短々落語「お囃子」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「お囃子」

おっ八つぁん(はっ      )与太郎(よたろう)、お囃子(はやし)が聴こえてきたよ。

ご隠居(  いんきょ)何だい(なん    )、お囃子って。

与太郎、お前さんお囃子も知らないのかい。まぁいい、よくお聞き。お囃子はね、囃子という言葉に丁寧語の「お」が付けられた言葉でな、でその囃子とはね、映えさせる、際立たせるという意味の「はやす」から派生したもので、演者や演技などを目立たせるために奏でられる曲や唄、掛け(か )声などを言うのじゃ。例え(たと  )ば、落語で噺家(はなしか)さんが高座に上がる前に音楽がかかるだろ、あれを「出囃子(でばやし)」というんじゃ。

ふーん、他にどんなものがあるんだい?

うん、お祭りの「祭囃子(まつりばやし)」なんてのもある。で「日本三大囃子」を知っているかい?

何だい?

それはね、東京「神田囃子(かんだばやし)」、京都「祇園囃子(ぎおんばやし)」、そして秋田の「花輪囃子(はなわばやし)」じゃ。

ご隠居のお気に入りは何だい?

そうだね「コンチキチン」の祇園囃子かねぇ

八つぁんのお気に入りは何だい?


おいらかい?おいらはハヤシじゃないよ、カレーだよ、しかも神田のね



 

短々落語「お囃子」

お後がよろしいようで。

短々落語「お囃子」

おっ八つぁんに与太郎、お囃子が聴こえてきたよ。ご隠居何だい、お囃子って…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-18

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted