分リンクスは、コンピューターで作られてるので、それに携わっている人にとっては、馴染みの深い言葉であろう。なので、2015はまあ、重要な年である。遊戯王にとっては。元々紙のゲームなので、その場合コンピューター関係ないわけだ。リンクス記念に作られたのかな。デジタルバグは。ところで、もっとジェム配布すりゃいいのに。半額セールやるより、ジェム配布しろよ。どの程度配布して欲しいか説明する。リプレイ見る事で、500ジェム貰える。つまり、一日に、10パックは貰える。この程度配布して良い。私は結果的に、離れている。沢山金使ったけどね。4万は使ったな。ただこういう考えかも知れない、金搾り取ったら、さようなら。なんて酷い商売してんだと思う。金使わなくてもいいから、プレイして欲しいって考えにしろよと思う。もし、プレイ動画再生で、500ジェム入るなら、ゲーム禁止令を解禁してもいいかもしれんぞ。ところで、ファルキューレの紋章っていう名前のアプリあるんだが、このゲームも、リンクス同様、CMが無いんだよな。CM無しで運営しているが、私はファルキューレには、金払った事が無いんだ・・・。リンクスには、沢山貢いでいるのに。そこで思うのが、ファルキューレの経営が心配である。リンクスは心配ない。デュエルゾンビが貢ぐからである。思うのが、私が金払うくらいなんだから、みんな金払っているんだろうな。って事だ。だから問題無いはずだ。であれば、1日に500ジェム出すぐらいの余裕あるはずである。ファルキューレさえ、CM無しで運営しているんだから。なので、何度でも言う事にしよう。ウィッチクラフトに関して。だって、もう暫くリンクスやらないからね。以前私はこう考えていた。空牙への規制解けたらリンクスやろう。もう解けている。実際使ってみると、空牙では勝てない。打点が低すぎるんだよな。ブルーアイズとか、スラッシュレッドアイズいるからね。あとはもう、何をどうしていいのか、さっぱり不明で、4万も使う事になった。次第だ。ところで、ブラーヴォと、ラフェール合わせれば、えーっと、3300になるので、ブルーアイズを戦闘破壊出来るので、ラフェール登場すれば、使えない事も無いのか・・・? しかし、空牙でなすすべなく負けるのは、初手困るんだよな、空牙は。何もする事がない。ウィズ出すのでいいのかも知れないが、ウィズ来ないので。そこで、SRビート必須だと思える訳だが、空牙の良い点は、レアリティ低い事なので、ビートは揃えません。ところで、実際やってみないと、誰が強いかわからないけど、やっぱハーピーだよね。ハーピー使いたい。使いたいだけで終わるけど。ここらへんのやる気で抑えておかないと、金が大変な事になる。破産してしまうだろう。パチンコは危険だ。リンクスも危険だ。だから、何度でも言うよ。エーデルは弱いと。ところで、ヴェール様の、名前の由来って何って指定されているんだろう。見てみよう。ところで、誰が名前の由来編集しているんだろうって思った時に、コナミの社員が編集しているのかなって思う事があるんだが、どうなんだろう。ヴェールは、フランス語で、ガラスを意味するとある。へー。こんなのこのカード考えた人じゃなきゃわかんないよなって思うから、社員がやっていると思っている訳だ。というのは、背景がガラスなんて見てもわかんないよ。とか、フランス語なのかとか知らないよ。とか、フランス語でガラスって、ヴェールって言うんだ。知らないよ。って 事だ。ところで、宝石加工とガラス加工は関係あるらしいってのは、ある書物を見て知った。だから、ウィッチクラフトでガラス細工の、ヴェールが出るんだろう。たださ、ガラスなんか、宝石より安いよね。つまりだが、エーデルの方がヴェールよりお高いのに、役立たずなんだな。なんでエーデルあんなに弱いんだろう。だから何度でも言うよ。

8、ヴェール
5、エーデル
4、シュミッタ
3、ピットレ
1,ジェニー

えーっと、なんだっけ。私はウィッチクラフト雁積みにした事ないから知らないけど、ヴェールさんだけ、戦闘能力があるんだよな。だから、ヴェール以外要らないと結論付けた。元々は、なんだっけアイツ・・・クインテットを出せると勝手に思っていた。クインテット出せると勘違いを引き起こしている人ですら、エーデルは要らない。駄目出し。サイコロ効果。ところで、手札の魔法カード消耗してしまうので、下級ウィッチクラフト入れまくるのは、なんか、構造上無理がある気がする。つまりだが、出しやすい下級ですら、いる意味は無いのでは・・・疑惑が出てくる。レベル7誰なんだろうね。7に期待したい。テンペルで出すのさ。強ければ出す価値がある。エーデルは出す価値が無い。一切無い。なんて悲劇なんだろう。出て強くなきゃいけない。私が作ったエーデルの場合、出してから、ドロー出来る様になっているが、テンペルで出す価値あるだろうか。ところで、エーデルって何属性だっけか。場合によっては出せない。光属性なので出せる。ところで、テンペルの話出てきたので、魔導書もいじらなきゃいけない。

グリモ
1.「魔導」カードを一枚手札に加える。

この一文字抜かすのが重要なんだよ。これ無いだけで、魔導書終わっているからね。これあれば、どのカードも使えるんだよ。これあれば、テンペル今のままでも十分使えるな。ただ、マッドとテンペルの差がね・・・。あまり無いよね。原型のテキストを確認しようか。

テンペル
1.リリースして、魔法使い族の、光か闇を出す。2012年4月に登場。

マット
1.墓地送り効果。
2.5種類以上の場合、リリースして、闇属性の魔法使い族を出す。
3.2012年11月に登場。

んー。マットの5種類って、非現実的に思えるんだよね。あとから作られている癖に・・・。あとマットであって、マッドではない。元のカード知らないからね。元のもカードゲームだけど。ま、とにかく、マットちゃんでは、エーデルは出ない。本来なら。

こうする。

マット
1.墓地送り効果。この効果を発動したターン、このカードは直接攻撃出来る。
2.このカードを手札に戻す事で、墓地から、魔導書を一枚手札に加える。

使えるかどうか知らんけど、テンペルいるから、別にいいだろう。直接攻撃効果は使えると思う。

テンペル
1.召喚時発動出来る。デッキから魔導書を一枚手札に加える。
2.魔導書が発動する度に発動出来る。デッキから、レベル5以上の魔法使い族を一体出す。

リリースしません。何度でも言うよ。ジェニーどうしようかな。

1.手札から捨てて、リリースじゃなくて、デッキに戻して交代。
2.手札から見せて、回復。一枚につき500.
3.墓地から除外して、他人も除外して、その魔法カードの効果を適用。
4.カード名は、天才って意味らしい。レベル1なのに。

よし、このプランで行こう。何が良しだ。

ピットレ
1.交代。
2.手札から見せて、見せた枚数相手のセットされたカード確認する。
3.墓地から除外してドロー! して、除外するか捨てる。
4.画家って意味らしい。

シュミッタ
1.交代
2.手札からみ略、デッキから墓地に、罠カードを送る。
3.墓地から除外し、墓地から、カードを一枚手札に加える。
4.スミス、鍛冶屋の意味。

エーデル
1.このカードを手札から出す。
2.手札略、見せた枚数ドローしてから、ドローした枚数デッキに手札・フィールドから戻す。メインフェイズに使える。
3.墓地から除外し、デッキから、魔法カードを一枚墓地に送る。
4.宝石の意味。
5,交代効果。上級にもつけておこう。コストは手札。

ヴェール
1.このカードを手札から出す(必須)
2.手札略、アップ。
3.ガラス。
4.手札から捨てて、無効化。交代効果は、この効果に潰されてなくなった事にする。マスター出たら、ソレ以上交代出来ない。
5.墓地からデッキに戻し、他のウィッチクラフトをデッキから出す。

8/10
ーーー
今ゲーム封じている。封じながら、遊戯王カードの事を思い出して見よう。アロマの事を考えてみよう。魔法罠で、アロマのカード出ているのは、四枚だった気がする。

1.アロマガーデン
2.アロマガーデニング
3.恵みの風
4.潤いの風
5。乾きの風

5つだったな。アロマガーデンはそのまなにしておく。アロマガーデン自体は。ただし、アロマージの全部に、デッキか、墓地からか、アロマガーデン発動出来る効果つけておく。ガーデニングを改造する。多分元の効果が、

1.アロマが召喚された時、自分はライフ1000回復する。
2.自分のライフが、相手より少ない時に、相手の攻撃宣言時に、デッキから、アロマ一体を呼び出す。

だった気がするが、これを改造して、

1.モンスターが自分の側に召喚された時、自分はライフを1000回復する。この効果は、1ターンに10回まで使える。
2.どんな時であれ、相手の攻撃宣言時に、アロマをデッキから一体呼び出す。この効果は、1ターンに一度だけ使える。

元の効果もう略する。わかるだろう多分。弱すぎて知らない人多いかも知れないが。それは別にいい。

恵みの風
1.この効果は1ターンに一度だけ使える。植物族を、フィールドか手札から、一枚墓地に送って、自分はライフを1000回復する。
2.この効果は1ターンに一度だけ使える。墓地から植物族を、一体特殊召喚する。
3.この効果は1ターンに一度だけ使える。墓地の植物族を、一枚デッキに戻し、自分はライフを1000回復する。

潤いの風
1.1ターンに一度使える、自分はライフを500回復する。
2.1ターンに一度使える。デッキから一枚、植物族あるいは、水族を手札にくわえる。

潤いの風なので、名前が潤いなので、水族も手札にくわえる事が出来る事にする。

乾きの風
1.1ターンに一度使える。ライフを1000支払い、相手のカード一枚を選択して破壊する。
2.何度でも使える。自分フィールドの、アロマを一体リリースし、相手は相手フィールドのモンスター一体をリリースしなければならない。

痛み分けと同じ効果。2.

以上。ゲームしない方がむしろ思いつくかと思いゲームしない。あと金もったいないしね。正直。
ーーー

2.1ターンに一度使える系の効果。

8/31
ところで、賢士の効果ってなんだっけか? 今のままで十分だと思うけど。

1.召喚時、レベル1チューナーを手札に加える。
2.効果モンスターを墓地に送りつつ、このカードを手札から捨てつつ、ブルーアイズを出す。

他のヤツ弱いんだよな。乙女はそのままでいい感じだけど。

祭祀だけど、祭祀はチューナーなので、墓地に送るのは比較的容易いだろうか? 墓地に送らなきゃメインの効果使えない訳だが。こうするか。

3.自分は2回通常召喚出来る。

でも、一回目の効果で、チューナー手札に加える程度なんだよな。

1.召喚時発動出来る。デッキから、チューナー以外のモンスター一体を特殊召喚する。この効果で呼び出したカードは、効果が無効化される。
2.墓地のこのカードを、手札に戻し発動する、手札/墓地から、ブルーアイズを一体特殊召喚する。

使い方。1の効果で、モンスターを呼び出して、シンクロする。で、墓地に送って、2の効果すぐ使う。いいんじゃないの。

護人
1.チューナーを出す。召喚時。
2.モンスターを墓地に送り、デッキ/手札から、ブルーアイズを一体出す。

巫女
1.あらゆる召喚時発動出来る。ブルーアイズを、デッキ/墓地から、手札に2枚まで加える。
2.この効果は、相手ターンでも使用出来る。フィールドのブルーアイズを一体手札に戻す事で、このカードを、墓地から特殊召喚する。

なんか適当だけど仕方ない。近頃の能力の限界である。これでレベル1のブルーアイズサポートするチューナー終わったと思っている。いや、ドラゴン族にはまだいるか。でもいいや。



ーーー
夢で出てきたカード

1.攻撃1000,守備800
1.このカードは突撃出来る。この効果は相手ターンにも使用出来る。
2。レベル4

2.攻撃1000、守備1200
1.このカードは突撃出来る。この効果は相手ターンにも使用出来る。
2.1ターンに一度、フィールド上のモンスター一体を指定して、このモンスターと攻守を入れ替える。
3.レベル4

3.攻撃1000,守備800
1.このカードをリリースして発動する。手札か除外から、モンスターを一体特殊召喚して、そのモンスターはこのターン、攻撃が2倍になり、相手プレイヤーに突撃出来る。
2.レベル3

さて、突撃とは、どういう効果かというと、相手に直接攻撃しつつ、その列にいる、相手モンスターに対しても、損害を与える効果。多分攻守を下げる程度の損害だと思われる。

天翔の暗黒騎士ガイア
1.手札から特殊召喚出来る。
2.1ターンに一度使える。エクストラデッキから、竜騎士ガイアを一体選んで、このカードに装備する。
3.このカードに竜騎士ガイアが装備されている場合、このカードは以下の効果を得る。このモンスターの攻撃は、300アップする。また、名前が、竜騎士ガイアになる。

8/29
レベル4のドラゴン族
ハードアームドラゴン
1.レベル7以上。
2.そのまま
3.自分は1ターンに2回通常召喚出来る。

パワードチューナー
1.チューナー
2.上昇幅800.

半月竜
1.相手フィールド上じゃなく、自分のフィールドも含む。

グルニカ
2.相手モンスターの方が攻撃力が高い場合、このモンスターの攻撃力は、+1000される。

ヘルドラゴン
1.このカードが戦闘を行ったダメージ計算後発動する。このカードを破壊する。
2.このカードが破壊された場合、手札/フィールドのモンスター一体をリリースし、このカードを墓地から特殊召喚出来る。
3.攻守2500。
4.フィールドでのこのモンスターのレベルは、8になる。

ホルスレベル4
3.相手モンスターの方が攻撃力が高い場合、このモンスターの攻撃力は、ダメージ計算時のみ、+2000される。

アバコーンウェイ
1.墓地からだけじゃなく、手札からも除外出来る。

アンフィスバエナ
2.自分フィールドのモンスターの攻守を、ターン終了時まで、800上昇させる。

ラヴァドラゴン
1.手札・墓地から、3体まで選んで特殊召喚する。
2.表側攻撃表示のこのカードをリリースし発動する。レベル4以上のドラゴン族モンスターを、3体まで、墓地・手札から、守備表示で特殊召喚する。

ランサードラゴニュート
2.このカードは攻撃を受けると守備表示になる。

尖兵
2.このカードが墓地に送られた場合。

レアメタル
1,攻守2400
2.フィールド上でのこのモンスターのレベルは、8になる。

霊廟の守護者
1.2体分のリリースになる。
2.そのまま。
3.2回通常召喚出来る。

レッドアイズワイバーン
2.このカードをリリースし発動出来る。このターン自分は2回通常召喚出来る。



8/28
レベル4の植物族
オヤコーン
1.フィールド魔法を1ターンに一度、デッキから手札に加える。
2.1000あがる。

返り咲く大輪の薔薇
1.レベル5以上のモンスターが破壊された場合、墓地/手札から、守備表示で、特殊召喚出来る。
2.自分のモンスターを、3体まで指定して、そのレベルを、4上昇させる事が出来る。この効果は、ターン終了時まで続く。

ボタニカル ライオ
1.相手はこのカード以外を攻撃対象に選択出来ない。
2.自分フィールドに植物族があらゆる召喚された時、発動出来る。このカードを手札から特殊召喚する。
3.味方の数×300ポイント攻守が増える。

ところで、ボタニカルシリーズとかありそうなので、調べてみる。

無い。遊戯王WIKIで見てみたが無い上、ボタニカルじゃなくて、ボタニティガールだった。ボタで検索してみるか。6人出てきた。意外と多い。

・ボタン型
・ボタニティ
・ボタニカル
・ガーディアンボタン
・サボタージュ
・ボタン

遊戯王WIKIの方だと、何も出ない。

森の精霊エーコ
1.自分がダメージを受けた場合、このカードを手札から特殊召喚する。お互いのプレイヤーは、自分が受けたダメージと同じ数値のダメージを受ける。
2.相手が攻撃宣言した時発動出来る。このカードを手札に戻す。

ロードポイズン
1.このカードが墓地に送られたエンドフェイズ発動出来る。植物族を一体墓地から特殊召喚する。

ローズウィッチ
1.このカードは2体分のリリースに出来る。
2.自分は2回通常召喚出来る。
3.自分は、デッキから通常召喚出来る。

ローズバード
1.1ターンに一度、デッキ/手札から、植物族チューナーを特殊召喚出来る。

ローズシリーズ。

ローズパラディン
1.自分の植物族が、戦闘を行ったダメージ計算後発動出来る。その植物族をリリースし、このカードを、手札/墓地から特殊召喚する。
2.フィールドのこのカードをリリースして発動する。デッキから、ローズモンスターを一体、手札に加える。この効果は、相手ターンでも使用出来る。

弱そう。まあいいや弱くても。他のローズが強くなってサポートするしかない。

ブラックローズウィッチ
1.チューナー
2.手札を一枚捨てて発動する。デッキから一枚ドローする。それがモンスターの場合、特殊召喚する。魔法罠の場合、このカードは破壊される。

弱いと思う。また弱いカードを作ってしまった。

ブルーローズドラゴン
1.このカードをリリースして発動する。墓地から、植物族か、ローズモンスターを一体特殊召喚する。この効果は相手ターンでも使用出来る。
2.このカードが墓地に送られた場合発動する。このカードをゲームから除外し、自分デッキから一枚、植物族を墓地に送る。

ホワイトローズドラゴン
1.チューナー
2.フィールドに植物族がいる場合使用出来る。このカードを手札から特殊召喚する。
3.このカードが墓地に送られた場合使用出来る、墓地から植物族を一体特殊召喚する。
4.このカードは、植物族としても扱う。

復讐の女戦士 ローズ
1.チューナー
2.このカードが墓地に送られた場合発動する。次の自分スタンバイフェイズ時に、このカードを墓地から特殊召喚する。
3.このカードが戦闘を行ったダメージ計算後発動する。相手は300ダメージ受ける。

ダークローズフェアリー
1.このカードは手札から特殊召喚出来る。
2.墓地のこのカードを、デッキトップかデッキボトムに戻す。




8/27
レベル5の爬虫類族。
スパウン・アリゲーター
1.このカードは手札から特殊召喚出来る。
2.このカードをアドバンス召喚した場合、墓地から、爬虫類族を一体特殊召喚出来る。

8/26
そういや、森羅のエクシーズモンスターリンクスにいるけど、ランク1だけど、Level1の森羅って誰かいたっけか? グリーンピースだな。

植物族のLevel5見てみる。

ハイドランジー
1.ナチュルの効果が発動した場合、手札から特殊召喚される。
2.ナチュルが墓地に送られた場合、エンドフェイズに、相手のCARD一枚破壊する。

ところで、もとのハイドランジーの効果がわかった。ナチュルマロン召喚すると、効果が発動するが、こうやって効果を発動させた状態で、手札にあると、メインフェイズに出せる。

ところで、蛮族の饗宴Level5ってあるが、こういう感じのあればいいね。

実りの時期 Level5
1.デッキ/手札から、Level5の植物族を、2〜3体出す。

Level5の植物の通常が、トレントと、紅葉の女王いるので、6枚もLevel5の通常植物を入れられる事になっているが、これをどう活用するかである。

実りの時期
トレント
紅葉の女王
古のルール
電網のルール
連撃の帝王

あと五枚足りない。連撃の帝王改造してしまおう。

連撃の帝王
1.自分ターン中、自分は、Level5以上のモンスターを、生贄なしで通常召喚出来る。
2.相手ターン中、自分は、アドバンス召喚出来る。
3.自分は、2回通常召喚出来る。

あとモンスターだろうと思う。つまりだが、こうなってくると、あともう一種類、Level5の通常いてもいい。こうなってくるとって、実際はこうじゃないんだけどさ。

ロータス
1.森羅の数だけめくって確認して、墓地に送るか、あるいは、デッキトップに残すか選ぶ。どのCARDにも適用出来る。
2.森羅を5枚まで、デッキトップに戻せる。このCARDが墓地に送られた場合。

マジョラム
1.CARDが破壊された場合手札から出る。
2.3回まで通常召喚出来る。
3.回復する度墓地のCARDを除外出来る。
4.アロマガーデンを墓地かデッキから、手札に加える。

Level6

ブルーメ
1.エンドフェイズ毎に発動する。このCARDの攻撃を200上げて、守備を200下げる。
2.CARDの効果が発動する度に発動する。このCARDの攻撃を200上げて、守備は200下げる。
3.手札から発動出来る。このCARDをデッキに戻し、別名の植物族を、一体手札に加える。

ブルーメとは、花の意味で、ドイツ語で、女性名詞らしい。ところで、ブルーメと、英語の、ブロッサムは、関係ある単語に思える。

オベロン
1.ターン終了時に、墓地から、植物族を一体特殊召喚出来る。
2.このCARDは、召喚されると、守備表示になる。
3.このCARDが守備の場合、自分のモンスターの攻守は、3000になる。

オベロンってなんだ? 妖精王だな。で、見てみると、シェークスピアの小説に出てきたらしい。ふうん。英語見てみるか。英語の名前は何故か、オベロンじゃなくて、チューザレって名前になっている。なので、オベロン・・・。

エルフの王としてのオーベロンの地位は、メロヴィング朝の伝説的な歴史に登場する魔術師であるアルベリヒ(古高ドイツ語alb-「エルフ」および-rîh-,「支配者」「王」を語源とする)に由来する。伝説では、アルベリヒはメロヴィング朝の名祖であるメロヴェクスの異世界の「兄弟」である。アルベリヒは長男であるウォルバートのためにコンスタンティノープルの王女の手を勝ち取った。13世紀付近に書かれたブルグント族の詩『ニーベルンゲンの歌』においては、アルベリヒはニーベルング族の宝を守っていたが、ジークフリートによって征服された。

つまり人間らしい。何故植物族になってしまったんだろうか。

ローズテンタクルス
1.このモンスターは、相手が植物族の場合、何回でも攻撃出来る。
2.このCARDが戦闘を行うダメージ計算前に発動する。相手のライフは100減る。
3.手札のこのCARDを墓地に送って発動する。次のターンのスタンバイフェイズに、このCARDを墓地から特殊召喚する。

オーク
1.6枚めくって、墓地に送るか、デッキトップに残すか選択する。メインフェイズに一度使える。
2.このCARDが墓地に送られた場合、植物族を3体までデッキトップに戻せる。

エリカ
1.手札・フィールドのこのCARDをリリースする。自分のモンスターの攻守は、ターン終了時まで、1000上昇する。この効果は、相手ターン中にも使用出来る。
2.CARDがリリースされた場合、発動出来る。このCARDを、墓地か手札から、守備表示で特殊召喚する。

ボタン
1.手札・フィールドの、このカードを、リリースする。デッキ・墓地から、六花カードをセットする。この効果は、相手ターンでも使用出来る。
2.カードがリリースされた場合、発動出来る。このカードを、墓地か手札から、守備表示で特殊召喚する。

スプリット デモン ローズ
1.戦闘破壊された場合、トークン3体まで。
2.戦闘破壊される以外の方法で、フィールドから離れた場合、手札に戻る。
3.このカードは、リリースなしで通常召喚出来る。

さて、スプリットとは、分離するという意味であるらしい。そして、英語の名前は、Regenerating で 再生成する に なっている。

魔天使ローズソーサラー
1.この効果は、相手ターンでも使用出来る。自分のフィールドの植物族を、一体手札に戻し、このカードを手札から特殊召喚する。

凛天使クイーンオブローズ
1.このカードを、手札からデッキに戻し、別名の植物族を一体、手札に加える。
2.同じ。
3.自分スタンバイフェイズに発動出来る。このカードを墓地から特殊召喚する。このターン自分は通常召喚出来ない。

Level8。
大凛魔天使ローザリアン
1.手札か墓地からか、Level5以上のモンスターを、2体まで除外し、手札から特殊召喚出来る。
2.1の効果で1体しか除外してない場合、このカードの攻撃は2000下がる。
3.このカードがフィールドから離れた時、自分の除外されているモンスターを、2体まで特殊召喚する。

あとは、Level8四人衆と、ヘレボラスとスノードロップ。四人衆いるせいで、Level8多い。

ーーー
フォトンいってみよう。はっきり言って非常にヒマだが、他の選択肢が無いんだよな。どうしてこうなってしまったんでしょうか。一生こんな事してなきゃいけないのなら、これほどつまらない人生は無いだろうが、何か書いて残す方が、何も書かないよりはマシなので、意味の無い人生ではない。はずだ。

なんとなく、青空文庫信用していい気がするので、青空文庫利用する事にする。そういえば以前、青空で、民話改造したの書いていたので、もう一回やってみるか。

フォトンスレイヤー
1.エクシーズが存在する場合、このCARDは、手札から攻撃表示で特殊召喚出来る。

アドバンサー
1.自分は2回通常召喚出来る。
2.他にフォトンCARDが、表側で存在する場合、このモンスターの攻撃は1000上昇する。

クラッシャー
1.このCARDと戦闘を行ったモンスターの効果を、ダメージ計算後無効にする。
2.このCARDは戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、守備表示になる。

チャージマン
1.効果使っても、普通に攻撃出来る。

スラッシャー
1.通常召喚も出来る。

バニッシャー
1.通常召喚も出来るし、フォトンCARDがある場合、手札から特殊召喚出来る。
2.このCARDが あらゆる召喚された場合、次の自分スタンバイフェイズ時に、墓地かデッキから、一枚、ギャラクシーCARDを、手札に加える。


ーーー
スポーア
1.手札/フィールドから、このカードを墓地に捨て、このカードを含む、墓地の植物族二体を選択して、特殊召喚する。
2.Level1のチューナー

スポーアって何? 調べてみよう。胞子って意味らしい。そして植物族。ところでキノコは、植物ではない。但し、シダは植物で、胞子を利用する生物である。シダの胞子なのかも知れない。

サクリファイス ロータス
1.魔法罠あっても再生出来る。
2.2000ダメージ。

グリグル
1.回数制限なし。
2.4000回復。

カースド フィグ
1.2枚まで。条件は同じ。

なんだろう? これは。イチジクらしい。

コーディセップス
1.自分スタンバイフェイズに、墓地のこのカードを、手札に戻し発動する。自分の墓地から、植物族を含む、モンスター二体を特殊召喚する。このターン自分は、捕食植物しか、エクストラデッキから、特殊召喚出来ない。
2.このカードが召喚に成功した時、フィールドの表側表示のカードに、捕食カウンターを一個ずつ乗せる。
3.このカードは、対象になった場合、破壊される。
4.このカードは、戦闘を行うダメージ計算前に破壊される。

元ネタは、ガに寄生するキノコらしい。ウィキに書いてある。なんだ、キノコなのか。冬虫夏草とは、セミに寄生するキノコかと思っていたが、ウィキによると、ガだと書かれている。ふうん。

コロボックリ
1.手札から、植物族一体を墓地へ送って、このカードを手札から特殊召喚する。
2.このカードの効果で墓地に送られたカードは、次の自分スタンバイフェイズに墓地から蘇生する。

えーとねー。まあ・・・見ての通り、ドングリなんだろうなぁ。あとコロボックル。

ネクロ・フルール
2.墓地にこのカードが存在する場合、墓地からこのカードを特殊召喚する。この効果は、自分スタンバイフェイズに発動する。ただし、魔法罠ゾーンのカードが、一枚以下の場合のみ。

フルールとは、白ゆりの事らしい。

マツボックル
1.このカードが墓地に送られた場合、墓地から特殊召喚される。1ターンに一度まで適用される。

アイヴィ ウォール
1.トークンを相手フィールドに、2体まで生成する。リバース。
2.1のトークンは、戦闘では破壊されない。また、貫通ダメージを受ける。

アイヴィとは、蔦の一種か、蔦そのものであるらしい。

ウィード
1.植物族が破壊された場合、発動する。墓地のこのカードを、特殊召喚する。

増草剤に出ているね。

増草剤
1.デッキから、植物族を一体特殊召喚する。この効果は、1ターンに一度だけ使える。
2.永続魔法。

除草剤
1.フィールド・手札の植物族を、全て破壊する。

幻影の妖精
1.このカードを手札に戻し、手札から、別の名前のCARDを、特殊召喚する。

ピニー
1.この効果は、相手ターン中でも使用出来る。

ピニーとは・・・何? 

エプロンに似た袖無しのドレス。 他の服の上から着る。

植物じゃなかった。

スナップドラゴン
1.相手の手札を一枚選び、そのCARDを、次の自分のスタンバイフェイズまで、除外する。
2.このCARDが墓地に送られた時発動する。デッキから一枚CARDを墓地に送ってから、スナップドラゴンを、デッキから手札に加える。

これはまた、キンギョソウらしいです。

ダークヴァージャー
2.このCARDを手札から墓地に送って、自分フィールドのモンスター一体のLevelを、2上昇させる。

ナチュル エッグプラント
1.墓地に送られた場合に、ナチュル一体を墓地から手札に加える。

ナスの絵なのでナスなんだろう。

サンフラワー
1.このCARDか、あるいは、他のナチュル一体を、フィールドか手札からリリースして、相手の発動したモンスター効果を無効にし、破壊する。

ああ、このCARDナーブの足りないところ補うCARDなのか。本来。

ならば、ナーブはこうだ。

ナーブ
1.サンフラワー、魔法罠バージョン。

そういや、コアキメイルというのがいたね。制限受けっぱなしだけど。でも、コアキメイル、マキシマム無しで、戦っても弱いよね。サンフラワーは、ひまわりの意味。

トライアンフ
1.トライアンフは、チューリップの品種の一つ。
2.魔法罠の効果が発動する度に、味方の攻守は、1000上昇する。この効果は、ターン終了時リセットされる。

コスモスビート
1.相手が特殊召喚した場合。
2.このCARDが、フィールドに表側表示で存在する限り、自分のナチュルは、手札から効果を使用出来る。

パイナップル
1.味方を植物族にする。
2.墓地からスタンバイフェイズに再生する。この効果は、自分フィールドにモンスターが無い場合に使用出来る。

プリヴェントトマト
2.このCARDは戦闘ダメージを受けない。

スキッドドロセーラ
1.手札から墓地に送って、フィールドの表側表示のCARDを指定して、そのCARDに捕食カウンターを一つ置く。
2.自分スタンバイフェイズに、捕食カウンターが置かれたCARD一枚を、墓地へ送って、このCARDを墓地から手札に加える。
3.このCARDは、捕食カウンターが置かれたCARDに対しては、2回攻撃が出来る。

ドロセーラとは、モウセンゴケ属を意味するらしい。

グラスファントム
1.上昇幅1000.

コスモス
2.自分フィールドのモンスターを、3体まで指定して、Levelを1上昇させる事が出来る。

グローモス
2.相手ターンに使用出来る。このCARDをリリースし、コクーンピニーを、デッキ・手札から、特殊召喚する。

ヴェルズ・マンドラゴ
2.フィールドのモンスター2体まで指定して、そのLevelを、ターン終了時まで、1上昇させる。

グラヴィローズ
1.スタンバイフェイズ毎に、墓地にLevelを問わない、植物族を一体送る。デッキから。

サボウファイター
1.守備1600にする。

ナルサス
1.植物族モンスターをめくった場合、そのCARDを、
2.デッキトップに残すか、
3.墓地に送るか、選ぶ事が出来て、
4.それ以外のCARDの場合、デッキトップに残すか、
5.デッキボトムに戻すか、選ぶ事が出来る。
6.このCARDが墓地に送られた場合、森羅一体を、デッキから選び、デッキトップに置く。

ギガントセファロタス
1.モンスターが、墓地に送られた場合、ターン終了時まで、このモンスターの攻守は、3000ポイントになる。

セファロタスとは、フクロユキノシタらしい。フクロユキノシタとは、オーストラリアに住んでいる、食虫植物であるらしい。

階級なし : マメ類 fabids
目 : カタバミ目 Oxalidales
科 : フクロユキノシタ科
Cephalotaceae Dumort. (1829)
属 : フクロユキノシタ属
Cephalotus Labill. (1806)
種 : フクロユキノシタ
C. follicularis

オーストラリアの、南西部の、非常に狭い範囲に生息している。ウィキペディア見ると。

ブレイド
1.デッキから墓地に送られた場合、このCARDを手札に加える。
2.このCARDが戦闘を行ったダメージ計算後、デッキトップを確認し、植物族の場合、墓地に送るか、デッキトップに残す。他のCARDの場合は、デッキトップに残すか、ボトムに戻す。

デス・デンドル
1.ユニオン
2.植物族に装備出来る。
3.このCARDが装備されたモンスターが、相手を戦闘破壊した場合、トークンを
2体まで生成する。

デスシリーズだな。デスガエルとか。ラン科の、名前、デンドロビウムの名前らしい。

ナチュルガーディアン
1.上昇幅2000.

ティオの蠱惑魔
2.このCARDが、あらゆる召喚に成功した場合。

ストリベリー
1.自分が、召喚に成功した時。
2.自分は2回通常召喚出来る。

ホワイトオーク
1.ブナ科の広葉樹らしい。
2.あとはそのままでいいと思う。

ブラッドオーキス
1.召喚時、デッキか手札から。
2。オーキスも多分、ランの意味だと思う。調べてみよう。オーキスとは、ハクサンチドリ属のランの意味。らしい。

ーーー
EHERO クノスペの親戚。えーとねー、正式名称は不明だが、夢の中で、クノスペと一緒に出てきた。
1.このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの攻撃力は3000になる。
2.下級。

ボウエンギョ
1.相手のデッキトップを、五枚まで確認する。そして、Level4のモンスターがいた場合、このカードのLevelを1上げる事が出来る。
2.Level3
3.このカードを手札から捨てる。この効果で捨てたこのカードは、次のスタンバイフェイズ、墓地から特殊召喚される。
4.魚族、水属性。

ボウエンギョって魚は実在したはずである。シャーク君が、色々ランタンシャークとか使っているので、それに加えたいと思って今思いついた。シャーク君は・・・Level3かLevel4でエクシーズする人に一見思える。なので、このカードも、Level3かLevel4になる効果にした。

8/25
ーーー
ナチュル・ナーブ
1.ナーブとは、葉脈の意味らしい。
2.ナチュルを一体リリースする。また、モンスター効果にも対応する。
3.チューナー

スナッフ
1.Snapdragonという花から来ているらしい。キンギョソウというらしい。見た目から、元の植物の形がわかる、いいデザインだと思う。
2.このカードが墓地に送られた場合、デッキトップを一枚めくって、植物族の場合墓地に送る事が出来る。送らない場合または、他のカードの場合デッキボトムか、デッキトップかを、選択して戻す。
3.このカードを、手札/フィールドから、墓地に送って発動し、デッキトップを、一枚めくって、それが植物族の場合、墓地に送るか、手札に加えるか選択出来る。それ以外の場合めくったカードをデッキボトムか、デッキトップか選択して戻す。
4.2014年に登場している。
5.階級なし : シソ類 lamiids
目 : シソ目 Lamiales
科 : オオバコ科 Plantaginaceae
連 : キンギョソウ連 Antirrhineae
属 : キンギョソウ属 Antirrhinum
種 : キンギョソウ A. majus


ーーー
疲れたので、植物の事考えて癒やされながら、カード効果考えていこうと思うが、誰も頼んでないよね。私は何かかければそれでいいと考えている。つまりだが、元ネタには感謝している。

植物を考えよう。ナチュルハイドランジーの効果が意味不明なので、作り直す。

1.ナチュルの効果が発動した場合、手札から特殊召喚出来る。

何が意味不明かって、パンプキンの効果発動したのに、出せなかった覚えがある。

コスモス
2.このカードのLevelを1上昇させるか、あるいは下げる。

シトラ
2.墓地に送られた場合発動する。

薔薇の妖精
2.このカードのLevelを、1つ上げるか、あるいは下げる。
3.手札のこのカードを、デッキに戻しシャッフルし、それから一枚ドローする。

ナデシコ
2.1の効果は、このカードが攻撃表示の場合使用出来る。
3.このカードが守備表示の場合、戦闘では破壊されない。

ボタニティガール
1.墓地からも加える。

ヒガンバナ
1.戦闘を行うダメージ計算前。
2.守備表示のこのカードは、1ターンに一度、戦闘では破壊されない。

トマボー
1.モンスター効果にも対応する。

トマトマトリョーシカ
1.任意の枚数特殊召喚する。

ミトラ
1.上げる、あるいは下げる。
2,手札から特殊召喚出来る。

クノスペ
2.このカードが戦闘を行った、ダメージ計算後発動する、相手のライフは100減る。
3.名前は、蕾って意味らしい。ドイツ語らしい。

シードオブフレーム
1.カードの効果全般。



ーーー
大事な事忘れていた。アレイスターは、自分のフィールドが埋まっていると、召喚魔術呼べない事だ。つまりだが、実際は、モーレフと、コーキュートスでの攻撃になる気がするが、底なしで落としたブルーアイズを、モーレフは戦闘破壊出来ないので、

ので、アレイスター負けるんじゃないのか? デッキ切れで。この事今すぐ書かないといけない気がする。しかもだが、アレイスターが、底なしで落ちたら(ではなく、デモンズチェーンで封印されれば、召喚魔術呼べなくなるので、すぐには融合出来ないし、ブルーアイズに殴られる事になるので、アレイスターは負ける)どうするのさ。つまりだが、これは、メガラニカが、制限されないべきだって話になってくる。えーとねー、モーレフが、デッキを消耗するので、アレイスター側がデッキ切れになります。

つまりだが、召喚魔術と、メガラニカは、無制限でいい。

でもさ、結局使わないと私にはわからない。想像力足りないからね。とにかく、召喚魔術と、メガラニカは無制限でいい。エレメントセイバーリミット3にすればいいじゃないか。

そういうわけだから、試験的に、コーキュートスリミット1にして下さい。もしかしたら、ブルーアイズの方が勝つかも知れない。つまり、

コーキュートスリミット1
アレイスターリミット3
モーレフリミット3

だけでいいんじゃないか? 試してみて、ブルーアイズ勝てるかどうか試してみるべきだ。駄目なら、コーキュートス禁止に戻せばいいだけの話だ。

では、ドラゴン族を、カード一覧で、Level低い順に見ていくに戻る。色々強いカードあるので、手をつけないに限る。伴竜とか。実際は相手のカードドラゴン族にしてから融合される。

で、黒い石だけど、手札からも出せないと駄目だよね。そうする。あとはそのままでいいと思う。いや、白い方の石がチューナーなんだから、こっちもチューナーにしよう。

兵隊竜
1.デッキからだけじゃなく、墓地や手札も対応する事。
2.回数制限無し。

今疲れている。アレイスターの件でテンション上がってしまった為である。

テックジーナスの、カタパルトのドラゴン。
1.テックジーナスの、チューナーを出す。Levelなんでもいい。手札から。
2.テックジーナスをリリースして、相手に500ポイントダメージ与える。
3.Level3。

そういえば、ビーフォースと、ブラックフェザー、共有出来てればよかったのにと思って残念に思っている。イービルヒーローとエレメンタルは出来ている。カタパルトって射出する為にあるんじゃないの?っていう、うがった見方から、2の効果つけた。

ドレッド
1.チューナー
2.Level2
3.このカードが墓地に送られた場合、エンドフェイズに発動する。デッキか墓地から、手札にドラゴン族を2体まで加える。

加えてどうするのか知らないので、実際には使われないだろうね。

ドラグノフは、効果ダメージの発生タイミングが、このカードが戦闘を行ったダメージ計算後 って事にする。墓地から発動出来る効果は、そのままにしておく。

インフルは、そのままでいいのかなぁ。わかんない。使う気になるかというと使わないよなぁ・・・。効果追加しよう。

2.手札から使う。自分フィールドの、表側表示のカード一枚を選択し、発動する。このカードを手札から 守備表示で 特殊召喚する。

グレイウィング
1.手札だけじゃなくて、自分フィールドのカードを墓地に送ってコストにも出来る事。

コドモ。そのまま。

ダークカノン、このカード、手札から捨てられないと困るんだよな。出して使って多少は戦える方がいい。どうしようか。こうしよう。
1.捨ててサイバーダークの機械族呼び出す。
2.戦闘破壊された場合、次の相手バトルフェイズに発生する、自分への戦闘ダメージは、0になる。
3.このカードが破壊された時発動する。自分は1枚ドローする。

デルタフライ
1.自分のLevelも上げれる。
2.なんか見た目がユニオンっぽいので、ユニオンにしてしまおう。
3.元々Level3のチューナー。

デルタフライの新しい使い方はこうである。えーっと・・・前線基地で出す。ユニオンなので出せる。そして、シンクロする。別にユニオンっぽくないけど、こういうユニオンがいてもいいとしておく(無理やり)

トライゴン
1.ユニオン、絵がかっこいいね。ユニオンは絵がカッコいいもんなんだろうか。
2.Level3。
3.効果は・・・機械族ならなんでもいい事にする。

ドルドラ
1.墓地に送られた場合に使える。

フォトンリザード
1.Level5以下にしておく。

ポケドラ
1.手札のこのカードを、デッキに戻し発動する。自分のフィールドのモンスター一体を選択し、そのLevelを、一つ上げるか、もしくは下げる。
2.そのままの効果。

ボマードラゴン
2.このカードと戦闘を行ったモンスターは、ダメージ計算後破壊される。

仮面竜
1.墓地に送られた場合。

龍脈のもの。
1.表側表示の魔法罠全て。

アサルトワイバーン
1.デッキ/手札に変更。
2.このカードの召喚時には、相手は、魔法罠を発動出来ない。

ベビードラゴンのレッドアイズ
1.デッキ/手札 から。

アックスドラゴニュート
1.守備を1900にすればどうだろうか。

アボイドドラゴン
2.自分は2回通常召喚出来る。

レイピアーズ
1.えーっと、墓地/手札から除外。
2.あとは、墓地に送られれば発動する。

エクリプスワイバーン
2.このカードが除外された場合、除外されているカード一枚を手札に加える。
3.このカードが手札に加わった時発動出来る。このカードを手札から特殊召喚する。

なんというか、黄金櫃にこのカード封印して、そしてすぐ呼び出す。

エレメントドラゴン
2.2回攻撃出来る。

エンシェントドラゴン
1.戦闘ダメージを与えれば良い。

グランドドラゴン
2.1ターンに一度、手札から、Level4以下の、ドラゴン族モンスターを、守備表示で特殊召喚出来る。

ゴーレムドラゴン
2.このカードは召喚された場合、守備表示になる。

神の竜のアポカリプス
2.このモンスターは、攻撃を受けると、守備表示になる。

スターブライト
1.召喚時じゃなく、メインフェイズ毎に一回使える効果。

スノー
2.召喚時もアイスカウンター置ける。

スピアドラゴン
1.レアリティNでいい。

ドラゴンゲイブ
1.戦闘を行ったダメージ計算後。

創生竜
2.Level8以下全部。
3.Level8以下全部。

疲れたというか、私はこのままボケるんじゃないだろうかって思えてきた。本望ではない。本懐でも無い。

デブリ
1.規制無し。
2.1ターンに一度使える系の効果。

匿名。

匿名。

  • 随筆・エッセイ
  • 長編
  • 青年向け
更新日
登録日
2021-08-26

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain
  1. 匿名。
  2. この、おもしろさを、拝金主義で減退させている、勿体ないゲームを、やるしかない。
  3. あと金もったいないしね。正直。
  4. 2.1ターンに一度使える系の効果。