短々落語「横浜」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「横浜」

熊さん(くま    )八つぁん(はっ      )、喫茶店でご隠居(  いんきょ)が来るのを待ちながらだべっています。隣の席には一組のカップル。と彼女が彼氏にいいました…)

横浜いってくるね。

(八つぁん、ひそひそと熊さんに話しかけます)
なんだい、熊さん、彼女が彼氏おいて横浜に行くよ。

暫く(しばら  )すると)
あれ、彼女もう戻ってきたよ。随分と早いね。

八つぁん、それは、便所にいったんだよ。

どういうことだい、熊さん。

うん、横浜の市外局番知っているかい。

いや、知らないよ。

045(ゼロ ヨン ゴ)なんだよ。ゼロは英語の(オー)、よんはしぃ、ごはこと呼べるだろ、だから、おーしぃこ、おしっこ。

おしっこにいく、つまり便所に行く、これを横浜にいくとは、なんともしゃれてるじゃねぇか。


(と、カランコロンと呼び鈴がなり、喫茶店の扉が開きます)

熊さん八つぁん、待たせたね。

ご隠居、随分と遅かったね、どうしたんだい。

あぁ、横浜に行ってたもんでね。

ご隠居も、おしっこかい。


違うよ、大きい方だよ。



 

短々落語「横浜」

お後がよろしいようで。

短々落語「横浜」

(熊さん八つぁん、喫茶店でご隠居が来るのを待ちながらだべっています。隣の席には一組のカップル。と彼女が…)、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-07-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted