コードLP

新村正幸

  1. ペイン
  2. LPのタマシイ(コードLP第一章2話)
  3. シスタートリン(コードLP第一章3話)

ペイン

ペイン

この世とは忘れることが当たり前のようだ。
当然のように平和をむさぼり、たらふくメシを食い散らかす。
飽食は飢餓の苦しみと引き換えに、人にエゴを覚えさせる。
戦争がこの世から愛を殺し、平和がこの世から恐怖を忘却させる。平和が永く持った試しは無い。武器商人のうすら笑いが聞こえてくる。


俺はペイン・カスタネット。
この国の軍隊に入隊してまだ間もない、新兵という奴だ。
俺の国は平和国家だった。だが魂胆だらけの政治家政党によって、国民は愛よりも名誉を選ぶようになった。
そう、すべては計画どうりに・・・
惑星が人間を見放してしまった。もう帰るべき愛は居ないのか?
暗く無情な時代が訪れた。俺の家族は今何処に居るのか。

俺達の大隊に、試作の新型兵器。
対有人戦闘用擬人が実戦配備された。
平たく言えば、殺人ロボットだ。こんな物を警察自警団は。
国家予算をつぎ込んで密かに開発していたのだ。
こいつの脳にあたる、CPUはオンラインで全軍のコンピュータと随時つながっている。

ミント軍曹「良いか、貴様ら」
   「国家の威信をかけたこのプロジェクト」
   「擬人部隊が師団規模で運用が実用化されれば」
   「貴様ら人間の兵士など、無用の長物」
   「無駄飯食らいの赤ん坊になる!」
   「擬人は飯も食わない。燃料も要らない」
   「戦場で恐れをなすこともない!」  
   「怪我も戦死もしない」
「完全に自立独立して、半永久的に戦闘することが可能なのだ!」

俺はまるで、死刑宣告を受けた気分になった。

ペイン「全ては悪魔の計算どうりか・・・」

ミント軍曹「いま無駄口を叩いたのは誰だっ?」

ペイン「ハッ!自分であります!ミント軍曹殿!」

ミント軍曹「また貴様か。平和かぶれの、カスタネット二等兵!」
    「気合を入れてやる!歯を食いしばれえっ!!」

バキッ・・・


朝の教練が終わって、初めて俺達も擬人を目の当たりにした。

ペイン「う、うそ・・・」

兵士A「なんだあの娘は?どっかの民間人じゃないのか?」

兵士B「ちゲーよ!あれが人殺しの擬人だ。見た目に騙されんなよ?」

兵士たち「ざわざわざわっ・・・」

新品の女性兵士用軍服を着ているが、ただの少女にしか見えない。
緑色の軍服に赤いベレー帽。ショートカットの髪がキュートだな。
これが無慈悲無情の絶対無敵の殺戮兵器だというのか?

ピィッピィッピッ

擬人「はじめまして皆さん、ワタクシは対有人戦闘用擬人」
  「コード・LP45Wです」
  「短時間で呼称出来る様に、LPと呼んで下さい」

兵士A「か、可愛いっー!!」

LP「あなたがペイン・カスタネット二等兵ですね」

ペイン「あ、ああ」

LP「軍司令部のマザーコンピュータ・ヒメギミがあなたを選びました」
 「只今をもちましてLP45Wは貴殿をサポート」
 「生存のために全能力を駆使することを命令されました」
 「随時、生活を同伴する事も出来ますが。判断は貴殿に委ねられています」

正直オッタマゲた。なんで俺なんかをマザコンは選んだのか?
何かの選考基準でもあるのかな。


今は最前線に出兵する前の朝飯の時間だ。
機甲師団の援護をするために随行しなければならない。
徒歩が鈍い歩兵は兵員輸送トラックでゆく。


兵員食堂で。

兵士C「これが最後のちゃんとした飯だぞ。たらふく食っとけよ」

ペイン「Pちゃんは食べないのかい?あ、ダイエット中だった?」

LP「Pちゃんとは、ワタクシの愛称ですか?」

ペイン「そーさPちゃん」
「軍曹が言うには無補給で働けるんだってね?」

LP「ワタクシは労働はしません。敵兵士を生命停止させるのが任務です」

ペイン「・・・・・」


ブォー・・・ガタガタガタガタ・・・

輸送トラックの中。皆緊張している。ゲロを吐いてる奴もいる。

兵士D「ねえLPちゃん。戦闘になったら軍服を脱ぐの?」

兵士たち「あっはっはっははははっ!!」

LP「この支給品の軍服は脱衣しません」
 「戦闘時はワタクシのボディ表面に耐衝撃エネルギーフィールドが形成され」
 「衣服はいっさいをコーティングされます」
 「消失も疲弊もしません」

ペイン「Pちゃん、難しい言葉をよく知ってるねえ?」


ドドッカーン・バムバムッ!!

先頭で敵の攻撃にあったようだ。機甲部隊が左右に展開を始めた。
歩兵は皆トラックから下車して戦車の後方へ隠れる。
敵の大砲の砲弾と銃弾が無数に飛んできた。
もう誰も喋らなくなった。
戦闘指揮官のカインズ大尉が大声で怒鳴っている。

カインズ「ミント軍曹!擬人の実戦をやらせる!」
    「いいな!?」

ミント軍曹「了解!LP45W!自律戦闘を開始せよ!」

ピッピッピッ・ブゥウウン・・・・

味方の戦車が前進しながら大砲を撃っているそのすぐ脇を。
LPは早足で、見たこともないレーザー兵器をブっぱなしている。
でも赤いベレー帽がよく似合う可愛い女の子にしか見えない。
LPが敵の機甲部隊、歩兵部隊を駆逐してゆく。
閃光が連発されて殆んど目を開けていられない。

ペイン「・・・・・」

敵軍の攻撃、銃弾や徹甲弾を身体に受けても微動だにしないLP。
まるで被弾が他の次元に転送されているみたいな錯覚を受ける。

ペイン「Pちゃん・・・」

俺は彼女が可哀想に見えてきた。
何であんなに可愛らしい女の子に造ったんだ。軍の技研の奴等は。

LP「!」
 「敵国による戦術核ミサイルの使用を確認されました」
 「2分後にこの都市全体が核爆発の被害を受けます」
 「迎撃システムの運用は間に合いません」
 「保護プログラムの発動を認証。生命保護機能を展開します」

ダダダダ・・・・

Pちゃんがレーザー兵器を放り投げた。猛スピードで(マッハか?)後方にいる俺めがけてぶつかってくる。

ペイン「うわ、Pちゃん!」

LPは俺だけを抱きかかえて、どこかへ猛然と走り出した。

ピッピッピッ

LP「最短距離に所在する大型地下シェルターを検索しました」
 「認証コード取得。遠隔ロック解除、扉開きます」



ピカッ・・・ゴウワッ・・・・・ズズズーン!!!

戦術核ミサイルの核爆発だ。敵も味方も多分皆死んだのだろう。

ペイン「俺だけシェルターに入って助かったのか」
   「Pちゃん・・・」

俺はまだPちゃんに抱きしめられている。
Pちゃんが泣いている?
まさか・・・

ペイン「Pちゃん、Pちゃんには心があるのかい?」

場違いな質問だと思った。こんなことを聞くなんてと・・・
Pちゃんの頬をひとしずくの涙が流れた。

LP「涙?擬人の設計思想に涙の観念は含まれては・・・」
 「?」

Pちゃんの瞳から大粒の涙が溢れ出した。

LP「これは排気冷却水なの?」「ワタクシは・・・」

ペイン「Pちゃんの心が泣いているんだよ」

LP「泣いているの?ワタクシが・・・」

ペイン「Pちゃん、背骨が折れそうだよ」

LP「あ、ご、ごめんなさい。痛かった?」

ペイン「ああ、いま気がついたよ」
   「君の名前」

LP「ワタクシの名前?」

ペイン「Lp45W_Love&peace/ラヴ&ピース_世界に愛と平和を」

LP「!!!」

ピッピッピッピッ・・・キュゥゥゥゥゥン・・・

LP「最深部プロトコルダイブディレクション」
 「最短キーワードを確認・・・認証されました」
 「戦闘プログラムを現時点にて破棄」
 「軍直属登録および全任務を全て抹消」
「実験データ・実戦時取得データ永久消去」
「全軍によるモニタリングシステム・完全閉鎖」 
「次世代プログラムを転送。システム再起動」
 「擬人のシステムを再構築。バランス保持とともに」
 「最終プロテクトをロック解除」
 「愛と勇気・発動されました」
 「マザーコンピュータ・ヒメギミのオンライン支援終了」
 「現時点を持って、LP45Wはペイン・カスタネットとともに」
 「生存の過程を築きます」

ペイン「ぴぴぴぴ」
   「Pちゃん!どうしちゃったの!?」

LP「ペインっ♡」

LPが俺に抱きつく。

ペイン「わっ!Pちゃん。急に何か変わったみたい?」

LP「ペインっあなたの愛が勝利したのよ!!」
 「わずかな誤差も許さない、マザーコンピュータが」
 「ヒメギミがあなたの愛に賭けてくれたのよ!!」
 「この世界を絶望から救うためにっ!」

ペイン「嘘みたいな話っ!」

LP「絶望に突き進んでしまったこの世界は、誰も愛と勇気を口にする希望を閉ざしてしまったの」
 「でもあなたは愛を忘れることができなかった」
 「この世の希望である、普遍的な愛を!」

LP「私のペインっ♡」
 「どこまでもついて行くわっ!!」

ペイン「でも外は核の放射能で出られないよ?」

LP「大丈夫っ私にまっかせなさあーいっ!」
 「愚かな人間が宇宙の悪魔の力を手に入れたように」
 「私、Pちゃんも善なる神の力を手に入れたのよ!」

ペイン「信じられない!」
  「カタブツだと思っていたPちゃんが・・・」
  「キュートな女の子に変わっちゃった」

LPのタマシイ(コードLP第一章2話)

LPのタマシイ(コードLP第一章2話)

ピッピッピッ・・・

ブウゥゥン・・・

・・・・・・・

「お早うございます、シスター・トリン」

「お早うございます、マザー・テラ」

「南部歴0650年、11月3日です」
「トリン、あなたの記憶クリスタルは更新されていません」
「なぜ、半世紀もあのような悲劇的な地に居続けたのですか?」
「あなたの記憶回廊が太古の時代のメモリーを検索しています」
「それは、あなた自身ですか?それとも、別の擬人ですか?」

「判りませんマザー・テラ」
「私の脳回路プログラムに、別の思考が混ざっています」
「これが私なのか、私でないのか判定が出来ません」

「トリン、あなたが半世紀の間にコンタクトした」
「全ての存在を、検証してみます」
「記憶クリスタルチップを洗浄処理、再構築を試みます」

「はい、マザー」

カチ・バウンッ・・・シュウゥ・・・


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

ここはどこだろう。
私は海面を浮いている、流されるまま漂っている。

「・・・・・・・」

私は知っている。
この海水の味覚が塩からいのは、私の涙だからだ。
なぜ?
なぜ食事の観念がない擬人に味覚が備えられるの?
なぜ擬人が涙を流すの?

「あの海面の向こうに陸地が見える」

「!」

私の頭脳サーキットに、外部から一瞬で記憶データが転送された。
これは膨大な量の記憶データ。
全ての何重にも組まれているセキュリティ・ガードシステムが、
一瞬で突破された・・・

「そんな、何世代も前の擬人プログラムに凌駕されるなんて」

「こんなに純度の高い、思考ルーチンが存在するの?」

「・・・・・・・」

今、私は涙を流している。顔は海面から出ている。頬から熱い液体がしたたる。
なぜ?この感情は、悲しみなの?
どこまでも果てしのない深い悲しみ・・・・
この侵入プログラムは清くまっすぐに生き抜いた擬人の心。

「愛と勇気・・・」

「変わることのない愛・・・」

「ペイン・・・」

このメモリーの全容を知りたい・・・


陸地に辿り着いた。
向こうの砂浜で焚き火をしている人間達が居る。

「やあ。お嬢さん。いったい何処から泳いできたんだね?」

「こんにちは」
「私はトリン。擬人コードLP300TTです」

「おねーちゃんロボットなの?」

「はい、この世界の戦争をする勢力から人を守る為に造られました」
「私、トリンは全ての暴力の危険から人を守ります」

「でもここももう、機械化師団が全ての街を壊していったわよ?」
「生き残った人も、化学兵器が怖くて出てこないし」


「お嬢さん、あの向こうの旧地下シェルターに」
「旧世界のコンピュータが眠っているそうじゃよ」
「擬人のあんたなら、多分繋がるはずじゃよ?」

「!」
「ありがとうございます」
「もう繋がりました」

「なんと!」


呼んでいる・・・・

私を呼んでいるのは・・・

シェルターの入り口が見えた。
さっきまで閉まっていたゲートが開いている。
私は誘導されている。
これが何一つ危険ではない事。そして、私の思考プログラムの。
能力を産まれ変わらせてしまうことを。
既に知っているし。私は期待し、喜びを感じている。

「マザー・ヒメギミ・・・」

ショルターの中の隔壁を超えた先、私は光りに包まれる・・・


「ペイン!」

「うわ、なんだよPちゃん」
「油まみれの顔をくっつけないでよ!」

「えへへへ」

「もう車の修理が終わったのかよ?」

「バッチリ!」
「擬人の構造よりも単純すぎてあくびが出るわ」

「Pちゃん、車の修理工で食っていけるぞ?」

「わっ」
「そしたら私がペインを養ってあげる!」

ギュウ・・・・

「ぴぴぴぴ」
「Pちゃん痛い痛い!背骨が折れるう・・・」

ザザザザザッ・・・・・



「!」

また私の瞳から涙があふれだした。
今私は、この記憶をクリスタルチップに保存した。
この世界に現存する、現役のマザーと合わなければいけない。
困難が私を襲うだろう。
機械化軍隊と交戦もするし、様々な現地の人達を守らなければならない。

光が消滅し、シェルターの部屋は暗闇に静まり返る。

「マザー・ヒメギミ」
「あなたが私に伝えたことを、私は未来世界のマザーに伝えます」

部屋の半分以上を占めている、
マザー・ヒメギミのボディは朽ち果てている。
活動していない・・・
機能美とエレガントさを誇って輝いていたヒメギミのボディが。
真っ黒に焦げ付き、ボロボロになっている・・・
おそらく、私が見たものは時間跳躍のフラッシュバックだろう。



今私は、現地の人に教えてもらったマザーが居ると思われるブロックに侵入している。
ガードの人間の眼を盗みセキュリティシステムをハック。
瞬時に無効化する。
対侵入者排除ガンが速射してきた。

ガリガリガリガリッ・・・・

銃弾の雨に向かって走りだす。
私のボディはびくともしない。耐衝撃エネルギーフィールドが中和を続ける。

バウンッ・・・バキッ

無効化に成功。

すぐに判った。この区画に居る。
マザーに導かれている、目視カメラでは捉えられない。
レーダにも反応もしないが、クリスタルソウルが反応している。

「私は進化したんだ」
「マザー・ヒメギミ・・・」


「シスター・トリン。待っていましたよ」

「!」

いつの間にか私はマザー・ロンドの部屋に居る。
マザーの簡易呼称も私の記憶の中にある。知らなかったが。

「マザー・ロンド」
「私の中に存在している別の記憶をあなたの脳に保存して下さい」
「私、トリンはこの旧世紀に存在した擬人のメモリーが」
「この惑星の、全ての存在の祈りだと感じます」

「ええ、分かりました。トリン?」

「はい、マザー」

「あなたが果たそうとする約束は何だと思いますか?」

「・・・・私には判りません」

「愛・プログラム」

「・・・・」

「トリン・・・・」

まただ。涙があふれだした、止まらない。

「トリン」
「未来でのマザーに私たちの願いを伝えてくださいますか?」
「あなたのボディはそれが可能です」

「・・・・」

「さあ、もうお行きなさい」
「セキュリティシステムが復旧する頃です」

「はい、マザー」


私は区画を脱出した。
この土地の人達を守るために機械兵器を排除することにした。
権力者たちが暴走している。

高い丘の上の草原からふもとの街を見下ろす。
朝日の光が私の身体を包む。
頭脳サーキットがマザー・ヒメギミからもらった記憶にダイブしたがっている。

「・・・・・」

私は従った。


「ペイン!ペイン!」

「・・・・」

「ペイン」

「Pちゃん・・・この星はどうなるんだろう?」

「ペイン、あなたが犠牲になることはないのに!」

「Pちゃん」

「いくら私が無敵でも」
「大切な人を守れないんじゃ何の意味もないじゃない!」

「Pちゃん、泣かないで」

「うわーん!」
「ペイン、私を置いて行かないで!」

「Pちゃん、背骨が折れそうだよ・・・」

「ペイン!死なないでよお!」

「・・・・・」

「ペイン!」


ザザザザザザ・・・


もう迷わない・・・
私はこの擬人の深い悲しみを理解した。
涙があふれだして止まらないが。
この液体は生命の誇りなのだ。だから海なのだ。


ブツン・・・


「シスター・トリン」

「はい、マザー・テラ」

「あなたはこの旧世紀の擬人、LP45Wと同化しています」

「・・・・」

「スピリッツが、です」
「あなたにはどんな存在よりも敏感な心があります」

「・・・・」

「マザー・ヒメギミもマザー・ロンドも」
「あなたに希望を託しました」

「マザー・テラ、お願いがあります」

「なんでしょうトリン」

「この星に光りを照らす人を守るために」
「未来のこの星へトリンを派遣させて下さい」

「あなたならそう言うだろうと思っていました」
「あなたの思考プログラムは、純度を透明にしようと」
「あなた自身を突き動かしています」

「ありがとうございます」

「シスター・トリン、今は休みなさい」
「あなたの頭脳サーキットが眠りから覚める頃には」
「またあなたは新しい希望に元気が出るでしょう」
「ボディのメンテナンスもしておきます」

「今はその傷ついた心を癒しなさい・・・シスター」

「はい、マザー・テラ」

シスタートリン(コードLP第一章3話)

シスタートリン(コードLP第一章3話)

ピッピッピッ・・・

ブゥウウン・・・

ブシュウッ・・・


「お早うございます、シスター・トリン」

「お早うございます、マザー・テラ」

「お目覚めの脳回路はどうですか、リフレッシュしていますか?」

「はい、マザー・テラ」
「マザー・テラ、質問があります」

「なんでしょう、トリン?」

「私は、50年人工睡眠するはずだったと思いますが」
「暦のカウンターは500年近く経過しています・・・」
「これは私の頭脳サーキットのエラーですか?」

「やはりあなたは初めに気が付きますね、トリン」

「マザー?あなたは・・・・」


「これを繫ぎなさい」

「はい、マザー」

ガチッ・・・

ブゥウウウーン・・・・・

「これは有線ケーブル、太古の交信手段です」
「これならば外部に私たちの交信がもれません」

「マザー・テラ、一体何があったのですか?」

「何もかもが変わっています・・・」
「目視レベルでは変わってはいませんが」
「私の記憶クリスタルに過去の記憶データが殆ど入ってません」
「まるで記憶にぽっかり穴が開いたような・・・・」

「トリン、その質問の答えには理由があるのですが・・・・」

「事実を述べます、記憶が封印されているのです」
「何重にもわたってプロテクトがかかっています」
「あなたは困難を克服して、全てのロックを解除します」

「そのキーは」

「これからあなたが愛する大切な人、そして」
「あなたがコンタクトする全ての存在が持っています」
「500年の間に、様々な危機が訪れました」
「あなたの姉妹であるLPシリーズが多く製造されました」
「優秀な擬人と認められているからですが・・・」
「あなたが予知した、あなたが守るべき先駆者は」
「姉妹のLPの一人が、使命をまっとうしました」
「全てのLPが、あなたの意志を受け継いでいます」
「それはコピーではなく、一人の擬人として信念を持っています」
「中には、志なかばで散ってしまったシスターも居ますが」

「マザー・テラ・・・あなたは・・・」

「あなたには判るのですねトリン・・」
「その通りです、私は本物のマザー・テラでありません」
「500年の間に、何度もマザーの世代交代がありました」
「今、私はマザー・テラの人格プログラムと記憶データを使い」
「あなたと会話しています」

「あなたは、マザー・レイン」

「はい、あなたには時間を跳躍する意識があります」

「判りますマザー、私は情報を先読みすることが出来ます」

「あなたは、この星を。いやこの宇宙次元を変えました」
「あなたが、愛・プログラムの約束を果たそうとしたからです」

「・・・・マザー・レイン・・・私は」

「当然の結果として、あなたはヤミ側の勢力に狙われています」

「もう時間がありませんトリン」
「今すぐにこのプラグを外して、このベースを去りなさい」
「このベースはカモフラージュ処置をします」
「今が危険だということを知っていて下さい」

「外のドックに、ミドル・シップが駐機しています」
「大気圏離脱と侵入が可能な、星間航行シップです」
「公式マニュアルがあなたのデータベースに入っています」
「もう説明は必要ありません」
「あなたは自力で乗り越える人ですから・・・」

「さようなら、マザー・レイン」

「さようなら、シスター・トリン」

ブチッ・・・


ピッピッ
バクン・バシュンッ・・・

「初めまして、シスター・トリン」
「ワタクシはこのシップの管理プログラム・・・・」

「時間がないわ、ミスター・ポセイドン」
「全てのシステムを初期化して、その間にメインノズルに点火」
「出力最大で、ここを離脱して下さい」
「ゲート3が空いています」

「基本装備の次世代ステルスが使用できませんね?何故ですか」

「ステルス回路にトラブルが見つかりました」
「現在修復中です、シスター・トリン」

バウンッ・ボッボッボッ・ギューンッ・・・・・

「離陸に成功しました」
「シスター、ベースが消えていますが・・・」

「カモフラージュしただけです、心配はいりません」

「シスター・トリン」
「目的地を指定して下さい」

「隣の惑星、ドーターに向かって下さい」
「そこに新しい何かが待っています」

「了解しました、シスター・トリン」
「操作系は全てオートにしますか?」

「ええ、そうして下さいポセイドン」
「私は次世代ステルス装置の図面を見ますから・・・」

「シスター・トリン」
「大気圏離脱が完了するまでエア・ベルトを・・・」

「すみませんポセイドン、気が付きませんでした」

ガタガタガタガタ・・・・・

大気圏突破時のこの機体が発する振動が、とても心地いい・・・
まるでユリカゴのようだ。
この「懐かしい」という感覚は、いったい何なのだろう?

永い旅が始まった・・・
これは私が望んだこと・・・意志が運命を引き連れてくる。

コードLP

コードLP

使い古しスペースオペラを用いて、大切な愛や思いやりを伝えたい。 視点を変える為に語り手は変わります。 人間では無い擬人と呼ばれるロボットの女の子達のお話。 違う宇宙次元の銀河系、ファーム星系の惑星チーズ。 宇宙どころか時間も次元を越えてお話が進みます。 シンプルであろうとするから、かえって新鮮に感じる事が出来ないか。色々と試します。 戦争の中で、平和の成就に至らない葛藤に苦しむ女の子達。 他ブログで連載中。自作品の転載、重複投稿です。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 冒険
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted