凶器

渡逢 遥

なぞりつづけることの

侘しさに

虚しさに冒されて

冒されても尚

忘れたくなくて

ただ忘れたくなくて

また 傷つきたがってしまう

傷つくために

僕らは出会ったのだろうか

傷つかない出会いなんて

ないから、

傷つけ合えない関係に

愛はないから

解るだけが

慰めるだけが

寄り添うだけが愛ではないから

きみのすべてが僕の

傷だ

凶器

凶器

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-07-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted