短々落語「かめとキリギリス」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「かめとキリギリス」

(どの国にも似たような童話はあるようでして…)

昔々、兎とかめ、蟻とキ(アリ   )リギリスが森にいました。

ある日、兎に鈍間(のろま)だと馬鹿(ばか)にされたかめが「山まで競争しよう」と蟻に言います。「食料準備で暇はない」と返すと、かめは遊び暮すバイオリン弾きのキリギリスに同じ事を聞きます。と彼は「いいよ」と答え酒場へ姿を消します。


夏が過ぎ、漸く(ようや  )かめは山頂近くにいます。(そば)にキリギリスの姿はなく、かめは安堵します。ですが空腹で動けません。と、かめは蟻の行列を見つけます。かめが「食料を分けて貰え(もら  )ないか」と聞くと蟻は「そんなのアリ?」と言うも分けます。

かめは蟻十匹(じゅっぴき)に「有難う(ありがと  )」と言い「キリギリスは今どうしている?」と尋ねると「彼なら酒場のバイオリン弾きで何とか(なん    )生きている」と答えます。そこでかめは、羽目を(ハメ )外している事に、ハッと気づき目が醒めます。


えっその後どうなったかって。


かめは奮起し南の島の大王になった。そう彼の名は、カメハメハ。



 

短々落語「かめとキリギリス」

お後がよろしいようで。

短々落語「かめとキリギリス」

(どの国にも似たような童話はあるようでして…)昔々、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-07-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted