浮遊

渡逢 遥

僕は思い出さなければならなかった。思い出させないのなら、遠くにいかなければならなかった。遠くにいけないのなら、死ななければならなかった。死ねないのなら、生きなければならなかった。死んだように、生きなければならなかった。

浮遊

浮遊

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-07-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted