短々落語「青天の霹靂」

紫紺亭 弁当

400文字以内のショートショート落語臭

「青天の霹靂」

何、(なに  )お前さんが奢っ(おご  )てくれるのかい。こりゃあ、青天の霹靂(せいてん  へきれき)だ。

9時にくじが当たったんだ、ところで何だい、その青天の霹靂って。

青天とは青空(せいてん    あおぞら)霹靂は(へきれき  )雷の(かみなり  )ことじゃ、つまり青空に雷なんて起こりえないことから、予想外のことが起こることの例えじゃ。

あっしの奢りがそんなに予想外なことかい?まぁいい、で、ご隠居、何を喰い(く )たいかい?

そうだねぇ寿司(すし)を喰いたいねぇ。

いいねぇ寿司いきやしょう。

二人(ふたり)意気(いき)揚々(ようよう)と店に向います、と)
あれ、閉店だよ。ご隠居、あっちの店に行きやしょう。

あれ、ここも閉店だ。コロナ禍(   か)の影響かねぇ。もう一軒(いっけん)、向うの店に行きやしょう。

ご隠居、ここはやってますぜ、おぅごめんよ、老若男女(ろうにゃくなんにょ)の内、二人。

すみません、お客様、本日は8時で閉店となります。

なにぃ~、又々(またまた)予想外のことが起こるねぇ、スカッと晴れた青空に雷ゴロゴロだ、ご隠居、例の言葉いってくんねぇ。

青天の霹靂かい。

あぁご隠居、あっしは、閉店に辟易(へいてん  へきえき)だよ。


 

短々落語「青天の霹靂」

お後がよろしいようで。

短々落語「青天の霹靂」

何、お前さんが奢ってくれるのかい。こりゃあ、青天の霹靂だ…、その顛末やいかに。400文字以内のショートショート落語臭。とても短い創作落語。

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-07-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted