短々落語「湯豆腐」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「湯豆腐」

(豆腐屋で)
ご免よ(  めん  )

いらっしゃいまし、今日は何を

うん、これから客人を招き(まね  )一席設ける。実は先日小石を品に挟む(しな  はさ  )へまをやってね、そのお詫び( わ )と、あわよくばまた品を買って貰え(もら  )ないか商談も兼ねてね。でその大事な一席で湯豆腐(ゆどうふ)振舞(ふるま)おうと思う。で主役は豆腐。そこでお前さんだ、お前さんの豆腐は実に旨い(うま  )、ただ少し値が張る(ね は )のが玉に瑕(たま  きず)、まぁ一長一短(いっちょういったん)という処だ(ところ  )


えぇ旦那(だんな)、うちの豆腐は一長一短ありますが、この味まで長い年月がかかりましてね、なかなか一朝一夕(いっちょういっせき)にはいかぬものですから


そうだね、では一長一短の一朝一夕にはいかぬ豆腐を頂こ(いただ  )うかね


おいくつで?


もちろん一丁


旦那、旨いと褒める(ほ  )割には(わり   )、実にしみったれだね、旦那も一長一短だ。大事な一席の湯豆腐がたったの一丁かい。それじゃぁ一席も一朝一夕にはいかぬ


じゃぁもう一丁、合せて二丁


あいよ旦那、この湯豆腐で、詫び(わ )も商談もうまくいきますぜ


なぜだい


それは「いっせきにちょう」( 一石二鳥(一席二丁))だからでさぁ


 

短々落語「湯豆腐」

お後がよろしいようで。

短々落語「湯豆腐」

(豆腐屋で)ご免よ。いらっしゃいまし、今日は何を…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted