売れ残り~誓約書有り~

べる

欠損

僕は売れ残ったゴールデンハムスター
生後6ヶ月のオスである。
人間の年齢で言うと約28歳

なぜ、僕が売れ残っているのか?
それは僕の前足の指が2本欠損してるからである。

僕は生まれつき、前足の指が二本ない。
わけありのハムスターである。

そして、誓約書を書く必要がある。
僕は完璧なハムスターでないため、僕を飼うために誓約書にサインが必要だ。

もう、年齢も年齢なので、早く落ち着けるといいなと思っている。

そんな時だった、子供のにぎやかな笑い声がした。

笑顔

小さな女の子がハムスターを見つけた。

『お母さん!ハムちゃんがいるよ!』

女の子が母親を呼んだ

『あら、可愛いね!あ!でも、このハムちゃんは.....』

女の子が不思議そうな顔で母親を見た

『え?何?何?お母さん、どうしたの?』

女の子はお母さんに訪ねた
そして、お母さんは静かに答えた

『このハムちゃん。わけありなのよ。』

女の子は何もわからずに不思議そうに母親の顔を見てる
そして、母親が続けた。

『前足が2本ないんだって。そして、飼うためには誓約書って言って、お店としっかり世話する約束が必要なんだって。』

女の子は母親の顔を真剣に見て言った

『私、ハムちゃんのお世話したい!足がなくてもハムちゃんはハムちゃんだよ!』

母親は難しい顔をしながら、女の子を見た

ハムスターと女の子

『この子はこのお店にいるほうが幸せかもしれないね!』

お母さんは女の子を見ながら呟いた

女の子はお母さんの顔を見て言った。

『お母さん!!私、このハムちゃんを飼いたい!私、少し足がないのなんか気にしない!この子を幸せにしてあげたい!』

お母さんは難しい顔をして、女の子を見た

『気持ちはわかるけど、この子は長生きできないかもしれないよ。早くお別れになるかもしれないよ?』

女の子は笑いながら言った

『このハムちゃんを幸せにできるのは私だけ!この子を世話してあげたい!お母さん!お願い!』

お母さんは女の子の肩に手を置いて言った。

『わかったわ。しっかり世話してあげなさい!』

売れ残り~誓約書有り~

売れ残り~誓約書有り~

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2021-07-27

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work
  1. 欠損
  2. 笑顔
  3. ハムスターと女の子