短々落語「うなぎ三昧」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「うなぎ三昧」

ドンドンドン、ご免よ(  めん  )八つぁん(はっ      )、いるかい?

いるよ、熊さん(くま    )

どうしたんだい、そんな(うなぎ)寝床(ねどこ)みたいな薄暗い部屋でゴロゴロして。

何言っちゃてるんだい、熊さん、同じ長屋の作りじゃないか、おいらの部屋が鰻の寝床だったら、お前さんちも同じ鰻の寝床だよ。

そうだった、そうだった、でどうした、横になって。

うん、夏バテ。

八つぁん、今日は、土用(どよう)丑の日(うし   )だよ、うなぎ喰ったかい

何言ってんだい熊さん、馬鹿(ばか)いっちゃぁいけないよ、今日はどようじゃないよ、火曜だよ、しかもね鰻は、蒸しよりたれ焼き、だからね今日は土用のウシの日じゃなく、火曜の蒲の日(かば    )。ウシではなくカバの日。ウシよりカバ、そう鰻は蒲焼(かばやき)に限る。

今日は土用の丑の日じゃなく火曜の蒲の日って事かい?、お前さん火曜日だけに斯様(かよう)にうまいこと言うね。で八つぁん、鰻喰ったらどうなるか、知ってるのかい?

いや、知らない。

ズバリ夏バテ解消。

どうしてだい?


体力が「鰻登り」、鰻だけにね。



 

短々落語「うなぎ三昧」

お後がよろしいようで。

短々落語「うなぎ三昧」

ドンドンドン、ご免よ、八つぁん、いるかい? いるよ、熊さん。 どうしたんだい、そんな鰻の寝床みたいな薄暗い部屋でゴロゴロして…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted