短々落語「花火料理」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「花火料理」

いいかい、お前さん、料理っていうもんはね、手際(てぎわ)よくやらないといけないんだよ、手際よくね。そう料理はアート、要はね、打上花火(うちあげはなび)の様(  よう)にやればいいのさ、で横で見ていなさい、今からお前さんの大好きなカレーを作るから。


(なべ)に油をひき、肉と野菜を入れます)
火はド~ンといって、パッと炒める。花火(はなび)の様にね


(鍋からはジュージュー音(      おん)、と)
具に色目(いろめ)が付いたね、ここで、水をジャーと入れて、パッと沸かす。花火の様にね


(と、ぐつぐつ音)
もう沸騰(ふっとう)した、さぁカレールーだ、袋を(ふくろ   )パッと開いて(ひら    )、パッと散らす(ち  )、そう花火の様にね。そして素早(すばや)混ぜ(ま )る、そうしないと溶け(と )きれず(かたまり)つまり「だま」ができるからね


(カレーのいい臭い(にお  )湯気(ゆげ)共に(とも  )上ります、と)
ほれ、もう出来上がり(できあ  )。鍋いっぱいにパッと広がる色とりどりの野菜、まるで花火の様だね。ちょいとお前さん、味見(あじみ)をしてごらん


お玉(  たま)でカレーを掬い(すく  )、口に入れます、と)

お前さん、どうだい?


だーまやー



 

短々落語「花火料理」

お後がよろしいようで。

短々落語「花火料理」

いいかい、お前さん、料理っていうもんはね、手際よくやらないといけないんだよ、手際よくね。そう料理はアート、要はね…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted