短々落語「万能薬」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「万能薬」

八つぁん(はっ      )ご隠居(  いんきょ)の家に駆け込みます)
いてててご隠居、腹痛だ(はらいた  )、いててて何とかしてくれ

八つぁん待ってな(と、ご隠居奥から黒い粒を一粒持ってきます)

何だい(なん    )これ

万能薬(ばんのうやく)だよ

万能薬?効く(き )のかい?いててて

つべこべいわず早くお飲み(八つぁん口にいれます、と)

あれ、痛みがなくなったよ、ご隠居その万能薬どうしたんだい?

あれかい、あれは粒胡椒(つぶこしょう)だよ。

騙したのかい

騙したとは人聞(ひとぎ)きが悪い、騙してない、現にお前さん腹痛が(はらいた  )治ったじゃないか

あぁそうだ

病は気(やまい   )から、要は何でも良かれじゃ

いい事聞いたよ、蟻が(あり  )十匹(じゅっぴき)有難う(ありがと )


(ある日の事、若旦那(だんな)が)

いててて腹痛だ、八つぁん何とかしてくれ

待ってな(と八つぁん黒い粒を持ってきます)

何だいこれ

万能薬

効くのかい? いてて

つべこべ言わずお飲み(と若旦那の口にポンと投じ(とう  )ます、と)

いててて、増々痛くなった

若旦那病は気から、万能薬と信じなきゃ治らないよ

いててて、でその万能薬って一体何(いったいなに)ものだい


おいらの鼻糞(はなくそ)


 

短々落語「万能薬」

お後がよろしいようで。

短々落語「万能薬」

(八つぁん、ご隠居の家に駆け込みます)いてててご隠居、腹痛だ、いててて何とかしてくれ…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-04

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted