無限の旅

音澤 煙管

無限の旅

行ってきます!

終わらない旅が、また始まる……


一つ一つ滲んでゆく、
旅した思いをお土産に。

滲み終えれば溢れ出し、
やがて道の脇へと流れ出す。

流れ出れば海へと向かう、
田舎を目指す者の様に。

誰が待っている訳でもなくて、
そこは故郷と呼ばれる場所に着く。

旅のために生きている、
誰かが笑ってそう言って。

その旅には終わりもない、
いつ始まったのかもわからない。

世界に存在が無くならない限り、
ずうっと繰り返しの旅に出る。

行っては戻り、
戻っては旅に出る……

ぼくらにも仲間が居てね?
違う生き物たちの汗と涙が。

みんなぼくらに溶け込んで、
安堵の約束の場所を目指すんだ。

その場所は昔から塩辛く、
その訳がわかったかい?

じゃあまたいつか、
きみの仲間も連れて行こう。

その時の仲間たち、
きっと喜びの仲間で有れば良い。

ぼくは喜んで迎えに来るよ、
ではまたその時まで……

無限の旅

ただいまぁー …… 行ってきます!

無限の旅

きみたちの仲間を道連れに……

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • アクション
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted