短々落語「お忙しい最中」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「お忙しい最中」

(え~この世には似て非なる(に ひ  )ものが沢山(たくさん)ございまして、一つ例え(たと  )てみますと、国に立つと書いて「こくりつ」と読みますが、同じ漢字でも「くにたち」と読めば、東京にある市の名となりますな。で、東京の国に立つ競技場と書いてあるもんで、千駄ヶ谷(せんだがや)からわざわざ国立駅(くにたち  )まで足を運んでしまったというのはちょっとした笑い話でして)

おい、ご隠居(  いんきょ)いるかい


何だい(なん    )熊さん(くま     )


お忙しい最中(さなか)、悪いんだが、俺にもさいちゅうくれ、さいちゅう


何だい、さいちゅうって


与太郎(よたろう)にあげたやつだよ、さっき道端で(やつ)にあって、うまそうに何か食って(く  )やがるんで、何食ってんだってきいたら、薄皮(うすかわ)であんが挟ま(はさ  )ったやつって言う、で聞けば、ご隠居に貰っ(もら  )たというじゃねぇか、で、まだ一つ手にもっていたんで、そいつをくれっといったら、いやだよ、ご隠居に貰いなってぬかしやがる、で包みに、さいちゅうと書いてあるじゃねぇか、で頂戴(ちょうだい)、さいちゅう。


熊さんそれはね、もなか、と読むんだよ


 

短々落語「お忙しい最中」

お後がよろしいようで。

短々落語「お忙しい最中」

(え~この世には似て非なるものが沢山ございまして、一つ例えてみますと、国に立つと書いて「こくりつ」と読みますが、同じ漢字でも「くにたち」と読めば、東京にある市の名となりますな。で、東京の国に立つ競技場と書いてあるもんで、…)、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-08-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted