病む鎖

音澤 煙管

病む鎖

朽ち果てた鎖の上で……


記憶は、
底知れず、
傷み止はまず。

尚また、
傷み返り、
朽ちた錆び。

腐る欲、
病んだ者、
憎の記憶。

再び此れ、
傷み返すも、
幼い手に。

史もまた、
予に瞑り、
此の鎖。

切れた輪の、
五色(ゴシキ)の鎖にて、
病む者たち。

欲満ちて、
情け病の、
傷み拭えず。

同じ史の、
黒雨再降、
民の雫に……

病む鎖

病む鎖

何故、敗戦の時と五輪が重なるのか……

  • 自由詩
  • 掌編
  • アクション
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-07-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted